永久輝せあコーナー

撮影レポート

 三井住友カードならびにVJAグループのキャラクター・花組の永久輝せあを起用した、2021年の新看板、ポスター・カレンダー用の写真撮影が都内スタジオで行われた。その様子をレポートする。

 淡いピンクのシャツをまとった永久輝が登場し、撮影スタート。撮影するのは、数々の人気アーティストや俳優の表情を引き出し、国内外で広く活躍する写真家、レスリー・キー氏。

 永久輝は「最初は少し緊張していた」というが、2度目の撮影ということで、すぐに順応して柔らかな表情を見せる。続くカジュアルな白いシャツの衣装でも、キー氏のリクエストに反応して、さまざまな手のポーズを決めていく。明るい笑顔で表情豊か。モニターで写真を確認しながら「自分じゃないみたい……」とつぶやく永久輝に、スタッフからも「素敵」「かわいい!」との声が上がる。

 印象的な青いブラウスは、風を当ててのショット。キー氏と永久輝、スタッフのあうんの呼吸で、続々と躍動感あふれるカットが撮影されいく。
 鮮やかな黄色と透け感のあるレインウエアでは、キー氏のアイデアで少し髪を濡らしたスタイリング。クールな表情、強い目線を送る永久輝に、「ナイス!」「グッド!」とキー氏も応える。

 ストリート風のカジュアルな衣装では、ジャンプしての撮影も抜群の身のこなし。高いダンス力を誇る永久輝だけに、動きのあるカットや難しい体勢でのポーズを、鮮やかに決める。その伸びやかな身体表現に、「スーパーヒーローみたい」とキー氏も称賛を送る。

 次々と衣裳をチェンジするスピーディーな撮影にも、疲れた様子は一切ない。常に笑顔を絶やさない永久輝に、撮影現場も明るくなる。
 爽やかな青色のスーツや黄色のパンツに紺色のジャケットを合わせた衣装は、男役ならではの着こなし。ジャケットがよく似合う。帽子やトランクなどの小道具を使うカットも、リクエストに即座に応えてポーズを変えていく。
 鮮やかな赤色のスーツはスタイリッシュに、デザインが印象的な紫の衣装は華やかに、光沢のある銀色のスーツはビシッとかっこよく。さまざまな表情を見せる。

 最後は、涼やかな浴衣。凜とした表情で、カメラの前に立つ姿が美しい。最後はキー氏のOKが出て、すべての撮影が終了した。

 撮影を終えた永久輝に感想を聞いた。
「2度目のカレンダー撮影でしたが、前回と変わらないスタッフの皆さんが温かく、少しは撮影に慣れたかなと感じました。2021年の衣装はとてもカラフルで、さまざまな色に挑戦させていただき、楽しかったです。特に、紫色の衣装や赤や銀色のスーツがお気に入りです。ぜひチェックしてみてください」

 今回撮影したカットは、空港やターミナル駅、劇場などで掲示される看板、ポスター、キャンペーンなどで当たるカレンダー(非売品)として、順次公開されます。ぜひご覧ください。