×

活用術2021.09.27

カフェ経営は難しい?経営を成功させるコツ5つ

カフェ経営は難しい?経営を成功させるコツ5つ

おいしいコーヒー、紅茶と、素敵な音楽でお客さんにのんびりしてもらう……そんなカフェを経営したい、という夢を持っている方もいるのではないでしょうか。自分の得意なことを活かして経営するカフェを計画するのは楽しいですが、「経営が難しいのでは?」「経営の部分は自信がない」という方も多いはず。
今回は、カフェ経営を成功させるポイントと、開業のために必要な資格、費用についてご紹介いたします。

目次

カフェ経営は難しい?カフェ開業の魅力とは

東京商工リサーチの調査では、2019年の喫茶店の倒産は過去20年で3番目の高水準になったとの調査が出ています。コンビニエンスストアで手軽においしいコーヒーが飲めるようになったことや、大規模チェーン店が勢力を増していることから、個人店も淘汰されています。ですが、そんなリスクがあるからこそ、やりがいやメリットが自分の中に無ければ続けていくことは難しいでしょう。
そこで、カフェを経営することの魅力をご紹介します。

参考:2019年(1-8月)「喫茶店」の倒産状況 : 東京商工リサーチ

  • 別ウィンドウで株式会社東京商工リサーチのサイトへ遷移します。

自分の理想の店を作ることができる

カフェを経営する上で一番の魅力は、自分の「こだわり」や「好き」を形にできることでしょう。
店舗のコンセプトや内装、使うコーヒー豆からカップとソーサ―まで、すべて自分で決めることができるため、まるで自分のための城を作るように、大きなやりがいにつながります。
お客さまがたくさん集まってくれたときや、自分のこだわりを持った店を良いと感じてくれた時には、大きな感動と喜びを感じられることでしょう。

さまざまなサービスと組み合わせることができる

最近では、月額料金を支払うとコーヒーが飲み放題になるサブスク制のサービスを取り入れたカフェや、コワーキングスペースを併設し、セミナーなども行えるようにする、ギャラリーを併設して即売会を行うなど、さまざまなサービスと組み合わせたカフェが増えてきています。
カフェのみならず、小物を作るのが好き、絵を書くのが好き、人と話すのが好き、など、自分の「好き」と組み合わせたカフェを経営すれば、やりがいも大きく、大手チェーン店とも差別化が図りやすくなるでしょう

カフェ経営に必要な資格・手続きはある?

カフェ経営に必要な資格・手続きはある?

カフェ経営を始める前に、必要な資格・手続きについて最初に確認しておきましょう。
といっても、カフェを開業するためにそこまで難しい資格は必要ありません。

  • ・開業届
  • ・食品衛生責任者
  • ・菓子製造業許可申請
  • ・防火管理者

の4つが必要になることの多い資格・手続きです。1つずつ詳しく紹介いたします。

個人事業の開業届

個人事業主としてカフェを始める場合は、「個人事業の開業・廃業等届出書」を最寄りの税務署に提出しなければなりません。
税務署で開業届を出したい旨を伝え、書類に必要事項を記載するだけで届け出ができます。開業届を出しておくことで、青色申告を出すことができる、赤字を3年繰越できるなどのメリットが大きいため、忘れずに提出しましょう。

食品衛生責任者

カフェを経営する際に必ず必要なのが、食品衛生責任者の資格です。資格といっても、1日の受講で修了証書を貰うことができるため、早めに取得しておきましょう。
人口の多い地域では、食品衛生責任者の受講のための予約が多く、なかなか取れないこともあります。開業する直前になって気づくことがないように、前もって準備しておくことが大切です。
食品衛生責任者を取得したら、保健所に食品営業許可申請書を提出することも忘れないようにしてください。

菓子製造業許可申請

カフェでパンやクッキーなどを製造し、テイクアウトや卸業をする場合には、菓子製造業許可申請も必要です。
厨房を密閉することが必要になるため、設備工事費が割高になる可能性もありますので、お菓子を製造することを検討している場合は注意しておきましょう。店舗メニューとして料理と同じようにお菓子を提供する場合には、この資格は不要な場合もありますので、保健所に確認をしておくとスムーズでしょう。

収容人数が30名以上なら防火管理者が必要

収容人数が30名以上のカフェを開業する場合には、防火管理者が必要になります。店舗の延べ面積によって必要な講習が代わります。延べ面積が300平方メートル以上の場合は甲種講習、300平方メートル未満の場合は乙種講習となります。甲種講習は2日で約10時間、乙種講習は1日で約5時間の講習を受けることになります。

カフェ経営に必要な費用

カフェ経営に必要な費用

カフェを開業する際に必要な費用は、カフェを開業するエリア、形態、規模によっても変わりますが、およそ800万円~1,000万円ほどです。
居抜き物件を利用する、フランチャイズで経営するという場合は、より安く開業することができます。
おいしいコーヒー、紅茶を出したい、というこだわりがあるならば、設備投資を削って仕入れ費用に充てる、居心地の良さを重視するなら立地や内装、椅子・テーブルにお金をかけるなど、こだわりに合わせてどこにお金をかけるかを明確にしておくと良いでしょう。

カフェ経営に必要な費用について詳しくはこちら
カフェを開業したい方必見!資格や資金、失敗しないためのコツを徹底解説

カフェ経営を成功させるポイント

こだわりをもったカフェを開業しても、経営に失敗してしまうのではないか、と不安な方も多いはず。
日本政策金融公庫の調査では、飲食店の廃業状況は割合が一番高く、開業する業種としても一番高いため、多産多死な業界と言えます。そんな中で、生き残るためのカフェ経営を成功させるポイントをご紹介いたします。

メニュー数を絞る

シンプルにメニューが多いほうが消費者の利用が増えると考えがちですが、メニュー数が多いと食材費や従業員の負担も多くなる可能性が。結果的に利益が減ったり、さらに人件費が必要になる場合もあるので、なるべくメニュー数を絞るようにしましょう。シンプルなメニュー数は消費者側も注文が決めやすく、スムーズにお店を回転させることができます。

Wi-Fiなどの設備を整える

カフェは、コーヒーや食事の味はもちろんですが、居心地の良さもリピーターを増やすために必要です。働き方改革の影響により、働く場所を選ばないノマドワーカーも増えてきています。そういった方の集客のためにも、Wi-Fiなどの設備を整えることは大切です。
Wi-Fiはもちろん、電源が完備されているなど、ちょっとした作業が出先でできるカフェはビジネスマンの集客に有効です。

現実的な収支計画を立てる

長期でのカフェ経営を成功させたい場合、現実的な収支計画が大切です。
コーヒー豆などの仕入れ費用、消耗品を補給するための費用、什器や設備のメンテナンスや買い替えなど、予期せぬ費用が必要になる可能性もあります。
こういった細かい費用も含めて現実的な収支計画を立て、売上が悪かった場合はどこから運転資金を捻出するのかなど、最悪の事態になった場合でも冷静に対処できるよう、最初に決めておくと良いでしょう。
売上と支出の関係を理解して現実的な計画を立てることで、長期間安定したカフェ経営がしやすくなります。

同業の経営者との人脈も広げておく

同業者の経営者に人脈を広げておくことも、カフェ経営を成功させる大切なポイントです。
ライバルでは?と思うかもしれませんが、成功する経営方法やメニュー選びのコツなど、カフェを経営していくうえで必要なヒントを得ることができます。
また、人脈を広げておくことでオープン時にお花を出してもらえたり、店舗運営にプラスになるノウハウ、資材を提供してくれるなど、不安なことを相談できるので心強い存在になるはずです。

あらゆるキャッシュレス決済手段に対応できることも大切

JCBの調査によると、消費者の69%は会計時にキャッシュレス決済ができない店舗は「次回以降の来店意欲が下がる」という結果がでています。さらに、キャッシュレス決済が利用できないとわかってお店の利用をやめたという方も約半数(48%)いることが分かっています。こういった利用意欲が下がると回答した方の数は増加しているため、顧客の来店機会を逃さないためにも、キャッシュレス決済を導入することは重要になってきています。

キャッシュレス決済に関する調査~コロナ禍におけるキャッシュレス決済事情~|JCB

  • 別ウィンドウで株式会社ジェーシービーのサイトへ遷移します。

経営を成功させるなら豊富なキャッシュレス決済対応が可能な「stera pack」がおすすめ

カフェ経営を成功させるためにキャッシュレス決済を導入するなら、キャッシュレス決済サービス「stera pack」がおすすめです。月額3,300円(税込)で導入可能で、多くの決済手段を利用することができます。

1台であらゆる決済手段を集約

stera packで利用することができる「stera terminal」は、1台で25種類以上の決済手段に対応できるマルチ決済端末です。
クレジットカード決済はもちろん、交通系電子マネー、QRコード決済にも対応。交通系電子マネーやQRコード決済は少額でも使いやすいため、カフェにぴったりの決済手段です。また、端末が1つで済むことから、レジ周りもすっきりして店内の雰囲気にもマッチさせることができるでしょう。

集客・販促も可能

stera packには、販促・集客アプリ「おみせポケット」が標準搭載されています。会員証やスタンプカードの発行、顧客へのクーポン配布など、集客に関する機能がついていますので、手軽に始めることができます。
決済端末としてはもちろん、集客・販促にも利用できるのはstera packならではです。

アプリで業務の効率化ができる

stera terminalは、 Android™ OSを採用しています。そのため、さまざまな機能を追加して業務をより効率化できます。
アプリのダウンロード方法は簡単で、専用マーケットプレイス「stera market」からアプリをインストールするだけ。
POSレジや在庫管理・顧客管理など、カフェ経営に必要なアプリを活用して、業務の効率化を目指しましょう。

しっかりとした準備でカフェ経営を成功させよう

競争率の高いカフェ業界の中から生き残るためには、現実的な収支計画が必要です。
また、現在はコロナウイルス感染症の感染拡大により、カフェ経営はしっかりとした準備をしておかないと、軌道にのせるのが難しくなってしまいます。新型コロナウイルスに関するニュースや厚生労働省、各自治体などのホームページなどで最新情報を細やかに確認し、カフェ経営を成功させましょう。

今回の記事のまとめ

カフェ経営は難しい?カフェ開業の魅力とは

  • ・小さな規模で経営が始められる
  • ・広告費があまりかからない

カフェ経営に必要な資格・手続きはあるの?

  • ・個人事業の開業届
  • ・食品衛生責任者
  • ・菓子製造業許可申請
  • ・収容人数が30人以上なら防火管理者が必要

カフェ経営に必要な費用

カフェ経営を成功させるポイント

  • ・メニュー数を絞る
  • ・W i-Fiなどの施設を整える
  • ・現実的な収支計画を立てる
  • ・同業の経営者と人脈も広げておく
  • ・あらゆるキャッシュレス決済手段に対応できることも大切

経営を成功させるなら「stera pack」がおすすめ

  • ・1つの端末で、あらゆる決済手段が利用できる
  • ・集客・プロモーションも可能
  • ・レジ・勤怠・売上などのデータ管理もこれ一つ

しっかりとした準備でカフェ経営を成功させよう


店舗経営者の方へ

豊富なキャッシュレス決済に対応!

その他おすすめ記事サイト

キャッシュレスの?が!に変わる場所Have a good Cashless

キャッシュレスの基礎知識やカード活用術、お困りごと解決情報など役立つ情報を発信しています。

個人事業主・スタートアップの方

経営者・個人事業主・スタートアップの担当者が知っておきたいバックオフィスの基礎知識をご紹介しています。

決済サービス・決済端末を導入する際の基礎知識からメリットを丁寧に解説します。三井住友カードプレゼンツ「ペイサポ~お店がはじめるキャッシュレス決済~」