Powered by 三井住友カード

  1. 三井住友カード
  2. カードをつくる
  3. ゼロからはじめるクレジットカード
  4. 海外旅行準備・持ち物ガイド タビサポ
  5. 旅行の出発準備
  6. セキュリティポーチとは?海外旅行の必須アイテムを選ぶポイント

旅行の出発準備

セキュリティポーチとは?海外旅行の必須アイテムを選ぶポイント

セキュリティポーチとは?海外旅行の必須アイテムを選ぶポイント

日頃、安全性の高い国で過ごしている日本人にとっては、海外旅行中に「まさか」と思うようなシーンで、盗難などの被害に遭うことがあります。そのため、万が一に備えて、パスポートや現金などの大切な物を安全に保管できる「セキュリティポーチ」の利用を検討してみてください。
ここでは、セキュリティポーチの機能や選び方についてご紹介します。

目次

キャッシュレスプラン キャッシュレスプラン

  • ※ 三井住友カード プラチナプリファードは一部キャンペーンの対象となりませんので必ず詳細ページをご確認ください。
  • ※ 対象カード・適用条件について、お申し込み前に必ず上記バナーよりキャンペーン詳細ページをご確認ください。
  • ※ キャンペーンは予告なく変更・終了することがございます。

貴重品などを入れるセキュリティポーチ

セキュリティポーチは、貴重品などの大切な物を守ってくれる入れ物のことです。首から下げるタイプや腰に巻き付けるタイプがありますが、どちらも衣服の下に着用することで、盗まれる心配なく貴重品を携帯できます。
さらには、クレジットカード情報を盗む「スキミング」を防止する機能がついたセキュリティポーチもあります。

セキュリティポーチはなぜ必要?

日本で暮らしていると、財布だけを手に持って歩いたり、フードコートなどでカバンを置いて一瞬席を離れたりしても盗まれる心配はそれほどありません。しかし、海外ではひったくりや置き引きなどが常態化している場所もあり、海外旅行者は犯罪者の格好のターゲットになってしまいます。

また、「鍵付きだから」と安心して、ホテルの部屋のスーツケースに保管しておいても、不在のあいだにホテルのスタッフなどが侵入し、スーツケースの鍵ごと壊されて盗まれるケースもあります。比較的治安がいいとされる国であっても、油断は禁物です。
そのため海外では、貴重品は肌身離さず持ち歩き、自分で守ることが鉄則です。特に、パスポートや財布、クレジットカードなどは、絶対に盗まれないように管理しなければなりません。とはいえ、常に貴重品の安全ばかりを気にしていたら、観光どころではなくなってしまいます。そこで、衣服の下に隠して携帯できるセキュリティポーチに貴重品を保管することで、窃盗犯などに狙われるリスクを減らし、安心して海外旅行を楽しめるようになるのです。

セキュリティポーチに入れておきたい物は?

安全性が高いとなると、ついあれもこれもとセキュリティポーチに入れたくなりますが、物を出し入れする頻度は極力抑えたいところです。出し入れする度にセキュリティポーチを出さなければならなくなり、セキュリティ上の安全性も下がってしまいます。
では、実際にはどのような物を入れておけばいいのでしょうか。セキュリティポーチでの保管がおすすめの物は次のとおりです。

パスポート

旅先で自分の身分を証明するパスポートは、帰国にも必要な物だけに、「海外旅行で絶対になくしてはならない物ナンバー1」といっても過言ではありません。提示する機会がないなら、必ずセキュリティポーチに入れておきましょう。

パスポートのコピー

パスポートを提示する可能性がある場合は、その都度セキュリティポーチを開け閉めするのは安全面からも好ましくないので、パスポートは別に携帯するようになると思います。そんなときは紛失に備えて、セキュリティポーチにパスポートのコピーを入れておきましょう。コピーがあれば、パスポートの再発行を行うときなどにも便利です。

現金とクレジットカード

万が一、ひったくりなどに遭って財布がなくなったときに、財布とは別にクレジットカードや現金を持っていれば、電話をかけたり、タクシーや公共の交通機関を利用して、ホテルや警察までスムーズに移動できたりします。クレジットカードに対応していないケースも考えられるので、現金も必ず入れておきましょう。

各所の連絡先

緊急時の連絡先を一覧にまとめておくと、盗難被害に遭った、迷子になったといった場合でも、慌てることなく対処できます。クレジットカード紛失時などの緊急時連絡先や宿泊先のホテルの住所と連絡先、ツアーの場合はツアー会社や担当者の氏名、連絡先などを控えておくと安心です。

旅行に関するデータ

デジタル化が進み、航空券やホテル、現地ツアーなどの予約もインターネットで行えるようになりました。そのため、スマートフォンで必要なデータを持ち歩いている人も多いことでしょう。
そのような場合、もしスマートフォン自体が盗まれてしまったら、何もわからなくなってしまうおそれがあります。そこで、予約番号を控えておいたり、必要なデータをプリントアウトしたりして、セキュリティポーチに保管しておくことをおすすめします。

日本で使用した交通系ICカードや鍵

自宅を出るときに戸締りをした鍵や、日本で空港に行くまでに使用した交通系ICカードなども、なくしたら困る貴重品のひとつです。
旅行中はスーツケースに入れっぱなしという人も多いようですが、盗難などに備えて、セキュリティポーチで携帯しておくと安心です。

種類別・セキュリティポーチのメリット・デメリット

セキュリティポーチは、おもに首から下げるタイプと腰に巻くタイプの2種類があります。それぞれのメリットとデメリットを知り、選ぶときの参考にしましょう。

首から下げるタイプ

首から下げるタイプのセキュリティポーチのメリット・デメリットには、以下のようなものがあります。

メリット

  • 出し入れがしやすいので、必要になったときにも使い勝手がいい
  • ひもの長さを調節できれば、首から下げるほか、斜め掛けにもできる

デメリット

  • 長時間だと首が疲れる
  • 薄着だと着けていることがわかりやすい

腰に巻くタイプ

首から下げるタイプのセキュリティポーチには、以下のようなメリット・デメリットがあります。

メリット

  • 薄着でも着けているのがわかりにくい
  • ズボンの下、ベルトあたりの位置に装着すれば、安全性が一層高まる

デメリット

  • ズボンがきつくなったり、スカートだと知らないうちに抜け落ちていたりする可能性がある
  • お手洗いのときに邪魔になりやすい

安心して旅行を楽しむためにセキュリティポーチを利用しよう

貴重品がひとつにまとまっていれば、食事などでホテル内を移動するときにも便利ですし、衣服の下に着けるセキュリティポーチなら、身軽に動くこともできます。
安心して海外旅行を楽しむためにも、セキュリティポーチの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

人気ランキング

もっと見る

海外旅行には 三井住友カードがおすすめ!

  • 01

    現金の紛失・盗難にも
    安心

  • 02

    両替の手間要らずで
    スムーズ

  • 03

    トラベルサポート・保障が
    充実

キャッシュレスプラン キャッシュレスプラン

  • ※ 三井住友カード プラチナプリファードは一部キャンペーンの対象となりませんので必ず詳細ページをご確認ください。
  • ※ 対象カード・適用条件について、お申し込み前に必ず上記バナーよりキャンペーン詳細ページをご確認ください。
  • ※ キャンペーンは予告なく変更・終了することがございます。

関連記事

その他おすすめ記事サイト

[クレカ徹底解説]クレジットカードの仕組みや選び方など必見情報まとめ [クレカ徹底解説]クレジットカードの仕組みや選び方など必見情報まとめ

PAGETOP