永久輝せあコーナー

今月のメッセージ

全国ツアー公演『哀しみのコルドバ』『Cool Beast!!』。

永久輝せあ 今月のメッセージ  だんだんと暑くなってきましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか? 私は、8月25日に開幕する花組全国ツアー公演『哀しみのコルドバ』『Cool Beast!!』のお稽古がいよいよ始まります。

『哀しみのコルドバ』は1985年初演の柴田侑宏先生の作品で、私は2015年11月に雪組全国ツアー公演で一度出演させていただきました。以前も少しお話ししましたが、魅力的な登場人物やロマンチックなセリフの数々……とても宝塚らしい柴田先生の作品にいつか出てみたいと音楽学校時代から思っていたので、そんな憧れの先生の作品に出演することができ、とてもうれしかったことを覚えています。

 2015年の雪組公演のときは、のぞさん(望海風斗)が演じられるマドリードの実業家・ロメロの甥フェリーペ役を演じました。スペイン一の闘牛士エリオを演じられるちぎさん(早霧せいな)と2人でのお芝居や、アカペラで歌い出すシーンがあり、当時はまだ下級生だったのでとても緊張しました。新人公演でちぎさんの役をさせていただくこともあったので、そんな雲の上のような方とお芝居ができて、毎日すごくドキドキしていました。
 フェリーペはいつもロメロの側にいる役で、のぞさんを拝見しながら「素敵な役だな」「いつかこんな役ができるような男役になりたいな」と思っていたので、今回の花組公演でロメロ役を演じさせていただけるとお聞きした時はとてもうれしかったです。当時はただただ憧れだけで見ていましたが、いざ役と向き合ってみるとロメロにもさまざまな葛藤があると思いましたし、柚香光さんよりも年上の役ということで、その存在感を出すのも課題だなと思っています。

 私が初めて『哀しみのコルドバ』を観たのは、真飛聖さんが主演された2009年花組全国ツアー公演でした。さまざまなカップルの愛の形や恋愛観が描かれた大人っぽい作品だと感じましたし、フェリーペを演じた際も、エリオの恋に対してフェリーペの片思いの恋はどういう立場なのだろうかと考えたりもしました。今回のロメロも愛をどう捉えているかが“鍵”になると思いますので、お稽古で役作りを深め、新たな挑戦となればと思います。そして、前回見えなかったことにも気づけると思いますので、作品の魅力を再認識して、皆様にお届けできたらと思います。

 また、前回の宝塚大劇場公演でも上演した『Cool Beast!!』は、出演者の人数も減りダンスパートも変わるので、また新しい作品としてお届けできるのではないかなと思っています。そして何より星風まどかちゃんが花組の新メンバーに!『哀しみのコルドバ』では役として関わりも多いですし、ショーも一緒に作り上げていけることにワクワクしています。

とても素敵だった、月組大劇場公演に雪組バウホール公演。

永久輝せあ 今月のメッセージ  前回も他組の公演を観劇した感想をお伝えしましたが、今回も月組大劇場公演と雪組バウホール公演のことを少しお話できればと思います。

 月組公演の『桜嵐記』は、上田久美子先生の世界観が印象的でした。個人的に作品の舞台となっている南北朝時代はとても好きな時代で、本や小説で読んでいて親しみがあったので、役名を聞くだけで「あー!この人か!」となり(笑)、楽しく観させていただきました。また、月組の皆さんの役者魂にも感動しました。

 主演の珠城りょうさんが演じられた楠木正行は、温かく誠実でとても素敵でした。美園さくらちゃんも雪組時代に組回りで来たときに少し関わりがあったので、すごく立派になった姿に驚きました。お2人のデュエットダンスもとっても美しかったです。
 そして同期のえり(海乃美月)も輝いていました。ショー『Dream Chaser』で珠城さんとタンゴを踊っていたシーンが本当にきれいで印象的でした。次期トップ娘役ということで同期としてはとても嬉しく応援したいなと感じています。

 そして朝美絢さんが主演された雪組バウホール公演『ほんものの魔法使』は舞台稽古で拝見しました。朝美さんが初めてバウホール公演で単独主演された『義経妖狐夢幻桜』に私も出演していたので、あれから3年経ったのかと感慨深かったですし、輝いていらっしゃる朝美さんのお姿に感動しました。相手役の野々花ひまりちゃんも、夫婦役や恋人役を演じたり新人公演で組んだりと、ご縁がある下級生だったので、成長した姿を見られてとても嬉しかったです。

 朝美さんには、僭越ながらそんな感想をお伝えしたり、蝶々が出てくるシーンがあったので「私も出られます!」と『NICE WORK IF YOU CAN GET IT』の公演で蝶々の衣装を着たときに撮った写真を、無理やりに送りつけました(笑)。ファンタジー作品としての世界観のなかにも、笑いどころがたくさんあり、そして1人ひとりがすごく生き生きしていて、皆さん大熱演! 後半にかけて、前に進むことの大切さも描かれていて、私もたくさん勇気をいただきました。

 そして、8月2日までの宙組大劇場公演もこれから絶対に観たいと思っています。ついに10期下となる107期の初舞台生が出演しますし、潤花ちゃんのトップ娘役お披露目公演でもあるので。また観たら感想をお伝えいたしますね!

学生時代の夏の思い出といえば……。

 先月「ベスト3」のコーナーでお話ししましたが、夏の思い出を少し。
 皆さんは、どんな夏の思い出がありますか? 私は夏といえば、バレエやダンス漬けの日々を思い出します。というのも、中学・高校時代にはバレエの公演に毎年8月に参加していたので、夏休みは毎日、朝から一日中そのお稽古がありました。しかも学校ではダンス部に所属していたので、9月の学園祭に向けての部活の強化練習も重なり……。夏はずっと踊っていました!

 だから毎日家に帰ってくると疲れてしまって、宿題もできず(笑)。たくさん出された夏休みの宿題も最後の1週間で終わらせようと試みましたが、やはり間に合うはずがなく……。いまは計画を立てて動くのがマイルールですが、こと勉強に関してはコツコツと進めるのが苦手でした(笑)。

 お盆休みには、山梨にある祖母の家や静岡の親戚の家に行くのが毎年楽しみでした。小学生のときには、山梨は富士山の近くで森の中、静岡は海の近くだったので、両方の自然を楽しめるという、大好きな夏休みでした。父が流すJAZZを聴きながら家族でのんびりと過ごしたり、花火をしたり、ベランダでバーべーキューをしたり……テントも張ったこともありました。大切な夏の思い出ですね。

※このメッセージは、7/16(金)のものです。

テーマ:「好きな夏の食べ物」

  • ◎そうめん

    まず浮かぶのが、そうめん。昔、上級生の家にお邪魔して流しそうめんの機械で楽しんだこともあります(笑)。温かいにゅうめんも好きですし、暑くてバテ気味になると冷たいめん類がついつい食べたくなります。トマトが入った冷製カッペリーニのようなそうめん料理も作ったことがありますが、でもやっぱりオーソドックスなそうめんが好きですね。
  • ◎枝豆

    昔から大好きなんです。近所の畑で採れた枝付きの枝豆をいただくことも多く、それが本当においしくて……いくらでも食べられる!と思っていました(笑)。母がお弁当にもよく枝豆を入れてくれて、大好きなので取っておいて一番最後に食べたりして……。普通に塩ゆでして食べるのが最高ですが、枝豆ごはんを作ることもあります。
  • ◎ゴーヤ

    ゴーヤのあの苦みが好きなんです。特に夏の体にも良いと聞くのでよく食べています。ゴーヤのお漬物をいただいたこともありますが、一番はゴーヤチャンプルが好き!沖縄料理が全般大好きなので、たまに無性に食べたくなり、家で作ることもあります。沖縄旅行にも時々行っていたので、夏といえば沖縄というイメージがありますね。