三井住友ビジネスカード導入のきっかけは、利便性と信頼感

法人カードの導入事例・リサーチ

三井住友パーチェシングカード導入で経理の負担も大幅減「Web広告業界の決済には必要不可欠」

株式会社キュービック 小森 亮 管理部長

三井住友ビジネスカード導入のきっかけは、利便性と信頼感

「ヒト・オリエンテッドなデジタルマーケティングで、みんなの明日が変わるキッカケを生み出し続ける」をミッションとして、「自社メディア」型インターネットマーケティングを展開する、株式会社キュービック。

経理部門の管理部長である小森亮さんに、社内で使用している三井住友パーチェシングカードについてお話を伺いました。

ご利用いただいている法人カード

三井住友パーチェシングカード

通常、複数企業からの個別の請求書に対する支払いを
カード会社からの月1回の請求書に対する支払いに一本化できるカード

導入のきっかけは、ビジネスモデル上の課題

導入のきっかけは、ビジネスモデル上の課題

まずは株式会社キュービックの事業内容について教えていただけますか?

弊社は、「自社メディア」型マーケティングを主要事業とする会社です。

具体的には、インターネットメディアのコンテンツ制作やデザイン、リスティング広告やSNS広告、DSPなどの運用、SEOを軸としたコンテンツマーケティングなどを行っています。

「なんとなく役に立った」「面白かった」を超え、その先の「明日が変わるキッカケ」をユーザーに提供することをゴールとし、日々チャレンジをしています。

ありがとうございます。現在、利用している法人カードを教えてください。

三井住友パーチェシングカードです。

導入のきっかけは、ビジネスモデル上の課題

三井住友パーチェシングカードを導入したきっかけは何だったのでしょうか?

もともとお取引があった三井住友銀行さんにカードのご紹介をいただいて発行に至りました。

弊社のビジネスモデル上、Web広告は成果までの資金回収に2~3ヵ月かかります。一方で、広告費の支払いは1ヵ月後なので、資金回収と支払いの間にブランクができてしまうんですね。

そこを上手く調整するために、パーチェシングカードを導入しました。

広告費を請求書払いにて対応した場合、広告費収入を得られる前に広告費用を支払わなければいけないですが、パーチェシングカードであれば資金回収と支払いの期間をより短くすることができます。

この業界で、広告費の決済に法人カードを使うこと自体は非常によくあるんです。

なぜ通常のコーポレートカードではなく、パーチェシングカードを選んだのでしょうか?

理由は大きく2つあります。

1つ目は、パーチェシングカードの場合カード原板がなく番号のみの発行が可能なので、紛失や盗難のリスクが少ないこと。

2つ目は、会社や部署名義でカードが発行できるので、担当者が変更になった場合でも名義変更する必要がないことです。

3つ目は、利用先を指定することができるので、カード使用者の不適切な利用を防げることです。

その3つが、通常のコーポレートカードと大きく違う点だと思います。
特定の企業への長期的な支払い用として使うカードなので、リスクが少なく安全に管理できるパーチェシングカードを選びました。

導入のきっかけは、ビジネスモデル上の課題

なるほど。他社のパーチェシングカードと比較検討はされましたか?

比較検討はしませんでした。一般的な他社のパーチェシングカードと比べて、三井住友さんのカードは月の与信枠の考え方が特徴的で運用しやすいなと思いました。

一般的には、カード1枚に対して与信枠が設定されていて、枠がいっぱいになるとカードを止められてしまいますよね。

ですが、三井住友パーチェシングカードは「マンスリークリア方式」といって、締日の翌日にカード利用残高がクリアになるため、利用金額の支払日を意識することなく、毎月いくら利用できるかが明確にわかります。

他カード会社は、支払日まで利用残高がクリアにならないため、支払日を意識し、毎月いくら利用できるかわかりにくいんです。

パーチェシングカードの特徴を活かし、業務の効率化を実現

現在、三井住友パーチェシングカードは主にどういった支払いに利用されていますか?

弊社では、FacebookやTwitter広告の支払い用として使っています。

また、パーチェシングカードだと与信枠の範囲であれば複数枚カード番号が作れるので、1枚はAmazonへの支払い専用カードとして利用したりしています。

用途でカード番号を分けられると、何にいくら決済されているのかがわかりやすいので、支払いと管理がラクなんですよね。

実際にパーチェシングカードを導入して、どんなメリットを感じますか?

冒頭でも言いましたが、資金回収の収支のずれを調整できることですね。

あとは、振込みの場合は入金が確認できるまで広告が出稿できないのですが、カード決済であれば随時決済されるので、広告を止めざるを得ないという事態が発生しないので安心です。

パーチェシングカードの特徴を活かし、業務の効率化を実現

三井住友パーチェシングカードの便利な使い方があれば教えてください。

ひとつあげるとすれば、弊社ではマネーフォワードさんやfreeeさんといった会計ソフトを使っているのですが、それらはクレジットカードの利用明細と同期することができるんです。

本来、紙のデータ明細をひとつひとつ仕分けすることを考えると、大幅な工数削減ができます。

また、随時ネットで同期されることで、管理画面への反映も早いですし、漏れがなくなるというメリットもあります。

IT業界でマネーフォワードさんやfreeeさんを使っている会社さんは多いと思いますし、カードの同期を使いこなせれば、経理はだいぶラクになると思いますね。

今後、三井住友カードに期待していること

今後、三井住友カードに期待していること

三井住友カードに期待することは何でしょうか?

現状、決済においてはデメリットを感じることなく、十分快適に使えています。

ですのでひとつあげるとすれば、特典面ですね。

付帯サービスがより充実していけば、もっと快適にカードが使えるシーンが増えると思います。

本日はお話いただき、ありがとうございました。

  • ※2019年10月時点の情報なので、最新の情報ではない可能性があります。

企業情報

株式会社キュービック ロゴ

株式会社キュービックさま

「ヒト・オリエンテッドなデジタルマーケティングで、みんなの明日が変わるキッカケを生み出し続ける」をミッションとして、「自社メディア」型インターネットマーケティングを展開。クレジットカード(CREVIEW)やFX(エフプロ)など、数多くのインターネットメディアを企画・制作・運営している。

ご利用いただいている法人カード

三井住友パーチェシングカード

通常、複数企業からの個別の請求書に対する支払いを
カード会社からの月1回の請求書に対する支払いに一本化できるカード

関連情報

【中小規模企業の方・個人事業者の方】ビジネスカードご利用のメリット

中小規模の企業さま/個人事業者さま向けの法人クレジットカード「ビジネスカード」利用メリットのご案内です。三井住友カードでは、インターネットで法人カード(コーポレートカード・ビジネスカード)の申し込みが簡単にできます。法人向けサービスで貴社のビジネスを強力にサポート。貴社のニーズにあった法人カードをお選びください。

【大規模企業の方】ビジネスカードご利用のメリット

大規模企業向けのクレジットカードをご案内。法人カード申込は三井住友VISAカード。三井住友カードは、法人向けサービスで貴社のビジネスを強力にサポート。貴社のニーズにあった法人カードをお選びください。

法人カード活用ガイド トップへ戻る

【動画でわかる】
三井住友カードの3つのメリット

  • 音声をONにしてご視聴ください。
  • 選択肢が表示されますので、クリック(タップ)してご覧ください。

おすすめの法人クレジットカード

中小規模企業の方・個人事業者の方に

大規模企業の方に

その他の法人カードもございます。
法人カード診断で最適なカードを見つけましょう。

こころさん イメージ こころさん イメージ

その他の法人カードもございます。法人カード診断で最適なカードを見つけましょう。

あなたにピッタリの
法人カードを診断!

人気の記事ランキング