保険金をお支払いする主なケースとお支払いする保険金

  • 下記内容は概要についてご説明したものです。実際の保険金のお支払いの可否は、普通保険約款および特約などに基づきます。
  • お支払いする保険金は、お持ちのカードの種類や事前の旅費などの当該カードでのお支払い有無によって異なります。

海外旅行傷害保険 表示する

下の表は、横にスライドしてご覧ください。

担保項目 保険金をお支払いする主な場合 お支払いする保険金
傷害死亡・後遺障害
  • 被保険者が旅行期間(※1)中に偶然な事故により身体にケガを負い、そのケガが原因で、事故の発生の日からその日を含めて180日以内に
  • 1.死亡された場合
  • 2.後遺障害が生じた場合
  • 1.死亡された場合…被保険者の法定相続人へお支払い(※2)
  • 死亡保険金受取人指定はできません。
  • 2.後遺障害が生じた場合…後遺障害の程度に応じて3%~100%(※2)
傷害治療費用
  • 被保険者が旅行期間(※1)中に偶然な事故により身体にケガを負い、そのケガが原因で、医師の治療を受けられた場合
  • 事故発生または治療開始の日から180日以内に要した次の費用のうち、現実に支出した金額で社会通念上妥当と認められる金額
  • 医師の診察費、処置費、手術費
  • 医師の処置、処方による薬剤費、治療材料費、医療器具使用料
  • 諸検査費、手術室費、職業看護師費
  • 入院費、入院できないやむを得ない事情により、ホテルなどで医師の治療を受けた場合の客室料
  • 治療のために必要となった通訳雇入費用
  • 病院までの緊急移送費
  • 入院により必要となった次の費用
  • 国際電話料など通信費(20万円限度)
  • 入院に必要な身の回り品購入費(5万円限度)
  • 入院により当初の旅行行程を離脱した場合に、旅行行程に復帰または直接帰国するための交通費および宿泊費(ただし払い戻しを受けた金額や負担を予定していた金額は控除されます)
  • 病院までの交通費(保険会社が妥当と認めたものに限ります)
疾病治療費用
  • 被保険者が旅行期間(※1)中または旅行期間終了後48時間以内に発病した疾病が直接の原因で、旅行期間終了後48時間を経過するまでに医師の治療を受けられた場合
  • 妊娠・出産・早産・流産これらに起因する疾病、歯科疾病を除きます。
  • 旅行期間終了後に発病した疾病については、その原因が旅行期間中に発生したものに限ります。
  • 旅行期間中に感染した所定の伝染病(※3)で旅行期間終了後14日以内に医師の治療を開始した場合を含みます
賠償責任
  • 旅行期間(※1)中に偶然な事故により、被保険者が他人の身体または財物に損害を与え、法律上の賠償責任を負った場合
  • 他人の財物を使用・管理中に与えた損害は除きます。ただし、次のものはお支払いの対象となります。
  • 宿泊施設の客室、客室内の動産、セイフティボックスのキーおよびルームキー
  • 居住施設内の部屋および部屋内の動産(建物または戸室全体を賃借している場合は除きます)
  • レンタル業者から直接借り入れた旅行用品または生活用品
  • 法律上支払うべき損害賠償金
  • 求償権の行使や損害防止軽減のために必要かつ有益な費用
  • 被害者の応急手当などの緊急措置費用
  • 書面による保険会社の同意を得て支出した訴訟費用
  • 示談の相手方および賠償金額の決定には、事前に保険会社の承認が必要です。
  • 保険会社には示談代行の義務はございません。
携行品損害
  • 旅行期間(※1)中に携行する身の回り品(被保険者の所有するもの)が盗難・破損・火災などの偶然な事故により損害を受けた場合
  • 「携行する」とは、携えて持っている状態、または被保険者が常時監視できる状態をいいます。
  • 携行品とは、被保険者が所有かつ携行する身の回り品をいいますが、現金・小切手・株券・手形・預金証券・免許証・定期券・クレジットカード・入歯・コンタクトレンズ・帳簿・図面・各種書類・動植物・自動車・オートバイ・船・居住施設内にあるもの、別送品は含みません。
    また、危険なスポーツを行っている間のそれらの用具の損害については保険金は支払われません。
  • 1回の事故ごとに損害額のうち3,000円(免責金額)をご自身で負担していただきます
  • 損害額とは、購入額から減価償却した時価額(修理可能な物は時価を限度として修理費)を指します。ただし、1個1組1対につき10万円を限度とします。
  • 航空券などの損害額は、事故後に元の券と同等の範囲内で再購入した費用とし、1事故につき5万円を限度とします。
  • 旅券の損害額は、再発給または渡航書発給に要した手数料・最寄り在外公館へ赴く交通費・発給地におけるホテル客室料とし、1事故につき5万円を限度とします。
救援者費用

旅行期間中(※1)に救援対象者が

  • 死亡した場合
  • ケガにより事故後180日以内の死亡
  • 疾病による死亡
  • 発病した疾病により旅行期間終了後30日以内の死亡
  • ケガまたは発病した疾病により、7日間以上継続入院した場合
  • 山岳遭難、搭乗機、船舶が行方不明・遭難した場合
  • 偶然な事故により生死が確認できない場合、
    または緊急な捜索救助を要する状態を警察などが確認した場合
  • 救援対象者および親族の方が支出した次の費用のうち、社会通念上妥当と認められる金額
  • 現地に赴く航空運賃など交通費(救援者3名分限度)
  • 現地でのホテルなど客室料(救援者3名分限度かつ1名につき14日間限度)
  • 現地からの救援対象者の移送費用
  • 救援対象者の死亡による現地での遺体処置費用(100万円限度)
  • 救援者渡航手続費および現地での諸雑費(20万円限度)
  • 捜索救助費用

ページ上部へ

国内旅行傷害保険 表示する

クラシックカード、ビジネスクラシックカード、コーポレートクラシックカードには付帯しておりません。

担保項目 保険金をお支払いする主な場合 お支払いする保険金
公共交通乗用具搭乗中傷害事故
  • 被保険者が公共交通乗用具(※4)に乗客として搭乗中の急激かつ偶然な外来の事故によるケガが原因で
  • 1.事故発生の日から180日以内に死亡された場合
  • 2.事故発生の日から180日以内に後遺障害が生じた場合
  • 3.医師の指示に基づき入院された場合
  • 4.ケガの治療のために入院し所定の手術を受けた場合
  • 5.通院により医師の治療を受けた場合
  • 1.死亡された場合…被保険者の法定相続人へお支払い
  • 死亡保険金受取人指定はできません。
  • 2.後遺障害が生じた場合…後遺障害の程度に応じて3%~100%
  • 下記3~5は、三井住友プラチナカード、ゴールドカード、プライムゴールドカードが対象となります。ヤングゴールドカード、エグゼクティブカード、クラシックAカード、アミティエカードは対象となりません。
  • 3.[入院保険金日額×入院日数](ただし、事故の日から180日以内の入院でかつ180日以内が支払の限度)
  • 4.手術の種類に応じて[所定の倍率(10倍、20倍、40倍)×入院保険金日額](ただし、手術を受けた場合で、1回の事故につき1回の手術に限る。)
  • 5.[通院保険金日額×通院日数](ただし、事故の日から180日以内の通院でかつ90日が支払の限度。)
宿泊火災傷害事故
  • 被保険者が宿泊施設に宿泊中に火災・破裂・爆発によって被ったケガが原因で
  • 1.事故発生の日から180日以内に死亡された場合
  • 2.事故発生の日から180日以内に後遺障害が生じた場合
  • 3.医師の指示に基づき入院された場合
  • 4.ケガの治療のために入院し所定の手術を受けた場合
  • 5.通院により医師の治療を受けた場合
募集型企画旅行参加中傷害事故
  • 被保険者が宿泊を伴う募集型企画旅行(※5)参加中の急激かつ偶然な外来の事故によるケガが原因で
  • 1.事故発生の日から180日以内に死亡された場合
  • 2.事故発生の日から180日以内に後遺障害が生じた場合
  • 3.医師の指示に基づき入院された場合
  • 4.ケガの治療のために入院し所定の手術を受けた場合
  • 5.通院により医師の治療を受けた場合

ページ上部へ

航空便遅延保険 表示する

三井住友プラチナカード、コーポレートゴールドカード(一部を除く)にのみ付帯しております。

担保項目 保険金をお支払いする主な場合 お支払いする保険金
乗継遅延費用
  • 海外旅行において(※6)、被保険者が旅行期間中(※1)に航空便を乗り継ぐ場合において、到着便の遅延によって出発便に搭乗することができず、実際の到着時刻から4時間以内に代替となる航空便に搭乗できなかった場合
  • 乗継地点において代替便が利用可能となるまでの間に被保険者が実際に負担した食事代およびホテルなどの客室料
出航遅延・欠航・搭乗不能費用
  • 海外旅行において(※6)、被保険者が旅行期間中(※1)に搭乗予定の航空便について、次のいずれかの事由が生じ、出航予定時刻から4時間以内に代替となる航空便に搭乗できなかった場合
  • 4時間以上の出航遅延
  • 欠航・運休
  • 搭乗予約受付業務の瑕疵による搭乗不能
  • 出航地において代替便が利用可能となるまでの間に被保険者が実際に負担した食事代
  • ホテルなどの客室料はお支払いの対象となりません。
手荷物遅延費用
  • 海外旅行において(※6)、被保険者が旅行期間中(※1)に搭乗する航空便が目的地に到着してから6時間以内に受託手荷物が目的地に運搬されなかった場合
  • 受託手荷物の中に、被保険者が携行する身の回り品のうち、下着・寝間着など必要不可欠な衣類または洗面道具・剃刀・櫛などの生活必需品が含まれていた場合に限ります。
  • 目的地において被保険者が実際に負担した必要不可欠な衣類および生活必需品の購入費用または賃貸費用
手荷物紛失費用
  • 海外旅行において(※6)、被保険者が旅行期間中(※1)に搭乗する航空便が目的地に到着してから48時間以内に受託手荷物が目的地に運搬されなかった場合
  • 受託手荷物の中に、被保険者が携行する身の回り品のうち、下着・寝間着など必要不可欠な衣類または洗面道具・剃刀・櫛などの生活必需品が含まれていた場合に限ります。
  • 航空便の目的地到着後96時間以内に、目的地において被保険者が実際に負担した必要不可欠な衣類および生活必需品の購入費用または賃貸費用

ページ上部へ

お買物安心保険(動産総合保険) 表示する

当該カードを利用して購入した商品が対象となります。ただし以下の「補償の対象とならない主な商品」は除かれます。

補償の対象とならない主な商品

  • 船舶(ヨット、モーターボートおよびボートを含む)、航空機、自動車、自動二輪車、原動機付自転車、自転車、雪上オートバイ、ゴーカート、ハンググライダー、パラグライダー、サーフボード、セーリングボート、ラジオコントロール模型およびこれらの付属品
  • 移動電話、ポケットベルなどの携帯式通信機器およびこれらの付属品
  • 義歯、義肢、コンタクトレンズその他これらに類するもの
  • 動物および植物
  • 現金、手形、小切手、その他の有価証券、印紙、切手、乗車券など(鉄道・船舶・航空機の乗車券・定期券・宿泊券・観光券および旅行券をいいます)、旅行者用小切手およびあらゆる種類のチケット
  • 食料品
  • 稿本、設計書、図案、帳簿その他これらに準ずるもの
  • 不動産および不動産に準ずるもの
  • 会員が従事する職業上の商品となるもの
  • ギフトカードで購入された商品は対象となりません。
  • 修理された場合の送料は対象とはなりません。
  • 1.旅行期間とは、会員資格が有効な期間中に開始された旅行期間(海外旅行の目的で日本の住居を出発してから日本の住居に帰着するまでの間で、かつ日本出国日前日の午前0時から日本入国日翌日の午後12時(24時)までの間)中とします。ただし、日本出国日から3ヵ月後の午後12時までを限度とします。
  • 2.カード利用条件付帯の場合の旅行期間とは、自動付帯分については、旅行開始期間から3ヵ月間(かつ旅行期間中)が補償対象となります。カード利用条件付帯分については、旅行開始前にカード利用条件を満たした場合、旅行開始期間から3ヵ月間(かつ旅行期間中)が補償対象期間となります。出国後に初めてカード利用条件を満たした場合、カード利用条件を満たした時点から3ヵ月間(かつ旅行期間中)が補償対象期間となります。
  • 3.コレラ、ペスト、天然痘、発疹チフス、ラッサ熱、マラリヤ、回帰熱、黄熱、重症急性呼吸器症候群(SARS)、エボラ出血熱、クリミア、コンゴ出血熱、マールブルグ病、コクシジオイデス症、デング熱、顎口虫、ウエストナイル熱、リッサウイルス症、腎症候性出血熱、ハンタウイルス肺症候群、高病原性鳥インフルエンザ、ニパウイルス感染症、赤痢、ダニ媒介性脳炎、腸チフス、リフトバレー熱、レプトスピラ症
  • 4.公共交通乗用具とは、日本国内においては、航空法、鉄道事業法、海上運送法、道路運送法に基づき、それぞれの事業を行う機関によって運行される航空機、電車、船舶、バス、タクシーなどを、海外においては、これに準じる乗用具をいいます。(当該旅行のために乗用するものに限ります)
  • 5.宿泊を伴う募集型企画旅行とは、旅行会社が旅行者の募集のためにあらかじめ、旅行の目的地および日程、旅行者が提供を受けることができる運送または宿泊のサービスの内容ならびに旅行者が旅行会社に支払うべき旅行代金の額を定めた旅行に関する計画を作成し、これにより実施する旅行(旅行業法第12条の3の規定に基づく標準旅行業約款募集型企画旅行契約の部第2条第1項に規定するもの)をいいます。詳しくは旅行代理店にご確認ください。

ページ上部へ

お問い合わせ

  • サービス内容に関するお問い合わせ・アクシデント発生時のご連絡先

  • 国内から:
  • 国内から
  • 海外から:
  • 海外から
  • 受付時間

Copyright (C)  Sumitomo Mitsui Card Co., Ltd.