FAQ

A1. 下記原因が考えられます。

  • USBケーブルの接続先を間違っている
    stera terminalには、Type AとMicro Bの2つがありますが、アプリをインストールする場合は、Micro B端子に接続してください。
  • 署名ができていない
    決済端末機へアプリをインストールするためには、ベンダ署名、アプリストア署名(開発用)の2種類の署名を付与する必要があります。詳細はこちら
  • 商用端末の場合
    アプリ開発検証機ではないと、デモアプリのインストールがUSB経由で実装できません。

 

上記、解決方法でも解決しない場合は三井住友カードまでお問い合わせください。

A2. ベンダ署名、アプリストア署名のどちらかが不足している。もしくは、署名に失敗している可能性があります。

アプリのインストールのためには、2種類の署名が必須となります。

詳細は開発ドキュメントをご確認ください。

A3. 開発に必要なSDK、ドキュメント類は本サイト内からダウンロードできます。

ダウンロードページをご確認ください。

A4. 開発用の貸出用端末を用意しています。

1か月程度の貸し出しができます。

端末の貸し出しをご希望のデベロッパーは、こちらをご確認ください。

A5. 開発用端末はGMOフィナンシャルゲート様よりご購入いただくことができます。

端末の購入をご希望のデベロッパーは、こちらをご確認ください。

A6. アプリ登録申請をいただいてからリリースまでに、10営業日程度お時間をいただいています。

その時間の中で、アプリの審査、マーケットへアプリの掲載などを行っています。

詳細は、こちらをご確認ください。

A7. アプリのアップデート申請をいただいてからアップデート完了までに、10営業日程度お時間をいただいています。

また、マーケットへアプリのアップデートが完了してから、お客様の決済端末機へ配信されるまで、2営業日程度かかることに注意してください。

詳細は、こちらをご確認ください。

A8. stera terminal(ステラターミナル)は出荷時に搭載しているAndroid 8.1(Oreo)から更新されることはございません。ただしセキュリティパッチや提供しているSDKについては更新の可能性がございます。

A9. 標準で提供している決済アプリケーションでは読み取ることができず、独自のAndroid™アプリをご用意いただく必要があります。

「磁気カード」「接触IC」「非接触IC」を用いる場合、専用のSDKが必要となります。(2021年1月時点では実装されておりません)

また、決済に関するアプリケーションは原則stera marketへの掲載はできません。

A10. ご利用いただけます。

stera terminalは有線LAN、Wi-Fiのインタフェースを搭載しており、インターネットへのアクセスができます。

A11. 無料アプリの掲載はできます。アプリケーションの内容によって取次手数料などが発生いたしますので、詳細は三井住友カードまでお問い合わせください。

A12.外部デバイス接続用にUSB-Aのポートを1基搭載しています。

上記とは別にMicro-USBのポートを搭載していますが、こちらは外部デバイス接続用として使用できませんので、ご注意ください。

 端末仕様の詳細につきましては、こちらをご確認ください。

A13. ご利用いただけます。

Bluetooth 5.0を搭載しており、対応プロファイルはSPP/HID/BLE(GATT)です。

A14. 外部デバイス接続用のUSB-Aポートに接続することでご使用いただけます。

ただし、stera決済アプリ内ではご使用いただけませんので、ご注意ください。

A15. カスタマーディスプレイでは動画の表示はできません。

PNG形式の画像、テキストのみ表示できます。

カスタマーディスプレイについての詳細は、こちらをご確認ください。

A16. カメラはAndroid™標準APIから呼び出すことができます。

実装方法はAndroidDevelopersサイトが参考になります。

別ウィンドウでリンクを開きます。

A17. GPSはご利用いただけません。

A18. QRコード読み取りのライブラリは用意していません。開発いただくsteraアプリ側にて実装いただく必要がございます。

A19. スピーカーを内蔵しており、音を出すことができます。

A20. Android™固有の端末IDを取得することはできますが、stera terminalとしてのIDは取得できません。

ただし、AndroidDevelopersサイトでは、Android固有の端末IDの使用は非推奨となっておりますので、ご注意ください。

別ウィンドウでリンクを開きます。

端末識別番号(TID)をAndroidアプリケーション側へ連携するAPIの提供は予定しております。

A21. 原則、導入ができません。詳細に関しては三井住友カードまでお問い合わせください。

A22. アプリ課金は下記3種類の中から選択いただけます。

  • 売り切り方式
  • 継続課金方式
  • マニュアル請求

詳細は、こちらをご確認ください。

A23. 下記設定が推奨となります。

 

設定

設定内容

説明

Device Name

stera

仮想端末名

任意の名前でよい

Device Type

Phone/Tablet

デバイスタイプ

推奨設定

Screen size

4inch

画面サイズ

推奨設定

エミュレータ上で実機に近い表示をさせるための設定です。

Resolution

720×1184px

画面解像度

推奨設定

スペック表の解像度で設定を行うと、表示領域がずれるため、注意が必要です。
仮想端末の設定方法はこちら

A24. Android Webkitライブラリを用いて実装ができます。stera terminalにはAndroid™OS標準のWebkitライブラリが搭載されています。

またGMS(Google Mobile Service)が搭載されていないため、Chromeベースのアプリ内ブラウザは実装ができません。

Android は Google LLC の商標です。