×

はじめ方2019.10.16

手軽に導入できるPOSレジシステム「Square(スクエア)」とは?

手軽に導入できるPOSレジシステム「Square(スクエア)」とは?

消費増税や軽減税率の導入のため、多くの小売店でレジの入れ替えが進んでいます。これから開業する店舗であれば、それを見越した機器の導入が必要ですが、コストとの兼ね合いも考えなくてはなりません。そんなときに最適な選択肢が、レジアプリ「Square(スクエア)」です。
スクエアなら、高機能・多機能なPOSレジシステムを、低コストで構築することができます。

目次

スマートなPOSレジシステム「スクエア」

スクエアについて説明する前に、まずPOSレジとは何か、なぜ必要なのかをご紹介しましょう。
POSとは「Point Of Sales」の略語であり、お金のやりとりが発生した時点での販売情報をリアルタイムで管理し、売上集計や在庫管理など幅広い機能を活用して、店舗運営や経営の改善に活かすシステム全体を指します。POSレジとは、そのシステムの一端を担う機能を備えたレジのこと。

店舗の売上を増やすには、さまざまな工夫が必要です。お客さまが求める商品を必要なだけ在庫しておく、曜日や時間帯、天候などによって変わる売れ筋商品を目立つ位置にディスプレイする…。こうした施策を打つためには、POSレジシステムが管理する「いつ・何が・どれほど売れたか」という正確なデータが欠かせません。

また、販売情報や在庫情報などをリアルタイムで一元管理できれば、それを基に売上予測を立てたり、在庫調整をしたりと、積極的な店舗運営に活かすこともできます。
POSレジシステムは、こうした理由から必要とされているのです。

スクエアならPOSレジを手軽に導入できる

効率的な店舗運営を可能にするPOSレジですが、機器類一式をそろえるとなると高額になり、小規模な店舗や開業まもない店舗には、コストの面で不安要素となるのは確か。しかし、近年では安価なPOSレジアプリケーションが、クラウドサービスとして登場しています

これらの製品は、端末としてタブレットやスマホを用意すれば、あとはアプリをインストールするだけ。設定を済ませば、大掛かりな配線工事や設置工事をすることなく、すぐに使うことができます。

こうしたPOSレジアプリの代表格ともいえるのが「Square(スクエア)」です。Twitterの開発者として知られるジャック・ドーシーが開発に関わったこのアプリは、高価なPOSレジシステムに引けを取らないさまざまな機能と特徴、メリットを備え、世界中で200万以上もの事業者に使われ、高い評価を得ています。

スクエアの特徴とメリット

スクエアの特徴とメリット

登場以来、世界中で高い評価を受けているスクエアのPOSレジシステム。その特徴とメリットの一端をご紹介しましょう。

導入コストが安く、スピーディーに導入できる

従来のPOSレジシステムは、レジ本体だけで数十万円以上という高価な物も数多くあり、回線の接続や設置工事が必要な物が主流です。そのため、決して少なくないコストがかかり、工事のために数日を要することも珍しくありません。

しかし、スクエアなら、タブレットやスマホがあれば、カードリーダーとセットになった「Square Stand」を購入するだけでOK。クラウドで提供されるPOSレジシステムは無料で使えますから、導入コストは非常に安く、面倒な手続きや工事が不要となります。

カード決済手数料が安く、入金が早い

スクエアのクレジットカード決済で必要な費用は、決済手数料のみ。それも、3.25%または3.95%と低く設定されています。
クレジットカードはICチップ内蔵のものだけでなく、海外で広く使われている磁気ストライプ式のカードも読み込むことができますから、インバウンド需要にも対応できます。

また、カード決済分の売上は、最短で決済の翌営業日に入金可能。振込手数料はスクエアが負担しますから、売上への影響はほとんどなく、現金決済と変わらない感覚でカード決済を使えます。もちろん、カード決済を使わなければ手数料は発生しません。月額料金などをそこまで気にすることなく、日々の業務と店舗経営に集中できます。

なお、スクエアでは2019年内を目処に、クレジットカードに加えて電子マネーでの決済にも対応するべく、準備を進めています。それが実現すれば、これまで以上に販売機会を増やすことができるでしょう。

スリムで場所をとらない

スクエアは、スリムですっきりとしたデザイン。従来の据置型POSレジと比べてコンパクトですから、狭いスペースでも無理なく設置することができます。
カフェやアパレル、ヘアサロンやネイルサロンなど、店内の隅々までファッション性を意識したい店舗にもおすすめです。

充実したクラウドサービス

クラウドサービスの利点のひとつは、常に最新バージョンのアプリケーションを使えること。今後も新たな機能が追加されたり、より使い勝手のいい機能に改良されたりということがあれば、いち早く手に入れ、使い始めることができます。
アプリのバージョンアップが手軽に、簡単にできるということも、クラウドサービスならではでしょう。

スクエアのPOSレジシステムが持つさまざまな機能

スクエアには、POSレジの基本となるレジスター機能に加えて、店舗運営に役立つさまざまな機能が搭載されています。

基本機能を充実させた売上・在庫管理機能

スクエアは、現金でもクレジットカードでも、売上をリアルタイムで集計し、さまざまな形で集計・抽出することができます。レジ本体はもちろん、クラウドにアクセスすればノートパソコンなどからも確認することができるのです。
そのため、店の運営はほかのスタッフに任せつつ、事業主は別の場所から売上状況を分析し、今後の方針を練る…といった使い方もできるでしょう。

また、販売情報は在庫情報とリンクしており、在庫が少なくなるとメールでアラートを飛ばすという設定も可能。定番商品だけでなく、季節性の強い商品や天候によって売上が変わる商品など、アイテムごとに細かく在庫調整できます。

大量に仕入れたとき、商品登録はたいへんな作業になりますが、スクエアならばCSVファイルを取り込むことで一括登録できますから、余計な労力を使いません。棚卸の際にチェックが必要な在庫状況も、詳細なレポートとして一括ダウンロードできます。
POSレジのメインである売上・在庫管理では、このように充実した基本機能を備えています。

コミュニケーション機能で、お客さまを「店のファン」にする

スクエアでは、プリンターによるレシートのほか、電子レシートを発行でき、お客さまからの評価を受けることができます。また、この電子レシートを介して、お客さまとメッセージのやりとりもできます。
店舗に対するお客さまの評価を正しく測定するのは難しいもの。自身の店がどんな点で優れているのか、どんなところに改善の余地があるのか、そうした正直な声を聞くこともできるでしょう。

自店で使えるギフトカードの発行機能も併せて活用すれば、多くのリピーターを集めることができる可能性も。そうした広がりの出発点になるのが、スクエアのコミュニケーション機能なのです。

従業員管理機能で、スタッフの管理も万全

スクエアの従業員管理機能を使えば、タイムカードは不要となります。レジ画面からスタッフの出退勤時間を記録し、休憩時間や残業も含めた賃金の計算が自動的にできるためです。
出退勤データを集計・分析すれば、売上に対する人件費の割合が瞬時に計上でき、従業員ごとの売上金額も一覧にできますから、経営を見据えた適切なスタッフ配置にも役立つでしょう。

また、スクエアではPOSレジやデータベースに対するアクセス権を細かく設定でき、スタッフのレベルや習熟度に合わせて、個別に権限設定することもできます。

新規導入・入れ替えの有力な選択肢

高機能なPOSシステムを手軽に、しかも安価に導入できるスクエア。従来のPOSレジシステムに劣らない基本機能に加えて、店舗運用と経営をサポートする幅広い機能を備えています。
レジの新規導入・入れ替えの際には、スクエアは有力な選択肢となるのではないでしょうか。

今回の記事のまとめ

スクエアなら、POSレジシステムを手軽に導入できる

  • ・本格的なPOSレジの機能を低コストで導入可能

さまざまなメリットを持つ、スクエアのカード決済

  • ・ICカードと磁気ストライプ式カードの両方に対応
  • ・決済手数料が3%台と低く、最短翌日には入金される

レジ機能のほか、多くの便利な機能を搭載

  • ・細かな設定ができる売上管理・在庫管理機能
  • ・コミュニケーション機能で、お客さまの声を活かせる
  • ・スタッフの勤怠管理や個別のアクセス制限設定が可能

店舗経営者の方へ

豊富なキャッシュレス決済に対応!

その他おすすめ記事サイト

キャッシュレスの?が!に変わる場所Have a good Cashless

キャッシュレスの基礎知識やカード活用術、お困りごと解決情報など役立つ情報を発信しています。

個人事業主・スタートアップの方

経営者・個人事業主・スタートアップの担当者が知っておきたいバックオフィスの基礎知識をご紹介しています。

決済サービス・決済端末を導入する際の基礎知識からメリットを丁寧に解説します。三井住友カードプレゼンツ「ペイサポ~お店がはじめるキャッシュレス決済~」