Powered by 三井住友カード

  1. 三井住友カード
  2. カードをつくる
  3. ゼロからはじめるクレジットカード
  4. 海外旅行準備・持ち物ガイド タビサポ
  5. 旅行中の豆知識
  6. チップが必要な国や場面は?押さえておきたいチップのマナー

旅行中の豆知識

チップが必要な国や場面は?押さえておきたいチップのマナー

チップが必要な国や場面は?押さえておきたいチップのマナー

チップの習慣がない日本人にとって、海外でのチップ文化になかなかなじめない方もいるのではないでしょうか。チップは、国ごとに必要・不要な場面や相場が変わってくるため、渡航前にある程度確認しておきたいところ。
ここでは、海外におけるチップの相場やマナーについて解説します。

目次

なぜチップを渡すのか?

海外でホテルやタクシーなどを利用した際に、スタッフへチップを手渡すことがありますが、そもそもなぜチップを渡すのでしょうか。チップのある国・地域では、サービス業の賃金が低く設定されているところが多く、従業員の収入の一部が、サービス料としてもらうチップによって占められているのです。チップは正式な収入源として見られており、納税の際に申告義務もあります。
また、一般的なチップだけでなく、客が従業員に迷惑をかけたときや、期待以上のサービスを受けたときなどにも、チップを渡すことがマナーとなっている場合があります。

チップが必要な場面

海外においてチップを渡すシーンとしては、おもに次の3つがあります。

  • ホテル
  • 飲食店
  • タクシー

ホテルでは荷物を運んでもらったり、ルームサービスを頼んだりしたときにチップを渡すことがあります。飲食店では料理を運んでもらったときに、タクシーでは料金の支払いの際にチップを渡すといいでしょう。

チップがサービス料に含まれている場合は不要

チップが、あらかじめサービス料として料金に含まれていることがあります。例えばハワイでは、チップの習慣がない日本人観光客が多いという理由で、伝票にチップを含んだ料金が記載されているケースも多くあります。
この場合、料金にさらにチップを加算する必要はありません。メニューや伝票にチップ(サービス料)があらかじめ含まれる旨が記載されているかどうか、よく確認しましょう。

チップが必要な国・不要な国の例とチップの相場

チップが必要な国と不要な国について確認していきましょう。ここでは、日本人旅行者が多いアメリカ、イギリス、フランス、イタリア、ドイツ、インド、中国、韓国、シンガポールをピックアップして、チップの相場についてもご紹介します。

アメリカはチップが必要

アメリカでは、ホテル、飲食店、タクシーなどでサービスを受けた際にチップを渡す慣習があります。サービス内容や満足度によって変わってきますが、以下を参考にしてみてください。

アメリカのチップ相場

  • ホテル:ベル係は荷物の個数やサイズに応じて、1個につき2~3ドル。ベッドメイキングは枕元などに1~2ドル置きます。
  • 飲食店:食事代の15~20%をチップとして渡します。
  • タクシー:運賃の15%が目安です。

ヨーロッパの国々はチップが義務ではない

ヨーロッパの多くの国々では、飲食店やホテルなどの料金にはあらかじめサービス料が含まれているため、チップは必ずしも義務というわけではありません。ただし、快いサービスを受けたときや、特別なサービスを頼んだときなどに、お礼として渡すといいでしょう。

イギリスのチップ相場

  • ホテル:ベル係やルームサービスに対して1回につき1ポンド程度。
  • 飲食店:サービス料が含まれていない場合、食事代の10~15%程度。「12.5%」と明示されているところも多いです。
  • タクシー:運賃の10~15%程度。

フランスのチップ相場

  • ホテル:特別なサービスを頼んだ場合、1回につき2~5ユーロ程度。通常のルームサービスなどには不要です。
  • 飲食店:高級レストランで渡す場合は、食事代の5~10%程度。カジュアルな店では、お釣りの小銭を席に残す程度でOK。
  • タクシー:大きな荷物を運んでもらった場合などに2~5ユーロ程度。

イタリアのチップ相場

  • ホテル:ポーターやルームサービスに対して、1回につき1~5ユーロ程度。
  • 飲食店:合計料金に含まれている場合がほとんどですが、支払う場合は店の格に応じて食事代の7~15%程度が目安です。
  • タクシー:運賃の10%程度。

ドイツのチップ相場

  • ホテル:ベルボーイやルームサービスを頼んだときに1ユーロ程度。
  • 飲食店:店の格に応じて、食事代の5~10%程度。テーブルで支払う際に切りの良い金額に切り上げて渡すか、お釣りの小銭を席に残します。
  • タクシー:運賃の10%程度。

インドはチップを渡したほうが良い

インドではチップは義務ではありませんが、渡したほうがマナーとしてはスマートです。

インドのチップ相場

  • ホテル:荷物を運んでもらったり、ルームサービスを頼んだりしたときにチップを渡す。目安としては、荷物1個につき中級ホテルでは30ルピー、高級ホテルでは40~50ルピー程度。
  • 飲食店:あらかじめサービス料が含まれている場合は不要ですが、含まれない場合は食事代の5~7%程度を渡します。ただし、庶民的な飲食店であれば、お釣りの小銭を席に残しておけばOKというケースもあります。
  • その他:個人でガイドや車などを手配した場合、ガイドや運転手に渡すチップは客1人につき100ルピー程度が相場です。

中国・韓国・シンガポールは基本的に不要

中国や韓国、シンガポールにはチップの習慣が基本的になく、チップは不要です。

中国のチップ相場

基本的にはチップは不要。

韓国のチップ相場

基本的にはチップは不要。ホテルや飲食店で、特別なサービスを受けたときなどは5,000~10,000ウォン程度を渡すといいでしょう。

シンガポールのチップ相場

基本的にはチップは不要。ホテルのベルボーイやルームサービスなどに対して気持ちを示したい場合は、2シンガポールドル程度を渡すといいでしょう。また、飲食店で快いサービスを受けたと思ったら、お釣りの小銭をチップとして置くのが一般的です。

チップにおけるマナー

ここでは、チップを渡す際のマナーについて確認しておきましょう。

基本は紙幣だがユーロ圏は硬貨でもOK

アメリカの場合、チップは最低でも1ドルからが相場となるため、硬貨よりも紙幣で渡したほうがスマートです。ユーロ圏などでは、硬貨でも問題ありません。

クレジットカードを使ったチップの払い方

飲食店などでは、クレジットカードで支払いすることも多いでしょう。伝票を見て、チップが料金に含まれていない場合は、「Tips」または「Gratuity」の欄に自分でチップの金額を記入して、カードとともに渡しましょう。また、記入欄がない場合は、料金の下などにチップを加えた金額を書き直してもOKです。

渡航前に習慣やマナーをチェックしておこう

海外渡航の際は、チップをはじめとしたその国のマナーを一通り把握しておくと安心です。
日本ではチップの習慣がないため、戸惑うこともあるかもしれませんが、現地でのコミュニケーションだと思って、チップを渡してみるといいでしょう。

人気ランキング

もっと見る

海外旅行には 三井住友カードがおすすめ!

  • 01

    現金の紛失・盗難にも
    安心

  • 02

    両替の手間要らずで
    スムーズ

  • 03

    トラベルサポート・保障が
    充実

新規ご入会限定「三井住友カード」新規入会&Vpassアプリログインでもれなくご利用金額の20%(最大12,000円)プレゼント

  • ※ 三井住友カード プラチナプリファードは「キャッシュレスプラン」および「本キャンペーン」の対象外となります。
  • ※ 対象カード・適用条件について、お申し込み前に必ず上記バナーよりキャンペーン詳細ページをご確認ください。
  • ※ キャンペーンは予告なく変更・終了することがございます。
  • ※1 2020年5月1日(金)時点で対象カードをお持ちの方、または(2020年5月1日(金)時点で対象カード(注)をお持ちでない場合であっても)2019年3月1日(金)以降に対象カード(注)に新規で発行した履歴があり、その後退会あるいは会員資格が停止されている方は対象となりません。(注)エブリプラスを含む
  • ※2 カードご入会月+2ヵ月後末までを対象期間として、ご利用を毎月集計し、20%を乗じた金額をご利用月の2ヵ月後末までにプレゼントします。

関連記事

その他おすすめ記事サイト

クレジットカードとは?仕組みや選び方などクレカの知識を徹底解説! クレジットカードとは?仕組みや選び方などクレカの知識を徹底解説!

PAGETOP