法人カード・ビジネスカードでもETCは使える?ETCが使える法人カードのメリットとは?

法人カードのメリット

法人カード・ビジネスカードでもETCは使える?ETCが使える法人カードのメリットとは?

法人カード・ビジネスカードでもETCは使える?ETCが使える法人カードのメリットとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ETCが使える法人カードとは?

企業・法人、個人事業主向け「法人カード」の導入を検討する理由のひとつに、「ETCカード」を発行できるサービスがあります。営業や長距離の配達などの業務が多い企業・法人では、社員1人ひとりにETCカードを持たせれば、料金決済が法人名義の銀行口座でまとめてできるので、経費管理に役立ちます。

クレジット機能がないカードも作れる?

ETCが使える法人カードには、「クレジット機能がないもの」と、「クレジットカード一体型」があります。法人カードで発行できるETCカードには、クレジット機能がついていないものが大半です。企業・法人の代表者が持っている親カードのみクレジットカードとして利用することができます。一方、子カードである社員用のETCカードでは、高速利用料金の支払いのみを行います。

ETCが使える法人カードの発行方法は?

ETCカードを作るには、一般的なクレジットカードと同様、まず法人カードを作る必要があります。各カード会社や法人カードの種類によって、ETCカードの作成方法が異なります。また、法人カード1枚につきETCカード1枚しか作れなかったり、複数枚発行できる場合もあったり、サービスも異なります。自社でETCカードが何枚必要なのか検討した上で申し込みをしましょう。

ETCが使える法人カードの特徴

ETCが使える法人カードの特徴

ETCが使える法人カードには、各カード会社が発行している法人カードの付帯サービスである「法人用ETCカード」と協同組合・NEXCO(東・中・西日本高速道路)が法人向けに発行している「ETCコーポレートカード」の2種類があります。

ETCが使える法人カードのメリット

ETCが使える法人カードを持つメリットは、カードによって、高速道路の早朝夜間割引、休日特別割引などが適用され、お得な価格で利用できること。クレジット一体型の場合、ポイントも還元されます。また、一般的なETCカードと同様、ETCマイレージサービスを受けられます。さらに、それぞれのカードの利用料金は企業・法人名義の銀行口座から一括で引き落とされ、明細書には誰が・いつ・どこで・いくら高速道路料金を使用したのかわかり、経費担当者の管理が楽になります。

  • 利用実績に応じて割引やマイレージサービスがある
  • ETCカードを利用することで、ポイントが貯まる
  • 経費削減になる
  • 経費管理が楽になる

ETCコーポレートカードとの違いは?

「ETCコーポレートカード」とは、NEXCO(東・中・西日本高速道路会社)が発行、貸与する大口利用者向けの「車両限定ETCカード」のこと。クレジットカード機能はついていません。車両限定なのでETC車載器1台につき1枚のカードが発行され、その車両以外で利用することはできません。ただし、ETCコーポレートカード限定で「大口・多頻度割引」が適用されます。法人ETCカードとは異なりETCコーポレートカードを作る場合は、現金または銀行保証で支払保証が必要です。

一般のETCカードよりも法人カードをオススメする理由

ETCカード イメージ

現在、仕事にも一般的なETCカードを使用している方も多いかもしれません。一般的なETCカードでも同様の割引が受けられるため、法人ETCカードを作ることが面倒……といった声も。とはいえ、法人ETCカード導入には、大きなメリットもあります。

会社の経費と、個人としての出費をきちんと区別できる

一番の理由は、会社の経費と個人の出費をきちんと区別できること。法人用ETCカードにすることで、プライベートの一般的なクレジットカードと明細を分けることができ、経費処理が楽になります。従業員が使った経費を個人単位で把握でき、明細や管理画面などでも可視化できます。また、カード会社によっては、一般的なETCカードに適用される割引以外の割引が適用されるなど、経費削減につながるサービスもあります。

  • ビジネス用、プライベート用の出費を区別できる
  • 個人単位で経費を可視化できる
  • 一般的なETCカードよりお得な割引サービスがある場合も

今回の記事のまとめ

法人カードの付帯サービスである法人用ETCカードは、親カードに対して、1枚または複数枚作ることができます。カード会社によって、それぞれ割引やポイントサービスがあり、一般的なETCカードよりお得に使えるのも特徴のひとつです。また、ETCカードを複数枚作った場合でも、決済は企業・法人名義の銀行口座なので、経費処理もより効率的にできます。さらに誰が・いつ・どこで・いくら使用したか明細書に記載されるので、経費を可視化でき、経費管理に役立ちます。特に、営業などで車を使用することが多い企業・法人には、法人用ETCカードの導入をオススメします。

関連情報

三井住友ETCカード(法人用)

ETCマークのある国内の有料道路の料金所をキャッシュレスで快適なドライブを実現します。

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

法人カード活用ガイド トップへ戻る

おすすめの法人クレジットカード

中小規模企業の方・個人事業者の方に

大規模企業の方に

その他の法人カードもございます。
法人カード診断で最適なカードを見つけましょう。

こころさん イメージ こころさん イメージ

その他の法人カードもございます。法人カード診断で最適なカードを見つけましょう。

あなたにピッタリの
法人カードを診断!

人気の記事ランキング