法人カード活用ガイド
法人カードのメリット
ETCカードは法人カードで作るべき!メリットについて解説

法人カードのメリット

ETCカードは法人カードで作るべき!メリットについて解説

ETCカードは法人カードで作るべき!メリットについて解説

法人カードで利用可能なETCカードを導入すれば、高速道路の利用料金については、会社の銀行口座からまとめて引き落としたり、明細書で一括管理したりすることができるようになります。
ここでは、ETCカードが作れる法人カードの種類やそのメリットのほか、法人名義でのETCカードの発行方法について確認していきましょう。

三井住友ビジネスカード新規入会限定プラン最大6,000ポイントプレゼント! 三井住友ビジネスカード新規入会限定プラン最大6,000ポイントプレゼント!
  • ※特典を受けるには、一定の条件がございます。お申し込み前に必ず、[キャンペーン詳細]をご確認ください。

ETCとは?

まずは、ETC自体の利用方法を確認しておきましょう。

ETCは、「Electronic Toll Collection System」の略で、自動料金支払いシステムのことを指します。ETCのメリットは、有料道路の料金所で自動支払いができるので、停車することなく料金所のゲートを通過できること。
ETC利用には、車両に設置する「ETC車載器」と「ETCカード」が必要です。自動車にETC車載器を設置して、ETCカードを挿入することでETCを利用できます。

法人が作れるETCカードの発行方法

法人がETCカードを持つ場合は、どのようにすればいいのでしょうか。ETCカードの発行方法には、いくつかのパターンがありますので解説します。

所持している法人カードでETCカードを発行する

すでに所持している法人カードに紐付けて、ETCカードを発行することができます。新たに法人カードの審査を受ける必要がないので、短期間でETCカードを発行可能です。ETCカードの発行手数料が必要となる場合もありますので、事前にどのくらいかかるのか把握しておきましょう。

三井住友カード ビジネスオーナーズであれば、ETCカードを発行することができます。三井住友カード ビジネスオーナーズ1枚につき、ETCカードを1枚発行可能です。

法人カードとETCカードを新規で発行する

新たに法人カードとETCカードを申し込む方法もあります。新たな法人カードを選択できるので、「まだ法人カードを持っていない」という場合はもちろん、「今の法人カードよりもメリットを感じる」という場合に、検討すべき選択肢でしょう。
ただし、発行するには審査があり、審査には日数がかかる可能性があります。

三井住友カード ビジネスオーナーズであれば、ETCカードを発行することができますので、ぜひご利用ください。

三井住友カードでETCカードを発行する方法

三井住友カードの法人カードでも、ETCカードを発行することが可能です。ETCカードの2つの発行方法をご説明いたします。

法人カードを所持していない場合

法人カードを所持していない場合は、「三井住友ビジネスカード」あるいは「三井住友カード ビジネスオーナーズ」を新規でお申し込みするときに、ETCカードもお選びください。三井住友カードの該当する法人カードのページから、オンラインで入会手続きができます。

すでに三井住友カード発行の法人カードを所持している場合

すでに「三井住友ビジネスカード」あるいは「三井住友カード ビジネスオーナーズ」をお持ちの場合は、三井住友カード会員向けのインターネットサービス「Vpass」からETC発行申込書(ビジネス用/一括型)をご請求のうえ、ETCカードにお申し込みください。

  • ※お申し込みには「Vpass」へのログインが必要です。
  • ※1枚のETC発行申込書で4名までお申し込みになれます。
  • ※一部の三井住友ビジネスカードや三井住友ビジネスカード for Ownersは、「ETC発行申込書(ビジネス用/一括型)」では、お申し込みができません。ビジネスサポートデスクまでお問い合せください。

詳細は以下ホームページをご確認ください。

法人がETCカードを使うメリットは?

法人カードに紐付いたETCカードを使うことで、さまざまなメリットが生まれます。いずれも、コスト削減と業務の簡略化に大きく貢献してくれますので、確認していきましょう。

通行料金の割引を受けられる

ETCを使うことで、有料道路の通行料金の割引を受けることができます。平日の朝夕に適用される「平日朝夕割引」や、土日祝日の利用で受けられる「休日割引」、毎日午前0時から午前4時までに適用となる「深夜割引」のほか、特定の路線を利用したり、渋滞する区間で迂回ルートを使ったりすると適用される割引もあります。これらの割引制度は、会社の経費削減に大きく役立つでしょう。

ただし、割引制度は特定の車種限定であったり、登録が必要だったりすることがありますから、事前に確認しておきましょう。

法人カードとETCカードのポイントが貯まる

法人カードに紐付いたETCカードを使うと、利用分に応じたポイントを獲得できます。このポイントは、個人向けのクレジットカード利用で貯まるポイントと同じく、商品と交換したりキャッシュバックを受けたりすることができます。ただし、法人カードの種類によっては、ポイントがつかない場合もありますので、確認しておきましょう。

また、ETCカードにも独自のポイント制度があり、「ETCマイレージサービス」に登録しておくことで、利用分に応じたポイントを獲得できます。ETCマイレージサービスは、ほとんどのETCカードで使うことができ、貯まったポイントは通行料金に利用できます。

  • ※別ウインドウでETCマイレージサービスのウェブサイトへ遷移します。

仮払いや精算が必要ない

有料道路の通行料金を現金で支払うとなると、あらかじめ現金を用意して仮払いするか、従業員に支払ってもらった後に精算するか、いずれにしても手間がかかります。ETCを使えば、社員は会社からETCカードを受け取り、車載器に挿し込めば、通行料金は自動で支払われます。通行料金は、会社の法人カード経由で支払われるため、社員の精算業務が発生せず、経理業務の工数削減にもつながるでしょう。

法人カードやETCカードはどうやって選べばいい?

法人カードおよびETCカードは、どのように選べばいいのでしょうか。そのポイントについて見ていきましょう。

法人カードを選ぶ際のポイント

法人カードについては、当然ではありますが、会社の経費精算などに利用するだけではなく、ビジネスでも役立つかどうかをチェックする必要があります。
例えば、個人向けクレジットカードよりも利用額が大きい傾向がある法人カードだからこそ、利用枠の管理のしやすさが重要です。また、会社で導入している経費精算システムと、法人カードが連携できるかどうかは大切なポイントです。
経費精算システムと法人カードの明細データを連動させることで、利用履歴が自動的に経費として記録されるようになるため、経費の入力作業も大幅に効率化することができます。
三井住友コーポレートカードでは、経費精算システムとデータ連携できます。

詳細は以下ホームページをご確認ください。

ETCカードを選ぶ際のポイント

ETCカードについては、発行会社による機能の違いはありません。発行手数料や年会費が必要なのかどうか、費用面を把握しておくようにしましょう。

個人所有ではなく法人用のETCカードをおすすめする理由

個人事業主や小規模な会社の場合、個人所有のETCカードを仕事にも使用しているといったケースは多いのではないでしょうか。ETCカードは、個人のものでも法人用でも、各種の割引を区別なく受けられるため、わざわざ法人用のETCカードを作る必要はないという見方もあります。しかし、法人用のETCカードを導入することには、大きなメリットがあります。

一番のメリットは、法人用のETCカードを利用することで、会社の経費と個人の出費をしっかり区別できることです。また、社員が法人カードやETCカードを使うことができますので、精算業務がなくなります。

ETCカードの発行が可能な三井住友カードの法人カード

続いては、三井住友カードの法人カードでETCカードが発行できるカードをご紹介します。会社の規模や用途に合わせて、ベストな1枚をお選びください。

三井住友カード ビジネスオーナーズ(一般)

三井住友カード ビジネスオーナーズ(一般)

おすすめポイント
年会費が永年無料のナンバーレスカード!
年会費(税込) ポイント還元率 限度額
本会員:永年無料
パートナー会員:永年無料
通常:0.5%
最大:1.5%
~500万円
※所定の審査が
あります。
カードの特徴
  • 満20歳以上の個人事業主・法人代表者向け
  • 登記簿謄本、決算書が不要
  • 最短3営業日で発行
  • 個人カードと2枚持ちで特定の加盟店でポイント最大1.5%還元
  • 最高2,000万円の海外旅行傷害保険などの付帯サービスが充実
    ※事前に旅費などを当該カードでクレジット決済いただくことが前提です。
  • 利用枠が大きめ(最大500万円)
詳細を見る

三井住友カード ビジネスオーナーズ(ゴールド)

三井住友カード ビジネスオーナーズ(ゴールド)

おすすめポイント
条件を満たすと翌年以降年会費が永年無料のナンバーレスカード!
年会費(税込) ポイント還元率 限度額
本会員:5,500円
(条件を満たすと
翌年以降永年無料
パートナー会員:永年無料
通常:0.5%
最大:1.5%
~500万円
※所定の審査が
あります。
カードの特徴
  • 年間100万円利用で毎年1万ポイント還元!
  • 満20歳以上の個人事業主・法人代表者向け
  • 登記簿謄本、決算書が不要
  • 最短3営業日で発行
  • 個人カードと2枚持ちで特定の加盟店でポイント最大1.5%還元
  • 最高2,000万円の海外・国内の旅行傷害保険(※)空港ラウンジ利用などの付帯サービスが充実
    ※事前に旅費などを当該カードでクレジット決済いただくことが前提です。
詳細を見る

三井住友カード ビジネスオーナーズ(一般)

三井住友カード ビジネスオーナーズ(一般)

おすすめポイント
年会費が永年無料のナンバーレスカード!
年会費
(税込)
ポイント
還元率
限度額
本会員:
永年無料
パートナー会員:
永年無料
通常:0.5%
最大:1.5%
~500万円
※所定の審査があります。
カードの特徴
  • 満20歳以上の個人事業主・法人代表者向け
  • 登記簿謄本、決算書が不要
  • 最短3営業日で発行
  • 個人カードと2枚持ちで特定の加盟店でポイント最大1.5%還元
  • 最高2,000万円の海外旅行傷害保険などの付帯サービスが充実
    ※事前に旅費などを当該カードでクレジット決済いただくことが前提です。
  • 利用枠が大きめ(最大500万円)
詳細を見る

三井住友カード ビジネスオーナーズ(ゴールド)

三井住友カード ビジネスオーナーズ(ゴールド)

おすすめポイント
条件を満たすと翌年以降年会費が
永年無料
のナンバーレスカード!
年会費(税込) ポイント
還元率
限度額
本会員:
5,500円
(条件を満たすと
翌年以降
永年無料
パートナー会員:
永年無料
通常:0.5%
最大:1.5%
~500万円
※所定の審査があります。
カードの特徴
  • 年間100万円利用で毎年1万ポイント還元!
  • 満20歳以上の個人事業主・法人代表者向け
  • 登記簿謄本、決算書が不要
  • 最短3営業日で発行
  • 個人カードと2枚持ちで特定の加盟店でポイント最大1.5%還元
  • 最高2,000万円の海外・国内の旅行傷害保険(※)空港ラウンジ利用などの付帯サービスが充実
    ※事前に旅費などを当該カードでクレジット決済いただくことが前提です。
詳細を見る

三井住友ビジネスカード(クラシック)

三井住友ビジネスカード(クラシック)

VisaMaster

おすすめポイント
事務処理の軽減経費の削減・見える化ができる!
年会費(税込) ポイント還元率 限度額
本会員:1,375円
パートナー会員:
1名につき440円
通常:0.5%
最大:2.5%
~150万円
カードの特徴
  • 法人専用(カード使用者は20名以下が目安)
  • 車移動の多い方にはETCカードもご用意
  • 最高2,000万円の海外旅行傷害保険
    ※事前に旅費などを当該カードでクレジット決済いただくことが前提です。
  • 年間100万円までのショッピング補償(海外のみ)などの付帯サービスが充実
詳細を見る

三井住友ビジネスカード(ゴールド)

三井住友ビジネスカード(ゴールド)

VisaMaster

おすすめポイント
事務処理の軽減経費の削減・見える化ができる!
年会費(税込) ポイント還元率 限度額
本会員:11,000円
パートナー会員:
1名につき2,200円
通常:0.5%
最大:2.5%
~300万円
カードの特徴
  • 法人専用(カード使用者は20名以下が目安)
  • 車移動の多い方にはETCカードもご用意
  • 最高5,000万円の海外・国内旅行傷害保険
  • 年間300万円までのショッピング補償ラウンジ利用などの付帯サービスが充実
詳細を見る

三井住友ビジネスカード(プラチナ)

三井住友ビジネスカード(プラチナ)

VisaMaster

おすすめポイント
事務処理の軽減経費の削減・見える化ができる!
年会費(税込) ポイント還元率 限度額
本会員:55,000円
パートナー会員:
1名につき5,500円
通常:0.5%
最大:2.5%
~500万円
カードの特徴
  • 法人専用(カード使用者は20名以下が目安)
  • 車移動の多い方にはETCカードもご用意
  • 最高1億円の海外・国内旅行傷害保険
  • 年間500万円までのショッピング補償ラウンジ利用などの付帯サービスが充実
詳細を見る

三井住友ビジネスカード(クラシック)

三井住友ビジネスカード(クラシック)

VisaMaster

おすすめポイント
事務処理の軽減経費の削減・見える化ができる!
年会費
(税込)
ポイント
還元率
限度額
本会員:1,375円
パートナー会員:
1名につき440円
通常:0.5%
最大:2.5%
~150万円
カードの特徴
  • 法人専用(カード使用者は20名以下が目安)
  • 車移動の多い方にはETCカードもご用意
  • 最高2,000万円の海外旅行傷害保険
    ※事前に旅費などを当該カードでクレジット決済いただくことが前提です。
  • 年間100万円までのショッピング補償(海外のみ)などの付帯サービスが充実
詳細を見る

三井住友ビジネスカード(ゴールド)

三井住友ビジネスカード(ゴールド)

VisaMaster

おすすめポイント
事務処理の軽減経費の削減・見える化ができる!
年会費
(税込)
ポイント
還元率
限度額
本会員:11,000円
パートナー会員:
1名につき2,200円
通常:0.5%
最大:2.5%
~300万円
カードの特徴
  • 法人専用(カード使用者は20名以下が目安)
  • 車移動の多い方にはETCカードもご用意
  • 最高5,000万円の海外・国内旅行傷害保険
  • 年間300万円までのショッピング補償ラウンジ利用などの付帯サービスが充実
詳細を見る

三井住友ビジネスカード(プラチナ)

三井住友ビジネスカード(プラチナ)

VisaMaster

おすすめポイント
事務処理の軽減経費の削減・見える化ができる!
年会費
(税込)
ポイント
還元率
限度額
本会員:55,000円
パートナー会員:
1名につき5,500円
通常:0.5%
最大:2.5%
~500万円
カードの特徴
  • 法人専用(カード使用者は20名以下が目安)
  • 車移動の多い方にはETCカードもご用意
  • 最高1億円の海外・国内旅行傷害保険
  • 年間500万円までのショッピング補償ラウンジ利用などの付帯サービスが充実
詳細を見る

三井住友コーポレートカード(一般)

三井住友コーポレートカード(一般)

VisaMaster

おすすめポイント
利用データを経費精算システムに自動連携可能!
年会費(税込) 限度額
本会員:1,375円
以降1会員につき:440円
(上限:33,000円)
ご入会時に
ご相談
カードの特徴
  • 大企業向け(カード使用者は20名以上が目安)
  • 経費精算システムへの利用明細データ連携が可能
  • カード利用明細をデータで配信可能
  • 全体の総利用枠に加え、カード毎に利用可能な限度額を設定可能
詳細を見る

三井住友コーポレートカード(ゴールド)

三井住友コーポレートカード(ゴールド)

VisaMaster

おすすめポイント
利用データを経費精算システムに自動連携可能!
年会費(税込) 限度額
本会員:11,000円
以降1会員につき:2,200円
(上限:33,000円)
ご入会時に
ご相談
カードの特徴
  • 大企業向け(カード使用者は20名以上が目安)
  • 経費精算システムへの利用明細データ連携が可能
  • カード利用明細をデータで配信可能
  • 全体の総利用枠に加え、カード毎に利用可能な限度額を設定可能
  • 旅行傷害保険や買い物保険、ラウンジ利用などの付帯サービスが充実
詳細を見る

三井住友コーポレートカード(一般)

三井住友コーポレートカード(一般)

VisaMaster

おすすめポイント
利用データを経費精算システムに自動連携可能!
年会費(税込) 限度額
本会員:1,375円
以降1会員につき:440円
(上限:33,000円)
ご入会時に
ご相談
カードの特徴
  • 大企業向け(カード使用者は20名以上が目安)
  • 経費精算システムへの利用明細データ連携が可能
  • カード利用明細をデータで配信可能
  • 全体の総利用枠に加え、カード毎に利用可能な限度額を設定可能
詳細を見る

三井住友コーポレートカード(ゴールド)

三井住友コーポレートカード(ゴールド)

VisaMaster

おすすめポイント
利用データを経費精算システムに自動連携可能!
年会費(税込) 限度額
本会員:11,000円
以降1会員につき:2,200円
(上限:33,000円)
ご入会時に
ご相談
カードの特徴
  • 大企業向け(カード使用者は20名以上が目安)
  • 経費精算システムへの利用明細データ連携が可能
  • カード利用明細をデータで配信可能
  • 全体の総利用枠に加え、カード毎に利用可能な限度額を設定可能
  • 旅行傷害保険や買い物保険、ラウンジ利用などの付帯サービスが充実
詳細を見る

よくある質問

Q1:ETCとは?

ETCとは、自動料金支払いシステムのことを指します。ETCのメリットは、有料道路の料金所で自動支払いができるので、停車することなく料金所のゲートを通過できることです。
有料道路の利用料金が割引されるほか、ETCマイレージサービスに登録しておくことで利用分に応じてポイントが貯まります。また、個々の社員が立替払いをする場合と比較すると、精算の必要がないため、経理業務を軽減することができます。

Q2:法人カードに紐付いたETCカードを使うメリットは?

ETCマイレージサービスに登録することで、ETCのポイントが付与されることに加えて、法人カードのポイントも獲得できます。また、有料道路の利用料金は、法人カードの支払いになるため、ほかの経費精算と合わせることができるのは大きなメリットです。

Q3:法人カードに紐付いたETCカードを発行する方法は?

所持している法人カードがあれば、追加でETCカードを発行できるケースがあります。ほかにも、法人カードとETCカードを新規で同時発行する方法もあります。

法人カードでETCカードを作っておこう

車での出張や移動が多い場合は、法人カードでETCカードを発行しておくといいでしょう。有料道路の通行料金やガソリン代など、車にかかる出費を法人カードに一元化して支払うことで、経費削減や経理業務の簡略化につながります。

法人カードとETCカードを活用し、業務の効率化を目指しましょう。

  • ※法人カードの種類によって商品性は異なりますので、あらかじめご了承ください。また、詳細につきましては、各商品ページをご確認ください。
  • ※2021年2月時点の情報なので、最新の情報ではない可能性があります。

おすすめの法人クレジットカード

法人代表者・個人事業主の方向け

登記簿謄本・決算書不要!

中小企業向け

経費精算もラクラク♪

  • プラチナカードを希望される方は「詳細を見る」よりご確認ください。

その他の法人カードもございます。
法人カード診断で最適なカードを見つけましょう。

こころさん イメージ こころさん イメージ

その他の法人カードもございます。法人カード診断で最適なカードを見つけましょう。

あなたにピッタリの
法人カードを診断!

新規ご入会&ご利用キャンペーン

三井住友ビジネスカード新規入会限定プラン最大6,000ポイントプレゼント! 三井住友ビジネスカード新規入会限定プラン最大6,000ポイントプレゼント!
  • ※特典を受けるには、一定の条件がございます。お申し込み前に必ず、[キャンペーン詳細]をご確認ください。

今回の記事のまとめ

ETCとは?

  • 自動料金支払いシステムのこと
  • ETCのメリットは、有料道路で自動支払いができるので、料金所を停車することなく通過できること
  • ETCを利用するには、ETC車載器とETCカードが必要

法人が作れるETCカードの発行方法

  • 所持している法人カードでETCカードを発行する
  • 法人カードとETCカードを新規で発行する

法人がETCカードを使うメリットは?

  • 通行料金の割引を受けられる
  • 法人カードとETCカードのポイントが貯まる
  • 仮払いや精算が必要ない

法人カードやETCカードを選ぶ際のポイント

  • 法人カードはビジネスでも役立つかどうかをチェックする
  • ETCカードは発行手数料や年会費が必要かをチェックする

関連情報

三井住友ETCカード(法人用)

ETCマークのある国内の有料道路の料金所をキャッシュレスで快適なドライブを実現します。

法人カード活用ガイド トップへ戻る

人気の記事ランキング