Powered by 三井住友カード

  1. 三井住友カード
  2. カードをつくる
  3. ゼロからはじめるクレジットカード
  4. 海外旅行準備・持ち物ガイド タビサポ
  5. 旅行の出発準備
  6. パスポート用写真の規格・サイズとは?服装など撮影時の注意点を紹介

旅行の出発準備

パスポート用写真の規格・サイズとは?服装など撮影時の注意点を紹介

パスポート用写真の規格・サイズとは?服装など撮影時の注意点を紹介

パスポート申請には顔写真が必要ですが、パスポート用写真の規格は、国際標準に基づいて定められています。パスポートの申請手続きや渡航先での出入国審査をスムーズに行うためにも、規格に準拠する適正な写真を用意しなくてはなりません。
そこで今回は、パスポート用写真の撮り方や規格、撮り直しを防ぐためのポイントなどについてご紹介します。

目次

キャッシュレスプラン キャッシュレスプラン

  • ※ 三井住友カード プラチナプリファードは一部キャンペーンの対象となりませんので必ず詳細ページをご確認ください。
  • ※ 対象カード・適用条件について、お申し込み前に必ず上記バナーよりキャンペーン詳細ページをご確認ください。
  • ※ キャンペーンは予告なく変更・終了することがございます。

パスポート用写真の入手は?

パスポートの写真を用意するにあたって、日本国内では次のような場所や方法で撮影することができます。

<パスポート写真の入手・撮影方法>

  • 写真館で撮影してもらう
  • スピード証明写真機を利用する
  • 写真データをコンビニの複合機で印刷する
  • スマートフォンの写真アプリを利用して撮影し、プリントする

なお、写真館であればプロのアドバイスを受けつつ撮影してもらうことができますが、それ以外の場合は、写真のサイズや身だしなみなどについて、自己責任となるため注意が必要です。

なお、写真館の利用や写真用品店などでプリントする場合は、クレジットカードがあれば、スムーズに支払いを済ませることもできるでしょう。

あわせて読みたい
クレジットカードでお得なポイントや特典を利用する方法

パスポート用写真の規格

続いては、パスポート用写真を用意するにあたって、確認しておきたい規格について見ていきましょう。

<パスポート用写真の規格など>

  • 申請者ご本人のみを撮影したもの
  • 6ヵ月以内に撮影したもの
  • 正面、無帽(ヘアバンドも不可)、無背景であること
  • 縦45mm×横35mm(フチなし)
  • カラーでも白黒でも可
  • 鮮明であること(焦点が合っていること)
  • 明るさやコントラストが適切であること
  • 影のないもの
  • 顔の縦の長さは写真縦の70~80%(34±2mm)であること
  • 背景と人物の境目がはっきりしていること
  • 眼鏡のレンズに光が反射していないこと
  • 平常の表情と大きく異ならないもの(例えば、口を開き歯が必要以上に見えているものは不可)
  • 前髪などにより、目などの顔の器官や輪郭が隠れていないこと
  • 変色しておらず、傷や汚れのないもの
  • デジタル写真の場合、ジャギー(階段状のギザギザ模様)がないもの
  • デジタル写真の場合、写真専用紙などを使用し、画質が適切であること
パスポート用写真の規格

また、パスポート申請が通らない可能性のある、不適当な写真についても確認しておきましょう。
以下のものに該当する写真を提出した場合、撮り直しとなる可能性が高くなります。

<パスポート申請に不適当な写真>

  • 写真の規格が指定の各寸法を満たしていない
  • 顔が横向きまたは左右に傾いているもの
  • サングラスやマスクを着用しているもの
  • ヘアバンドなどで頭部が隠れているもの
  • 照明の反射などで顔面の白色が強いもの
  • 椅子などの背景があるもの
  • 眼鏡のフレームや照明の反射が顔や目にかかっているもの
  • 極端に笑っているなど、平常の表情と大きく異なるもの
  • 前髪で目元が隠れているもの
  • カラーコンタクトなどで実際の目の色と異なるもの
  • 汚れや傷があるもの

パスポート申請用写真の規格については、外務省の以下ホームページにも詳しく記載されています。

パスポート申請用写真の規格
別ウインドウで外務省のウェブサイトへ遷移します。

パスポート用写真を自分で撮る際の注意点

パスポート用写真を撮影するにあたって、背景色やカラーコンタクトレンズの使用などについて、いくつか注意すべきポイントがあります。ここでは、外務省の「パスポート申請用写真の規格」にも記載されている、パスポート用写真に関してよくある質問と、その回答をいくつかご紹介します。

背景色は?

背景色は、淡い色の無地(均一)の場所で、撮影するようにしてください。グラデーションや柄、物などが背景に映り込んだ写真は使用できないため注意しましょう。

乳幼児などを撮影する場合は?

椅子に座れない乳幼児などの場合は、淡い色で無地のシーツなどに寝かせた上から撮影しても問題ありません。

スピード写真で撮影する際の注意点

パスポート用の写真撮影には、スピード写真を利用する方も多いのではないでしょうか。スピード写真で撮影する場合は、写真館などでの撮影とは異なり、規格を満たしているか自分で確認しなくてはならないため、注意が必要です。
ここでは、スピード写真で撮影する場合の注意点について見ていきましょう。

身だしなみや表情について

撮影時の身だしなみは、できるだけ清潔感があるといいでしょう。前髪や眼鏡の縁などで目元や顔の輪郭が隠れていないか、ヘアバンドなどで頭髪が隠れていないか確認します。
また、撮影の際の表情は、平常時の顔となるべく同じであることが望ましいです。口を開けたり、大きく笑ったりする必要はありません。

服装について

パスポート用写真に、服装に関するルールや指定はありません。パスポート用写真の規格では顔の割合が大きいため、服装はほとんど写らないことが多いでしょう。
ただし、顔の輪郭や背景との境目を明確に見せるためにも、服装にはいくつか注意点があります。写真で血色を良く見せるための服装のポイントと、併せて見ていきましょう。

・顔の輪郭を隠さないパスポートのICチップ内の画像で顔認証をする際には、目、鼻、口の位置や輪郭が照合されるため、ハイネックなどの輪郭が隠れてしまう服は避けましょう。

・背景と服の色に注意パスポート用写真の規格には、「背景と人物の境目がはっきりしていること」という項目があります。そのため、背景色と着ている服の色が同じ色や似た色にならないよう、注意しましょう。
背景に使われがちな色は、白、グレー、水色などです。撮影時は、こうした色合いの服装は避けることをおすすめします。
写真館では、パスポート写真や証明写真を撮影するにあたって、「白い襟に紺のジャケット」を推奨しているところもあります。

・血色を良く見せる服装のポイント証明写真で顔色を良く見せるためには、背景色との相性を考慮することがポイントです。
例えば、背景色が白の場合、服装も白やベージュでは顔色が悪く写ってしまいます。白やベージュの服で撮影したいのであれば、背景が水色で撮影できる場所を探してみるといいでしょう。
また、黒やネイビーなどの暗くはっきりした色の服の場合は、顔周りを明るく見せるシャツと組み合わせたり、襟元を鎖骨まで開けたりすることで、顔色を良く見せることができます。

パスポートは、1度発行すると5年または10年と長く使うため、顔写真も納得のいくものを用意したいところです。規格はもちろん、服装と背景色の相性なども考慮して撮影に臨むことをおすすめします。

髪型について

パスポート用写真の髪型についても、服装と同様に特に規定はありません。髪の色も自由です。
ただし、ICチップ内の画像を使った顔認証では、目、鼻、口の位置や輪郭が照合されるため、これらのパーツを隠すような髪型は避ける必要があります。
例えば、前髪やサイドの髪が、目や鼻、口にかかっているような写真はNGです。頬や顎に髪がかかり、輪郭が隠れてしまうヘアスタイルも避けましょう。また、ヘアバンドやウィッグの着用もNGです。

サイズについて

パスポート用規格のサイズは、「パスポート用(フチなし・縦45mm×横35mm)」の撮影メニューを選びます。顔の縦の長さは「写真の70~80%」と規格があるので、範囲内となるように合わせましょう。

背景色や眼鏡の反射など

写真機によって回数は異なりますが、スピード写真では再撮影ができます。1回の撮影ごとに、写りを確認してください。画質が鮮明であること、目や輪郭が隠れていないこと、背景と服装の色が同じではないこと、明るさやコントラストが適切であること、眼鏡のレンズに光が反射していないことなどをチェックしましょう。

写真館で撮影すると安心

スピード写真よりも費用はかかりますが、プロのカメラマンによる撮影で、規格どおりになっているか確認してもらえる写真館で撮影すれば安心です。その場で撮り直しが可能な写真館も多く、10分程度と短時間で済むことがほとんどです。
また、パスポートは同じ写真を5~10年使用するため、納得のいく写真を用意したい人にもおすすめです。

パスポートは電子申請とクレジットカード決済が可能に?

パスポートは電子申請とクレジットカード決済が可能に?

パスポートを申請するにあたって、現在は窓口に申請書や戸籍謄本、顔写真を提出する必要があります。
しかし、外務省では、2020年9月に「2022年度中には、パソコンやスマートフォンから必要項目を入力する電子申請を開始する方針」であると発表しました。
電子申請にあたっての身分確認の方法は、マイナンバーカードの利用などが検討されています。
また、現在は収入証紙などで支払っているパスポートの発行手数料も、クレジットカード決済が可能になる可能性が高いようです。

決済におすすめのクレジットカード

最後に、パスポート用写真の撮影や、パスポートの電子申請とクレジットカード決済が可能になった場合に、発行手数料などの支払いに利用できる三井住友カードのクレジットカードについてまとめました。

■おすすめの三井住友カード

横にスライドしてください

カード名

三井住友カード
(NL)

三井住友カード(NL)

お申し込みはこちら

三井住友カード
プライムゴールド

三井住友カード プライムゴールド

お申し込みはこちら

三井住友カード
ゴールド

三井住友カード ゴールド

お申し込みはこちら

三井住友カード
プラチナプリファード

三井住友カード プラチナプリファード

お申し込みはこちら

三井住友カード
プラチナ

三井住友カード プラチナ

お申し込みはこちら

初年度年会費 無料 無料 インターネット入会で無料 33,000円(税込) 55,000円(税込)
翌年度以降年会費 永年無料 5,500円(税込)
条件により1,650円(税込)まで割引
11,000円(税込)
条件により4,400円(税込)まで割引
33,000円(税込) 55,000円(税込)
条件により53,900円(税込)まで割引
旅行傷害保険 最高2,000万円(海外)
※旅行代金などにおける当該カードでの決済有無で補償額は変わります
最高5,000万円(海外・国内)
※旅行代金などにおける当該カードでの決済有無で補償額は変わります
最高5,000万円(海外・国内)
※旅行代金などにおける当該カードでの決済有無で補償額は変わります
最高5,000万円(海外・国内)
※旅行代金などにおける当該カードでの決済有無で補償額は変わります
最高1億円(海外・国内)
ポイント還元 200円(税込)=1ポイント貯まる 200円(税込)=1ポイント貯まる 200円(税込)=1ポイント貯まる 100円(税込)=1ポイント貯まる 200円(税込)=1ポイント貯まる
入会資格 満18歳以上の方
(高校生は除く)
満20歳以上30歳未満安定継続収入のある方 原則満30歳以上安定継続収入のある方 原則満20歳以上安定継続収入のある方
(学生は除く)
原則満30歳以上安定継続収入のある方
(学生は除く)

三井住友カードなら即時発行も可能!

「すぐにクレジットカードが欲しい」という場合は、即時発行をすることができるクレジットカードがおすすめです。
三井住友カードなら、お申し込みが完了してから最短5分でクレジットカードが発行される、「即時発行」に対応しています。即時発行では審査完了後、電話認証によりご本人確認を行った後、翌営業日にクレジットカードが配送され、ご自宅に届きます。

最短5分で審査が完了されない場合があります。

三井住友カードでは現在クレジットカードの店舗受け取りは行っておりません。

即時発行 最短5分! カードの到着を待たずに今すぐ使える!

パスポート用写真は、必ず規格の確認をしよう

近年、パスポートはICチップ化し、出入国審査の際は、ICチップ内の顔の画像と顔認証ゲートによる顔認識機能でご本人確認を行っています。パスポートの写真は、これまで以上にご本人であることの自明さが求められているのです。
パスポート申請の際に提出する写真は、必ず規格どおりになっているか、事前に確認することをおすすめします。万が一撮り直しとなってしまったときのためにも、余裕のあるスケジュールでパスポート申請を行うようにしましょう。

2021年2月時点の情報なので、最新の情報ではない可能性があります。

人気ランキング

もっと見る

海外旅行には 三井住友カードがおすすめ!

  • 01

    現金の紛失・盗難にも
    安心

  • 02

    両替の手間要らずで
    スムーズ

  • 03

    トラベルサポート・保障が
    充実

三井住友カードなら最短5分(※)で即時発行!
カードの到着を待たずにすぐ使える!

  • ※各カード詳細ページからは即時発行でのお申し込みはできません。即時発行をご希望の方は、こちらのページの「即時発行お申し込み」のボタンからお申し込みください。
  • ※即時発行お申し込みの際は、お申し込み前に必ず「即時発行に関する注意事項」をご確認ください。

キャッシュレスプラン キャッシュレスプラン

  • ※ 三井住友カード プラチナプリファードは一部キャンペーンの対象となりませんので必ず詳細ページをご確認ください。
  • ※ 対象カード・適用条件について、お申し込み前に必ず上記バナーよりキャンペーン詳細ページをご確認ください。
  • ※ キャンペーンは予告なく変更・終了することがございます。

即時発行について

≪受付・審査時間について≫
  • ・即時発行は9:00~19:30までにお申し込みされたものが対象となります。
  • ・上記時間外にお申し込みされた場合は、翌日9時以降に審査を開始します。優先的に審査が行われるわけではございませんのでご注意ください。
≪お申し込みついて≫
  • ・追加カードはiDの一体型のみ同時申込できます。(ETC・PiTaPa・家族・iD(専用・携帯型)は対象となりません)
  • ・即時発行をすでにご利用いただいたことのある方は2枚目のお申し込みはできません。
  • ・ご入会には、通話可能な電話番号をご用意ください。
  • ・IP電話ではカード番号表示に必要な電話認証はできません。
≪カード情報のご確認について≫
  • ・Web上でカード番号を確認できる期間は1ヵ月間となっております。終了後につきましては、お申し込みから1週間程度で送付されるカードをご利用ください。
≪送付するカードについて≫
  • ・ご入会後、カードをお届けしますが、お受け取りにならず弊社に返送された場合は、一定期間経過後にご解約となりカードがご利用いただけなくなりますので、必ずお受け取りいただきますようお願いいたします。
※以下に該当する場合は即時発行することはできません。
  • ・お客さまがカード引落口座として設定した金融機関が対象とならない金融機関の場合
    インターネットで引落し口座の設定可能な金融機関
  • ・各金融機関にて口座設定をする際に、通信トラブルなどによって設定が完了できなかった場合
  • ・各銀行のウェブサイトがメンテナンス中の場合
  • ・キャッシングのご利用枠をご希望の方で、お申し込みの際にキャッシングのご契約内容をインターネット上で確認・保存されない場合
  • ・お客さまのお申し込みに不備などがあった場合
  • ・お客さまが19:30以降にカード発行のお申し込みを弊社に行った場合
  • ・カードのお申し込みが集中した場合
  • 外国の政府などにおいて、重要な地位を占める方
  • ・事業でお使いになることを目的とした方
  • ・ご職業が複数ある方
  • ・個人事業主の方

関連記事

その他おすすめ記事サイト

[クレカ徹底解説]クレジットカードの仕組みや選び方など必見情報まとめ [クレカ徹底解説]クレジットカードの仕組みや選び方など必見情報まとめ

PAGETOP