Powered by 三井住友カード

  1. 三井住友カード
  2. カードをつくる
  3. ゼロからはじめるクレジットカード
  4. 海外旅行準備・持ち物ガイド タビサポ
  5. 旅行中の豆知識
  6. 初めての海外旅行で盗難被害を防ぐには?おすすめの財布をご紹介

旅行中の豆知識

初めての海外旅行で盗難被害を防ぐには?おすすめの財布をご紹介

初めての海外旅行で盗難被害を防ぐには?おすすめの財布をご紹介

海外では、日本よりもスリやひったくりの被害が多発している国があります。特に、財布が盗まれた場合、その先の旅行が楽しめなくなるのはもちろん、クレジットカードや身分証などを入れていた場合のショックは計り知れません。
そうした被害を防ぐためには、どのような財布を選べば良いのでしょうか?

目次

キャッシュレスプラン キャッシュレスプラン

  • ※ 三井住友カード プラチナプリファードは一部キャンペーンの対象となりませんので必ず詳細ページをご確認ください。
  • ※ 対象カード・適用条件について、お申し込み前に必ず上記バナーよりキャンペーン詳細ページをご確認ください。
  • ※ キャンペーンは予告なく変更・終了することがございます。

おすすめしたい財布のタイプ

海外旅行先で持ち歩く財布は、盗難被害を未然に防げるタイプがおすすめです。では、具体的にどのようなタイプの財布を選べば良いのでしょうか?

ベルトに固定したり、首にぶら下げられたりするタイプ

ちょっと目を離した隙に、バッグの中にあった財布が盗まれてしまうケースは少なくありません。そうした被害を防ぐためにも、ベルトに固定できたり、首からぶら下げられたりするタイプの財布がおすすめです。うっかりどこかに置き忘れるといった被害も防ぐことができます。

ブランドのロゴが入っていないタイプ

ブランドのロゴが入っている財布は高値で売買されるため、スリに目をつけられやすくなります。ひと目で高価だと分かるものは避け、できるだけブランドのロゴが入っていない財布を持ち歩くようにしましょう。

スキミング防止機能を付与したタイプ

財布の中には「RFIDプロテクション素材」など、カードの個人情報を不正なスキミングから防護する特殊素材を使っているタイプがあります。スキミングとは、クレジットカードの情報を不正に入手して悪用する手法のことです。クレジットカードの磁気ストライプから情報のみを読み取り、それを元に作成された偽造カードで不正に引き落としが行われるため、犯罪被害に気付きにくいという側面があります。こうしたスキミング被害を未然に防ぎたい方は、購入を検討してみましょう。

財布を持ち歩く時の注意点

盗難被害に遭わないためには、海外旅行先での行動にも気を付ける必要があります。では、どのような点に注意すればいいのでしょうか?

お金を分散させる

1つの財布に所持金をすべて入れていると、盗まれたときの被害が大きくなります。貴重品や高額紙幣などを入れておくメインの財布、買物用の小額紙幣や小銭を入れるサブの財布、備えとしてスーツケースに入れておく保管用の財布など、いくつか財布を用意しておくのがおすすめです。
万が一、財布を1つ盗まれたとしても、ほかの財布に所持金を分散しておけば、被害を最小限にとどめることができます

事前に必要最低限の物だけを入れておく

普段使っている財布を、そのまま持っていくことはおすすめできません。盗難被害に遭った場合や紛失した場合に、手元に戻ってくる確率は極めて低く、リスクが高すぎます。
また、旅行用の財布を用意したとしても、普段の財布から中身をそのまま移すこともやめましょう。旅行先で必要な分の金銭、クレジットカードなど、最低限の物だけを移すようにしてください。

椅子に荷物を置きっぱなしにしない

日本では、飲食店や電車の席取りのために、自分の荷物を置きっぱなしにすることがあると思います。海外でそうした行動をとると、盗難リスクを高めてしまうので気を付けましょう。
また、ブランドのロゴが入ったバッグなど、高価な物は狙われやすくなります。海外旅行先ではできるだけ持ち歩かないようにしてください。

万が一、財布を盗まれてしまったときの対処法

財布選びや海外旅行先での行動など、さまざまな対策をしても盗難被害に遭ってしまうことがあります。では、旅先でトラブルに遭ってしまったら、どのような機関に相談すればいいでしょうか?

最寄りの警察に相談

財布などが盗まれたら、現地の警察に被害届を提出しましょう。海外旅行傷害保険に加入している場合、補償内容によって盗難被害による損害額が補填されますが、警察に届け出をしていないと保険が下りないケースがあります。最寄りの警察がどこにあるかわからない場合は、滞在先のホテルや各国の大使館のウェブサイトなどを参考に、場所を確認しましょう。

宿泊先やツアー旅行先に相談

旅行会社では、現地にヘルプデスクや24時間対応のコールセンターを用意していることもあります。宿泊先のホテルにも、日本語を話せるスタッフがいることもあるので、該当する場合はすぐに相談してください。

各国の日本大使館に相談

各国の日本大使館では、国際送金サービスを利用して旅行先の国で現金を受け取れるサービスを行っているところがあります。財布にパスポート(旅券)を挟んでいた場合の盗難被害にも対応していますが、紛失一般旅券等届出書や、警察などで受け取れる盗難届出証明書などの提出が必要になります。手続きにも時間がかかりますので注意しましょう。

加入している海外旅行保険の保険会社に連絡

各保険会社では、旅行中の盗難被害などの相談を、電話で24時間受け付けているところがあります。その際、氏名や電話番号のほか、保険証券の番号を聞かれることがあります。答えられるように、手帳に保険証券の番号をメモしておくことをおすすめします。

現金だけでなく、クレジットカードの準備も

海外旅行に行く前に、クレジットカードも用意しておきましょう。現金をたくさん持ち歩く必要がなく、クレジットカードによっては、盗難被害に遭ったときに、損害金額分の補償を受けられる海外旅行保険が付帯されているものもあります。

三井住友カードのVisaブランドカード(キャッシング枠あり)なら、世界200以上の国と地域、200万台以上のATMで現地通貨の引き出しができます
また、世界の主要都市に設置されている「VJデスク」では、パスポートの紛失・盗難などのトラブルにも日本語で対応しています。通常利用ポイントが2倍もつくタイプや、付帯保険が充実しているタイプなど、クレジットカードの種類は豊富なので、自分に合った1枚をお選びいただけます。

盗難被害に遭わないような財布選びを

海外旅行先でトラブルに巻き込まれることは、決して珍しいことではありません。
日本よりも治安が悪い国もありますので、軽率な行動は禁物です。海外旅行前の準備や普段の行動に気を付けて、安全・快適な海外旅行を楽しみましょう。

人気ランキング

もっと見る

海外旅行には 三井住友カードがおすすめ!

  • 01

    現金の紛失・盗難にも
    安心

  • 02

    両替の手間要らずで
    スムーズ

  • 03

    トラベルサポート・保障が
    充実

キャッシュレスプラン キャッシュレスプラン

  • ※ 三井住友カード プラチナプリファードは一部キャンペーンの対象となりませんので必ず詳細ページをご確認ください。
  • ※ 対象カード・適用条件について、お申し込み前に必ず上記バナーよりキャンペーン詳細ページをご確認ください。
  • ※ キャンペーンは予告なく変更・終了することがございます。

関連記事

その他おすすめ記事サイト

[クレカ徹底解説]クレジットカードの仕組みや選び方など必見情報まとめ [クレカ徹底解説]クレジットカードの仕組みや選び方など必見情報まとめ

PAGETOP