Powered by 三井住友カード

  1. 三井住友カード
  2. カードをつくる
  3. ゼロからはじめるクレジットカード
  4. 海外旅行準備・持ち物ガイド タビサポ
  5. 旅行中の豆知識
  6. トランジットとトランスファーの違いとは?空港で使える英語フレーズ

旅行中の豆知識

トランジットとトランスファーの違いとは?空港で使える英語フレーズ

トランジットとトランスファーの違いとは?空港で使える英語フレーズ

海外旅行で飛行機を利用する際、「トランジット」や「トランスファー」といった言葉を耳にすることがあります。これらは、目的地へ向かう途中でいったん飛行機が着陸するため、似たような言葉として混同されがちです。しかし、実は明確な違いがあるため、それぞれの意味を把握しておき、トラブルにならないよう気を付けておきましょう。
ここでは、トランジットとトランスファーそれぞれの意味や、飛行機の待ち時間の過ごし方について解説します。また、トランジットやトランスファーの際に、空港内で使える英語フレーズなどについてもご紹介します。

目次

キャッシュレスプラン キャッシュレスプラン

  • ※ 三井住友カード プラチナプリファードは一部キャンペーンの対象となりませんので必ず詳細ページをご確認ください。
  • ※ 対象カード・適用条件について、お申し込み前に必ず上記バナーよりキャンペーン詳細ページをご確認ください。
  • ※ キャンペーンは予告なく変更・終了することがございます。

トランジット:補給のために着陸すること

まずは、トランジットの意味について見ていきましょう。
トランジットは英語で「通過する」という意味の「transit」からきています。飛行機や船などでトランジットが使われる場合、「最終的な目的地ではないため通過はするものの、機内食や燃料などを補給するためにいったん着陸すること」を意味します。機内食や燃料の補給以外にも、機内の清掃や点検、クルーの入れ替えなどを目的にトランジットが行われるケースもあります。

トランジットが必要となるのは、数時間以上を要する長時間のフライトであることが多いです。原則として、着陸時と「同じ飛行機(機材)」で離陸し、最終目的地まで向かいます。
基本的にはトランジットは休憩目的ではないため、一般的には着陸から30分~1時間程度、長くても1時間半ほどで離陸となります。

トランジット中の空港での過ごし方

トランジットのあいだは、乗客はどのようにして時間を過ごすのでしょうか。
基本的には、機内で待機するか、空港内に設けてある「トランジットルーム」を利用します。
日本離発着の飛行機の場合、トランジットは長時間のフライトとなるヨーロッパやアメリカ、南米、アフリカといった国々とのあいだで必要となります。
トランジットのあいだ、1時間ほどは手持ち無沙汰に感じることもあるかもしれませんが、最終目的地まで長距離のフライトで疲れを溜めてしまわないよう、リラックスして過ごすことを心掛けてください。

トランジットで機外に出る場合の注意点

機内清掃を目的としたトランジットの場合、機内待機ではなくいったん機内から出る必要があります。飛行機から降りて待機する場合、次の3点に注意することが大切です。

  • パスポートや貴重品を機内に置いていかない
  • 座席ポケットの私物は頭上の荷物スペースに入れる
  • 「トランジット・カード」を紛失しない

トランジット・カードとは、乗客向けに発行されるもので、再搭乗の際に必要となります。パスポートや貴重品と合わせて、携帯したことを必ず確認してから飛行機を離れましょう。

トランスファー:別の飛行機に乗り換えること

続いて、トランジットと混同されやすいトランスファーの意味についてご説明します。
英語の「transfer」は、「移転する」「転勤する」といった意味を持ちます。飛行機や船だけでなく、電車やバスなどのさまざまな交通機関において、トランスファーは「乗り換える」という意味になる用語です。つまり、飛行機でのトランスファーは、「飛行機を乗り換える」ということです。

先程解説したトランジットの場合、いったん着陸はしますが、同じ飛行機へ再搭乗し、最終目的地へと向かいます。
一方、トランスファーの場合は、一度飛行機から降りたら、最終目的地へと向かうために、別の飛行機へと移動する必要があるのです。乗り継ぎのために、ターミナルを移動しなくてはならないケースもあるでしょう。
トランスファーの場合、航空会社が別の航空券を発行することもあります。分からない点は、添乗員や航空会社のクルーなどに尋ねましょう。
また、トランスファーは、「Flight connection(フライトコネクション)」とも呼ばれます。トランスファーではなくフライトコネクションと呼ばれる国もあるため、両方覚えておくと良いでしょう。どちらも意味は同じです。

トランスファーしない場合は、乗客の流れに注意!

着陸地が最終目的地である場合は、そのまま入国審査へと向かいます。しかし、同じ飛行機の乗客にはトランスファーをする人もいて、その人たちの流れにつられてしまう可能性があります。
流されてしまわないよう、入国の手続きを行う「入国審査」のカウンターを目指しましょう。

トランスファーとストップオーバーの違い

状況や旅程によっては、観光やビジネスのためにいったん乗り継ぎ地に滞在して、再び飛行機で最終目的地を目指すというケースもあるでしょう。
このように、最終目的地までのあいだにいったん飛行機を降りて、乗り継ぎ地で「24時間以上」滞在する場合は、「トランスファー」ではなく、「ストップオーバー(Stopover、S/O)」と呼ばれています。
ストップオーバーの予定がある場合は、ストップオーバーが可能な航空券かどうかを、あらかじめ確認しておくようにしましょう。

トランジットとトランスファーの違いは「同じ飛行機か否か」

トランジットとトランスファーの違いについてまとめておきましょう。
これらの言葉の最大の違いは、「最終目的地まで、同じ飛行機(機材)で向かうか否か」という点です。
トランジットの場合は、いったん着陸して燃料などの補給や機内清掃を行ったら、再び同じ飛行機で最終目的地へと向かいます。一方、トランスファーは、途中で着陸したら飛行機を乗り換える必要があります。つまり、最終目的地へ向かう飛行機が変わるのです。

トランジットやトランスファーで使える英語フレーズ

ここからは、トランジットやトランスファーの際に、機内や空港内で使える英語フレーズをシーン別にご紹介します。併せて、スムーズに目的のカウンターなどに向かうことができるよう、空港内の案内板に記載される英語の一覧も確認してください。

トランジットの際に使える英語フレーズ

まずは、トランジットの際に使える英語フレーズをご紹介します。

・再搭乗までの時間を知りたい場合

How long would it take until we go back in the airplane?
私たちが飛行機に戻るまで、時間はどれくらいかかりますか?

What is the departure time?
出発時刻を教えてください。

What is the boarding time?
搭乗開始は何時になりますか?

・目的地までのフライト時間を知りたい場合

How long does it take to get to the final destination from here?
ここから最終目的地まで、あとどれくらいのフライト時間になりますか?

・飛行機から離れる場合

Should I take my valuables while we are out of the airplane?
飛行機から離れるあいだ、貴重品を携帯したほうが良いですか?

トランスファーの際に使える英語フレーズ

続いて、トランスファーの際に使える英語フレーズをご紹介します。

・乗り継ぎ場所について知りたい場合

How should I reach to the local flight connections?
国内線の乗り継ぎ場所はどこですか?

・乗り継ぎ時間について知りたい場合

How long is the layover?
乗り継ぎ時間はどれくらいですか?

・乗り継ぎでの遅延があるかどうか知りたい場合

Do you have any information about flight delay?
乗り継ぎでの遅延は予定されていますか?(悪天候などで遅延が予想される場合に)

・乗り継ぎの際の荷物の取り扱いについて知りたい場合

Can you tell me how the checked baggage is going to be handled when we transfer?
別の便に乗り継ぐのですが、荷物はどうなりますか?

Will my baggage be sent through to my final destination?
荷物はそのまま最終目的地へ届きますか?

Where do I need to pick up my baggage?
どこで荷物を受け取ればいいですか?

空港内の案内板にある英語

空港内の案内板のうち、特に覚えておくと便利な英語表記をまとめました。

Transfer/Connection Flights:乗り継ぎ
Domestic:国内線
International:国際線
Departures:出発便
Arrivals:到着便
Boarding Gate:搭乗口
Immigration:入国審査
Baggage Claim:荷物受け取り
Security Check:手荷物検査
Currency Exchange:外貨両替

トランジットとトランスファーの違いを把握しておこう

トランジットとトランスファーは、似たような言葉であるうえに、どちらもいったん着陸するため混同してしまいがちですが、最終目的地へと向かう飛行機が異なるかどうかという点で、大きく意味が変わってきます。それぞれの時間の過ごし方の違いや注意点を押さえたうえで、スムーズな空の旅にしましょう。
また、いざというときに海外でも疑問や不安を解決できるよう、簡単な英語フレーズや表記も覚えておくこともおすすめします。

人気ランキング

もっと見る

海外旅行には 三井住友カードがおすすめ!

  • 01

    現金の紛失・盗難にも
    安心

  • 02

    両替の手間要らずで
    スムーズ

  • 03

    トラベルサポート・保障が
    充実

キャッシュレスプラン キャッシュレスプラン

  • ※ 三井住友カード プラチナプリファードは一部キャンペーンの対象となりませんので必ず詳細ページをご確認ください。
  • ※ 対象カード・適用条件について、お申し込み前に必ず上記バナーよりキャンペーン詳細ページをご確認ください。
  • ※ キャンペーンは予告なく変更・終了することがございます。

関連記事

その他おすすめ記事サイト

[クレカ徹底解説]クレジットカードの仕組みや選び方など必見情報まとめ [クレカ徹底解説]クレジットカードの仕組みや選び方など必見情報まとめ

PAGETOP