×

基礎知識2018.12.14

モバイルPOSが広がる6つの理由 クラウド型POSレジで店舗売上を可視化

モバイルPOSが広がる6つの理由 クラウド型POSレジで店舗売上を可視化

販売店にとって導入が必須といえるPOSシステム。さまざまな用途に使えることはわかっていても、その導入コストの高さに、中小規模の店舗ではあきらめざるをえないのが実情でした。
しかし、近年普及してきたモバイルPOSなら、そんな小規模店舗のニーズにマッチします。モバイルPOSが導入されやすい理由にはどのようなものがあるのでしょうか。

目次

業種を問わずモバイルPOSが広がっている

どのような店舗であっても、商品の販売データは重要な情報です。どの商品がいつ、どれほど売れたかを正確に記録しておくことで、商品や顧客情報を管理し、顧客満足度の向上や経営戦略にまで活かすことができます。
それを実現するのがPOSシステムなのですが、これまではハードウェアのコストが大きく、小規模な店舗では導入しにくいものでした。

ところが、近年ではスマートフォンやタブレットなどのモバイル端末に専用アプリをインストールして使う「モバイルPOS」が登場。小売店や飲食店など業種を問わず、多くの小規模店舗で普及が進んでいます。

低コスト&手軽に導入できるモバイルPOSとは?
スマホやiPad、タブレットをレジ代わりにできるキャッシュレス決済

POSシステムで商品が売れたことに関する情報を管理

POSシステムの役割について確認しておきましょう。POSとは「Point of Sales」の略で、「販売時点情報管理」と訳すことができます。その機能は幅広く、レジとしての会計機能、商品の販売数・販売額・販売日を記録する機能、購入したお客さまの情報、在庫管理などもカバーします。つまり、「商品が売れた」という出来事に関するあらゆる情報を、記録・管理するのがPOSなのです。

POSシステムは、商品情報を入力するタッチパネルやバーコードリーダーなどの入力デバイス、現金をストックし管理しておくレジスター部分、入力された情報を記録するサーバ、ディスプレイなどから構成されます。これらの機能を、スマートフォンやタブレットに代用させたものがモバイルPOSです。

モバイルPOSでは、従来のPOSシステムとは異なり、専用端末を必要としません。アプリに対応するスマートフォンかタブレットがあれば、それがモバイルPOSに変身します。ニーズに合わせていろいろなシステムを選択することができますので、お店に合った機能だけを選択することができます。

POSレジの導入メリットとは?
POSレジ(POSシステム)とは?種類や使い方、導入のメリットまで徹底解説!

モバイルPOSのしくみ

モバイルPOSのしくみ イメージ

モバイルPOSが普及している理由とは?

モバイルPOSは着実に普及が進んでいます。初期費用が安い、教育コストが安いなどの理由がありますが、それぞれ確認していきましょう。

1.初期費用が安く導入しやすい

POSシステムは、初期費用で数百万かかり、毎月ランニングコストもかかります。これは、レジ本体をはじめとするハードウェア一式に加え、データを保管するサーバや、通信回線の導入費用とその定期的な保守に必要となる費用です。
一方、モバイルPOSなら、初期費用を抑えることができ、月額使用料は数千円レベルであるところが多いです。市販のスマートフォンやタブレットを端末として使うことができますから、小規模な個人商店でもすぐに導入できます。

2.操作を覚えやすい

どんなに高機能な道具であっても、扱いが難しすぎるとその力を発揮できません。飲食店や販売店のレジは、パートの主婦やアルバイトの学生など、さまざまなスタッフが使うことになりますから、誰でも使いやすい物でなくてはなりません。モバイルPOSは、その点でも優秀です。POSシステムはキーボードでの操作になりますが、モバイルPOSはタッチパネルで直感的に操作ができます。また、業務に合わせて表示設定を調整することも可能なので、操作を覚えやすいでしょう。

3.省スペースで見た目がすっきりする

どんな店舗でも、レジ周辺はごちゃごちゃとしがち。何しろ、レジ本体の存在感が大きいために、お店のイメージにそぐわないこともしばしばあります。
しかし、モバイルPOSなら、お客さまの目にふれるのは、スマートフォンあるいはタブレットだけ。現金を保管しておくキャッシャーやレシートを印刷するプリンターなどをカウンターの下に収めておけば、レジ周りをすっきりとおしゃれに演出することができます。このスマートさは、美容院やカフェなど、イメージを重視する店舗では特に重要な要素でしょう。

4.正確でスピーディな顧客対応を実現

モバイルPOSでは、端末のある場所が「会計所」になります。飲食店であればテーブルについたまま注文も精算もできますし、販売店ならお客さまのいる場所で会計することもできます。
もちろん、注文の取り間違いや金額の入力ミスが防げるというPOSレジの強みはそのまま。この正確でスピーディな対応力は、顧客満足度の向上に大きく役立つはずです。

5.支払いがキャッシュレス化できる

モバイルPOSで支払いをキャッシュレス化すれば、お客さまがキャッシュレス決済を望んだときも、対応できます。例えば、Square(スクエア)を導入すると、スマートフォンやタブレットがカード決済できるモバイルPOSになります。必要なのは、モバイル端末、無料アプリ、Square専用ICカードリーダーのみになりますので、導入もスムーズです。

詳細はこちら
カード決済サービス・Square(スクエア)のメリットって何?

6.クラウドサーバで管理がしやすい

ほとんどのモバイルPOSはクラウドを活用しているため、自社で管理用のサーバを用意する必要がございません。初期コストもランニングコストも抑えられるというメリットがあるほか、ネット上でPOSレジの状況を常時確認することができます。
つまり、外出先や出張先からでも自店舗のレジの状況がわかりますし、自宅にいながら複数店舗の様子を見ることもできるのです。

まだまだ普及が進むモバイルPOS

モバイルPOSは、顧客満足の向上という点から、多くのお店で導入が進んでいます。この流れは、今後もますます加速すると思われますが、導入する場合は自店舗のニーズに合ったモバイルPOSを選ぶことがポイントでしょう。
必要な機能は何か、カスタマイズの幅はどの程度か。そうした部分を見定め、実際に使っている店舗の意見なども参考にしながら、あなたのお店にマッチしたモバイルPOSを選択してみてください。

店舗経営者の方へ

豊富なキャッシュレス決済に対応!

その他おすすめ記事サイト

キャッシュレスの?が!に変わる場所Have a good Cashless

キャッシュレスの基礎知識やカード活用術、お困りごと解決情報など役立つ情報を発信しています。

個人事業主・スタートアップの方

経営者・個人事業主・スタートアップの担当者が知っておきたいバックオフィスの基礎知識をご紹介しています。

決済サービス・決済端末を導入する際の基礎知識からメリットを丁寧に解説します。三井住友カードプレゼンツ「ペイサポ~お店がはじめるキャッシュレス決済~」