Powered by 三井住友カード

  1. 三井住友カード
  2. カードをつくる
  3. ゼロからはじめるクレジットカード
  4. 海外旅行準備・持ち物ガイド タビサポ
  5. 旅行の出発準備
  6. ESTAの申請方法を解説!申請から完了までの流れ

旅行の出発準備

ESTAの申請方法を解説!申請から完了までの流れ

ESTAの申請方法を解説!申請から完了までの流れ

ESTA(エスタ)とは、アメリカにビザなしで90日以内滞在する場合に必要となる「電子渡航認証システム」のこと。日本国籍のパスポート保持者であれば、アメリカへの短期滞在ではビザを取得する必要がありませんが、代わりにESTAの手続きをしないといけません。
ESTAの認証を受けるにあたって、申請はオンラインで行うことができますが、海外のサイトということもあり、戸惑う方もいるかもしれません。ただし、日本語で申請できるため、申請方法と注意点を押さえていれば、簡単に申請を終えることができます。
ここでは、ESTAの申請から完了までの流れや、申請する際の注意点などについて解説します。

目次

年会費無料新カード登場!三井住友カード(NL) 年会費無料新カード登場!三井住友カード(NL)

  • ※ 三井住友カード プラチナプリファードは一部キャンペーンの対象となりませんので必ず詳細ページをご確認ください。
  • ※ 対象カード・適用条件について、お申し込み前に必ず上記バナーよりキャンペーン詳細ページをご確認ください。
  • ※ キャンペーンは予告なく変更・終了することがございます。

電子渡航認証システムESTAとは?

ESTAは、2009年1月からアメリカ合衆国国土安全保障省(DHS)によって義務化された、電子渡航認証システムです。ESTAの認証を受けるにあたっては、アメリカ行きの航空機や船の搭乗手続きをする前に、オンライン上で完了させなければなりません。ESTAの申請対象や申請時期、申請料金を確認しておきましょう。

ESTAの申請対象

ビザなしでアメリカに観光や商用で90日以下の渡航をする場合、日本を含んだすべてのビザ免除プログラム(VWP)対象国の渡航者に対して、ESTAの認証を受けることが義務付けられています。ESTAは年齢などを問わず、すべてのビザ免除プログラム渡航者の必要要件となっているのです。
なお、90日を超える就労や留学などの短期観光・商用以外の目的で渡米する場合は、ビザが必要となります。この場合、ビザ免除プログラムであるESTAを利用することはできません。

ESTAの申請時期

ESTAを申請する場合、航空券の予約時か、遅くとも「渡米日の72時間以上前」に申請を済ませておくことが推奨されています。
出発当日にESTAを申請すると、認証されたESTAを搭乗前に取得できないリスクがあるため、余裕を持って申請してください。認証済みのESTAを持っていない海外渡航者は、搭乗が拒否されてしまうので注意しましょう。

ESTAの申請料金

2010年9月より、すべてのビザ免除プログラム渡航者に、ESTA申請時に14ドルの申請料金を支払うことが義務付けられました。この費用は、ESTA申請サイトを通して、クレジットカードなどで決済することができます。

ESTAの有効期限

ESTAの認証を受けると、アメリカへの複数回の渡航が可能となります。有効期限は2年間です。ただし、この2年以内にパスポートの有効期限が切れる場合は、パスポートの有効期限日をもってESTAも無効となるため注意しましょう。
また、次のような場合も、ESTAの再申請が必要となります。

  • パスポートを新規取得した
  • 渡航者が名前を変更した
  • 渡航者が性別を変更した
  • 渡航者が国籍を変更した
  • ESTA申請時の質問で渡航者が過去に回答した内容に変更点があった

ESTA申請から完了までの流れ

ESTA申請から完了までの流れ イメージ

ESTAの申請方法について見ていきましょう。「個人による申請」か「グループによる申請」ができますが、ここでは「個人による申請」について解説していきます。
なお、ESTAの申請に必要なものは下記となります。

申請に必要なもの

  • パスポート(ビザ免除プログラム参加国発行の有効期限内のもの)
  • 申請費用を支払うためのクレジットカード(Visa、Mastercard、American Express、Discover、JCB、Diners Club)の情報、またはオンライン決済サービス(PayPal)の情報
  • 渡航者の連絡先
  • 直近の勤務先情報(該当先がある場合)
  • 渡航先の宿泊ホテルの連絡先など

STEP1 申請サイトにアクセスする

ESTAの公式申請サイト(日本語版)を開きます。

公式 ESTAの申請
別ウィンドウでアメリカ合衆国税関・国境警備局のサイトへリンクします。

STEP2 免責事項に同意する

「新規の申請」をクリック(タップ)し、「個人による申請」を選択します。セキュリティや免責事項についての通告が表示されますので、確認して問題がなければ同意して申請を進めます。

STEP3 申請者情報を入力

氏名、生年月日、出生国、パスポート番号など、申請者の情報を入力します。サイト上の表示は日本語ですが、すべて英語で入力します。
連絡先情報には、アメリカ滞在中の宿泊施設や住居の情報を入力します。市、州、国の順番で入力します。少しわかりにくいのが、ホームアドレスラインで、入力欄が2つに分かれています。ホームアドレスライン1の欄には「ストリート名 番地」を入力し、ホームアドレスライン2の欄には「階数 建物名」を入力しましょう。滞在先が決まっていない場合は空欄のままで大丈夫です。

STEP4 渡航情報の入力

必須項目から、渡航情報を入力していきます。まず、冒頭の「米国への渡航目的は、他国へ乗り継ぐためですか?」の質問に回答します。続いて、宿泊先ホテルの連絡先がわかっていれば、「米国内の連絡先情報」を入力しておきましょう。
また、「米国内および米国以外の緊急連絡先」には、両親や親族といった信頼できる自分以外の人の連絡先を入力したほうがいいでしょう。

STEP5 適格性についての質問

適格性について、9つの質問に回答していきます。質問内容は「違法薬物の所持、使用または流通に関連する法規違反歴について」「テロ活動等への参画経験について」「ビザ取得やアメリカ入国のための詐欺行為や不正代理行為について」などになります。
回答が完了したら、申請者本人の場合は「申請内容に関する証明」だけにチェックを入れます。代理人が申請している場合は、「第三者による代理申請の場合に限定」にもチェックを入れましょう。

STEP6 申請内容の確認

申請内容を確認して問題がなければ、再度パスポート番号を入力します。入力した内容をもう一度確認して「次へ」に進みましょう。

STEP7 支払い

支払い画面になりますので、ここで表示される申請番号は、必ずメモしておきましょう。
次に、「免責事項」を読んで確認にチェックを入れ、「今すぐ支払う」をクリック(タップ)します。支払い方法を選択し、「続行」をクリック(タップ)すると、支払い手続きが行われます。

STEP8 申請完了

支払いが完了すると、画面上では「認証は保留中です」と表示されます。申請後、登録したメールアドレスに「渡航許可通知」が届くと、ESTA申請は完了です。メールに記載された「ESTA認証情報(渡航申請番号・有効期限)」は、手帳などにも控えておくと安心でしょう。

申請状況および認証状況は、ESTA公式サイトのトップページから申請番号、パスポート番号、生年月日を入力することで確認できます。申請番号がわからない場合は、パスポート番号、パスポートの発行日、パスポートの有効期限、市民権の有無、生年月日を入力することが必要になります。

公式 ESTAの申請
別ウィンドウでアメリカ合衆国税関・国境警備局のサイトへリンクします。

ESTA申請の代行サイトを利用するときの注意点

ESTAの申請を代わりに行う代行サイトを利用する際は、注意が必要です。ESTAの申請を自分で行う際は、手数料14ドル以外かかりません。しかし、代行サイトを利用すると、申請費の14ドルのほかにも、高額な手数料が発生します。
また、代行サイトがESTAの申請を行ったとしても、代行先が誤った情報を入力してしまえば、申請に失敗する可能性も考えられます。
さらには、そもそも代行申請をしていない偽サイトである危険性もあります。ESTA申請は、できる限り公式サイトから行いましょう。

ESTAの公式サイトのURLはこちら
https://esta.cbp.dhs.gov/esta/
別ウィンドウでアメリカ合衆国税関・国境警備局のサイトへリンクします。

余裕を持ってESTAの申請をしよう

ESTAの認証が完了していないと、アメリカへの渡航ができなくなる可能性があります。出発までに、余裕を持って申請を終えてください。
ESTAは、オンラインでの申請および支払いとなるので、ハードルが高いと感じてしまう方もいるかと思います。しかし、サイトの言語は日本語に対応しているうえに、入力する内容や決済方法も取り立てて難しいものはありません。必ずESTAの公式サイトであることを確認して、申請を済ましておきましょう。

人気ランキング

もっと見る

海外旅行には 三井住友カードがおすすめ!

  • 01

    現金の紛失・盗難にも
    安心

  • 02

    両替の手間要らずで
    スムーズ

  • 03

    トラベルサポート・保障が
    充実

三井住友カードなら最短5分(※)で即時発行!
カードの到着を待たずにすぐ使える!

  • ※各カード詳細ページからは即時発行でのお申し込みはできません。即時発行をご希望の方は、こちらのページの「即時発行お申し込み」のボタンからお申し込みください。
  • ※即時発行お申し込みの際は、お申し込み前に必ず「即時発行に関する注意事項」をご確認ください。

年会費無料新カード登場!三井住友カード(NL) 年会費無料新カード登場!三井住友カード(NL)

  • ※ 三井住友カード プラチナプリファードは一部キャンペーンの対象となりませんので必ず詳細ページをご確認ください。
  • ※ 対象カード・適用条件について、お申し込み前に必ず上記バナーよりキャンペーン詳細ページをご確認ください。
  • ※ キャンペーンは予告なく変更・終了することがございます。

即時発行について

≪受付・審査時間について≫
  • ・即時発行は9:00~19:30までにお申し込みされたものが対象となります。
  • ・上記時間外にお申し込みされた場合は、翌日9時以降に審査を開始します。優先的に審査が行われるわけではございませんのでご注意ください。
≪お申し込みついて≫
  • ・追加カードはiDの一体型のみ同時申込できます。(ETC・PiTaPa・家族・iD(専用・携帯型)は対象となりません)
  • ・即時発行をすでにご利用いただいたことのある方は2枚目のお申し込みはできません。
  • ・ご入会には、通話可能な電話番号をご用意ください。
  • ・IP電話ではカード番号表示に必要な電話認証はできません。
≪カード情報のご確認について≫
  • ・Web上でカード番号を確認できる期間は1ヵ月間となっております。終了後につきましては、お申し込みから1週間程度で送付されるカードをご利用ください。
≪送付するカードについて≫
  • ・ご入会後、カードをお届けしますが、お受け取りにならず弊社に返送された場合は、一定期間経過後にご解約となりカードがご利用いただけなくなりますので、必ずお受け取りいただきますようお願いいたします。
※以下に該当する場合は即時発行することはできません。
  • ・お客さまがカード引落口座として設定した金融機関が対象とならない金融機関の場合
    インターネットで引落し口座の設定可能な金融機関
  • ・各金融機関にて口座設定をする際に、通信トラブルなどによって設定が完了できなかった場合
  • ・各銀行のウェブサイトがメンテナンス中の場合
  • ・キャッシングのご利用枠をご希望の方で、お申し込みの際にキャッシングのご契約内容をインターネット上で確認・保存されない場合
  • ・お客さまのお申し込みに不備などがあった場合
  • ・お客さまが19:30以降にカード発行のお申し込みを弊社に行った場合
  • ・カードのお申し込みが集中した場合
  • 外国の政府などにおいて、重要な地位を占める方
  • ・事業でお使いになることを目的とした方
  • ・ご職業が複数ある方
  • ・個人事業主の方

関連記事

その他おすすめ記事サイト

[クレカ徹底解説]クレジットカードの仕組みや選び方など必見情報まとめ [クレカ徹底解説]クレジットカードの仕組みや選び方など必見情報まとめ

PAGETOP