あなたのタビをサポートします

三井住友VISAカード

事前に手口を知って防犯!
貴重品の紛失・盗難から自分を守ろう

事前に手口を知っておく事が、防犯につながります。集団スリの手口は一人が気をひきつけているうちに、もう一人がそっと鞄から物を盗むので注意が必要です。事前に手口を知って貴重品の紛失・盗難から自分を守りましょう。

防犯意識を持てば被害は防げる 覚えておきたい貴重品の取り扱いと盗難の手口

海外であう盗難の手口として多いのが、「スリ」「置き引き」「引ったくり」です。

一般的に、人の多い観光地で多発する傾向にあります。

特にケチャップを服につける、時間を聞くなどして注意を引き付けている間に、他のメンバーが貴重品を抜き取るという、チームによるスリが多く発生しています。

このような犯罪にあわないために、貴重品はショルダータイプのカバンに入れ、常に手から離さないようにすることが重要です。

他にも、持ち歩く現金は最小限に止め、分散して所持する、食事中や写真撮影の際にも常にカバンが体に触れているようにする、など高い防犯意識を持つことが非常に有効です。

もしものときに備えておきたい緊急連絡先

紛失・盗難の被害にあってしまった場合でも、事前に下記の緊急連絡先を保管しておくと、その後の手続きがスムーズになります。

緊急連絡先

貴重品の紛失に気が付いたときは

貴重品の紛失・盗難にあったら、まずは地域の警察に「被害届」を届け出ましょう。

海外旅行傷害保険に加入していたとしても、保険会社によっては「盗難・紛失届出証明書(名称は国によって異なる)」の届け出が必要となります。

基本的には即日受け取りが可能であるため、必ず手続きを行うようにしましょう。

さらに、クレジットカードを紛失または盗難にあった場合は、警察での届け出に加え、至急カード会社へ連絡してカード停止手続きをしましょう。

例えば、三井住友VISAカードであれば、カードの紛失・盗難の場合でも、24時間365日有人対応のコールセンターで対応が可能です。

万が一、カードを不正に利用された場合でも、「会員保障制度」により、特殊なケースを除き、届け日から60日間さかのぼり、損害額が補償されます。

海外旅行へ行く方に定番のクレジットカードは三井住友VISAカード

  • インターネットでお手続き簡単!最短3営業日で発行!
  • 入会キャンペーン実施中!いまなら最大7,000円キャッシュバック
  • 三井住友VISAカードなら安全・安心・便利!海外でのサポートも充実!

18歳から25歳 限定
初めての1枚

三井住友VISAデビュープラスカード 三井住友VISAデビュープラスカード ロゴ

定番の1枚をお求めの方

三井住友VISAクラシックカード/三井住友VISAクラシックカードA 三井住友VISAクラシックカード/三井住友VISAクラシックカードA ロゴ

女性向け

三井住友VISAアミティエカード 三井住友VISAアミティエカード ロゴ

上質を求める方へ

三井住友VISAゴールドカード 三井住友VISAゴールドカード ロゴ

  • お申し込みの内容によって、3営業日で発行できない場合もございます。
  • 特典を受けるには、一定の条件があります。それぞれのキャンペーンの詳細をご確認ください。
  • 三井住友MasterCardをお申し込みの場合は一部対象となりませんのであらかじめご了承ください。

コラム:海外旅行を10倍楽しくする方法

ロストバゲージの対処法を旅の達人がアドバイス!

万が一荷物が届かなかったらどうする!?ロストバゲージにあってしまったときの対処法

クレームタグは絶対に失くさないように

ロストバゲージとなる可能性があるため、
必ずクレームタグは失くさないようにしましょう。

※クレームタグ:チェックイン時にパスポートや航空チケットに貼り付けられる
シールのようなもので、預けた荷物の情報が記されている

直通便よりも乗り継ぎ便を利用する際に発生することが多いため、乗り継ぎ便を利用する際は特に注意が必要です。

もしもロストバゲージにあってしまったら、専用の受付に行きましょう。クレームタグを見せ、ロストバゲージにあったことを伝えれば、空港の係員が手続きを行ってくれます。

利用する航空会社にもよりますが、ほとんどの場合は宿泊先のホテル、もしくは自宅までスーツケースを届けてくれます。

1泊分の荷物を機内手荷物に

万が一ロストバゲージにあってしまっても困らないように、機内手荷物の中に1泊分の荷物(着替えや下着)を入れておくことをおすすめします。

ロストバゲージにあっても、大体1日くらいでスーツケースが手元に戻ることがほとんどなので、1泊分の荷物を持っているだけで十分です。

貴重品や常服薬、充電器、ガイド本など、現地で代替のできないもの、紛失すると困るものも忘れず手荷物に入れておきましょう。

また、スーツケースにネームタグを付けておくと、ロストバゲージにあっても早めに手元に戻ってくる確率が高くなります。

プラスで知っておこう!
預ける荷物の写真を撮っておくのがおすすめ 手続きの際にスーツケースのサイズ、色、スーツケースの種類、目印(ネームプレートやステッカーが貼ってあるかなど)などについて質問されることがあります。自分のスーツケースの特徴を事前によく覚えておくのはもちろん、出発前にスーツケースの写真を撮っておき、それを係員に見せるのも効果的です。
コラムレポーター城野 宏美
(しろの ひろみ)
ロシア人男性と結婚後、ロシアの首都モスクワへ移住。
ロシア在住歴5年目。モスクワ大学付属のインターナショナルスクールЦМО卒業後は専業主婦に。
趣味は読書、映画鑑賞、旅行、モスクワ散策など。
コラムレポーター:城野 宏美(しろの ひろみ)
  1. 三井住友カード 総合トップ
  2. カードをつくる トップ
  3. ポイントサービスと三井住友カードの魅力
  4. ゼロからはじめるクレジットカード
  5. 海外旅行準備・持ち物ガイド タビサポ
  6. 事前に手口を知って防犯!貴重品の紛失・盗難から自分を守ろう
MENU CLOSE
MENU
ページトップへ