stera terminal(ステラターミナル)とは?

stera terminal(ステラターミナル)とは

1台の端末ですべての決済手段に対応したオールインワン決済端末機。

お客様向けに4インチディスプレイ、スタッフ様向けに7インチディスプレイをそれぞれ搭載しています。

お客様向けディスプレイはPIN(暗証番号)や電子サインでご利用いただきます。

スタッフ向けディスプレイは決済に関する入力のほか、通常のAndroid™端末としての操作が行うことができます。

両ディスプレイともにタッチパネルに対応しており、「stera market(ステラマーケット)」からダウンロードしたアプリをご利用いただけます。

stera terminal(ステラターミナル)

クレジットカード・デビットカード・電子マネー・QRコードなどさまざまなキャッシュレス決済に対応しています。

今までキャッシュレス決済のために必要だったクレジットカード読取機やQRコード読取機などの複数の端末は不要になり、「stera terminal(ステラターミナル)」1台ですべての決済を実現します。本端末はAndroidOSを採用しており、決済アプリ以外にも業務アプリの搭載ができます。

業務アプリは「stera market(ステラマーケット)」からダウンロードすることができます。

決済端末機としての機能

決済端末としての機能

クレジットカード決済では接触IC取引・非接触IC取引・磁気カード取引の3面待ちにより、お支払いが可能となります。お客様側の読取機にて決済が完結するため、加盟店スタッフへのクレジットカードの受け渡しも発生いたしません。

カスタマーディスプレイを使うことでPIN(暗証番号)入力・電子サインにも対応しています。

電子マネー決済ではカスタマーディスプレイ部に内蔵されている非接触ICカード読取機を用いて決済を行います。

QRコード決済はストアスキャン方式で行われます。カスタマーディスプレイ上部にカメラを搭載しており、QRコードやバーコードを読み込むことができます。

決済アプリケーションによる決済処理終了時には端末に内蔵されているプリンタよりレシートが印字されます。

Android端末としての機能

stera terminal(ステラターミナル)はAndroid8.1(Oreo)を採用しており、独自のマーケットプレイス「stera market(ステラマーケット)」より業務アプリケーションの利用ができます。

決済アプリケーションとの連動やstera terminal(ステラターミナル)用のSDKを使用することでカスタマーディスプレイの表示やレシートのプリンタへの印刷をAndroidアプリケーション側からコントロールすることができます。

 

アプリケーションを販売することで収益化を狙うことや自社向けに独自のアプリケーションを作成して利用することもできます。

 

stera terminal(ステラターミナル)はハードウェアとして以下の機能を有しています。そのため、従来タブレットやプリンタを活用して提供するアプリケーションの実装ができます。

  • カメラ
  • NFC, FeliCa通信
  • 磁気カード読取機
  • 有線/無線LAN接続
  • Bluetooth
  • サーマルプリンター
  • 7インチディスプレイ/4インチサブディスプレイ

詳細は「stera terminal(ステラターミナル)のハードウェア構成について」をご確認ください。

Android は Google LLC の商標です。