Powered by 三井住友カード

~新社会人・新入社員をサポート~

社会人の準備

シェアハウスとは?メリット・デメリットを徹底解説

シェアハウスとは?メリット・デメリットを徹底解説


賃貸住まいの新たな選択肢として、シェアハウスという居住スタイルの人気が高まっています。しかし、実際にシェアハウスでの生活を経験したことがない人にとっては、「他人との共同生活はどうなのだろう?」と、その暮らし方について気になる人も少なくないでしょう。
今回は、シェアハウスの概要とメリット・デメリットのほか、シェアハウスを選ぶ際の注意点などについて解説します。

キャッシュレスプラン キャッシュレスプラン

詳細を見る

  • ※ 三井住友カード プラチナプリファードは一部キャンペーンの対象となりませんので必ず詳細ページをご確認ください。
  • ※ 対象カード・適用条件について、お申し込み前に必ず上記バナーよりキャンペーン詳細ページをご確認ください。
  • ※ キャンペーンは予告なく変更・終了することがございます。
記事の目次

さまざまな物件があるシェアハウス

シェアハウスとは、自分の部屋以外のリビングやキッチン、お風呂といった居住スペースを、ほかの入居者と共有(シェア)しながら生活する住居のことです。
その種類は実に多彩で、100人規模の物件もあれば、性別限定の物件、シアタールームなどの付帯施設が充実した物件、共通の趣味を持つ入居者が集う物件、保育施設のあるシングルマザー向けの物件など、さまざまな物件があります。

シェアハウスのメリット

1人暮らしと比べた場合の、一般的なシェアハウスで暮らすことのメリットをご紹介します。

費用が抑えられる

シェアハウスならではのメリットのひとつに、住むために必要な費用を抑えられるという点があります。通常の1人暮らしの場合、住まいにかかる費用は、家賃などに加えて、光熱費やインターネット料金などの支払いがあります。
また、入居のタイミングでは、敷金や礼金、仲介手数料といった費用もかかるでしょう。しかし、シェアハウスの場合、光熱費やネット料金といった費用が家賃に組み込まれているケースが多く、敷金や礼金がかからないところも少なくないのです。ただし、物件によっては、敷金・礼金の代わりにデポジットと呼ばれる保証金が必要な場合もあります。

家具・家電付きの物件も多い

1人暮らしを新たに始める場合、家具や家電などをそろえる費用も相当な金額となります。シェアハウスの場合、ロビーやラウンジなど共有部分の家具や家電のほか、個室部分のベッドやカーテン、収納などが最初から備わっている場合が多く、そこに費用を割く必要がありません。バッグひとつで入居し、バッグひとつで退去することも可能な物件もあるのです。

寂しくない

長く家族といっしょに生活していた人にとって、1人暮らしの際の意外な敵が「寂しさ」です。家族の声や生活音が聞こえないことに慣れるまで、大きな喪失感を感じてしまうケースも少なくありません。
しかし、シェアハウスの場合、同じ生活スペースの中に複数人が同時に暮らすわけですから、その存在を感じることができ、寂しさを感じにくくなるでしょう。
入居者同士の関係性が築けてくれば、「おかえり」や「いってらっしゃい」といった声掛けも頻繁に交わされるようになり、日々の生活に安心感をもたらしてくれるはずです。

シェアハウスのデメリット

では、シェアハウスのデメリットには、どのようなものがあるのでしょうか。

プライベートを確保しづらい

シェアハウスでは、一定のプライバシーは守られますが、どうしてもほかの入居者と接点を持たなければならないシーンは出てきます。ここにわずらわしさを感じる人や、1人で静かに暮らしたいという思いが強い人にとっては、シェアハウスでの生活はあまり快適なものにはならないでしょう。

共同生活ゆえのトラブルも

違う環境で育ってきた人がいっしょに生活をするわけですから、さまざまな部分でやり方・考え方の違いが生まれ、それがトラブルの原因となってしまうこともあります。
例えば、電気の消し忘れや掃除のやり方、細かいところでいえば食器の洗い方やしまい方など、必ずしも自分の習慣や常識が通用しない部分があり、そこで余計なストレスを感じてしまう場合もあります。

友人などを招くのには不向き

1人暮らしの場合、部屋に家族や友人を自由に呼ぶことができますが、シェアハウスの場合はリビングなどが共同スペースになっているため、入居者以外の人を招き入れるのは歓迎されないこともあります。また、居住ルールによっては不可の場合もあります。
シェアハウスに来客がある場合は、ほかの入居者への配慮が必要です。

シェアハウスを選ぶ際に知っておきたいこと

他人と共同生活を送ることになるシェアハウスだからこそ、どんな人でもそこでの生活が快適なものとなるわけではありません。住まいにシェアハウスを選ぶ際に、知っておきたいポイントをまとめました。

自分がシェアハウスに向くかどうか

シェアハウスに向く人の特徴として多いのが、おおらかであまり細かいことを気にしないタイプです。加えて、人の価値観ややり方などについて理解ができる人が挙げられます。
反対に、細かい性格で、自分のルールを大事にしたい人にとっては、他の人のやり方が気になってしまい、余計なストレスを感じてしまう場合もあるでしょう。また、必然的に人と接する機会が増えますので、そうしたコミュニティーの中で周囲と調和することを苦としない人のほうが、過ごしやすい環境といえます。

内見や下調べをしておく

管理・運営の会社によって、シェアハウスの特色はさまざま。物件情報が掲載してあるインターネットだけでは、わからないことも多くあります。
内覧会を実施しているシェアハウスもありますので、実際の暮らしの様子や居住者の雰囲気などを見ながら、自分と相性のいい物件を探すことが大切です。

家賃の支払い方法

家賃の支払いといえば、これまでは口座振替や振込が主な手段でしたが、最近ではクレジットカード払いに対応しているシェアハウスも増えてきました。クレジットカード払いであれば、自動決済なので面倒な振込作業が不要ですし、カード利用によるポイントが獲得できるなど、さまざまなメリットがあります。
毎月、まとまった額をクレジットカードで支払うことになりますので、貯まっていくポイントの数も相当なものになっていきます。そういった視点から物件を探してみるのも良いかもしれません。

シェアハウスへの理解を深め、選択肢を広げよう

シェアハウスの概要とメリット・デメリットについて解説してきました。シェアハウスは、すべての人におすすめできる居住スタイルというわけではありませんが、そのメリットははっきりしており、相性が良い人が住めば、快適に暮らすことができるはずです。
まずはその特徴をしっかりと理解し、生活の選択肢を広げてみてはいかがでしょうか。

  • 2020年2月時点の情報なので、最新の情報ではない可能性があります。

この記事を見た人におすすめの記事

人気ランキング

人気ランキング

キャッシュレスプラン キャッシュレスプラン

詳細を見る

  • ※ 三井住友カード プラチナプリファードは一部キャンペーンの対象となりませんので必ず詳細ページをご確認ください。
  • ※ 対象カード・適用条件について、お申し込み前に必ず上記バナーよりキャンペーン詳細ページをご確認ください。
  • ※ キャンペーンは予告なく変更・終了することがございます。

新社会人・20代の社員におすすめ!

新社会人・新入社員のみなさんがおトクに便利にお使いいただける三井住友カードクレジットカードをご紹介します。