あなたのタビをサポートします

三井住友VISAカード

海外へ行くなら
まずはパスポートの用意
必須です

出国・入国以外の場面でも必要 世界で通用する国際的な“身分証明書”

<パスポートとは>

パスポートは日本政府が発行する国際的な身分証明書です。

海外で自分が何者であるか(国籍・氏名・年齢)を具体的に証明するだけでなく、日本国外務大臣の名前で外国政府に渡航者の保護を要請する内容が含まれており、海外においては生命の次に重要な書類です。

<パスポートが必要となる場面>

海外では以下のような場面でパスポートの呈示が求められます。

  • 空港での出入国審査
  • ビザ(査証)の申請
  • 国際線飛行機の予約・搭乗
  • ホテルにチェックインする時
  • 警察官などに身分証明書の呈示を求められた際 など

また、パスポートは日本人であることを証明するため、常に携帯する必要があります。

国によってはパスポートのコピーを携帯すればよい場合もありますが、パスポートの不携帯が処罰の対象となるケースもあるので、事前に渡航先の事情を調べて適切な管理を心がけましょう。

パスポートをお持ちでない方へ

<パスポート申請~受取までの流れ>

申請方法
住民登録をしている都道府県のパスポート申請窓口で申請します。
本人確認書類など必要書類があれば、申請書を代理提出することも可能です。
申請時に必要なもの
  • 一般旅券発給申請書…1通申請窓口で入手可
  • 戸籍謄本(または戸籍抄本)…1通
  • 住民票の写し…1通ただし、省略できる場合があります。
  • 写真…1通
  • 本人確認書類
受取の際に必要なもの
  • 申請時に渡された受理票(受領証)
  • 手数料必要額の収入証紙および収入印紙を受領証に貼布。現金払いの場合もあり。
手数料
  • 【10年間有効(20歳以上)】16,000円(都道府県収入証紙2,000円、収入印紙14,000円)
  • 【5年間有効(12歳以上)】11,000円(都道府県収入証紙2,000円、収入印紙9,000円)
スケジュール
申請から受け取りまでは1週間程度かかります(土・日曜、祝日は除く)。
なお、インターネットでの申請はできません。

パスポートをお持ちの方へ

<必要な残存有効期間の確認を>

パスポートの残存有効期間は、滞在期間や目的によって国ごとに異なりますが、およそ3~6ヵ月間以上必要になることがあります。

有効期間が残り半年を切った場合、さまざまな制限があることを認識しておきましょう。

パスポートの残存有効期間が1年未満の場合は、既存パスポートを返納し、新たにパスポートの発行ができます。

既に有効期限が切れてしまっている場合は、申請に必要な書類と期限切れのパスポートを持って窓口で改めて申請してください。

海外旅行へ行く方に定番のクレジットカードは三井住友VISAカード

  • インターネットでお手続き簡単!最短3営業日で発行!
  • 入会キャンペーン実施中!いまなら最大7,000円キャッシュバック
  • 三井住友VISAカードなら安全・安心・便利!海外でのサポートも充実!

18歳から25歳 限定
初めての1枚

三井住友VISAデビュープラスカード 三井住友VISAデビュープラスカード ロゴ

定番の1枚をお求めの方

三井住友VISAクラシックカード/三井住友VISAクラシックカードA 三井住友VISAクラシックカード/三井住友VISAクラシックカードA ロゴ

女性向け

三井住友VISAアミティエカード 三井住友VISAアミティエカード ロゴ

上質を求める方へ

三井住友VISAゴールドカード 三井住友VISAゴールドカード ロゴ

  • お申し込みの内容によって、3営業日で発行できない場合もございます。
  • 特典を受けるには、一定の条件があります。それぞれのキャンペーンの詳細をご確認ください。
  • 三井住友MasterCardをお申し込みの場合は一部対象となりませんのであらかじめご了承ください。

コラム:海外旅行を10倍楽しくする方法

パスポート管理のコツを旅の達人がアドバイス!

常に“体から離さず携帯”が基本です:カバン選びで盗難防止!便利なパスポート管理法

リュックサックは狙われる可能性大!?

まずは、観光中などに使用するカバン選びから。

リュックサックは手が空き便利ですが、実は視界からはずれた場所で携帯されているため、スリに狙われる可能性が非常に高いのです。

また、手馴れたスリは体に身に付けたカバンだって全開にできる技を持っています。ショルダーバッグなど、カバンはなるべく自分の視界に入るところに身に付けましょう。さらに、内部の内ポケットに大切な現金やパスポートをしまっておけば、さすがのスリも手が届きません。あとはカバンを開けられないために、ファスナーなどの部分を安全ピンなどで留めておくというのも一つの手です。

入り口がぱっかり開いて中身のよく見えるカバンなども海外ではご法度ですよ!

まずは安全なガードの堅いカバン選びをしましょう。

ホテルのセーフティボックスは臨機応変に活用

ホテルにあるセーフティボックスの利用は、人によって意見が分かれるところです。

ビーチなど常に自分で携帯するのが難しい場所へ行く場合、本体はセーフティボックスに入れて、パスポートのコピーを持ち歩くという方法もあります。

目的地によって臨機応変に対応するのがよいでしょう。

なお、ヨーロッパでは身分証明書(パスポート)の携帯が義務付けられています。警察官に呈示を求められた際、コピーは認められていませんので、注意が必要です。

プラスで知っておこう!
最近注目の観光地だけに、プラハではスリ被害が増加中? チェコ共和国の首都・プラハは観光の見所が町の中心部に集結しているため、徒歩で観光する人がほとんど。そんなプラハでは年々スリの被害が増加傾向にあります。 カバンの中に貴重品をしまうところから観察され、後をつけられ、隙をついて貴重品が狙われます。また、公共交通機関の中でも、周りをスリグループに囲まれ、気づかないうちに狙われています。ほとんどの被害者はスリに遭ったことに気づかないほど、巧みに貴重品を盗みます。
特に、写真やビデオを撮っているときや、観光スポットでガイドの話を聞いているときなど、注意が他に向いているときが一番要注意です。
スリから身を守るためには、とにかく貴重品の入ったカバン、特に開放口に常に注意を向けることが必要です。
コラムレポータークレメント ゆみ子
(くれめんと ゆみこ)
2005年からチェコ共和国プラハ在住のコーディネーター・フリーライター・現地ガイド。
日本からの各種メディアの取材・撮影コーディネートからWEB記事の執筆、現地日本語ガイドまで幅広く活動する。
コラムレポーター:クレメント ゆみ子(くれめんと ゆみこ)
  1. 三井住友カード 総合トップ
  2. カードをつくる トップ
  3. ポイントサービスと三井住友カードの魅力
  4. ゼロからはじめるクレジットカード
  5. 海外旅行準備・持ち物ガイド タビサポ
  6. 海外へ行くならまずはパスポートの用意が必須です
MENU CLOSE
MENU
ページトップへ