働き方改革

柔軟な「働き方」が選択できる制度を導入

#多様性 #意識醸成 #生産性向上

従業員が自分の業務内容やライフスタイルに合わせた働き方を選択できるよう、さまざまな制度を導入いたしています。

働く「時間」の柔軟化

働き方改革の一環として、「フレックスタイム制度」(11時~15時のコアタイム有)を導入しています。

就業時間を自由に選択できることにより、業務効率化やワーク・ライフ・バランスの実践と更なる向上を目指します。

働く「場所」の柔軟化

コワーキングスペース「point 0 marunouchi」の一例 イメージ

コワーキングスペース「point 0 marunouchi」

弊社では、テレワークを推進しており、2019年4月から「在宅勤務制度」を導入、12月にはサテライトオフィスでの勤務も可能としました。

 

サテライトオフィスは、株式会社ザイマックスさまや株式会社point0さまと提携し、全国各拠点のサテライトオフィスにて業務ができます。

会社や自宅という勤務場所の選択肢に加え、往訪先近隣のサテライトオフィスに立ち寄ることで、営業活動のスキマ時間を利活用するなど、効率的な働き方を推進しています。

弊社では、育児や介護と両立をしている従業員も含めたすべて従業員が、柔軟な「働き方」が選択できるように、引き続き取り組んでいきます。