あなたのタビをサポートします

三井住友VISAカード

渡航に際し
ビザ(査証)が必要な国か
どうかの確認を!

66ヵ国は観光ビザ不要 各国のビザ最新情報を各自でチェックしましょう

ビザ(査証)とは、その人物のもつパスポートが有効であり、国への入国・出国を許可できるという公印のことです。

入国に際して、必ず事前に渡航先にビザ(査証)が必要かどうかを確認し、必要な場合は日本にある各国の大使館や領事館に申請して発給してもらいましょう。

また、ビザ(査証)が必要な場合は、併せてビザ取得に必要なパスポート有効期間も確認しておきましょう。

ビザが必要な代表国

2014年5月現在、観光ビザが必要な国は、ロシア、カンボジア、ミャンマー、ブータン、インド、スリランカ、ブラジル、オマーン、ヨルダン、サウジアラビア、エチオピアなどです。

各国の政治事情により変更される場合がありますので、必ず渡航予定国の大使館・領事館で最新情報を入手してください。

また、最近では中国やベトナム、ラオスなど、15日以内の滞在はビザは不要等、観光目的の入国であればビザが免除される国も増えつつあります。

ESTAの支払いはクレジットカードで

<ESTAとは>

米国への渡航は、90日以内の短期滞在ならばビザは免除されますが、代わりにESTA(Electronic System for Travel Authorization)と呼ばれる電子渡航認証システムを申請し、認証をうける必要があります。これは、渡航者の情報を出発前にインターネットで収集し、保安上のリスクをもたらさないかチェックするためのものです。また、米国を経由して他国へ行く場合も同様に申請が必要です。

<ESTAの申請方法>

ESTAの申請は、米国大使館の公式ホームページより行います。入力フォームに名前・生年月日・性別、パスポート番号等の情報を英語(ローマ字)で入力し、いくつかの質問に回答します。申請から承認まで最大72時間かかるので、旅行前に余裕をもって申請するよう心がけましょう。

公式HPはこちら

<ESTA申請の手数料>

ESTA申請時に、一人当たり14米ドルの手数料がかかります。支払いはクレジットカードで行う必要があるため、事前にクレジットカードの準備を済ませておきましょう。また、ESTA代理申請サイトが多く存在しますが、代行手数料を取られることもありますので、できるだけ公式サイトから申請しましょう。

クレジットカードをお持ちでない方はこちら

海外旅行へ行く方に定番のクレジットカードは三井住友VISAカード

  • インターネットでお手続き簡単!最短3営業日で発行!
  • 入会キャンペーン実施中!いまなら最大7,000円キャッシュバック
  • 三井住友VISAカードなら安全・安心・便利!海外でのサポートも充実!

18歳から25歳 限定
初めての1枚

三井住友VISAデビュープラスカード 三井住友VISAデビュープラスカード ロゴ

定番の1枚をお求めの方

三井住友VISAクラシックカード/三井住友VISAクラシックカードA 三井住友VISAクラシックカード/三井住友VISAクラシックカードA ロゴ

女性向け

三井住友VISAアミティエカード 三井住友VISAアミティエカード ロゴ

上質を求める方へ

三井住友VISAゴールドカード 三井住友VISAゴールドカード ロゴ

  • お申し込みの内容によって、3営業日で発行できない場合もございます。
  • 特典を受けるには、一定の条件があります。それぞれのキャンペーンの詳細をご確認ください。
  • 三井住友MasterCardをお申し込みの場合は一部対象となりませんのであらかじめご了承ください。

コラム:海外旅行を10倍楽しくする方法

査証取得のノウハウを旅の達人がアドバイス!

オンラインビザ申請ができる国も!:パッケージツアーと個人旅行で異なる観光ビザ取得

パッケージツアーの場合

パッケージツアーに参加する場合は、旅行会社がビザ取得の代理申請(要手数料)を行います。

必要な書類は、

  • パスポート原本
  • 必要事項を書き込んだビザ申請書
  • 証明写真
  • パスポートコピー

などです。写真が不要の国もあります。

各国の大使館・領事館は、東京、大阪、名古屋、福岡など都市部にあることが多く、それ以外の地方在住の人は旅行会社にお願いするほうが手間も省けて便利です。ただし、通常の申請料金に手数料が加算され割高になっています。

個人旅行の場合

個人で申請する場合は、各国大使館のホームページから申請用紙をダウンロードして、パスポート原本、証明写真、パスポートコピーなどの必要書類を準備します。

近年は、スリランカのようにインターネットからオンラインで申請し、Eメールに届いた電子渡航承認を渡航先の入国審査で提示するという方法も増えつつあります。この場合、申請料金はクレジットカード払いが基本となります。

プラスで知っておこう!
観光ビザはできるだけ日本で取得しておきましょう! 国によっては、現地の空港で取得できる「アライバルビザ」もありますが、日本で出国前に事前手配しておくことをお勧めします。到着した現地空港でアライバルビザを取ろうとしても、窓口が混雑していたり、言葉が通じないなどの問題もあります。また政治状況によっては突然現地でのビザ取得ができなくなる、ということもありますので、いずれにせよ、事前に日本で取得しておくほうが安心です。
コラムレポーター鈴木 幸子
(すずき さちこ)
旅行ジャーナリスト、エディター、プランナー。出版社勤務などを経て2001年に独立。
世界35か国を取材し、旅行誌や書籍、雑誌、新聞(朝日新聞、時事通信社)等各メディアで活動中。
らきカンパニー主宰。宮崎市生まれ。
コラムレポーター:鈴木 幸子(すずき さちこ)
  1. 三井住友カード 総合トップ
  2. カードをつくる トップ
  3. ポイントサービスと三井住友カードの魅力
  4. ゼロからはじめるクレジットカード
  5. 海外旅行準備・持ち物ガイド タビサポ
  6. 渡航に際しビザ(査証)が必要な国かどうかの確認を!
MENU CLOSE
MENU
ページトップへ