×

基礎知識2021.01.25

POSレジ(POSシステム)とは?種類や使い方、導入のメリットまで徹底解説!

POSレジ(POSシステム)とは?種類や使い方、導入のメリットまで徹底解説!

コンビニやスーパーで広く使われているPOSレジ(ポスレジ)は、これまでコストの問題から小規模な個人経営の店舗などでは導入が難しいとされてきました。しかし、最近ではキャッシュレス決済に対応するサービスの登場で、POSレジの機能を低コストで利用できるようになりました。
ここでは、キャッシュレス決済で導入したいPOSレジについてご紹介します。

目次

POSレジとは?

POSレジのPOSとは、英語の「Point Of Sales」の頭文字です。商品についているバーコードなどを読み取り、「何を・いつ・いくらで・何個販売したのか」という販売情報を集積するシステムを搭載したレジがPOSレジで、普段コンビニやスーパーで見かけているものです。
スピーディーに精算できるので、お客さまをあまりお待たせすることがない上に、店舗側にとってはPOSシステムの情報を分析することで売れ筋商品や曜日・時間帯による売れ行きの傾向をつかむことができます。店舗の経営者と消費者の双方にとってメリットのあるシステムです。
特に店舗の経営者にとっては、販売情報を収集・蓄積・分析することで在庫を無駄なく管理でき、販売時期のタイミングを逃さない発注を可能とします。つまり、経営を効率化できるツールがPOSレジなのです。

旧来のレジとの違い

POSレジと旧来のレジの大きな違いは、売上の分析ができることです。
旧来のレジは、合計金額の計算や登録といった、シンプルな機能のみを持つものが多く、すぐに利用できることがメリットですが、売上金額を集計したり、複数店舗の売上管理をしたりといった作業は手動で行う必要がありました。
旧来のレジは、初期導入コストやランニングコストの低さから導入する中小規模店舗は多いものの、ネット店舗の開設や店舗拡大のことを考えると、POSレジを選ばれることが多くなってきています。

POSシステムとの違い

POSシステムとPOSレジは、同一視されることが多いですが、POSシステムはしくみ全体を指す言葉で、POSレジはPOSシステムが導入されているレジのことです。
POSシステムは、商品の情報や売上をデータベースで一括管理し、売上分析をすることができるシステムで、以前はレジスターに直接導入されていることが多く見られましたが、現在はタブレットやスマホなどに導入できるようになり、マルチチャネル化が進んでいます。

POSレジの歴史と普及の背景

POSレジの歴史と普及の背景

POSレジは、現在大企業だけでなく中小企業でも導入が進んでいます。
POSレジはどのように進化してどのように普及が進んでいったのでしょうか。

POSレジの歴史

世界初のレジスターは、アメリカのレストランの経営者によって1879年に発明されました。その約100年後の1978年には、バーコードを読み取ることで商品の名称や値段が分かるようなレジが登場し、手動で打ち込むレジから電子式レジスターへと発展しました。
そして、パソコンの普及に伴いPOSレジが登場し、クラウド技術の発展により、簡単に導入ができる現在のPOSレジが登場しました。

普及の背景

POSレジが登場する前は、在庫管理は目視や手作業によるものでした。また、仕入れ方法もセットで大量に仕入れをしなければならず、在庫の売れ残りなどが問題になっていました。
POSレジが登場してから、在庫管理が容易になる、店舗での売上とインターネット上での売上を一括管理ができるなどの利点から普及が進み、更にクラウド技術の発展で低価格でPOSレジを導入できるようになったことから、従来のレジからのリプレイスも促進されることとなりました。

POSレジの種類と特徴

スマホ・タブレットの普及や技術の進歩から、ひと口にPOSレジと言っても、今ではさまざまな種類が登場しています。
ここでは、それぞれの特徴や、どんな店舗におすすめかを解説します。

パソコン型POSレジ

パソコンにPOSシステムをインストールしたものです。個人的に所持しているパソコンにシステムをインストールするだけですぐに利用することができ、パソコンがあればレジの機体は必要ありません。ですが、システムの月額利用料や、レシートのプリンター、キャッシュレス決済を導入する際には決済端末が必要になります。
すでにPCを持っている小規模の店舗での利用が多くなっています。

ターミナル型POSレジ

ターミナル型POSレジとは、従来のレジのような見た目をしているPOS専用に作られたレジです。
釣銭を自動で排出してくれたり、投入したお金を自動で計算してくれるなど、さまざまな機能が利用できます。
ですがレジの本体を購入する費用が必要になりますので、初期費用がかかること、高機能のために保守費用がかかるなど、さまざまなコストがかかってしまうことがデメリットです。
大規模で多くの顧客の対応をするスーパーやコンビニエンスストアでの利用が多くなっています。

タブレット型POSレジ

パソコン型POSレジと同じように、タブレット端末にPOSシステムのアプリケーションをインストールすることで、POSレジの機能を利用することができるのがタブレット型POSレジです。
パソコンよりも安価で購入できるタブレットでの利用が可能なため、初期費用をかなり抑えて利用できることが利点です。
ほかのPOSレジよりも小さく、持ち運びも容易なので、即売会や移動販売などの場面でも利用しやすく、レジの設置場所も自由になります。
小さめの店舗はもちろん、店舗数の多い企業でも利用されることが多くなっています。

3つのPOSレジの比較

これまでご紹介した3つのPOSレジを表にして比較しました。

3つのPOSレジの比較

導入費用はタブレット型が頭一つ抜けて安く済むことが分かります。また、維持費や操作性などの強みも多く、見た目のスマートさなどからも内装にこだわりたい店舗などにも人気が高いです。
総合的に言うと、タブレット型POSレジの人気は高く、今後も導入が進んでいくことが見込まれますが、メリット・デメリットを知って企業に合ったPOSレジを選ぶことが大切です。

POSレジサービスでできること

従来のレジではできない機能が数多く搭載されています。POSレジの主な機能は以下のとおりです。

POSレジサービスでできること

この中でも、主な機能5つをご紹介します。

1 在庫管理がリアルタイムにできる

POSレジは、商品の販売情報がリアルタイムで収集・蓄積されます。その日、何が何個売れたかが即時に確認できますから、閉店後にレシートの山と格闘する必要もなくなります。
在庫情報と連携させて、在庫の少なくなったタイミングで商品を発注すれば、在庫切れでお客さまに迷惑をかけることもありません。
また、複数の店舗を展開している場合、すべての店舗の情報を一元管理できます。各店舗からの売上報告や在庫報告を集約して、店舗事業全体の経営状況を把握することもできます。

2 さまざまな切り口で売上情報を抽出

POSレジに集積された情報はさまざまな切り口で抽出でき、情報を分析して経営戦略に活かすことができます。例えば、現金払いとカード払いの比率や、曜日や天気ごとの売れ筋商品の傾向、時間帯ごとの売上額などが分かります。ほかにも、来店した人数や性別、年代などを記録しておけば、対象顧客ごとにより細かな販売戦略を立てることができるでしょう。
POSレジの情報を抽出・分析することで、販売管理だけでなく、マーケティングにも利用できます。

3 電子レシートでお客さまとコミュニケーションがとれる

POSレジシステムの中には、お客さまとのコミュニケーションがとれる電子レシート機能を備えているものがあります。電子レシートとは、紙でレシートを発行するのではなく、お客さまのPCやスマートフォンなどの端末を通じて、データでレシートを発行するものです。ECサイトなどでは一般的な機能ですが、リアル店舗でもキャッシュレス決済を導入していれば、POSレジシステムを使って電子レシートを発行できるものもあります。
また、電子レシートだけでなくクーポンを発行したり、商品やサービスについてのご意見をいただいたりすることも可能です。この電子レシート機能を上手に使えば、お客さま1人ひとりに合わせたサービスを提供することも可能で、それにより再度の来店を促すこともできます
たまたま立ち寄っただけのお客さまへ常連さんになってもらうきっかけづくりを、POSレジで行うことができるのです。

4 スタッフ管理ができる

POSレジの中には、従業員の勤怠管理ができるものもあります。出勤・退勤の時間を記録できる機能を搭載したPOSはタイムレコーダーとして利用できるため、従来の勤怠管理専用のタイムレコーダーやタイムカードの必要がなくなり、コスト削減にもなるでしょう。店舗スタッフの出勤スケジュールを一覧できますから、シフト管理も楽になります。
また、レジを操作した担当者名が記録されますから、いつ誰がどんな操作をしたのかが分かり、個人の売上記録も正確に算出できます。POSレジシステムへのアクセス権限にいくつかのレベルを設ければ、情報管理もできます。

5 POSレジのシステムを安く導入できる

これまで、POSレジは高機能なシステムだけに、導入コストも高価でした。まず、レジ本体の専用端末は1台あたり20万円から30万円あたりが相場です。システムの使用料は幅があるようですが、月額5,000円ほどからと高めです。スーパーのような大規模の店舗では、数百万円の導入コストがかかってしまいます。
しかし、こうしたハードとソフトが一体化した専用機ではなく、最近ではスマートフォンやタブレットにソフトをインストールして、クラウドで情報を管理する決済端末やPOSレジとして使えるサービスも普及しています。もちろん、レシート用のプリンターなど周辺機器は必要となりますが、大型のPOSレジ専用機よりも安く済み、設置場所もコンパクトに収めることができるでしょう。

POSレジを導入するメリット

POSレジには、従来のレジにはないメリットが数多くあります。
その中でも、主なメリットは以下の4つ。

  • ・業務の効率化
  • ・多店舗の売上を一元管理
  • ・ミスの防止
  • ・顧客満足度の向上

以下で詳しく解説していきます。

業務の効率化

POSレジは会計の手入力が少なく、入力が簡単なので、レジの業務効率化が図れます。
また、POSレジはレジ業務だけでなく、スタッフの勤怠管理や在庫管理ができるシステムが搭載されているものもありますので、人の手で行わなければいけなかった棚卸し作業やシフト作成・人件費計算などの業務の効率化にもつながるでしょう。

多店舗の売上を一元管理

複数店舗を展開している企業ですと、店舗ごとの売上管理が大変であることが多いですが、POSレジなら、売上のデータを一元管理することができますので、スタッフが売上管理のためにエクセルを入力する……という作業が必要ありません。売上のデータは常に共有できるため、今日はどの店舗が売上がいい、悪いなどの分析にも利用できます。
また、ネットショップと実店舗の連携ができるものもありますので、これからECサイトを立ち上げようとしている方には、POSレジの導入は大きなメリットになるでしょう。

ミスの防止

レジ操作で良く起こるのが、ボタンの押し間違いによる操作ミスです。「0」を押そうとして隣の「00」のボタンを押してしまい、金額が一桁ずれてしまったりするなどのミスが多くあり、レジ打ち業務に慣れていない人は苦手意識を覚えてしまうことも。
ですが、POSレジなら金額を手打ちすることがないため、商品の金額を間違えてしまうといったミスを防ぐことができます。

顧客満足度の向上

POSレジの導入によって、レジ業務がスピーディーになり、顧客の待ち時間を減らすことができることや、在庫管理機能によって品切れが減ることによって、結果的に顧客満足度の向上につながります。
また、売上を分析することでより顧客のニーズに合わせた商品やサービスを提供することにもつながります。

POSレジの選び方

POSレジの選び方

現在、POSレジはさまざまなベンダーがサービス提供をしているため、どのPOSレジを選べばいいのか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。
次は、POSレジの選び方をご紹介します。

導入の目的に合わせて選ぶ

POSレジを導入して、どのような点を改善したいのか、導入の目的をまずは明確にしておくことが大切です。
多機能なPOSレジを選んだものの、利用しない機能ばかりでコストがかかってしまった、在庫管理を重要視したかったのに、在庫管理機能に力を入れているシステムではなかった……などの失敗を防ぐために、店舗の業務や現状に対して、どのようなシステムが必要であるかをよく考えておくことが大切です。

店舗の規模と柔軟性で選ぶ

店舗が大規模なのか小規模なのか、チェーン店なのか個人店なのかなどでもおすすめのPOSレジは変わってきます。
店舗の規模が大きかったり、これから店舗数を増やしていく予定である企業は、POSレジの柔軟性を重視して選ぶのも良いでしょう。
ほかの店舗とのデータ共有が容易であったり、店舗数の増減に柔軟に対応できるシステムを選ぶことで、導入後の失敗がなくなります。
反対に、店舗数は少なくやっていく、個人店でやっていくなどの場合には、必要最低限の機能がついているPOSレジを選ぶことで、コストを抑えることができます。

店舗の形態で選ぶ

実店舗のほかにも、ネットショップの開設を考えているなど、店舗の形態で選ぶことも大切です。ネットショップの売上と実店舗の売上を一括で管理できるPOSレジの導入をすれば、管理も効率的になるでしょう。
Square(スクエア)では、Squareでネットショップを開設することができ、注文や売上、在庫数などの情報は自動的に同期されます。

価格で選ぶ

POSレジの価格は、種類やベンダーによってさまざまです。初期費用は、パソコン型POSレジは0円~数十万円程度、ターミナル型POSレジは50万円~100万円以上のことも。タブレット型POSレジは0円~数十万円程度です。
ターミナル型POSレジは大型であることから初期費用はかかりますが、月額のランニングコストがかからないことがメリット。
パソコン型とタブレット型POSレジはすでに端末を持っていれば初期費用はほとんどかからないことがメリットですが、ランニングコストがかかる場合があります。

使いやすさで選ぶ

レジをよく操作することになるレジ担当者はもちろん、在庫管理やシフト管理の担当者が使いやすいものを選ぶことも重要です。
テスト導入をすることで使用感を確かめたり、よく使う従業員と相談することなどで、よりよいPOSレジの導入ができるでしょう。

さまざまな決済方法に対応したPOSレジなら「Square(スクエア)」

Square(スクエア)は、店舗や移動販売などの実店舗での決済から、オンライン決済など、さまざまな決済方法を利用できるPOSレジです。
クレジットカード決済はもちろん、電子マネー決済にも対応しているため、現在進んでいるキャッシュレス化にも柔軟に対応可能です。
月額固定費や解約料もかからず、費用がかかるのはカード支払いのときの決済手数料のみというシンプルな料金設定。最短で申し込み当日に審査が完了し、すぐに利用ができます。
レジ業務のみならずスタッフの勤怠管理、在庫管理も全てSquare1つでできてしまいます。

今回の記事のまとめ

POSレジとは?

  • ・販売情報を集積するシステムを搭載したレジ

POSレジの歴史と普及の背景

  • ・クラウド技術の発展で小型・軽量化、低価格化が進んだ

POSレジの種類と特徴

  • ・パソコン型:パソコンにPOSシステムをインストールして利用する
  • ・ターミナル型:POSシステム専用のレジを購入して利用する
  • ・タブレット型:タブレットにPOSシステムをインストールして利用する

POSレジサービスでできること

  • ・在庫管理がリアルタイムにできる
  • ・さまざまな切り口で売上情報を抽出
  • ・電子レシートでお客さまとコミュニケーションがとれる
  • ・スタッフ管理ができる
  • ・POSレジのシステムを安く導入できる

POSレジを導入するメリット

  • ・業務の効率化
  • ・多店舗の売上を一元管理
  • ・ミスの防止
  • ・顧客満足度の向上

POSレジの選び方

  • ・導入の目的に合わせて選ぶ
  • ・店舗の規模と柔軟性で選ぶ
  • ・店舗の形態で選ぶ
  • ・価格で選ぶ
  • ・使いやすさで選ぶ

さまざまな決済方法に対応したPOSレジなら「Square」

店舗経営者の方へ

豊富なキャッシュレス決済に対応!

その他おすすめ記事サイト

キャッシュレスの?が!に変わる場所Have a good Cashless

キャッシュレスの基礎知識やカード活用術、お困りごと解決情報など役立つ情報を発信しています。

個人事業主・スタートアップの方

経営者・個人事業主・スタートアップの担当者が知っておきたいバックオフィスの基礎知識をご紹介しています。

決済サービス・決済端末を導入する際の基礎知識からメリットを丁寧に解説します。三井住友カードプレゼンツ「ペイサポ~お店がはじめるキャッシュレス決済~」