×

活用術

飲食店が抱える課題とは?stera marketで課題をスムーズに解決

飲食店が抱える課題とは?stera marketで課題をスムーズに解決

多くの飲食店が「集客」「業務効率」「会計」「感染対策」などの課題を抱えています。これらの課題はすべて、stera terminal上で利用できるアプリの導入でほかのデバイス購入など不要で簡易に解決できるかもしれません。

「stera market」はstera terminal上で利用できるアプリマーケットプレイスです。
stera terminalにアプリをインストールすることによって自店舗が抱える課題解決につなげることが可能です。記事の後半では、飲食店の課題解決におすすめのアプリを紹介していますので、ぜひ参考してください。

stera terminal・stera marketについての詳細はこちら

  • 別ウィンドウでSMBC GMO PAYMENT株式会社のサイトへ遷移します。

目次

飲食店が抱える課題①「集客」

飲食店が抱える大きな課題の一つに「集客」が挙げられます。継続的に新規顧客を獲得し続けるのは難しく、リピーターをつかむのも簡単ではありません。

さらに、効果的な集客方法がわからず頭を抱える飲食店も多いのが現状。ほとんどの飲食店が、なぜ「集客」に悩むのか確認しておきましょう。

新規顧客獲得が難しい

飲食店が抱える集客の課題の一つは、新規顧客を取り込めないことです。特に開店したばかりのお店に多い傾向にあり、新規顧客を取り込めない理由は以下の3 つが考えられます。

・お客さまに認知されていない
・ターゲットと客層が合っていない
・「このお店で食べたい」と思われていない

認知されていない場合は、インターネットなどを活用したプロモーションや販促を一度見直す必要があるでしょう。

リピーターをうまくつかめない

リピーターをうまくつかめないのも、飲食店における集客課題の一つです。パレートの法則によると、お店の売上の80%は、お客さまのうち20%のリピーター(優良顧客)によって生み出されるとされているため、リピーターがお店の売上を大きく左右しています。そのため、一度訪問したお客さまにリピーターとなってもらうことが売上アップの鍵となります。

定期的に飲食店を訪れてくれるお客さまが増えれば売上が安定するので、リピーターの獲得は店舗運営にとって重要なのです。リピーターをうまくつかめない原因は、味や店内の雰囲気もしくは、スタッフの接客に問題があるのかもしれません。また、リピートしたくなるほど印象的なメニューがないことも原因の一つとして考えられます。

集客方法がよくわからない

そもそも集客方法が明確になっていないことが原因かもしれません。飲食店にはさまざまな集客方法がありますが、集客を行うターゲットや集客方法について具体的な内容が定まっていなければ、来店顧客数を増やすのは難しいでしょう。

飲食店のコンセプトや雰囲気、メニューによって集客方法は異なり、SNSでの発信やグルメサイトの活用、ローカル雑誌を使った宣伝などさまざまです。集客方法がよくわからない場合、飲食店向けの集客アプリや集客力アップに適した販促アプリの活用もおすすめです。おすすめアプリの紹介は記事後半にて紹介しますので参考にしてみてください。

飲食店が抱える課題②「業務効率化」

飲食店では業務効率の低下も大きな問題になりがちです。業務効率の低下にはいくつか原因があり、オペレーションが不十分な場合や慢性的な人手不足などが挙げられます。
こういった飲食店における業務効率低下の原因を詳しく確認しておきましょう。

オペレーションが不十分

オペレーションが不十分だとミスが発生しやすく、業務効率の低下につながりかねません。

担当が明確になっておらずスタッフがあらゆる作業を兼務している状態では、オペレーションが不十分と言わざるを得ません。責任の所在を明確にするためにも、役割分担を行いマニュアルに従って作業する必要があります。

慢性的な人手不足

慢性的な人手不足も業務効率を大きく低下させてしまいます。飲食店では、キッチンやフロアなどの役割分担を決め、マニュアルどおりに作業するのが一般的です。しかし、人手不足になると役割分担ができず、あらゆる作業を兼務しなければなりません。

このような状況ではスタッフの負担が大きく、ミスが発生しやすくなります。飲食店での人手不足は業務効率が低下するだけでなく、品質の低下にもつながりかねません。店舗運営に必要な人員を確保し、ゆとりをもって作業できる環境を整えましょう。

予約管理がアナログ

予約管理がアナログだと、電話がかかる度にスタッフは作業を中断しなければならず、業務効率が低下してしまいます。さらに、複数の予約サイトを経由して電話がかかってくれば、管理も簡単ではありません。

予約管理にかかる時間を削減するには、予約システムの導入が効果的です。グルメサイトやPOSレジと連携できる予約システムもあり、予約からキャンセルまで自動的に管理してくれます。予約管理のアナログ化も業務効率を低下させかねないため、システムを導入しながら効率化することが重要です。

レジ締めや売上管理に時間がかかる

飲食店の業務で特に時間がかかるのが、レジ締めと売上管理です。飲食店といえば店内で飲食して料金を支払うのが一般的でしたが、新型コロナウイルスの影響により、テイクアウトやデリバリー、EC販売などを導入する店舗が増えています。

店内飲食に加えてテイクアウトやデリバリーなどがあると、テイクアウトとイートインでは税率が異なるなど売上管理が複雑になりレジ締めにかかる時間も増えてしまうでしょう。こういった販売方法の多様化に合わせて、必要な機能を網羅したPOSレジを導入することが大幅な業務効率の改善につながります。

POSレジについての詳細はこちら

店舗間の情報共有が難しい

複数の店舗がある場合、店舗間の情報共有にも時間がかかります。客層や売上データを店舗ごとに集計する飲食店が多く、1店舗だけの情報とはいえ、情報をまとめるのには手間暇がかかります。

店舗間で情報共有する場合はすべての店舗に同じシステムを導入し、自動的に情報が共有されるしくみを取り入れるといった工夫が必要です。

店舗間の情報共有が難しい

飲食店が抱える課題③「会計」

「会計」でのトラブルも、飲食店経営にありがちな課題の一つです。レジ業務に時間がかかったり、会計処理でミスが発生したりと会計時にトラブルが発生するとお客さまにも迷惑がかかってしまいます。

また、キャッシュレス決済を導入すると、レジ周辺が煩雑になることも改善すべき課題の一つと言えるでしょう。ここからは、飲食店が抱える会計時の3つの課題について、詳しく解説していきます。

レジ業務に時間を取られる

導入しているPOSレジと自店舗に導入している、注文状況を管理するためのアプリやシステムが連動できない場合、レジ業務に負荷がかかる場合があります。

このような状況では、お客さまが増えると注文状況を管理するのが大変になり、レジ業務に時間がかかり過ぎてしまいます。さらに、スタッフ同士のコミュニケーションが不十分だと、ミス発生の原因にもなりかねません。

会計ミスが発生する

飲食店の注文・会計システムが整っていなければ、会計ミスが発生するケースも少なくありません。システムが整っていない分、スタッフ同士の伝達が必要となりますが、情報が曖昧に伝わるとミスが発生します。

会計ミスは店内の売上金額に影響を及ぼすだけでなく、お客さまにも迷惑をかけてしまうので可能な限り対策しなければなりません。しかし、スタッフ同士のコミュニケーションでミスを減らすよう意識しても限界はあります。そのため、注文と会計を同じシステムで対応できるよう、POSレジ導入やITシステムの導入を検討すべきでしょう。

キャッシュレス決済の多様化でレジ周りが煩雑になる

キャッシュレス決済の多様化でレジ周りが煩雑になることも、飲食店において見過ごせない課題の一つです。キャッシュレス決済を導入すると対応できる決済手段が増え、会計時に発生する多くのトラブルを解決できます。しかし、キャッシュレス決済に対応しようとすると、決済の種類ごとに端末を用意しなければならず、レジ周りが煩雑になってしまいかねません。

レジに複数の端末が設置されると見た目がすっきりせず、整理されていない印象を与えてしまうことも。さらに、端末ごとに導入費用がかかるなどの課題も対策する必要があります。

飲食店の課題を解決する「stera terminal」・「stera market」とは

これまでにお伝えした飲食店の課題を解決するには、決済端末「stera terminal」の導入と、stera terminalの専用アプリマーケット「stera market」の活用がおすすめです。

stera terminalは決済端末としての機能だけでなく、飲食店が抱えるさまざまな課題に対応でき、stera marketを利用することでより業務効率を改善できます。これら2つの特徴を詳しく確認していきましょう。

飲食店の課題を解決する「stera terminal」・「stera market」とは

stera terminal

stera terminalは1台の端末で30種類以上の決済手段に対応したオールインワン決済端末です。タブレット端末のようなタッチ画面操作で誰でも簡単に会計処理ができ、レジ打ちに不慣れなスタッフでも迷わず操作できるでしょう。

会計時はお客さま側の読み取り機だけで決済が完結するため、クレジットカードの受け渡しなどの手続きは一切必要ありません。QRコード決済の場合は、ディスプレイ上部に搭載したカメラで読み込むだけで決済完了です。クレジットカード、電子マネー、QRコード決済すべて同等の操作性でお客さまのスクリーンはスタッフには見えない仕様となっており目を背ける必要がないのもstera terminalのメリットと言えるでしょう。

stera market

stera marketはアプリマーケットとして、stera terminalにアプリをインストールすることで自店舗に必須な機能をカスタマイズして補うことが可能です。集客力を伸ばすためにSNSや広告配信に特化したアプリを追加したり、在庫や売上、顧客を管理するのに役立つアプリを追加したりできます。

POSレジアプリをインストールしてPOSレジとしてstera terminalを活用したり、店舗に必要な機能を追加でインストールしたり、stera terminalをカスタマイズすることで、独自のPOSレジカスタマイズし、顧客とスタッフに最適な決済システムとして活用できるでしょう。

「stera market」の詳細は以下をご覧ください。

  • 別ウィンドウでSMBC GMO PAYMENT株式会社のサイトへ遷移します。

「stera market」を活用した課題解決例とおすすめアプリ

ここでは「stera market」を活用した課題解決例と、おすすめアプリを紹介します。アプリを追加して利用する決済端末は少ないため、どのように活用するのかイメージがわかない方も多いはずです。一例ではありますが「stera market」の活用方法として、ぜひ参考にしてください。

広告配信・SNS発信で集客力アップ

「stera market」を利用すると、広告配信やSNS発信を強化し、集客力を伸ばすことが可能です。集客力アップに適した広告アプリとして「ビーコンアプリ」があります。「ビーコンアプリ」の特徴を確認していきましょう。

ビーコンアプリ

ビーコンアプリは店舗に設置したstera terminalに近づいたお客さまに対して、リアルタイムでの広告配信や動線の可視化を行うアプリです。発信する情報や条件を細かく設定できるため、顧客の特徴に合わせてアプローチできます。

店舗全体のデジタル化による業務効率改善

「stera market」には、店舗全体のデジタル化に役立つアプリもあります。店舗をデジタル化することで、スタッフの作業負担改善やミスの軽減につながるでしょう。店舗全体のデジタル化に役立つアプリは「L.B.B.Cloud」と「WowTalk」の2種類です。

L.B.B.Cloud

L.B.B.Cloudは、飲食店向けに作られたモバイルオーダーアプリです。注文・予約・決済の機能を搭載したオールインワンシステムとして、飲食店のさまざまな業務を効率化できます。

さらに、LINEと提携して注文した料理が完成したときのお呼び出しや、キャンペーンの連絡にも活用可能です。業務効率の改善だけでなく、LINEの友だち登録に誘導することでリピーターの獲得が見込めるのもL.B.B.Cloudの魅力と言えるでしょう。

WowTalk

WowTalk は、1,300社以上の法人が導入しているビジネスチャットです。本部や店舗間での連絡に利用でき、シンプルで操作しやすいのが魅力。キャンペーン情報や新商品情報、研修日程などをスピーディーに連絡できるため、コミュニケーションの活性化に役立ちます。

会計課題解決とアプリ集約を実現する「stera pack」

会計課題解決とアプリ集約を実現する「stera pack」

会計課題をスムーズに解決し、stera marketのアプリを活用して業務効率を改善するなら「stera pack」がおすすめです。「stera pack」とは、オールインワン決済端末「stera terminal」を含む決済パッケージサービスのことで、月額3,300円(税込)の安さで導入でき初期費用はかかりません。コストを抑えて導入できる「stera pack」のさらなる魅力について、詳しく確認していきましょう。

30種類以上の決済手段に1台で対応

「stera pack」に契約すると、オールインワン端末「stera terminal」を利用できます。「stera terminal」は30種類以上の決済手段に1台で対応できるため、レジ周辺をシンプルに整理できます。キャッシュレス決済だけでなく、stera marketよりPOSレジアプリをインストールすることでPOSレジとして利用することや現金決済への対応も可能となります。周辺機器もほとんど不要となり、コスト削減にもつながるでしょう。

端末1台ですべての決済に対応できる「stera pack」なら、複数端末を操作する必要がなく会計ミスも起きず客さまに迷惑をかける心配は限りなくゼロに近いでしょう。

レジ周りをすっきりとまとめられる

「stera pack」での会計処理に必要なのは、オールインワン端末「stera terminal」だけです。すべての決済に1台の端末で対応できるため、レジ周辺がすっきりまとまります。

レジ周辺が整理されていれば迷わず会計処理ができるため、会計ミスの削減が期待できるでしょう。さらに、すっきりしたレジ周りは清潔な印象を与え、お客さまにも満足してもらえるはずです。

「stera terminal」でさまざまなアプリを活用可能

「stera pack」に契約すると新規顧客をリピーターにつなげられる販促アプリである「おみせポケット」が標準搭載されています。
それに加えて専用アプリマーケット「stera market」を利用してアプリをインストールすることで必要な機能を追加し、カスタマイズできます。

「stera terminal」でさまざまなアプリを活用可能

「おみせポケット」の詳細はこちら

  • 別ウィンドウでSMBC GMO PAYMENT株式会社のサイトへ遷移します。

「stera market」には、広告配信・SNS発信の強化や売上・在庫・顧客などを管理して分析できるアプリなどさまざま。店舗に合ったアプリをインストールすることで、店舗特有の業務課題解決にも役立てられるでしょう。

今回の記事のまとめ

飲食店が抱える課題①「集客」

  • ・新規顧客獲得が難しい
  • ・リピーターをうまくつかめない
  • ・集客方法がよくわからない

飲食店が抱える課題②「業務効率化」

  • ・オペレーションが不十分
  • ・慢性的な人手不足
  • ・予約管理がアナログ
  • ・レジ締めや売上管理に時間がかかる
  • ・店舗間の情報共有が難しい

飲食店が抱える課題③「会計」

  • ・レジ業務に時間を取られる
  • ・会計ミスが発生する
  • ・キャッシュレス決済の導入には追加で費用がかかる

飲食店の課題を解決する「stera terminal」・「stera market」とは

  • ・stera terminalは1台で30種類以上の決済種類に対応する決済端末
  • ・stera marketはstera terminal専用のアプリマーケット

「stera market」を活用した課題解決例とおすすめアプリ

  • ・広告配信・SNS発信なら「ビーコンアプリ」
  • ・デジタル化による効率改善には「L.B.B.Cloud」と「WowTalk」

会計課題解決とアプリ集約を実現する「stera pack」

  • ・30種類以上の決済手段に1台で対応
  • ・レジ周りをすっきりとまとめられる
  • ・「stera terminal」でさまざまなアプリを活用可能

店舗経営者の方へ

豊富なキャッシュレス決済に対応!

その他おすすめ記事サイト

キャッシュレスの?が!に変わる場所Have a good Cashless

キャッシュレスの基礎知識やカード活用術、お困りごと解決情報など役立つ情報を発信しています。

個人事業主・スタートアップの方

経営者・個人事業主・スタートアップの担当者が知っておきたいバックオフィスの基礎知識をご紹介しています。

決済サービス・決済端末を導入する際の基礎知識からメリットを丁寧に解説します。三井住友カードプレゼンツ「ペイサポ~お店がはじめるキャッシュレス決済~」