1. 三井住友カード
  2. カードをつくる
  3. ゼロからはじめるクレジットカード
  4. 海外旅行準備・持ち物ガイド タビサポ
  5. 旅行の出発準備
  6. 海外でも安心してWi-Fiを利用できる3つの方法

旅行の出発準備

海外でも安心してWi-Fiを利用できる3つの方法

海外でも安心してWi-Fiを利用できる3つの方法

海外でも、日本にいるときと同様にインターネット接続をして、スマートフォンやパソコンを使いたいと思っている方は多いのではないでしょうか。
渡航先でWi-Fiを使ってインターネット接続をするには、フリーWi-Fiスポットを利用する、海外パケット定額サービスを利用する、モバイルWi-Fiルーターをレンタルするといった方法があります。それぞれ、詳しくご紹介します。

目次

新規入会&条件達成で最大22,100円相当もらえる 新規入会&条件達成で最大22,100円相当もらえる

  • ※ 対象カード・適用条件について、お申し込み前に必ず上記バナーより詳細ページをご確認ください。
  • ※ 詳細ページは予告なく変更・終了することがございます。

節約したいなら!フリーWi-Fiスポット

空港、ホテル、飲食店、ショッピングモール、駅、公共施設などで接続できる、無料のWi-Fiスポットが増えてきています。
Wi-Fiが設置されている施設内が対象ですが、事前の契約の必要はありません。スマートフォンのWi-Fiネットワークより、フリーWi-Fiを選択してパスワードを入力することで利用できます。フリーWi-Fiが利用できるホテルのフロントや店舗では、パスワードがわかりやすい場所に記載されていることが多いので、確認しましょう。一部、パスワードが設定されていない場所もあり、そのまま使えますが、セキュリティの観点でいえば、あまりおすすめできません。

・フリーWi-FiスポットのメリットフリーWi-Fiスポットを利用するメリットは、お金がかからないことでしょう。モバイルWi-Fiルーターなどの持ち運びも必要ないので、手軽に接続することができます。また、データ容量の使用も気にしなくていいのはメリットです。

・フリーWi-FiスポットのデメリットフリーWi-Fiスポットを利用する上でのデメリットは、一定のWi-Fiの範囲内でしかインターネットを利用できないことや、大人数の人が一斉に使用するとつながりにくくなることです。そして、一番心配なのがセキュリティの問題でしょう。個人情報の一部が、悪意のある人によって漏洩してしまう可能性があります。

滞在先でも自由に使いたい!海外パケット定額サービス

海外パケット定額サービスは、国際ローミングを使って、普段から使っているスマートフォンを渡航先でもそのまま使う方法です。
海外パケット定額の利用には、申し込みが不要なプランと、一部のキャリアで申し込みが必要なプランがあります。利用する場合には、海外パケット定額利用者のためのアプリが用意されていますので、スムーズにインターネット接続が可能になります。1日の使用できる料金の上限が設定されているのも、想定外の料金にならないため安心です。

・パケット定額のメリットパケット定額のメリットは、プランによっては申し込みが不要なこともあり、手続きに手間がかからないことです。日本でいるときと同じように、どこでもインターネット接続ができることが大きな利点です。

・パケット定額のデメリットパケット定額のデメリットは、利用料金がやや割高であること。また、使いすぎると通信速度が遅くなることがあります。

利便性を重視!海外Wi-Fiレンタル

利便性を重視するのであれば、手のひらサイズのモバイルWi-Fiルーターをレンタルする方法がおすすめです。ウェブから事前予約しておけば、出発当日に空港カウンターでモバイルWi-Fiルーターを受け取ることができます。空港内には事前申し込みなしで、出発当日にレンタルできるショップもありますが、希望のWi-Fiルーターや、そもそも貸し出せるWi-Fiルーターがないケースもありますので、確実に利用したい場合は事前予約がおすすめです。

・海外Wi-Fiレンタルのメリットレンタル料金は、海外定額パケットなどに比べて安価でありながら、本体はコンパクトなので荷物の負担にもならないでしょう。利用時の設定も簡単で、安さと利便性の均衡がとれているといえます。なお、レンタル料金は国別に設定されており、通常は使用するデータ容量に応じて費用が発生することになります。

・海外Wi-Fiレンタルのデメリット現地のインターネット回線の利用などと比べると、事前の手続きや受け取り・返却などの手間がかかることがデメリットとして挙げられます。また、小型のため持ち運びに手間がかかるということはなさそうですが、小型であるために紛失のおそれがある、充電の容量を気にしなければならないといったことも挙げられます。なお、使用できるデータ容量を気にしながら使わなければいけません。

横にスライドしてください

メリット デメリット
フリーWi-Fiスポット お金がかからない セキュリティの不安がある
海外パケット定額サービス 手続きに手間がかからない 利用料金がやや割高
海外Wi-Fiレンタル 安価で利便性もある 手続きや返却に手間がかかる

Wi-Fiを選ぶときのポイントとは?

短期間の滞在予定で、インターネットは必要最低限しか接続しない場合は、フリーのWi-Fiで十分な可能性があります。ただし、システムの暗号化がされていないフリーWi-Fiでは、ネットバンキングや個人情報を入力するようなサイトは、使用しないほうが無難です。
地図検索や移動しながら常にインターネットを使いたいときは、どこでもインターネットが接続できる海外Wi-Fiレンタルや海外パケット定額サービスがいいでしょう。モバイルWi-Fiルーターは、何台か同時に接続できるので、家族や友達といっしょに使うこともできます。

知らないとたいへんなことに!?高額請求に気を付けよう

海外におけるスマートフォントラブルの事例として、渡航前にスマートフォンの設定を怠ったために、後日高額な請求書が届いたということがよくあります。渡航前に、スマートフォンの設定を必ずしておきましょう。
設定方法は、「モバイルデータ通信」と「データローミング」の設定をオフにするだけ。あるいは、通話やインターネットに制限がかかる、「機内モード」にしておくことでも対応できます。
海外でインターネットを快適に使用するために、事前にどのようにインターネットを使用するのかを想定することをおすすめします。現地でもインターネットを利用できる快適な旅にしましょう。

Wi-Fiは、Wi-Fi Allianceの登録商標です。

2019年8月時点の情報なので、最新の情報ではない可能性があります。

人気ランキング

もっと見る

新規入会&条件達成で最大22,100円相当もらえる 新規入会&条件達成で最大22,100円相当もらえる

  • ※ 対象カード・適用条件について、お申し込み前に必ず上記バナーより詳細ページをご確認ください。
  • ※ 詳細ページは予告なく変更・終了することがございます。

その他おすすめ記事サイト

[クレカ徹底解説]クレジットカードの仕組みや選び方など必見情報まとめ [クレカ徹底解説]クレジットカードの仕組みや選び方など必見情報まとめ

PAGETOP

  1. 三井住友カード   > 
  2. カードをつくる   > 
  3. ゼロからはじめるクレジットカード   > 
  4. 海外旅行準備・持ち物ガイド タビサポ   > 
  5. 旅行の出発準備
  6. 海外でも安心してWi-Fiを利用できる3つの方法