Powered by 三井住友カード

  1. 三井住友カード
  2. カードをつくる
  3. ゼロからはじめるクレジットカード
  4. 海外旅行準備・持ち物ガイド タビサポ
  5. 旅行の出発準備
  6. 海外旅行に運転免許証は必要?国際免許証の取得方法

旅行の出発準備

海外旅行に運転免許証は必要?国際免許証の取得方法

海外旅行に運転免許証は必要?国際免許証の取得方法

海外旅行中は、車を運転する予定がなければ運転免許証の携帯は必要ないと考える人もいるのではないでしょうか。しかし、日本の運転免許証は、海外でパスポートを紛失してしまった際に、大切な身分証明書として役立ちます。
ここでは、海外旅行中に運転免許証が必要になる場面や、海外で車を運転するために必要となる国際免許証についてご紹介します。

目次

キャッシュレスプラン キャッシュレスプラン

  • ※ 三井住友カードプラチナプリファードはキャッシュレスプラン対象外となります。
  • ※ 対象カード・適用条件について、お申し込み前に必ず上記バナーよりキャッシュレスプラン詳細ページをご確認ください。
  • ※ キャッシュレスプランは予告なく変更・終了することがございます。

海外旅行に運転免許証は必要?

日本では、持っている人であれば常に携帯していることが多い運転免許証も、海外旅行に持っていくべきかどうか悩むかもしれません。まずは、海外旅行中でも運転免許証を持っていると安心な場面についてご紹介しましょう。

運転免許証はパスポート紛失時の身分証明書になる

運転免許証は、海外で万が一パスポートを紛失してしまった際の身分証明書として役立ちます。パスポートを紛失してしまうと、そのまま現地から出ることができません。このようなときは、「パスポートの再発行」か「帰国のための渡航書の取得」かの、いずれかが必要になります。

帰国のための渡航書とは、パスポートのない状況で緊急に帰国するために必要な一時的な書類で、パスポートに比べて早く発行されます。この渡航書を発行するためには、証明写真や手数料のほか、運転免許証などの身分証明書が必要となります。
身分証明書がないと日本から戸籍謄本を郵送してもらわなければならず、予定どおりに帰国ができなくなってしまうおそれがあります。
なお、最近の運転免許証は、本籍地の記載がなく日本国籍であることを証明することができないため、渡航書の申請に戸籍謄本または抄本が求められることも。ただし、短期旅行ならパスポートのコピーで対応可能な場合もあります。

一部の国や地域では日本の運転免許証で車を運転できる

日本の運転免許証を持っていても、基本的には海外で車を運転することはできません。しかし、ハワイやグアムなど一部の国や地域では、日本の運転免許証だけでも運転ができます。
ただし、現地の警察官などに認識されない場合もありますので、あらかじめ国際免許証を携行しておくと安心です。

初めてのハワイでも安心!知っておきたい情報とおすすめ観光スポット

国際免許証とは?

海外で車を運転するためには、多くの場合、日本の運転免許証以外に国際免許証が必要です。
国際免許証とは、日本で運転免許を持っている人が、日本以外の国で運転することを認める証明書で、所持する免許証の翻訳代わりでもあります。なお、海外では国際免許証と呼ばれていますが、日本国内の正式名称は「国外運転免許証」といい、発行から1年間有効です。

国際免許証の有効な国

国際免許証が有効なのは、日本が加盟するジュネーブ条約に加盟している国です。加盟国をエリア別にご紹介します。

  • アジア
    フィリピン、インド、タイ、バングラデシュ、マレーシア、シンガポール、スリランカ、カンボジア、ラオス人民共和国、大韓民国
  • 中近東
    トルコ、イスラエル、シリア、キプロス、ヨルダン、レバノン、アラブ首長国連邦
  • アフリカ
    南アフリカ、中央アフリカ共和国、エジプト、ガーナ、アルジェリア、モロッコ、ボツワナ、コンゴ民主共和国、コンゴ、ベナン、コートジボワール、レソト、マダガスカル、マラウイ、マリ、ニジェール、ルワンダ、セネガル、シエラ・レオネ、トーゴ、チュニジア、ウガンダ、ジンバブエ、ナミビア、ブルキナファソ、ナイジェリア
  • ヨーロッパ
    英国、ギリシャ、ノルウェー、デンマーク、スウェーデン、オランダ、フランス、イタリア、ロシア連邦、セルビア、モンテネグロ、スペイン王国、フィンランド、ポルトガル、オーストリア、ベルギー、ポーランド、アイルランド、ハンガリー、ルーマニア、アイスランド、ブルガリア、マルタ、アルバニア、ルクセンブルク、モナコ、サンマリノ、バチカン、キルギス、ジョージア、チェコ共和国、スロバキア、スロベニア、リトアニア
  • アメリカ
    アメリカ合衆国、カナダ、ペルー、キューバ、エクアドル、アルゼンチン、チリ、パラグアイ、バルバドス、ドミニカ共和国、グアテマラ、ハイチ、トリニダード・トバゴ、ベネズエラ、ジャマイカ
  • オセアニア
    ニュージーランド、フィジー、オーストラリア、パプアニューギニア
  • 特別行政区など
    香港、マカオ、フランスの海外領土(フランス領ポリネシアなど)、アルバ、キュラソー島、シント・マールテン、ケイマン諸島、マン島、ガーンジー、ジャージー、ジブラルタル、アメリカの海外領土(グアム、プエルトリコなど)

上記以外の国でも、日本の国際免許証が有効な場合があります。

国際免許証の取得方法

国際免許証は、日本で運転免許を取得している人なら誰でも申請できます。有効期間は発行から1年間(ただし、日本の運転免許証の有効期間が1年未満の場合はその期日まで)です。なお、免許停止中の人や、失効している人は、手続きをすることができません。

  • 申請場所
    住民登録のある都道府県の運転免許センター、運転免許試験場、または指定警察署で申請ができます。
  • 必要書類
    申請時には、運転免許証、顔写真1枚(縦5cm×横4cm、6ヵ月以内に撮影した物)、パスポートまたは海外渡航を証明する書類、申請書が必要です。申請書は窓口に用意されていますので、ボールペンなどの筆記用具を用意しておきましょう。
    また、以前取得した国際免許を持っている人は返納の必要があるため、古い国際免許証を持っていきましょう。また、都道府県によっては印鑑が必要な場合もあります。
  • 発行までの期間と費用
    国際免許証の発行は、運転免許センターなら即日発行、警察署の場合は2週間ほどかかります。手数料は2,400円程度かかり、都道府県によって違いがあります。詳しくは、運転免許センターなどに問い合わせましょう。

海外での運転時に携帯すべき物

海外と日本では、交通事情も異なります。海外で運転する際に必要な物について解説します。

国際免許証と日本の運転免許証

海外での運転時には、国際免許証と日本の運転免許証の両方を携帯しなければいけません。国際免許証は、いわば所持している運転免許証を翻訳したもの。日本の運転免許証とセットで提示して、初めて効力を持ちます。どちらか片方だけでは、運転資格の証明にはなりませんので注意しましょう。

パスポートとビザ

パスポートとビザは、運転中だけでなく、旅行中は常に持ち歩いたほうが良い物です。特にパスポートは、レンタカーを借りるときにも必要になります。ドライブ中、場合によっては国境を越える可能性もあるため、必ず携帯するようにしましょう。

クレジットカード

レンタカーを借りる際には、運転手にデポジットとしてクレジットカードの提示を求めるところがほとんどです。
運転手がクレジットカードを持っていないと、車の貸し出しを断られることも少なくありません。忘れずに携帯しましょう。

三井住友カード カードをつくる

海外旅行には運転免許証を忘れずに持っていこう

海外で車を運転するなら、多くの国では国際免許証が必要です。また、国際免許証を持っていても、運転時には日本の運転免許証も携帯しなければいけません。
旅行中に運転の予定がなくても、日本の運転免許証はパスポート紛失時の身分証明書になる場合があります。海外旅行の際には、日本の運転免許証を忘れずに持っていくようにしましょう。

2020年7月時点の情報なので、最新の情報ではない可能性があります。

人気ランキング

もっと見る

海外旅行には 三井住友カードがおすすめ!

  • 01

    現金の紛失・盗難にも
    安心

  • 02

    両替の手間要らずで
    スムーズ

  • 03

    トラベルサポート・保障が
    充実

キャッシュレスプラン キャッシュレスプラン

  • ※ 三井住友カードプラチナプリファードはキャッシュレスプラン対象外となります。
  • ※ 対象カード・適用条件について、お申し込み前に必ず上記バナーよりキャッシュレスプラン詳細ページをご確認ください。
  • ※ キャッシュレスプランは予告なく変更・終了することがございます。

関連記事

その他おすすめ記事サイト

[クレカ徹底解説]クレジットカードの仕組みや選び方など必見情報まとめ [クレカ徹底解説]クレジットカードの仕組みや選び方など必見情報まとめ

PAGETOP