Powered by 三井住友カード

~新社会人・新入社員をサポート~

社会人の準備

入社式のスーツの選び方は?購入費用の目安と併せて紹介

入社式のスーツの選び方は?購入費用の目安と併せて紹介

新社会人が会社で初めて参加する式典である入社式。会社の役員や上司、同期たちと顔を合わせる機会でもあるため、第一印象を良くしておきたいものです。
そんな入社式には、どのような服装で参加すれば良いのでしょうか。入社式用のスーツの選び方や購入費用の目安について紹介します。

キャッシュレスプラン キャッシュレスプラン

詳細を見る

  • ※ 三井住友カード プラチナプリファードは一部キャンペーンの対象となりませんので必ず詳細ページをご確認ください。
  • ※ 対象カード・適用条件について、お申し込み前に必ず上記バナーよりキャンペーン詳細ページをご確認ください。
  • ※ キャンペーンは予告なく変更・終了することがございます。
記事の目次

入社式にはどんなスーツを着ていくべき?

入社式は、入学式や卒業式などと同じく、公式の式典です。そのため、服装自由の会社や制服を着て働くことになる会社でも、入社式ではスーツを着用するのが一般的です。会社によっては、入社式の服装は自由と伝えられることがありますが、スーツを着用すれば間違いはありません。
入社式で着用するスーツは、リクルートスーツでも問題はありませんが、より洗練されてスマートな印象を与えるためにも、入社式用のスーツを新調するのがベターです。入社式用のスーツはその後、仕事用として着ることもできますし、会社行事用として活用することも可能です。
少なくとも、仕事をするうえで就活向けのリクルートスーツを着続けることは避けたいので、入社式のタイミングで新しいスーツを用意しておくのがおすすめです。

入社式用スーツの選び方

入社式用のスーツは、清潔感があり、派手ではない物を選ぶのが基本となります。ここでは、スーツを選ぶ際の具体的なポイントをご紹介します。

色はダークカラーの無地

入社式では、その場に合った服装ができるかどうか、社会人としてのマナーが問われます。そのため、式典で着用するのにふさわしいダークカラーの無地のスーツを選ぶようにしましょう。濃いグレーやネイビーは落ち着いた印象となり、なおかつリクルートスーツとは異なるスマートさを演出できます。
ビジネスシーンにおいては、明るめの色のスーツや、ストライプ・チェックといった柄の入ったスーツでおしゃれをしても問題ありません。しかし、入社式のような式典では厳かなスタイルが求められるため、オーソドックスな色や柄、生地のスーツを選んでください。

シャツは白の無地

男性のワイシャツは白の無地を選びます。女性はスーツにブラウスを合わせてもいいですが、入社式ではシャツを選んだほうが無難でしょう。ビジネスシーンではブルーやピンクといった明るい色のワイシャツを着る人も多くいますが、入社式ではフォーマルな印象になる白を選択してください。襟にボタンがついているボタンダウンのシャツはカジュアルな印象になるため、何もついていないレギュラーカラーかセミワイドカラーのシャツを選ぶことをおすすめします。

シャツはリクルートスーツで着用していた物でも大丈夫ですが、何度も着たことによってくたびれた印象になっている場合は新調しましょう。首回りなどに汚れがついていないかチェックし、丁寧にアイロンをあてて清潔感を保ちます。
また、シャツの下に着るインナーは、白やベージュといった透けにくい色を選びます。色味の強いインナーや柄の入ったインナーは、透けて見えてしまいますのでNGです。

落ち着いたデザインのネクタイを合わせる

男性の場合はネクタイの着用が求められます。ネクタイはネイビーや青、えんじ色、グレーといった落ち着いた色を選び、太すぎず細すぎないレギュラータイにします。柄は無地だけでなく、ストライプやドット、小紋柄といった定番のラインナップから選べば問題ありません。
コットンタイやニットタイも人気ですが、入社式のようなフォーマルな場ではカジュアルな印象になってしまうため、避けたほうが無難です。スーツとの相性を見て、お気に入りの一本を選びましょう。

靴はダークブラウンや黒

靴は、ダークブラウンか黒のビジネスシューズを選びます。おしゃれのために明るめのブラウンの靴を選びたいという人もいるかもしれませんが、入社式では落ち着いた色のほうがよりフォーマルな印象になります。
男性の場合、ストレートチップやプレーントゥの紐靴であれば、フォーマルな場でもビジネスシーンでも活用できるためおすすめです。働き始めてからも履き続ける場合は、見た目だけでなく履き心地も重視したほうが良いでしょう。特に、営業など外出の機会が多い職種であれば、靴が足にフィットしていないと靴擦れを起こし、歩きづらくなってしまいます。つま先やかかとが痛くならないよう、工夫されたビジネスシューズを選ぶのもおすすめです。

ベルトは黒

ベルトは黒が基本です。スーツや靴に合わせて、ダークトーンのシンプルなベルトを選びましょう。
派手な色や装飾のベルトは避けるようにしてください。リクルートスーツで着用していた黒いベルトがあれば、それを活用しても問題ありません。

バッグはA4サイズの書類が入るもの

入社式では、入社辞令書類や就業規則、契約書など、書類が配布されるケースが多いため、A4サイズの書類を折らずに入れられるビジネスバッグを用意しましょう。
リュックや派手なバッグは避けるべきです。就活用のビジネスバッグを活用しても問題ありません。

体型にフィットしたスーツを選ぶ

ビジネススーツは、体型にフィットした物を選ぶことが重要になります。実際の体型よりも大きいサイズのスーツを着用すると、だらしなく清潔感がなくなってしまいます。ズボンはきつすぎずスリムな物にすると、スマートな着こなしになります。
体型にフィットしたスーツのジャケットを選ぶためには、肩幅に合ったサイズの物を選ぶのが基本です。袖は長すぎず短すぎず、前ボタンを留めたときにウエストにシワが入らないサイズを選びましょう。自分ではよく分からないときは、ショップのスタッフに相談するとアドバイスをもらえますので、必ず試着をしてから購入してください。

清潔感のある髪形でまとめる

髪形は清潔感のあるスタイルにまとめることが大切です。明るい髪色が認められている企業もありますが、入社式では黒や暗めの茶色にしたほうが無難です。
男性はスッキリとした髪形のほうがスーツによく似合います。ワックスなどでさっぱりとまとめて、フレッシュな印象を心掛けましょう。女性は華美になりすぎない髪形にしてください。

スーツの購入費用の目安は2万~4万円程度

入社式用のスーツは、2万~4万円程度を目安にするといいでしょう。新入社員はビジネスの基本やマナーを学ぶ立場ですから、清潔感や誠実な印象が大切になります。高価すぎるスーツは、新社会人としては不相応に映ってしまいますので控えてください。

新社会人は、入社式用のスーツ以外にも仕事で必要な物や、1人暮らしを始めるための家具や家電など、購入する物が多く、お金の工面が大変になりがちです。そのようなときは、クレジットカードを活用することをおすすめします。
クレジットカード払いなら、買物をした後、支払日までにお金を用意できれば問題ありません。また、高価な商品を購入すると、クレジットカードのポイントが多く貯められます。ポイントやキャッシュバックといった特典も多数ありますので、おトクに買物をするためにもクレジットカードを利用するようにしましょう。

新社会人に特におすすめのクレジットカードは、満18~25歳までの人限定のクレジットカード「三井住友カード デビュープラス」です。年1回でも利用すれば、翌年も年会費が無料となりますので、実質年会費無料です。新社会人だからこそ申し込めるクレジットカードとして、多くの特典がありますので、初めての一枚としておすすめです。

入社式用のスーツは清潔感を意識しよう

入社式用のスーツは、ダークトーンのスーツでフォーマルかつフレッシュな印象にまとめましょう。
清潔感や信頼感のあるビジネスパーソンになるためにも、スーツを購入する際には必ず試着をして、自分にぴったりな一着を選ぶようにしてください。

  • 2020年2月時点の情報なので、最新の情報ではない可能性があります。

この記事を見た人におすすめの記事

人気ランキング

人気ランキング

キャッシュレスプラン キャッシュレスプラン

詳細を見る

  • ※ 三井住友カード プラチナプリファードは一部キャンペーンの対象となりませんので必ず詳細ページをご確認ください。
  • ※ 対象カード・適用条件について、お申し込み前に必ず上記バナーよりキャンペーン詳細ページをご確認ください。
  • ※ キャンペーンは予告なく変更・終了することがございます。

新社会人・20代の社員におすすめ!

新社会人・新入社員のみなさんがおトクに便利にお使いいただける三井住友カードクレジットカードをご紹介します。