永久輝せあコーナー

今月のメッセージ

ご観劇いただいた皆様、ありがとうございました。

永久輝せあ 今月のメッセージ  先日、花組公演『はいからさんが通る』宝塚大劇場公演が千秋楽を迎えました。ご観劇いただいた皆様、ありがとうございました。

 千秋楽のカーテンコールでトップスターの柚香光さんもおっしゃっていましたが、9月に公演が再開された際は7月の再開時とは違って、お客様への申し訳なさでいっぱいだったのが正直なところです。それでもお客様は変わらず楽しみにしてくださっていたのを感じて、胸がいっぱいになりました。まだまだ緊張感から解放されることのない生活が続きますが、いま一度花組生が心1つに、志1つに舞台、そしてお客様と向き合わなければ、と身の引き締まる思いでした。

 東京公演は、このメッセージがアップされるころにはちょうど開幕していると思います。劇場で皆様にお会いできるのを心から楽しみにしております。

大好きな真飛さんの作品『太王四神記』。

 こういう時期でしたので、改めてこれまで宝塚で上演された作品について振り返ってみました。

 好きな作品と聞かれてまず一番に思い浮かぶのは、花組公演『太王四神記』。真飛聖さんが大好きだったファン時代、宝塚音楽学校受験の直前に、同級生に連れて行ってもらって観劇しました。舞台の壮大さと、舞台上にいる皆さんの熱量や華やかさに圧倒され、「絶対に受かりたい」「この方たちと舞台に立ちたい!」と強く思った、大好きな作品です。毎日この作品の音楽を聴きながら、レッスンに通っていました(笑)。
 もともと原作を知らずに観たので、4つの神記を集めるシーンは、セットや盆まわりを使ったストーリー展開がスピーディで、息つく暇もなくのめり込んで観たのを覚えています。そして、最後のゴンドラにタムドクとキハが乗るシーン。あのときの興奮は、いまも鮮明に覚えています!!

 真飛さんを好きになったきっかけは、恥ずかしいので実は誰にも言ったことがないです(笑)。真飛さんは本当にお美しいのに、ハスキーなお声や舞台でのお姿がとても男らしく、ギャップのあるところが魅力的だなと思っています。なかでも一番好きなのは、どんなときもアンテナを張っていらっしゃると言いますか、周りの方への気配り、心配りがものすごく繊細でいらっしゃるところ。男役以前に、タカラジェンヌ、1人の女性として、とても尊敬しています。ちなみに、真飛さんのお役で一番好きなのは、『明智小五郎の事件簿』の“潤ちゃん”です。

一番よく観た宝塚作品は、春野さん主演の『エリザベート』。

永久輝せあ 今月のメッセージ  そして、一番よく観た作品はといえば、春野寿美礼さんが主演された花組公演『エリザベート』。作品のすべてに感動して、オサさん(春野)のお歌の“好きポイント”を、繰り返し、繰り返し観ていた覚えがあります。それは、ハンガリーで民衆が「エーヤン、エリザベート」と歓声を挙げる場面の後、落胆した革命家に歌いかける「闇が広がる」の1フレーズ。「見過ごす手はない、行け、ウィーンへ」という歌詞の「ウィーン」の歌い方が……大好きです!
 歌以外でも、オサさんの手の表情がすごく好きです。指が長くてきれいでしなやかで、男役はほとんど首と手先しか衣装から出ることがないので、オサさんもものすごくこだわっていらっしゃったのではないかな……と。ぜひ見習いたいです。

 私がファンになったのと同時くらいにオサさんは退団されてしまっていたので、生で舞台を拝見することはできませんでしたが、あまり宝塚を知らなかった兄と父にも「お願いだから、これを観て!」と無理矢理「エリザベート」のDVDを観せていたのを覚えています(笑)。

 宝塚に出合う前、幼いころからクラシック・バレエを習っていたのを、兄は近くでずっと応援してくれていたので、私が宝塚を受けたいということに対して、兄が唯一反対していました。でも『エリザベート』がきっかけで「確かに面白いかも」と、そこから受験を応援してくれるようになりましたし、父はもともと音楽が好きなので、「闇が広がる」などミュージカルナンバーも気に入ったようで、「すごいねー!」と感心していました(笑)。

宝塚以外の公演で印象に残った作品。

 実は宝塚に入るまで、外部の舞台を観たことがありませんでした。唯一覚えているのは、中学・高校の演劇部の公演『エリザベート』。いま思うと信じられないのですが、当時『エリザベート』を知らないくらいミュージカルに無知で、友人に「すごく有名なお話だから!」と誘われて観ました。でも、その日バレエのレッスンがあり開始15分くらいで抜けなければならなかったので、なんと綱渡りで転落してエリザベートが死んでしまうシーンまでしか観られず……。「タイトルロールの人、死んでしまったけど大丈夫かな?」と、頭に「?」マークが浮かびながらレッスンに向かったことを覚えています(笑)。

 宝塚に入団してからは外部の舞台も観るようになりました。なかでも『モーツァルト!』は何度観ても好きな作品。父子の愛や人生観など、観るたびに違う印象を受けるのも面白いですし、「僕こそ音楽」や「星から降る金」など、楽曲も大好きです。ほかには『ファインディング・ネバーランド』という、映画『ネバーランド』に着想を得たミュージカル。『ピーターパン』というと子供向けのイメージがありますが、大人へのメッセージ性を感じますし、勇気をもらえる大好きな作品です。ティンカーベルの演出もすごく面白いです。

『レベッカ』も、主人公の「わたし」に名前がなかったり、タイトルロールの「レベッカ」役も劇中に登場しないこともすごくミステリアスで大好きです。涼風真世さんが演じられたダンヴァース夫人が本当に素晴らしくて印象的でした。
 最近では配信などでさまざまな舞台が上演されています。また次回、そんなお話もできればと思っています。

最近オフでやっていることとは……。

 先月お話しした、同期でコラボレーションする動画の第一弾、あいみょんさんの楽曲「マリーゴールド」では、サビの部分を花組の同期4人で適当にパート分けしてハモりました。ほとんど誰もカメラ目線ではないのが、少しシュール……。ですが、完成したときにはとてもうれしくて、何度も何度も再生しました(笑)。第二弾も、今度はカメラを見られるくらい練習して、早く完成させたいです。

 そして花組の一部の方たちと、すごく話題になったオーディション番組「Nizi Project」をオマージュした、「Zuka Project」を立ち上げて楽しんでいます。主な出演メンバーは、96期さんから99期までの15名。それぞれの出身地での地方予選を勝ち抜いたのが、このメンバーという設定なのですが、惜しくも不合格になってしまう役や、会場でオーディションを待つ役などで、ほかの下級生も参加しているのがすごく面白いです! ちなみに私はスター性の審査では、スプーン曲げを披露しました! スプーン曲げのお師匠様は、以前公演でご一緒した専科の凪七瑠海さんです!!

※このメッセージは、9/18(金)のものです。

テーマ:宝塚作品で印象的なシーン

  • ◎『星逢一夜』一揆のシーン

    ちぎさん(早霧せいな)が主演された作品『星逢一夜』で、ちぎさん演じる天野晴興と、のぞさん(望海風斗)が演じられた源太の対立するお芝居から一騎打ちまでの場面。どうしようもない立場の違いと拭いきれない友情で、本当につらくて切ないシーンですが、本公演でも新人公演でも毎回命を懸けていた大切な場面です。
  • ◎『ひかりふる路』ジロンド派粛清のシーン

    のぞさん主演の『ひかりふる路』のなかで、この場面の「葛藤と焦燥」という楽曲が一番好きです。ロベスピエールとマリー=アンヌのお互いへの思いと、それに反する革命の現実が交錯するシーン。さまざまな人物の理想と信念が絡み合うドラマチックな場面で、出演していなかったのですが、袖からずっと観ていました!!
  • ◎『長い春の果てに』ラストシーン

    紫吹淳さん主演の作品『長い春の果てに』の、とても有名な場面だと思います。「大人になったら、ここにキスしてくれるって」という映美くららさんのポーズと角度が芸術的に可愛らしいですし、「ちょっと道に迷ってた」という紫吹さんの台詞の間と男らしさが最高で、宝塚の魅力が100%詰まっているシーンだと思います!