Visa Secure(旧:VISA認証サービス)

Visa Secure(旧:VISA認証サービス)とは

安全なインターネット取引を目的に開発されたサービスです。対象のインターネット加盟店でお買物をすると、住所や電話番号、カード番号など必須事項の入力に加え、ワンタイムパスワードを入力することで、本人認証(インターネット上で打ち込んだカード番号の利用者がカード名義のご本人の方であることを確認すること)ができ、他人のなりすましによる利用などを防ぐことができます。

2022年8月22日より会員用Webのパスワード認証ではなく、ワンタイムパスワードによる認証に変更となりました。

Visa Secure ロゴ

ご利用方法

ワンタイムパスワードによる追加認証

Visa Secure対応店舗でお支払い時にカード番号の入力などの操作を行い、弊社が必要と判断した場合に追加認証を行います。

追加認証の流れ

①認証方法(SMS、E-Mail)を選択

②ご登録の携帯電話番号、もしくはメールアドレスにワンタイムパスワードをお送りします

③認証画面にワンタイムパスワードを入力

④決済完了

追加認証には携帯電話、またはメールアドレスのご登録が必要です。いずれも登録がない場合はエラーとなります。

三井住友銀行でのご登録が必要です。

三井住友銀行のウェブサイトにリンクします。

会員用WEBに会員登録をすると、追加認証に必要なメールアドレスが登録されます。
上記URLへアクセスし、「会員登録はこちら」をクリック(タップ)のうえ、登録のお手続きをしてください。

パスワード入力前に、お取引内容が正しく示されていること、およびパスワード入力画面のURLが弊社から提供されているかどうかをご確認ください。

弊社提供のパスワード入力画面のURL:authentication.cardinalcommerce.com

弊社提供のパスワード入力画面のURL:
authentication.cardinalcommerce.com

認証コード入力画面 イメージ

①メールアドレス(マスキング有)

②携帯電話番号(マスキング有)

③店舗名

④E-MailまたはSMS

⑤アルファベット3文字(通知されたReference Codeと同一であることをご確認ください)

携帯電話番号、またはメールアドレスどちらか一方のみご登録いただいているお客さまは選択画面が表示されません。

画面は予告なく変更される場合がございます。

店舗によって画面が異なる場合がございます。

ご注意

パーソナルメッセージは2022年8月22日以降は非表示となります。

「Visa Secure」に参加している店舗以外では、通常のカード取引となります。

携帯電話(フィーチャーフォン)ではご利用いただけませんのでご注意ください。

通信方式がTLS1.1以下の環境ではご利用いただけませんのでご注意ください。