あなたの「?」が「!」に変わる場所「ヒトトキ」

キャッシュレスで便利になればなるほど、
新たに生まれる疑問や不思議。

そんな疑問や不思議の解消を
三井住友カードがお手伝いします。

あなたの毎日に、実りのあるひと時を。

今日はどんな発見があるだろう?
あなたの「?」が「!」に変わる場所「ヒトトキ」

ハッピーな未来に、タッチしよう。「タッチハッピー」実施中

    ハッピーな未来に、タッチしよう。「タッチハッピー」実施中

    “誰もが幸せを感じられる社会の実現を目指して、お客さまと共にできることがきっとある”
    三井住友カードは2020年春、「タッチハッピー」プロジェクトを始動しました。

    今回はタッチハッピーについて、想いや現在の取り組み、参加方法を解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    INDEX

      タッチハッピーとは

      タッチハッピーとは

      タッチハッピーとは、あなたが ①三井住友カードでVisaのタッチ決済を利用する、または ②SNSに「いいね」や「シェア」などのリアクションをするだけで、世の中をより良くする活動を続ける団体に寄付を送ることができるプロジェクトです。

      三井住友カード会員の方だけではなく、誰でも気軽に参加できるようにこの2つの参加方法をご用意しました。より詳しい参加方法は、「タッチハッピーの参加方法」をご覧ください。

      タッチハッピーに込めた想い

      なぜ三井住友カードが社会貢献を目的として「タッチハッピー」を始めるに至ったのか。その想いについて、ご説明します。

      キャッシュレス決済で『good』な毎日を

      「Have a good Cashless.」
      この言葉は、三井住友カードのキャッシュレス決済に込められたメッセージです。
      『good』と言っても、その捉え方は人それぞれ。
      キャッシュレス決済を使えば、お財布の中身を気にして現金を引き出しに行ったり、小銭を持つ必要がなくなります。さらに、三井住友カードのタッチ決済を使えば、会計の際は手間がかかりません。

      これらのことが、キャッシュレス決済ならではの『good』。小さな『good』の先には、ポジティブな未来が待っている。それが三井住友カードの考えるキャッシュレス決済であり、サービスやモノよりもっと踏みこんだ、大切なコンセプトと捉えています。

      キャッシュレスで社会課題解決を支援

      キャッシュレスで社会課題解決を支援

      キャッシュレスと社会貢献には、1つ共通点があると考えています。その共通点とは、どちらも“日々のこと”である点です。

      いつものお買物でキャッシュレス決済を利用している方も少なくないでしょう。いまやキャッシュレス決済は日々の暮らしに欠かせません。

      また、社会課題への取り組みは、ある特定の人や特別な時に限定された活動というわけではありません。本来は身近にある問題を解決しようと始まるものです。いわば日々の暮らしの中にある活動です。

      このように“日々のこと”という共通点がある。この2つをつなげるのが「タッチハッピー」なのです。

      『good』の輪を拡げて『happy』をより多くの人に

      『good』の輪を拡げて『happy』をより多くの人に

      「タッチハッピー」には、“『good』の輪を拡げていくこと”という想いが込められています。

      仮にお店でタッチ決済をするとしましょう。この時、自分にとっては暗証番号の入力や小銭を探す手間などがなくなるため『good』です。しかし『good』を享受できるのは、自分だけではないのをお気付きでしょうか。

      例えば、店員さんにとってはお釣りを準備する手間を省くことができるため、お客さまへ顔をそむけることなく感謝の気持ちを伝える時間をつくることができ『good』が生まれます。また、次のお支払いを待っている人にとっては、待ち時間が短縮されます。つまり、この“タッチ決済”というたった1つの行動だけで『good』の輪は拡げることができるのです。
      さらに、タッチ決済で社会課題の解決に参加できるしくみを通じて、身近な社会にも『good』を拡げていきたいと考えています。

      このように「タッチハッピー」を通じて、社会課題をより身近なものにすると同時に、たくさんの『good』の輪を拡げていく。そして結果的に、多くの人が気軽に誰かと『happy』を共有しあう未来を実現したい。

      こうした想いから、「タッチハッピー」は始動しました。

      現在実施中「森のこと篇」

      2022年4月~9月は、「森のこと篇」です。支援先は、「森と人がずっとともに生きる社会」を目指す森林保全団体more trees(モア・トゥリーズ)。“森”をテーマに、未来の環境を支える森づくりに欠かせない苗木づくりを支援します。

      取り組む社会課題

      日本では戦後の木材不足により「スギ」や「ヒノキ」などの針葉樹を中心に植林されたことで、森林面積が増加しました。しかし、木材の需要が減少し、林業の衰退が進むにつれ、人工林の手入れが行き届かなくなりました。手入れが行き届かず過密状態となってしまった森林は「光」が地面まで届かず下草が育ちません。例えば、下草には、雨が直接地表にあたることを防ぐ役割があります。下草のない地表は雨により浸食されやすくなり、土砂流失を招くリスクが高まります。また、日本に自生する主要な樹木は500種類以上あるといわれる中、人工林においてはスギとヒノキの2種類のみで全体の約7割を占めており、多様性を失っています。

      健全な状態にある森林は大気中のCO2を吸収し、気候変動を抑えてくれたり、土砂災害を防いだり、きれいな水を生み出したりと、たくさんの機能を持っています。それらの機能は私たちの豊かな生活を支えてくれてきましたが、今の日本の森はその大事な機能を十分に発揮できない状態となっているのです。

      more treesの活動

      今回の支援先の「more trees」は、森と人がずっとともに生きる社会を目指して、「都市と森をつなぐ」をキーワードに森林に関わるさまざまな活動を行う団体です。地域と協働で行う「多様性のある森づくり」を中心に、各地域での苗木づくりの生産体制の構築も推進しています。

      タッチハッピーでできること

      健やかな森を育むためには、適切な植林や間伐をすることが欠かせません。三井住友カードは「WEB明細」の取り組みを通じて、植林や間伐を支援しています。しかし、日本が本来持つ豊かな森を取り戻すためにはそれだけではなく、地域それぞれの気候風土に合った広葉樹を中心としたさまざまな樹種に転換することも必要です。そのためには広葉樹の「苗木づくり」が不可欠ですが、これまでスギやヒノキなどの針葉樹の植林が中心だった日本では広葉樹苗の生産体制が整っていません。植林するためには、こうした植える前の準備も大切な活動の1つです。

      今回のタッチハッピーでは、未来の環境を支える森づくりに欠かせない「苗木づくり」を支援できます。未来の環境を守ることは、私たちの日常はもちろんのこと、私たちの子どもや孫の世代など次世代の日常を守ることにつながります。「森のこと篇」には、“普段のお買物”を“未来の暮らし”に繋いでいきたいという三井住友カードの想いが込められています。

      タッチハッピーの参加方法

      タッチハッピーへの参加方法は、「タッチハッピー決済」「タッチハッピーシェア」の2種類をご用意しています。
      タッチハッピー決済数とタッチハッピーシェア数に応じて、三井住友カードから支援先に寄付されます。

      タッチハッピー決済とタッチハッピーシェアのロゴ

      【タッチハッピー決済】 三井住友カードでVisaのタッチ決済をするだけ!

      タッチハッピー決済は、キャンペーン期間中に三井住友カードのVisaのタッチ決済を利用するだけでタッチハッピーに参加できる方法です。

      ただし、Visaのタッチ決済が利用できる店舗かどうかはお支払い前にご確認ください。

      以下の目印があれば、三井住友カードでVisaのタッチ決済が利用可能です。

      Visaのタッチ決済マーク

      Visaのタッチ決済でスマートにお支払いをしながら、ぜひタッチハッピーに参加してください。

      【タッチハッピーシェア】SNSでシェアをして活動を広めよう!

      タッチハッピーシェアは、キャンペーン期間中に三井住友カードの公式SNSアカウントでの対象のタッチハッピー投稿に「いいね」や「シェア」のリアクションをするだけで、タッチハッピーに参加できる方法です。フォローや友だち申請がなくても、参加することができます。
      また、Twitterにて「#キャッシュレスでハッピーな未来にタッチしよう」というハッシュタグをつけて投稿することでも参加できます。

      対象となる公式SNSアカウントとリアクションは以下のとおりです。

      ▼三井住友カード公式Twitter
      アカウント名:@smcc_card
      リアクション:リツイート or いいね
      ▼三井住友カード公式Instagram
      アカウント名:@smcc_likeu
      リアクション:いいね!
      ▼三井住友カード公式Facebook
      アカウント名:@smbccard
      リアクション:シェア or いいね!

      SNSのアカウントを持っている方は、簡単に参加できるのでぜひご参加ください。

        この記事が気に入ったら

        いいね!

        Share

        おすすめの記事

        TOP