Powered by 三井住友カード

  1. 三井住友カード
  2. カードをつくる
  3. ゼロからはじめるクレジットカード
  4. 海外旅行準備・持ち物ガイド タビサポ
  5. 旅行を終えた後に
  6. 海外旅行から帰ってきたらやるべき4つのことと防犯の心得

旅行を終えた後に

海外旅行から帰ってきたらやるべき4つのことと防犯の心得

海外旅行から帰ってきたらやるべき4つのことと防犯の心得

海外旅行では、日本とは環境が違うため、家に帰ったら疲れ果てて何もできないという人もいるはず。しかし、海外旅行は家を長期で空けることが多いため、帰宅したら早めに行っておくべきことがあります。
海外旅行から帰ってきたらやっておくべき4つのことについて、確認しておきましょう。また、旅行前に意識したい防犯の心得もご紹介します。

目次

キャッシュレスプラン キャッシュレスプラン

  • ※ 三井住友カードプラチナプリファードはキャッシュレスプラン対象外となります。
  • ※ 対象カード・適用条件について、お申し込み前に必ず上記バナーよりキャッシュレスプラン詳細ページをご確認ください。
  • ※ キャッシュレスプランは予告なく変更・終了することがございます。

自宅に帰ってきたらすべきこと

海外旅行から帰ってきたら、まずは下記の4つのことをするようにしましょう。

自宅に変わった点がないかチェックする

海外旅行から帰ってきたら、出発前と変わっている点がないか確認してください。閉めたはずのドアや窓が開いていないか、通帳やハンコのある場所が荒らされていないか、しっかり見ておきましょう。
もし被害があったときは、早めに気付くことで、被害を最小限に抑えられることもあります。

荷物をチェックする

スーツケースの中から荷物を取り出して、失くした物や壊れた物がないか確認しておきましょう。
加入している海外旅行保険の種類によっては、補償期間内であれば一定の品物の損害・盗難被害に対して保険金が支払われることがあります。 保険会社が販売している保険に加入する、あるいはクレジットカードを所有していれば、海外旅行傷害保険が付帯されているカードもありますので、活用を検討してみてもいいでしょう。

クレジットカードの付帯保険は、カードの種類により補償内容や保険金額、適用条件などが異なります。

実際の保険金のお支払い可否は、普通保険約款および特約などに基づく保険会社の審査があります。

写真や動画をバックアップする

海外旅行中は、スマートフォンやデジタルカメラで写真や動画を撮る人は多いと思いますが、帰宅後はできるだけ早めにパソコンや外付けHDD、クラウドなどにデータを保存しておくことをおすすめします。海外旅行だからこそ撮影できた写真や動画が万が一消えてしまったら取り返しがつきません。

体を休める

海外は慣れない環境である上に、旅行先のスケジュールをギチギチに詰めてしまいがちです。さらに時差もあるので、疲れが溜まりやすい状況になります。帰国後はしっかりと体を休めるようにしてください。

海外旅行前に防犯のためにしておくべきこと

海外旅行は長期間不在になるため、空き巣に狙われやすくなります。防犯上、海外旅行に行く前にやっておくべきことについて確認しておきましょう。

家の鍵はすべて施錠する

海外旅行から帰ってきたら家が荒らされていたということがないように、出発前に家の中はしっかりと施錠しておくようにしてください。
もし、それだけでは不安ということであれば、防犯用アイテムをホームセンターなどで探しておきましょう。窓ガラスが割れると警報音が鳴る窓用アラームや、人の動きを感知する防犯センサーなど、さまざまなアイテムが販売されています。

配達物や留守番電話にも注意する

郵便物や新聞がポストに溜まっていると、自宅に誰もいないことが外から分かってしまいます。すると、空き巣にも狙われやすくなりますので、旅行前に郵便物や新聞の配達を停止しておくことをおすすめします。
また、自宅に固定電話を取り付けている場合は、留守番電話にも注意が必要です。「◯日まで不在です」などの応対メッセージを入れておくと、空き巣に狙われやすくなりますので気を付けましょう。

洗濯物は外にかけっぱなしにしない

洗濯物を外にかけっぱなしにしておくと、家にいないことが分かってしまいます。特に、雨が降っているのに洗濯物が取り込まれていないと、空き巣から狙われやすくなることがあります。旅行中は洗濯物をできるだけ干さないようにするか、どうしても洗濯物を干さなければいけない場合は、部屋干しにするなどの工夫をしましょう。

SNSにお出掛けの書き込みをしない

海外旅行中、SNSに観光地などの写真をアップすると、自分が今、日本にいないことが分かってしまうことがあります。SNSは不特定多数の人が書き込みを見ているため、盗難被害に遭わないためにも、帰宅してから投稿することをおすすめします。

海外旅行保険に加入しておく

渡航前に海外旅行保険に加入しておくと、不測の事態に備えられます。保険は保険会社が販売しているものに加入するのもいいですが、クレジットカードを所有している場合は、カードのステータスに応じてすでに一定の補償が受けられることもあります。旅の安心のために、クレジットカードの加入を検討してみてもいいでしょう。

クレジットカード付帯保険は、カードの種類により補償内容や保険金額、適用条件などが異なります。

実際の保険金のお支払い可否は、普通保険約款および特約などに基づく保険会社の審査があります。

もし、被害に遭ってしまったら

海外旅行に向けてさまざまな被害への対策をしても、空き巣被害に遭ってしまうことがあります。では、そのようなときは、どう対処すればいいのでしょうか。
自宅で空き巣被害に遭ったら、まずは警察に連絡します。預金通帳が盗まれたときは、該当する銀行のインターネットバンキングから利用停止をするようにしてください。また、クレジットカードが盗まれたときは、カード会社に連絡して利用停止しておきましょう。そして、カード会社や保険会社などには、補償の対象になるか確認することをおすすめします。

旅行前と旅行後、やるべきことを済ましておこう

海外旅行から帰ってきたときにやるべきことを済ませておくことで、万が一のトラブルの被害を最小限に抑えることができます。また、海外旅行前に防犯を意識しておけば、空き巣などの被害を防げる可能性が高まります。
海外に行く前と行った後、それぞれやるべきことを把握して対応していきましょう。

2020年1月時点の情報なので、最新の情報ではない可能性があります。

人気ランキング

もっと見る

海外旅行には 三井住友カードがおすすめ!

  • 01

    現金の紛失・盗難にも
    安心

  • 02

    両替の手間要らずで
    スムーズ

  • 03

    トラベルサポート・保障が
    充実

キャッシュレスプラン キャッシュレスプラン

  • ※ 三井住友カードプラチナプリファードはキャッシュレスプラン対象外となります。
  • ※ 対象カード・適用条件について、お申し込み前に必ず上記バナーよりキャッシュレスプラン詳細ページをご確認ください。
  • ※ キャッシュレスプランは予告なく変更・終了することがございます。

関連記事

その他おすすめ記事サイト

[クレカ徹底解説]クレジットカードの仕組みや選び方など必見情報まとめ [クレカ徹底解説]クレジットカードの仕組みや選び方など必見情報まとめ

PAGETOP