Powered by 三井住友カード

  1. 三井住友カード
  2. カードをつくる
  3. ゼロからはじめるクレジットカード
  4. 海外旅行準備・持ち物ガイド タビサポ
  5. 旅行の選び方
  6. 台湾旅行の魅力とは?準備すべきことと観光スポットを紹介

旅行の選び方

台湾旅行の魅力とは?準備すべきことと観光スポットを紹介

台湾旅行の魅力とは?準備すべきことと観光スポットを紹介

台湾は、初めてこの地に上陸したポルトガル人が「イラ フォルモサ!(麗しの島よ!)」と思わずポルトガル語で叫んだとされるほどの景観が広がっています。そのほかグルメ、治安、アクセスと、どれをとっても満足度の高い海外旅行先です。
そんな台湾の魅力や見所、旅行前の準備、現地での注意点などについてご紹介します。

目次

キャッシュレスプラン キャッシュレスプラン

  • ※ 三井住友カードプラチナプリファードはキャッシュレスプラン対象外となります。
  • ※ 対象カード・適用条件について、お申し込み前に必ず上記バナーよりキャッシュレスプラン詳細ページをご確認ください。
  • ※ キャッシュレスプランは予告なく変更・終了することがございます。

台湾はどんなところ?

台湾は、日本の南西に位置する、九州くらいの広さを持ちます。気候や時差、公用語、エリアについて見ていきましょう。

  • 気候
    南北にかけて3,000m級の山々が連なり、中には富士山より高い山もあります。気候としては小さな島内に、熱帯・亜熱帯・温帯の3つの区分が見られます。
    四季はあるものの、年間を通して10℃を下回ることがほぼない温暖な気候です。4月後半から6月下旬までは梅雨時期で雨が多く、その後、秋にかけて台風シーズンとなります。
  • 時差
    台湾は、日本との時差はマイナス1時間なので、海外旅行にあまり慣れていない人でも行きやすい旅行先です。
  • 公用語
    台湾の公用語は、北京語と台湾語です。旅行前に基本的なフレーズくらいは覚えておきたいところですが、観光地であれば、日本語の通じるスタッフのいるホテルやお店は多いので、言葉で苦労することはそれほどないでしょう。
  • エリア
    台湾は、エリアごとに違う表情を見せてくれる多彩な魅力が詰まっています。島の西側には北と南を結ぶ新幹線が走っていて、台北市、台中市、台南市、高雄市などへのアクセスも良好です。
    中でも、台湾一の大都市「台北」と、重要な史跡が点在する「台南」は、代表的な観光スポットが数多く集まる人気のエリアです。

台湾旅行の魅力はまだまだいっぱい!

台湾旅行が人気の理由は気候や時差だけではありません。台湾にはどのような魅力があるのかご紹介します。

日本からのアクセスがいい

日本各地の空港から、台湾の主要都市への直行便が出ています。一番離れた北海道でも4時間半、東京からは約4時間、大阪や福岡からなら2~3時間ほど、そして沖縄からは1時間半で台湾に到着します。
フライト時間が短いので、子連れの旅行でも移動の負担が少なく、2泊程度の短期旅行でも十分遊べる時間が確保できます。いわば、思い立ったらすぐに行ける海外が台湾なのです。

食べ物がおいしい

台湾には挙げればきりがないほどおいしい食べ物がそろっています。マンゴーをはじめとする南国フルーツ、タピオカミルクティーやふんわりかき氷、そして小籠包や魯肉飯(ルーローハン)、牛肉麺、おかゆなどの台湾グルメと、日本人の味覚に合う物が多いので、どの観光地でもおいしい食事やスイーツが楽しめるでしょう。
また、台湾には、朝食は「早餐店」という朝食専門店、夜ごはんは屋台が連なる「夜市」で食べる習慣があり、街の至る所で食堂や屋台を見かけます。観光客も気軽に立ち寄れるので、地元の雰囲気を堪能しながらローカルフードを味わうのもおすすめです。

人が優しい

台湾旅行の経験者が口をそろえて言う魅力のひとつに、台湾人の優しさがあります。「道端で地図を広げていたら道案内をしてくれた」「通りすがりの人が子供に笑顔で手を振ってくれる」「うまく言葉が通じなくても笑顔で対応してくれる」など、誰もが優しくフランクに接してくれるのです。
慣れない異国の地だけに、言葉の壁を越えた優しさは何よりもありがたいものです。

比較的治安がいい

台湾は、比較的治安がいいとされています。外務省の海外安全ホームページでも、危険情報・感染症危険情報は出ていません。
ただし、人出の多い場所ではスリなどの被害にも遭いやすいので、大金は持ち歩かない、荷物から目を離さないといった、基本的な防犯の意識を持っておくことは大切です。

海外安全ホームページ
別ウィンドウで外務省が運営している「海外安全ホームページ」のサイトへリンクします。

台湾旅行前に準備しておきたいもの

たくさんの魅力が詰まった台湾旅行。どこへ行こう、何を食べようと楽しい計画を立てるとともに、旅の準備もしっかりしておきましょう。ここでは、旅行前に準備しておきたい6つのものをご紹介します。

1 航空券

航空券がなければ海外旅行は始まりません。台湾行き航空券の相場は往復3万~5万円で、格安航空会社(LCC)も数多く就航しています。
ただ、大型連休や夏休みにあたる7月、年末年始や旧正月は、相場よりも航空券が高くなります。一方、梅雨時期などのオフシーズンは安く購入できますが、天候で観光自体が楽しめない可能性もあります。ハイシーズンでも早期予約や、ホテル・オプショナルツアーとのセット割などで旅費を抑えられることがありますので、台湾旅行の予定が決まったら早めに手配しましょう。

2 ビザ

日本のパスポートで台湾に入国する際は、90日以内の観光目的の滞在であればビザを申請する必要はありません。ただし、入国時にパスポートの残存有効期間が3ヵ月以上あり、往復もしくは第三国へ渡る航空券か船の切符を所持している必要があります。パスポートの発行や更新にはある程度時間を要しますので、残存有効期間の確認も早めにしておいたほうが安心です。

3 Wi-Fi環境

地図や通訳、オプショナルツアーの予約など、海外旅行でも必需品のスマートフォンに欠かせないのがWi-Fiです。台北はWi-Fi環境がかなり整っており、無料Wi-Fiも充実しています。
ただし、台北以外の都市や地方のWi-Fi環境は場所によってまちまちなので、観光予定のエリアや使用頻度に合わせて、海外パケット定額やポケットWi-Fi、現地SIMなどを検討してもいいでしょう。

4 変圧器・変換プラグ

台湾の電圧は110Vです。日本は100Vなので、日本の電化製品は変圧器を利用したほうがいいでしょう。プラグの形状も日本と同じAタイプが大半ですが、まれにCタイプやOタイプもあります。変圧器や変換プラグが必要かどうか、念のため宿泊施設などに問い合わせて確認してもいいでしょう。

5 クレジットカード

都市部では、ショップやレストラン、観光スポットの入場券売機など、ほとんどの場面でクレジットカード決済ができます。犯罪リスクを下げるためにも、観光中は必要最低限の現金とクレジットカードの組み合わせが安心です。
なお、クレジットカードがあれば街中のATMで現金を引き出すこともできますので、現金が必要になったときも慌てることなく対応できます。

6 上着

台湾は温暖な気候なので、冬以外は薄着で過ごせますが、公共交通機関やレストランなどは寒く感じるほど冷房が効いていることもあります。
暑い時期の渡航でも、長袖の上着やストールなど、パッと羽織れる物を持っていくといいでしょう。

台湾旅行に備えて知っておきたいこと

台湾は味覚も文化も日本に近く、習慣の違いに戸惑うような場面はそうないでしょう。しかし、日常のちょっとしたところで日本とは異なる常識やルールが垣間見られます。
観光目的の台湾旅行でも知っておきたいマナーを確認しておきましょう。

食事のマナー

食事中のマナーでは、日本人が習慣でついしてしまいがちなNG行為がいくつかあります。
例えば、台湾では食事中に音を立てるのはマナー違反です。麺類を食べるときは勢い良くすすらないように気を付けましょう。また、電車やバスの車内、駅構内での飲食は禁止になります。

トイレのマナー

台湾では、使用後のトイレットペーパーは便器に流さず、備え付けのごみ箱に捨てるのがマナーです。配水管が細く、水溶性ではない紙が使われていることが多いため、いっしょに流すと詰まってしまうので気を付けましょう。

台北・台南で絶対行きたいおすすめ観光スポット

多彩な魅力にあふれる台湾。旅行に行ったら訪れたい場所はたくさんありますが、中でも新旧の大都市、台北と台南のおすすめスポットをご紹介します。

台北市のおすすめ観光スポット

2つの国際空港を要する台北は、洗練された街です。話題の店が集まっていて、交通機関も充実している、台湾観光で最も人気のエリアです。そんな台北でおすすめのスポットをご紹介します。

  • 台北101
    台北101は、全長509m、地下5階、地上101階建ての台湾のシンボルタワーです。ショッピングモールやレストランのテナント数も多く、一日中楽しめます。
    展望台までは分速1,010m、時速60kmという世界最速のエレベーターで向かうことができます。
  • 中正紀念堂
    中正紀念堂は、初代総統である蒋介石の活躍をたたえ、追悼の意を込めて建てられた施設です。25万平方メートルにも及ぶ広大な敷地には、色や形など随所に中華思想が盛り込まれた紀念堂のほか、蒋介石や台湾の歴史を学べる資料館などがあります。本堂にまつられた銅像の前では、1時間ごとに行われる衛兵の交代式を間近で見ることもできます。
  • 士林夜市
    士林夜市は台湾最大のスケールを誇る夜市で、ローカルフードだけでなく、雑貨や衣料品などの格安ショッピングも楽しめます。
    一直線にお店が並んだ「饒河街夜市」、老舗の有名店が軒を連ねる「寧夏夜市」と合わせて、士林夜市は台北三大夜市といわれています。

台南市のおすすめ観光スポット

台湾で最も早期に市街地として開発された台南は、台湾の歴史を伝える文化財や史跡が点在しています。台湾の京都ともいわれる古都の見所を紹介します。

  • 赤崁楼
    赤崁楼は、オランダ統治時代から現在の台湾に至るまでの変遷が分かる史跡です。1653年のオランダ統治時代に建てられた赤崁楼は、当時プロヴィンティア城と呼ばれており、今も遺跡が存在しています。1983年には、台湾の国家一級古跡にも指定されています。
  • 正興街
    正興街は300mほどの短いストリートですが、古民家をリノベーションしたおしゃれなカフェや雑貨店が立ち並び、台湾の若者の注目スポットになっています。
  • 安平樹屋
    安平樹屋は、ガジュマルの木に侵食された廃墟内を散策できる、ミステリアスな観光スポットです。ガジュマルに覆われた外観から、木の根や幹が縦横無尽に張り巡らされた建物内まで、生命の神秘を感じさせる雰囲気が広がっています。
    敷地内にはカフェやショップも併設されていて、台湾製のデザイン雑貨やローカル食材を使った食品、名店のソフトクリームなども楽しめます。

旅行初心者も楽しめる台湾の旅へ

異国情緒にあふれていながら、どことなく懐かしさも感じさせるのが台湾の魅力です。
台湾は旅行初心者でも満足度が高い旅になるほど、見所がたくさんあります。どういった旅のプランにするのか事前にリサーチをして、ぜひ台湾旅行を楽しんでみてください。

2020年1月時点の情報なので、最新の情報ではない可能性があります。

人気ランキング

もっと見る

海外旅行には 三井住友カードがおすすめ!

  • 01

    現金の紛失・盗難にも
    安心

  • 02

    両替の手間要らずで
    スムーズ

  • 03

    トラベルサポート・保障が
    充実

キャッシュレスプラン キャッシュレスプラン

  • ※ 三井住友カードプラチナプリファードはキャッシュレスプラン対象外となります。
  • ※ 対象カード・適用条件について、お申し込み前に必ず上記バナーよりキャッシュレスプラン詳細ページをご確認ください。
  • ※ キャッシュレスプランは予告なく変更・終了することがございます。

関連記事

その他おすすめ記事サイト

[クレカ徹底解説]クレジットカードの仕組みや選び方など必見情報まとめ [クレカ徹底解説]クレジットカードの仕組みや選び方など必見情報まとめ

PAGETOP