Powered by 三井住友カード

  1. 三井住友カード
  2. カードをつくる
  3. ゼロからはじめるクレジットカード
  4. 海外旅行準備・持ち物ガイド タビサポ
  5. 旅行の出発準備
  6. トランジットとは?トランスファーとの違いや注意点を解説

旅行の出発準備

トランジットとは?トランスファーとの違いや注意点を解説

トランジットとは?トランスファーとの違いや注意点を解説

海外旅行を計画中などに、トランジットという言葉を聞いたことはありませんか。トランスファーと混合されやすい言葉ですが、その違いや注意点について詳しく解説します。

目次

キャッシュレスプラン キャッシュレスプラン

  • ※ 三井住友カード プラチナプリファードは一部キャンペーンの対象となりませんので必ず詳細ページをご確認ください。
  • ※ 対象カード・適用条件について、お申し込み前に必ず上記バナーよりキャンペーン詳細ページをご確認ください。
  • ※ キャンペーンは予告なく変更・終了することがございます。

トランジットってどういう意味?

トランジット(Transit)とは、飛行機の乗り継ぎをするために、経由地の空港に一時的に立ち寄ることを指します。安く航空券を購入した場合はトランジットが多くなるため、場合によっては経由地でかなり待たされることがあります。

トランスファーとの違いは?

トランジットと似たような言葉に、「トランスファー」があります。トランジットの場合は燃料や食糧を補給するために経由地に寄るだけなので、再び同じ飛行機に乗ります。トランスファーの場合は、経由地で飛行機を乗り換えることになります。

そのほか、トランジットと同じような使い方をする言葉として、「ストップオーバー」という単語も存在します。トランジットは経由地での滞在時間が24時間以内の場合を指しますが、待ち時間がそれ以上になるとストップオーバーと言い換えられます。トランジットは一時的な立ち寄りですが、ストップオーバーの場合は途中降機と見なされるため、航空券に別料金が発生することが多いので確認しましょう。

トランジット・トランスファーの時間をどう過ごす?

経由地に到着して次の飛行機を待っているあいだ、どのような時間を過ごすかも旅の醍醐味です。ここでは、経由地での過ごし方について、おすすめの方法をご紹介します。

空港内で過ごす

トランジットで次の飛行機を待っているあいだ、経由先の空港で過ごすことができます。各国の食材を使った料理を楽しんだり、免税店でショッピングができたりしますので、目的地に着くまでにちょっとした観光気分を味わえます。
また、空港によってはエステサロンや仮眠のとれる休憩室などもありますので、長期間のフライトに疲れた人は利用を検討してみましょう。

経由地に入国して観光する

次の飛行機の搭乗時間までかなり時間が空く場合は、空港を出て経由地を観光するのもおすすめです。入国審査を受けて問題がなければ現地で観光を楽しめますが、国によっては入国するためにビザが必要になることもあります。トランジット中に経由地での観光を考えているならば、ビザが必要になるか事前に確認しておきましょう。

もし、「経由地に詳しくない」「自分一人で観光をするのは不安」ということであれば、各航空会社が主催しているツアーに参加するのもおすすめです。専用バスが用意されていたり、ショッピングエリアを回れたりとさまざまなプランがありますので、お気に入りのツアーを探してみましょう。

トランジット・トランスファーの注意点

海外旅行でトランジットが発生した場合、どのような点に注意すればいいのか確認していきましょう。

経由地でのやりとりを確認する

経由地に着いたとき、トランジットは離陸時に再び同じ飛行機に乗ることになります。次に飛行機に乗るまでの時間は、離陸までのあいだを機内で待つ場合と、空港のトランジットルームなどを利用する場合の、いずれかの方法がとられます。トランジットルームを利用する場合は機内で清掃が行われるため、機外に出る前に荷物を頭上の荷物入れに入れ、パスポートなどの貴重品は持ち歩くようにしましょう。

トランスファーの場合は違う飛行機に乗り換えるため、空港やターミナル間の移動が必要になることがあります。慌てないためにも、どのように乗り換えるのか、空港の搭乗カウンターなどでスタッフに確認しておきましょう。

新たに航空券の発券が必要な場合もある

トランジットの場合は、到着時と同じ飛行機を使いますが、トランスファーの場合はそうではありません。飛行機次第では新たな搭乗券を提示する必要がありますので、うっかりミスをしないようにご注意ください。

提示する搭乗券は、最初に飛行機に乗った空港か、トランジット先の空港で該当の搭乗券が手に入ります。海外旅行にあまり慣れてない人は、出発前にチェックインカウンターで搭乗券の受け取り方法を確認するなど、事前に調べておくことをおすすめします。

荷物の預け直しはケースバイケース

経由地に着いたとき、気になるのが荷物の預け直しです。国際線において、到着時と同じ航空会社の飛行機を利用する場合は、荷物を預け直す必要はありません。別の航空会社の飛行機に乗り換える場合は、荷物の預け直しが必要になります。
その際は、乗り継ぎ先の空港でいったん荷物を受け取り、次に搭乗する飛行機の航空会社専用カウンターで搭乗券を提示して預け直しを行ってください。

経由地での買い物は注意が必要

トランジットやトランスファーの待ち時間を利用して、「空港でショッピングをしよう」と考える人もいるでしょう。乗り継ぎ先の空港には多くの場所に免税店がありますので、さまざまな商品を購入することが可能です。
ただし、空港内で購入した物はすべて機内持ち込みとなるため、液体などの重量制限がある物は量などに注意しなくてはなりません。「化粧水を購入したのに持ち込めなかった」ということがないよう、事前に持ち込み可能な量を確認しておきましょう。

現地の時間に時計を調整する

経由地に着いたら、搭乗時間に遅れないためにも腕時計の時間を現地時刻に設定し直しましょう。ほとんどのスマートフォンの場合は、さまざまな国の時間を表示できるほか、日付と時刻の自動設定をしておくと、現地で携帯回線がつながったときに自動的に時刻を更新してくれます。

乗り継ぎ口は早めに確認する

経由地の空港に着いたら、乗り継ぎ口を確認するようにしてください。「Flight Connection」「Transfer」など、空港内の案内版に従って移動すれば、目的の乗り継ぎ口までたどり着けます。
もし、飛行機に乗り遅れてしまった場合は、改めて航空券を買わなくてはならない可能性がありますので、早めに乗り継ぎ口を確認しておきましょう。

トランジットで立ち寄りたい空港

経由地で次の飛行機を待っているあいだは、空港で過ごすことになります。あるいは、空港周辺の観光地を巡る、トランジットツアーが用意されていることがあります。
では、トランジット先の空港にはどのような場所があるのか、また、トランジットツアーはどのような内容なのか、一部の空港を例にご紹介します。

チャンギ国際空港(シンガポール)

昔から中継貿易の拠点として栄えてきたシンガポールでは、市内にあるチャンギ国際空港でトランジットツアーが組まれています。マーライオンとの記念撮影やチャイナタウン観光などができるほか、シンガポールの夜景を一望できるツアーが組まれていることもあるので、気になる人は申し込みを検討してみましょう。

イスタンブール空港(トルコ)

ヨーロッパや中東方面へのトランジット先の空港として、トルコのイスタンブール空港がよく使われます。ターキッシュ エアラインズでは無料トランジットツアーがあり、ボスポラス海峡を眺めたり、おいしいトルコ料理を堪能したりすることができます。

マッカラン国際空港(ラスベガス)

エンターテインメントの宝庫として知られているラスベガスですが、ここにあるマッカラン国際空港は、トランジット先に指定されやすい空港です。空港内にはスロットマシンなどがありますので、ちょっとした刺激を味わいたいときは、ぜひチャレンジしてみましょう。

トランジットを有効活用して海外旅行をもっと楽しく

トランジットは、ただの無駄な時間だと思うのではなく、その時間も楽しんでみようと思考を転換してみるといいでしょう。目的地に着くまでのあいだ、さまざまなグルメや街の様子を堪能することで、海外での思い出をさらに色濃くすることができます。
次の飛行機に搭乗するまでのあいだ、ゆったりとした時間を過ごし、旅をより魅力的なものにしてください。

人気ランキング

もっと見る

海外旅行には 三井住友カードがおすすめ!

  • 01

    現金の紛失・盗難にも
    安心

  • 02

    両替の手間要らずで
    スムーズ

  • 03

    トラベルサポート・保障が
    充実

キャッシュレスプラン キャッシュレスプラン

  • ※ 三井住友カード プラチナプリファードは一部キャンペーンの対象となりませんので必ず詳細ページをご確認ください。
  • ※ 対象カード・適用条件について、お申し込み前に必ず上記バナーよりキャンペーン詳細ページをご確認ください。
  • ※ キャンペーンは予告なく変更・終了することがございます。

関連記事

その他おすすめ記事サイト

[クレカ徹底解説]クレジットカードの仕組みや選び方など必見情報まとめ [クレカ徹底解説]クレジットカードの仕組みや選び方など必見情報まとめ

PAGETOP