Powered by 三井住友カード

  1. 三井住友カード
  2. カードをつくる
  3. ゼロからはじめるクレジットカード
  4. 海外旅行準備・持ち物ガイド タビサポ
  5. 旅行の出発準備
  6. パスポートの更新はどのタイミングで行うべき?手続きや注意点

旅行の出発準備

パスポートの更新はどのタイミングで行うべき?手続きや注意点

パスポートの更新はどのタイミングで行うべき?手続きや注意点

パスポートは、訪問先の異国の地で日本国籍であることを証明する、いわば世界共通の身分証明書です。海外旅行をする際には、真っ先に準備しておきたいパスポートですが、有効期限が設けられているため、期限が切れる前に更新しなければ無効となってしまいます。
いざというときのために、パスポートの更新のタイミングや手続き方法などについて知っておきましょう。

目次

キャッシュレスプラン キャッシュレスプラン

  • ※ 三井住友カードプラチナプリファードはキャッシュレスプラン対象外となります。
  • ※ 対象カード・適用条件について、お申し込み前に必ず上記バナーよりキャッシュレスプラン詳細ページをご確認ください。
  • ※ キャッシュレスプランは予告なく変更・終了することがございます。

パスポート更新は、残存有効期間が1年未満になってから

パスポートは、海外旅行をするときに、日本や渡航先での出入国審査で提示する必要があります。また、現地ホテルでのご本人確認やカジノへの入店、アルコールやたばこを購入する際の年齢確認などで、パスポートを使用することがあります。

パスポートは日本語で「一般旅券」といわれ、有効期限は5年と10年の2種類が用意されています。成長による見た目の変化が著しい0歳から20歳未満の未成年者は、5年のパスポートしか発行できませんが、20歳以上になると、5年か10年の好きなほうを選ぶことができます。どちらも5年後、もしくは10年後の発行日同日が有効期限となります。その日までに更新手続きをしなかった場合は無効となり、新規発給として手続きをしなければならなくなります。
そのため、海外旅行の計画が持ち上がった段階で、忘れずに有効期限を確認してほしいのですが、更新できるタイミングは、基本的には残存有効期間(有効期限までの残り期間)が1年未満になってからとなります。

ただし、結婚などで戸籍上の氏名が変わった場合や、本籍の都道府県が変わった場合、就労や留学などで長期滞在を予定しており、渡航前に残存有効期間が不足するとわかっている場合などは、1年以上の猶予があっても更新できます。
更新の際は、更新前のパスポートの残存有効期間は切り捨てられ、新しいパスポートの発行日からカウントされることになります。また、新しいパスポートを受け取るまでは渡航することができませんので、更新のタイミングに注意しましょう。

残存有効期間に注意!

旅行してから帰国するまでは、パスポートの有効期間内でなければいけません。航空券を購入したときはパスポートが有効期間内であっても、渡航中に有効期間が切れてしまうと、そのパスポートは無効となってしまいます。
海外旅行の日程が決まってパスポートの有効期限を確認したら、帰国する日程が残存有効期間内だったとしても、現地のトラブルで有効期限を過ぎてしまう可能性があります。天候不順で航空機が飛ばなくなった、現地でケガをして入院や安静を要したなど、滞在日数が増えるイレギュラーな事態に見舞われた場合に、渡航先でパスポートが無効になるリスクが考えられるのです。そのため、残存有効期間に余裕がない場合は、渡航前に更新を検討することをおすすめします。

なお、渡航先で残存有効期間が1年未満になったときなどは、現地の日本大使館や総領事館で切替え手続きを行うことができます。ただし、不慣れな地で必要書類をそろえるたいへんさがあるうえ、発行までには数日かかり、帰国予定日を過ぎてしまう可能性もありますので、緊急時の対策にとどめておくべきでしょう。
また、入国の条件に、一定以上のパスポートの残存有効期間を設けている国や地域があります。多くは、入国日から3~6ヵ月程度の期間が必要となりますが、残存有効期間に満たないと航空機に搭乗できませんので、旅行自体が土壇場でキャンセルとなってしまうおそれもあります。旅行先の国に残存有効期間の指定があるか、ある場合はどのくらいの期間なのかを事前に確認し、必要であれば更新手続きをしておきましょう。

パスポートの更新ができる場所と必要書類

パスポートを更新する際は、住民登録や居所のある都道府県の申請窓口へ出向いて手続きを行います。その際、必要な書類は次のとおりです。

  • 一般旅券発給申請書(切替え用) 1通
  • 申請日前6ヵ月以内に撮影されたパスポート用写真 1枚
  • 有効中のパスポート

このほか、有効中のパスポートに記載されている氏名や本籍の都道府県などが変更になる場合は、「申請日前6ヵ月以内に発行された戸籍謄本/抄本」1通も必要となります。また、申請窓口で住民基本台帳ネットワークシステムによる情報検索を希望しない場合や、住民登録されている住所ではなく住居がある場所から申請できる居住申請をする場合は、「申請日前6ヵ月以内に発行された住民票の写し」1通も必要となります。

パスポートの申請から発行までは、申請日を1日目として、土日祝日、年末年始を除く平日のみを数えた日数で6~8日ほどのところがほとんどなので、2週間ほどのゆとりを持って申請をしなければ、パスポートが必要な日までに間に合わなくなってしまうおそれがあります。書類の取り寄せや写真撮影などの日程も必要ですし、不備などで発行までの日数が延びることもありますので、海外旅行が決まったらすぐに有効期限を確認し、更新が必要な場合はできるだけ早めに申請したほうが安心です。

パスポートの代理申請について

パスポートは、代理申請することもできます。代理人による申請書提出にあたっては、提出者を証明する確認書類も必要となります。申請書はご本人が記入しなければならない項目もあるため、必ずご本人が記入して、必要書類とともに申請窓口へ提出してもらいましょう。
パスポート申請書には「申請書類等提出委任申出書」が印刷されています。代理申請ではこちらに必要事項を記入します。申請書類等提出委任申出書は、申請者記入欄と引受人記入欄に分かれていますので、それぞれ記入しておきましょう。
ただし、パスポート取得の目的によっては、申請書の代理人提出が認められない場合もありますので注意してください。

新しいパスポートの受け取りで必要なもの

パスポートは公文書なので、新しいパスポートが受け取れるのは、何歳であってもご本人のみとなります。受け取りの際は、申請を受理された際に渡される「旅券引換書」と「手数料」が必要です。
手数料は、指定された金額の収入印紙を購入し、台紙に貼って、各都道府県のパスポートセンター窓口へ提出します。収入印紙は、パスポートセンター内にある販売所のほか、郵便局で販売しています。受け取り窓口へ向かう前に準備しておきましょう。

パスポート申請の手数料

横にスライドしてください

※申請時に12歳未満の場合は、都道府県収入証紙2,000円と収入印紙4,000円が必要
旅券の種類 都道府県収入証紙 収入印紙
10年間有効パスポート 2,000円 14,000円 16,000円
5年間有効パスポート 2,000円 9,000円 11,000円

なお、新しいパスポートは、発行から6ヵ月以内に受け取らなければ失効してしまいます。発行日を迎えたら早めに受け取りましょう。

パスポートの更新時に気を付けたいこと

更新後のパスポートは旅券番号が変わるため、更新前のパスポートで旅行予約をした場合は、新しい旅券番号を旅行会社などに伝えなければなりません。氏名の変更が伴った場合などは、タイミングによっては予約自体が取り消しになったり、再度予約が必要になったりすることもありますので、できるだけ早く手続きを始めるのが望ましいでしょう。
ただし、ゴールデンウィークや夏休み、年末年始などの大型連休を控えた時期は、窓口が非常に混み合い、待ち時間だけでかなりの時間を要します。受付時間に余裕を持って向かうことはもちろん、渡航までにゆとりがあるなら、できるだけ混雑しない時期を選んで申請するといった工夫をするといいでしょう。

更新を怠らずに海外旅行を楽しもう!

日本のパスポートは、入国許可書となるビザなしで渡航できる国や地域が、およそ190ヵ国あります。2019年には査証欄のデザインが一新され、葛飾北斎の富嶽三十六景が描かれることも決まっています。
世界からも注目されているパスポートとともに、各国で素敵な思い出を残すためにも、ゆとりを持って更新手続きを行ってください。

人気ランキング

もっと見る

海外旅行には 三井住友カードがおすすめ!

  • 01

    現金の紛失・盗難にも
    安心

  • 02

    両替の手間要らずで
    スムーズ

  • 03

    トラベルサポート・保障が
    充実

キャッシュレスプラン キャッシュレスプラン

  • ※ 三井住友カードプラチナプリファードはキャッシュレスプラン対象外となります。
  • ※ 対象カード・適用条件について、お申し込み前に必ず上記バナーよりキャッシュレスプラン詳細ページをご確認ください。
  • ※ キャッシュレスプランは予告なく変更・終了することがございます。

関連記事

その他おすすめ記事サイト

[クレカ徹底解説]クレジットカードの仕組みや選び方など必見情報まとめ [クレカ徹底解説]クレジットカードの仕組みや選び方など必見情報まとめ

PAGETOP