ゼロからはじめるクレジットカード
おすすめのカードと作り方
海外旅行に最適なクレジットカードの選び方やメリット

おすすめのカードと作り方

海外旅行に最適なクレジットカードの選び方やメリット

こんな人に
おすすめ!

  • 補償・サポートを重視する方

海外旅行に最適なクレジットカードの選び方やメリット

海外旅行が目的でクレジットカードを作りたいと思った場合、どのように選べば良いか迷う方も多いのではないでしょうか。
今回は、海外旅行にクレジットカードを持っていくメリットや選択基準、海外で安全にクレジットカードを利用するための注意点をご紹介します。また、三井住友カードが発行する、海外旅行におすすめのクレジットカードもご紹介します。

新規入会限定キャンペーン実施中!

三井住友カードプラチナプリファードはキャッシュレスプラン対象外となります。

対象カード・適用条件について、お申し込み前に必ず上記バナーよりキャッシュレスプラン詳細ページをご確認ください。

キャッシュレスプランは予告なく変更・終了することがございます。

クレジットカードを探す

海外旅行にクレジットカードを持っていくメリット

海外旅行にクレジットカードを持っていくメリット

海外旅行に現金ではなく、クレジットカードを持っていくメリットについて考えてみましょう。

現金を持ち歩かなくて良い

海外旅行中は気が緩んで、財布を紛失してしまうケースがあります。また、地域によっては日本よりも治安が悪く、盗難に遭うかもしれません。かといって、手持ちのお金を少なくした場合、いざというときに支払いができず、海外旅行を存分に楽しむことができなくなるかもしれません。
その点、クレジットカードを持っていれば、多額の現金を持ち歩かなくても支払いに困りません。また、万が一クレジットカードを紛失したり、盗難に遭ったりした場合でも、電話1本でカード利用を停止することができます。
なお、チップや交通機関の利用などで、少額の現金は必要になるので、現金も必ず用意しておきましょう。

現地通貨のキャッシングも可能

海外旅行中、メインの支払いをクレジットカードにするとしても、チップや交通費、地方の個人経営店での会計など、現金が必要なシーンはあります。もし、手持ちの現金が不足してしまった場合は、海外のATMでクレジットカードを使ったキャッシング(現金引き出し)がおすすめです。
もちろん、銀行や両替所で日本円を外貨に両替することもできます。しかし、この場合、為替レートに上乗せされる形で手数料がかかります。そのため、手数料の金額によっては、現地通貨をキャッシングしたほうがお得になるケースもあるのです。

支払い能力の証明になる

大学生でも気軽にクレジットカードが作れる日本と異なり、海外ではクレジットカードを所有していることは、支払い能力をクレジットカード会社に証明してもらえる場合もあります。

海外旅行傷害保険がある

海外旅行中に、ケガをしたり盗難などの被害に遭ったりした際、クレジットカードに付帯されている海外旅行傷害保険が役立ちます。国によって異なりますが、海外の医療費は日本の医療費と比べて高額な場合があります。ですから、海外旅行傷害保険がなければ、高額の支払いをすることになりかねません。

クレジットカードの付帯サービスが受けられる

クレジットカードによっては、空港ラウンジを無料で利用できたり、現地の加盟店で割引などの優待を受けられたりします。このような付帯サービスを受けることができるのも、海外旅行にクレジットカードを持っていくメリットです。

クレジットカード会社のサポートを受けられる

海外旅行中のトラブルで頼りになるのが、クレジットカード会社のサポートデスクです。
例えば、クレジットカードを紛失してしまった場合でも、クレジットカード会社に電話をかけて事情を説明すれば、カードの利用停止ができるだけでなく、必要に応じて暫定的なカードを発行してもらったり、緊急キャッシュサービスを使ってカードなしで現地の現金を手配してもらったりすることもできます。

また、サポートデスクでは、現地でホテルやレストランの紹介、予約までしてもらえます。サポートデスクの呼び方はクレジットカード会社によって異なり、三井住友カードでは「VJデスク」という名称となっています。海外旅行中に何かあった際は、お気軽にご利用ください。

海外旅行向けのクレジットカードを選ぶ基準

それでは、実際に海外旅行に最適なクレジットカードを選ぶ基準をご紹介します。なお、渡航先やマイルを貯めたいといった生活スタイルによって、最適なクレジットカードは変わりますのでご注意ください。

国際ブランドで選ぶ

クレジットカードに記載されているVISAなどのロゴマークは、国際ブランドを表しています。国際ブランドには、Visa、Mastercard、銀聯、JCB、American Express、Diners Clubなどの種類があります。これらの国際ブランドは、地域によって加盟店が多いエリアや少ないエリアなどがありますので、渡航先に最適な国際ブランドのクレジットカードを選びましょう

クレジットカードの付帯サービスから選ぶ

前述したように、クレジットカードの付帯サービスの中には、海外旅行傷害保険や空港ラウンジの無料利用、手荷物宅配サービスなど、海外旅行に便利なものがあります。また、航空会社のマイルを効率的に貯めたいのであれば、マイルを貯めやすいクレジットカードを選ぶのもいいでしょう。

海外旅行におすすめの三井住友カード ゴールド(NL)

三井住友カード ゴールド(NL)

「三井住友カード ゴールド(NL)」は、満20歳以上の方が利用できるゴールドカードです。券面には、会員番号・有効期限・セキュリティコードが表記されない、安心・安全のナンバーレス。最高2,000万円の海外・国内旅行傷害保険が付帯しているほか、国内主要空港の空港ラウンジサービスが無料で利用できます。
海外旅行での利用はもちろん、三井住友カード ゴールド(NL)には、毎年の年間利用額に応じたポイント還元や、特定加盟店での利用でポイント還元率がアップする特典があるので、お得にポイントが貯まります。

・年間100万円のご利用で翌年以降の年会費が永年無料

三井住友カード ゴールド(NL)の年会費は通常5,500円(税込)ですが、年間100万円のご利用で翌年以降の年会費が永年無料となります。
今、持っているクレジットカードの毎月の利用額が9万円以上であれば、三井住友カード ゴールド(NL)にお切替えいただくと、2年目以降、年会費が永年無料で、カードをお使いいただけます。

  • ※対象取引や算定期間など実際の適用条件の詳細についてはホームページをご確認ください。

・毎年、年間100万円のご利用で10,000ポイントプレゼント(継続特典)

三井住友カード ゴールド(NL)は、通常のポイント還元とは別に、毎年、年間100万円のご利用で10,000ポイントが還元されます。毎年、条件を達成すればもらえるうれしいプレゼントです。

  • ※対象取引や算定期間など実際の適用条件の詳細についてはホームページをご確認ください。

海外旅行でクレジットカードを利用する際の注意点

次に、海外旅行でクレジットカードを利用する際に、注意すべき点をご紹介します。日本ではあまり気にしなくても良いことでも、海外では気を付けなければいけないこともありますので、ぜひご一読ください。

サインをする前に明細をよく確認する

クレジットカードで支払いをするときには、必ず利用明細を確認しましょう。これは、レストランでチップが無断で上乗せされるなど、本来の請求額より高く請求してくるケースがあるためです。
また、海外のレストランでは、チップ欄や合計欄が空欄になっていることがありますので、その場合、自分で合計金額を記入してからサインをします。空欄のままサインをすると、店側に勝手な合計金額を書かれてしまう可能性があります。

旅行中のクレジットカード利用控えは必ず保管する

旅行中、クレジットカードの利用控えは必ず残しておき、利用明細と合っているかを確認しましょう。もし、利用した覚えのない項目があれば、すぐにクレジットカード会社へ連絡し、不正利用がないか調べてもらいます。

クレジットカード会社の連絡先や会員番号などの情報を携帯する

旅行中、クレジットカード会社の連絡先や発行会社名、会員番号、有効期限をメモして携帯するようにしましょう。このように準備しておけば、クレジットカードが盗難されたり紛失してしまったりした場合に、すぐに連絡をすることができます。

現地通貨の決済を選ぶ

海外でクレジットカードを利用する際に、現地通貨と日本円のどちらで支払うか、聞かれることがあります。
日本円で決済した場合は、1度日本円に換算するための手数料が発生することがありますので、現地通貨での決済がおすすめです

出発前に利用枠・キャッシング枠を確認しておく

海外旅行では、ホテルやレストラン、お土産などの出費がかさみます。そのため、メインの支払いをクレジットカードにした場合、余裕があると思っていた利用限度額に達してしまうかもしれません。念のため、出国前にクレジットカードの残り利用限度額を計算しておきましょう

海外では支払い回数を選べない

日本でクレジットカード払いをする場合、1回払いや分割払いを選ぶことができますが、海外では利用回数を選択できません
日本国内で発行されるクレジットカードの場合、海外でのクレジットカード決済の支払い回数は「1回払い(またはリボ払い)」に設定されています。
三井住友カードのクレジットカードをご利用の場合、海外での支払いについては、原則として「1回払い」となります。

2枚以上持っていく

クレジットカードの盗難や紛失といったリスクだけでなく、限度額に達してしまったり、有効期限が途中で切れたりといったトラブルがあるかもしれません。また、手持ちのクレジットカードのブランドに、対応していない店舗もあるでしょう。そのような場合に備え、クレジットカードを2枚以上持っていくことをおすすめします。
なお、2枚いっしょに財布に入れておくと、同時に紛失してしまう可能性がありますので、別々の場所に携帯しましょう。

海外旅行向けのクレジットカード一覧

最後に、三井住友カードが発行するクレジットカードのうち、海外旅行におすすめのクレジットカードをご紹介します。

三井住友カード(NL)

三井住友カード(NL)

「三井住友カード(NL)」は、券面に会員番号・有効期限・セキュリティコードが表記されない安心・安全のナンバーレスカードです。年会費は永年無料。最高2,000万円の海外旅行傷害保険が付帯しています。
海外旅行での利用はもちろん、普段の買物でお得にポイントが貯められます。

■三井住友カード(NL)・三井住友カード ゴールド(NL)の特典として、ポイント還元率が最大5%!

例えば、対象のコンビニ・マクドナルドで月5,300円分をVisaのタッチ決済・Mastercard®コンタクトレスで利用した場合
利用金額200円(税込)につき1ポイントが付与されるため、5,300円分の利用の場合、対象となる金額は実質5,200円。ポイントは260ポイント貯まります!

通常ポイント ポイント計算例
利用金額200円(税込)
につき1ポイント付与
0.5%還元
5,200円×0.5%=
26ポイント

plus plus

セブン-イレブン、
ファミリーマート、
ローソン
マクドナルドで利用
ポイント計算例
利用金額200円(税込)
につき
+2%還元(※1)
5,200円×2%=
104ポイント

plus plus

さらに上記店舗で
Visaのタッチ決済・
Mastercard®コンタクトレス
(※2)を利用
ポイント計算例
利用金額200円(税込)につき
+2.5%還元(※1)
5,200円×2.5%=
130ポイント

arrow arrow

5%還元で260ポイント貯まる

  • ※ポイント還元率は利用金額に対する獲得ポイントを示したもので、ポイントの交換方法によっては、1ポイント1円相当にならない場合があります。
  • ※1 一部、ポイント加算対象とならない店舗および指定のポイント還元率にならない場合があります。
  • ※2 一部、Visaのタッチ決済・Mastercard®コンタクトレスがご利用いただけない店舗があります。
    また、一定金額(原則1万円)を超えると、タッチ決済でなく、決済端末にカードを挿し、お支払いただく場合があります。その場合のお支払い分は、+2.5%還元の対象となりませんので、ご了承ください。タッチ決済とならない金額の上限は、ご利用される店舗によって異なる場合があります。
  • ※1・2ともに、詳細は以下ホームページをご確認ください。

三井住友カード プラチナプリファード

三井住友カード プラチナプリファード

三井住友カードのハイステータスカードのひとつである「三井住友カード プラチナプリファード」。ポイント還元率は1%と、ゴールドカードおよびプラチナカードよりも高くなっているほか、ポイント還元の特典が充実しています。クレジットカードを頻繁に利用する人におすすめです。
また、最高5,000万円の海外・国内旅行傷害保険が付帯していて、家族も保険の補償対象になります。国内主要空港の空港ラウンジサービスも無料で利用可能です。

さらに、三井住友カード プラチナプリファードには、4つのスペシャルリワードをご用意しています。

・新規入会&利用特典40,000ポイント

ご入会月(切替え月)の3ヵ月後末までに40万円(税込)以上のご利用でプラス40,000ポイントをプレゼント

・継続特典最大40,000ポイント

毎年、前年100万円(税込)のご利用ごとに10,000ポイントをプレゼント(最大40,000ポイント)

・外貨ショッピング利用特典+2%

ご利用金額100円(税込)ごとにプラス2ポイントをプレゼント

  • ※海外でのご利用のみ対象

・プリファードストア(特約店)+1~9%

ご利用金額100円(税込)ごとにプラス1~9ポイントをプレゼント

  • ※これらの特典を受けるには一定の条件があります。詳細は以下ホームページをご確認ください。

三井住友銀聯カード

三井住友銀聯カード(ぎんれんカード)

「三井住友銀聯カード」は、三井住友カードが発行する銀聯ブランドのクレジットカードです。中国でのクレジットカードといえば銀聯カードが主流となっており、VisaやMastercardが使えないお店もあります。中国旅行の際には持っておきたいクレジットカードです。
セキュリティに関しては、暗証番号の桁数が6桁と通常のクレジットカードよりも多いため、安心してクレジットカードをご利用いただけます。ただし、海外・国内旅行傷害保険は付帯しないので、ほかのカードと併せて利用するといいでしょう。

海外旅行はもうすぐ!カード発行が間に合わない!?

三井住友カードは、インターネット上でお申し込みいただくと「最短5分」でクレジットカード番号が発行されます。その後、最短翌営業日にご自宅宛てにクレジットカードが発送されます。
発行されたクレジットカード番号は、すぐにオンラインショッピングでご利用いただけます。さらに、Apple Pay や Google Pay™ などのモバイル決済などに登録することで、実店舗での買物も可能となります。

■三井住友カード おすすめクレジットカード

下の表は、横にスライドしてご覧ください。
カード名 三井住友カード ゴールド(NL)

三井住友カード ゴールド(NL)

三井住友カード(NL)

三井住友カード(NL)

三井住友カード
プラチナプリファード

三井住友カード プラチナプリファード

  • ※プリファードカードは
    通常お申し込みのみとなります
初年度年会費 5,500円(税込) 無料 33,000円(税込)
翌年度以降年会費 5,500円(税込)
年間100万円のご利用で翌年以降永年無料
※対象取引や算定期間など実際の適用条件の詳細についてはホームページをご確認ください
永年無料 33,000円(税込)
旅行傷害保険 最高2,000万円(海外・国内)
※旅行代金などにおける当該カードでの決済有無で補償額は変わります
最高2,000万円(海外)
※事前に旅行代金などを当該カードで支払った場合のみ
最高5,000万円(海外・国内)
※旅行代金などにおける当該カードでの決済有無で補償額は変わります
空港ラウンジサービス 国内主要空港のラウンジが無料で利用可能 付帯されていない 国内主要空港のラウンジが無料で利用可能
ポイント還元 ご利用金額200円(税込)ごとに、1ポイント貯まる
毎年、年間100万円のご利用で10,000ポイント還元(継続特典)
※対象取引や算定期間など実際の適用条件の詳細についてはホームページをご確認ください
ご利用金額200円(税込)ごとに、1ポイント貯まる ご利用金額100円(税込)ごとに、1ポイント貯まる
入会資格 原則満20歳以上
安定継続収入のある方
(学生は除く)
満18歳以上の方
(高校生は除く)
原則満20歳以上
安定継続収入のある方
(学生は除く)
カード名 三井住友カード
ゴールド(NL)

三井住友カード ゴールド(NL)

三井住友カード(NL)

三井住友カード(NL)

三井住友カード
プラチナプリファード

三井住友カード プラチナプリファード

  • ※プリファードカードは通
    常お申し込みのみとなります
初年度年会費 5,500円(税込) 無料 33,000円(税込)
翌年度以降年会費 5,500円(税込)
年間100万円のご利用で翌年以降永年無料
※対象取引や算定期間など実際の適用条件の詳細についてはホームページをご確認ください
永年無料 33,000円(税込)
旅行傷害保険 最高2,000万円(海外・国内)
※旅行代金などにおける当該カードでの決済有無で補償額は変わります
最高2,000万円(海外)
※事前に旅行代金などを当該カードで支払った場合のみ
最高5,000万円(海外・国内)
※旅行代金などにおける当該カードでの決済有無で補償額は変わります
空港ラウンジサービス 国内主要空港のラウンジが無料で利用可能 付帯されていない 国内主要空港のラウンジが無料で利用可能
ポイント還元 ご利用金額200円(税込)ごとに、1ポイント貯まる
毎年、年間100万円のご利用で10,000ポイント還元(継続特典)
※対象取引や算定期間など実際の適用条件の詳細についてはホームページをご確認ください
ご利用金額200円(税込)ごとに、1ポイント貯まる ご利用金額100円(税込)ごとに、1ポイント貯まる
入会資格 原則満20歳以上
安定継続収入のある方
(学生は除く)
満18歳以上の方
(高校生は除く)
原則満20歳以上
安定継続収入のある方
(学生は除く)
  • ※ポイント還元率は利用金額に対する獲得ポイントを示したもので、ポイントの交換方法によっては、1ポイント1円相当にならない場合があります。

よくある質問

Q1:海外旅行にクレジットカードを持っていくメリットは?

海外旅行の際にクレジットカードを持っていけば、多額の現金を持ち歩く必要がなく、現地通貨でのキャッシングも可能です。また、海外ではクレジットカードを所有していることが支払い能力の証明にもなります。ほかにも、海外旅行傷害保険が付帯しているカードであれば、不測の事態にも対応しやすくなります。
詳しくは以下をご覧ください。

Q2:海外旅行でクレジットカードを利用する際の注意点は?

海外旅行中にクレジットカードで支払いをするときは、サインをする前に利用明細をよく確認し、利用控えは保管して利用明細と合っているか確認しましょう。また、事前にクレジットカード会社の連絡先、会員番号などの情報を控えておけば、盗難や紛失などのトラブルに遭遇した際に、すぐに対処できます。
詳しくは以下をご覧ください。

Q3:海外旅行におすすめのクレジットカードは?

海外旅行傷害保険や空港ラウンジを無料で利用できるサービスが付帯しているクレジットカードがおすすめです。三井住友カード ゴールド(NL)なら、最高2,000万円の海外・国内旅行傷害保険が付帯しており、国内主要空港のラウンジサービスが無料で利用できます。
詳しくは以下をご覧ください。

  • ※Apple Payは、Apple Inc.の商標です。
  • ※ Google Pay は Google LLCの商標です。
  • ※2021年9月時点の情報なので、最新の情報ではない可能性があります。

お買物や旅行でのご利用には
三井住友カードがおすすめ!

新規入会限定キャンペーン実施中!

三井住友カードプラチナプリファードはキャッシュレスプラン対象外となります。

対象カード・適用条件について、お申し込み前に必ず上記バナーよりキャッシュレスプラン詳細ページをご確認ください。

キャッシュレスプランは予告なく変更・終了することがございます。

「ゼロからはじめるクレジットカード」
の他の記事を読む

あなたにおすすめの記事

    人気記事ランキング

    特集記事【クレカで新生活をおトクに始めよう!】

    三井住友カードのスペシャルコンテンツ

    • キャッシュレスの基礎知識やカード活用術、お困りごと解決情報など役立つ情報を発信しています。

    • 【♯大人になるって何だろう】スペシャルページでアニメを公開中!

    • 【SPY WORLD】動画の途中で続きを選択!?君の選択で未来を変えよう。
      ※この動画は音声ありでお楽しみください。

    • SNS担当先輩【せ】&後輩【こ】の2名で楽しくゆる~く発信していきます!

    • [クレカ徹底解説]クレジットカードの仕組みや選び方など必見情報まとめ

    • 新社会人・新入社員・内定者の方が知っておきたい社会人生活の基礎知識をご紹介!