Powered by 三井住友カード

  1. 三井住友カード
  2. カードをつくる
  3. ゼロからはじめるクレジットカード
  4. 海外旅行準備・持ち物ガイド タビサポ
  5. 旅行の出発準備
  6. 海外・国内旅行の搭乗手続きとは?空港でのチェックインまでの流れを解説

旅行の出発準備

海外・国内旅行の搭乗手続きとは?空港でのチェックインまでの流れを解説

海外・国内旅行の搭乗手続きとは?空港でのチェックインまでの流れを解説

海外・国内旅行の際に飛行機に乗ることは、電車などの公共交通機関と比べると、その手続きは煩雑なので、慣れていない人にとっては高いハードルに感じることもあるでしょう。
そこで今回は、混乱しがちな飛行機の搭乗手続きについて、その方法や流れを詳しく解説していきます。

目次

キャッシュレスプラン キャッシュレスプラン

  • ※ 三井住友カードプラチナプリファードはキャッシュレスプラン対象外となります。
  • ※ 対象カード・適用条件について、お申し込み前に必ず上記バナーよりキャッシュレスプラン詳細ページをご確認ください。
  • ※ キャッシュレスプランは予告なく変更・終了することがございます。

海外旅行での搭乗手続き(チェックイン)とは ?

海外旅行において飛行機に乗るためには、搭乗手続き(チェックイン)を済ませる必要があります。搭乗手続きとは、搭乗口や搭乗時刻、機内での座席が記された搭乗券を発行すること。この手続きが済まされていないと、航空券があったとしても該当する便に搭乗できなくなってしまいます。

基本的には、空港内にあるチェックインカウンターか自動チェックイン機で手続きをすることになります。または、オンラインチェックインが可能なケースなら、事前にウェブ上でチェックインを行うこともできます。これなら、空港内でチェックインをする必要がなく、保安検査を済ませることで飛行機に搭乗することができます。
ただし、幼児をお連れの場合や路線によっては利用できないケースもありますので、航空会社のウェブサイトでご確認ください。

海外旅行における空港でのチェックインまでの流れ

ここからは、空港内での搭乗手続きの流れについて見ていきましょう。

1. eチケットお客様控を準備しておく

まずは、搭乗手続きを進めるために、「eチケットお客様控」を用意する必要があります。eチケットとは、電子航空券のこと。事前にeチケットで航空券を予約していると、予約番号・確認番号がメールで送信されます。この情報をプリントしたものが、eチケットお客様控です。
予約番号・確認番号をスマートフォンの画面に表示できるeチケットもありますので、確認しておきましょう。

2. 搭乗手続きを行う場所を探す

空港に着いたら、チェックインカウンターあるいは自動チェックイン機を探します。航空会社ごとに決められたスペースが割り振られていますので、予約した航空会社のエリアを訪れるようにしてください。

3. チェックインして発券する

搭乗手続きは主にチェックインカウンターでの有人対応と、自動チェックイン機を使った無人対応の2種類があります。
初めて搭乗手続きをする場合は、万が一に備えて有人のチェックインカウンターを利用すると安心でしょう。係員の案内に従ってeチケットお客様控やパスポートなどを提示すれば、搭乗券が発券されます。
自動チェックイン機では、eチケットお客様控に記載された2次元バーコードを読み込ませるか、確認番号・予約番号を打ちこむことで、搭乗券を発券することができます。

海外旅行での搭乗手続きの所要時間と締め切り時刻

搭乗手続きにかかるおおよその所要時間と、手続きの締め切り時刻についても確認しておきましょう。
搭乗手続きに関しては、作業そのものはそこまで難しいものではないため、5~10分もあれば完了してしまうケースがほとんど。ただし、手続きの列が長い場合などは、大量の待ち時間が発生してしまうケースがあるため注意しなければなりません。

手続きの締め切り時刻については、航空会社ごとに異なるため一概にはいえませんが、搭乗手続きは出発時刻の1時間前と設定しているところが多いようです。 ただし、搭乗手続きで待ち時間が発生したり、保安検査場で手間取ってしまったりするケースも考えられますから、出発時刻の2時間前には搭乗手続きを始めるほうがいいでしょう。

海外旅行でのチェックイン後から搭乗までの流れ

搭乗手続きが完了したら、飛行機に乗るための第一関門は突破できたといえますが、飛行機に乗るための手続きはまだ続きます。ここからは、搭乗手続き完了後から飛行機搭乗までの流れを見ていきましょう。

1. セキュリティチェック

搭乗手続き完了後に行わなければならないのが、保安検査場でのセキュリティチェックです。空港内の案内に従って、保安検査場を目指しましょう。ここでは、金属探知と荷物のX線検査が行われます。スマートフォンや鍵、小銭などは金属探知に反応してしまうため、事前に取り出して、専用のトレーへと乗せます。また、カバンの中にPCやタブレットなどを入れている場合、取り出してトレーに乗せなければならないため、事前に準備しておきましょう。

2. 出国審査

セキュリティチェックが終わり、そのまま通路を進んでいくと、出国審査カウンターが見えてきます。
ここでは、パスポートと搭乗券を提示して、出国の手続きが終了となります。出国審査カウンターを抜けていくと、免税店などのお店が並んでいるので、搭乗までの時間を有意義に使うといいでしょう。

3. 搭乗ゲートに向かう

搭乗時間が近づいてきたら、いよいよ搭乗ゲートに向かいます。機内に乗り込む際は、座席の種類などによって入場のタイミングが異なりますので、早めに搭乗口の近くにいるようにしましょう。自分の搭乗券に記載されている座席の搭乗案内が流れたら、搭乗口にある受付に搭乗券を提示し、飛行機へと乗り込みます。

国内旅行の搭乗手続きの流れ

国内旅行の場合は、搭乗手続きを済ませ、セキュリティチェックを行い、搭乗口に向かうという流れになります。海外旅行で行われる出国検査は必要ありません。

海外旅行に比べると手続きが少なくなっていますので、搭乗手続きの締め切り時刻についても少し猶予があり、出発時刻の20、30分前としている航空会社がほとんどです。しかし、これはあくまで締め切り時刻であるため、国内旅行だからと油断せずに、早め早めに行動するようにしましょう。

飛行機に搭乗する際は余裕のある行動を心掛けよう

飛行機の搭乗手続きの方法は、それほど難しいものではありません。大切なのは、時間に余裕を持って行動することです。
搭乗手続きやセキュリティチェック、出国審査、それぞれで時間がかかることがありますので、早めに空港に到着して手続きを進めていきましょう。

2020年1月時点の情報なので、最新の情報ではない可能性があります。

人気ランキング

もっと見る

海外旅行には 三井住友カードがおすすめ!

  • 01

    現金の紛失・盗難にも
    安心

  • 02

    両替の手間要らずで
    スムーズ

  • 03

    トラベルサポート・保障が
    充実

キャッシュレスプラン キャッシュレスプラン

  • ※ 三井住友カードプラチナプリファードはキャッシュレスプラン対象外となります。
  • ※ 対象カード・適用条件について、お申し込み前に必ず上記バナーよりキャッシュレスプラン詳細ページをご確認ください。
  • ※ キャッシュレスプランは予告なく変更・終了することがございます。

関連記事

その他おすすめ記事サイト

[クレカ徹底解説]クレジットカードの仕組みや選び方など必見情報まとめ [クレカ徹底解説]クレジットカードの仕組みや選び方など必見情報まとめ

PAGETOP