ゼロからはじめるクレジットカード
クレジットカードの裏話
郵便局もキャッシュレス決済対応に!クレジットカードを活用する方法

クレジットカードの裏話

郵便局もキャッシュレス決済対応に!クレジットカードを活用する方法

郵便局もキャッシュレス決済対応に!クレジットカードを活用する方法

これまで、郵便局ではクレジットカードをはじめとしたキャッシュレス決済には対応していませんでした。しかし、2020年2月より順次、郵便局でもキャッシュレス決済の導入がスタートし、クレジットカードも使えるようになります。
今回は、郵便局のサービスにおけるクレジットカードの活用法について解説します。

新規入会限定キャンペーン実施中!

三井住友カード プラチナプリファードは一部キャンペーンの対象となりませんので必ず詳細ページをご確認ください。

対象カード・適用条件について、お申し込み前に必ず上記バナーよりキャンペーン詳細ページをご確認ください。

キャンペーンは予告なく変更・終了することがございます。

クレジットカードを探す

郵便局でもキャッシュレス決済が可能に

キャッシュレス決済の普及が進む中、郵便局でも、2020年2月から順次、キャッシュレス決済が解禁となりました。
これまでは、日本の郵便局におけるほとんどのサービスが、クレジットカード決済や電子マネー・デビットカード、ギフトカード、プリペイドカードなどの利用にも対応しておらず、郵便局の窓口で使えるのは現金のみのため、不便に感じていた人も多いでしょう。しかし、利用者の利便性向上や、増加する外国人観光客への対応を目的として、郵便局の窓口でもクレジットカード決済などのキャッシュレス決済が導入されることになったのです。

キャッシュレス決済ができる商品やサービスについて

郵便局におけるキャッシュレス決済の利用対象について確認しておきましょう。郵便局では、窓口で取り扱っている以下の商品やサービスの支払い時に、キャッシュレス決済を利用することができます。

  • 郵便料金または荷物(ゆうパック、ゆうメールなど)運賃の支払い
  • 切手、はがき、レターパックなどの郵便関連販売品の支払い
  • カタログ、店頭商品などの物販商品の支払い

ただし、印紙、宝くじ、代金引換郵便物などの引換金、税付郵便物の関税などでは利用できませんのでご注意ください。
また、郵便局のキャッシュレス決済は、クレジットカード、デビットカード、プリペイドカード、電子マネー、スマホ決済が対象となります。Visa、Mastercardを含むクレジットカード6ブランドのほか、電子マネー4ブランド、スマホ決済11ブランドに対応と、多様なキャッシュレス決済が利用できるようになっています。

キャッシュレス決済に対応している郵便局は?

2020年2月より順次、全国の郵便局におけるキャッシュレス決済の取り扱いが開始されます。
2月の時点では、まだ全国の一部の郵便局での取り扱いとなりますが、5月からは本格的にキャッシュレス決済を導入する郵便局が増加する予定です。キャッシュレス決済を導入する郵便局については、日本郵便のウェブサイトからご確認いただけます。

  • 別ウィンドウで日本郵便株式会社のウェブサイトへリンクします。

郵便局でクレジットカード決済ができる場面

実際に、郵便局のサービスでクレジットカード決済を利用するシチュエーションを確認してみましょう。

郵便窓口で取り扱う商品やサービスの支払いで活用する

郵便窓口で購入する商品やサービス利用時の支払いに、クレジットカード決済ができます。
通常はがきや往復はがき、年賀はがき、切手などを大量に購入したり、国際郵便、ゆうパック、ゆうメールなどをまとめて送付したりすると、かなり料金がかさみます。現金の持ち合わせがない場合はもちろん、クレジットカードをメインの決済手段にしていてポイントを効率良く貯めたいという人にも利便性があるでしょう。

「Webゆうびん」で利用する

自宅、職場、外出先などから、インターネットで慶弔メッセージや請求書配送などが注文できる「Webゆうびん」で、クレジットカード決済か料金後納を選択できます。
具体的なサービス内容としては、お祝いやお悔やみのメッセージを送る「Webレタックス」、パソコンで作成したデータをアップロードするだけで内容を印刷し封筒詰めしたうえで発送までを代行してくれる郵便発送サービス「Webレター」、WordやPDFのファイルを郵便物として速達で送付できる「Web速達」などがあります。
請求書など、一度に大量の郵便物を送りたい場合や、急ぎの文書を当日中に顧客に届けたい場合などに活用できるでしょう。

  • 別ウィンドウで日本郵便株式会社のウェブサイトへリンクします。

郵便局のネットショップで商品を購入する

さまざまな商品を販売する「郵便局のネットショップ」でも、クレジットカード決済ができます。切手やはがきなど、郵便局ならではの商品のほか、産地直送の品、日用品、お中元・お歳暮、贈り物に最適なギフトなどを販売しています。

  • 別ウィンドウで日本郵便株式会社のウェブサイトへリンクします。

ただし、買物の総額が5,000円(税込)未満の場合、送料がかかってしまいますので、郵便局で直接購入するよりも高くなります。クレジットカード払いで還元されるポイントより送料が高くなってしまいますので、切手やはがきをまとめ買いするときや、季節の贈り物を多数送るときなどに、郵便局のネットショップを使うことをおすすめします。

利用シーンがさらに広がるクレジットカード

郵便局の利用頻度が高い人ほど、郵便局のキャッシュレス決済導入によるメリットも大きいでしょう。ポイントをより効率良く貯められるうえ、支払いをクレジットカードにまとめることで、利用明細を家計簿代わりにすることができます。
また、法人や個人事業主の人で郵便局の商品を購入したり郵便サービスを利用したりする際にも、クレジットカードでまとめて支払うことで経費管理がしやすくなります。キャッシュレス決済に対応している郵便局かどうかも確認したうえで、クレジットカード決済を活用していきましょう。

  • ※2020年3月時点の情報なので、最新の情報ではない可能性があります。

初めてのお申し込みには
三井住友カードがおすすめ!

新規入会限定キャンペーン実施中!

三井住友カード プラチナプリファードは一部キャンペーンの対象となりませんので必ず詳細ページをご確認ください。

対象カード・適用条件について、お申し込み前に必ず上記バナーよりキャンペーン詳細ページをご確認ください。

キャンペーンは予告なく変更・終了することがございます。

今回の記事のまとめ

郵便局でもキャッシュレス決済が可能に

  • 2020年2月から順次、郵便局でもキャッシュレス決済が可能
  • これまでは郵便局のほとんどのサービスが現金決済のみ

キャッシュレス決済の利用対象

  • 郵便料金または荷物運賃の支払い
  • 切手、はがき、レターパックなどの郵便関連販売品の支払い
  • カタログ、店頭商品などの物販商品の支払い

利用可能なキャッシュレス決済の種類とブランド

  • クレジットカード、デビットカード、プリペイドカード
  • 電子マネー
  • スマホ決済
  • クレジットカードは6ブランド、電子マネーは4ブランド、スマホ決済は11ブランドに対応

キャッシュレス決済に対応している郵便局

  • 5月から全国的にキャッシュレス決済を導入する郵便局が増加する予定
  • キャッシュレス決済を導入する郵便局については、日本郵便のウェブサイトで確認できる

郵便局のサービスでクレジットカード決済ができる場面

  • 郵便窓口で取り扱う商品やサービスの購入
  • Webゆうびんサービスの利用
  • 郵便局のネットショップでの商品の購入

「ゼロからはじめるクレジットカード」
の他の記事を読む

あなたにおすすめの記事

    人気記事ランキング

    特集記事【クレカで新生活をおトクに始めよう!】

    三井住友カードのスペシャルコンテンツ

    • キャッシュレスの基礎知識やキャッシュレス決済の方法についてご紹介!

    • 【♯大人になるって何だろう】スペシャルページでアニメを公開中!

    • 【SPY WORLD】動画の途中で続きを選択!?君の選択で未来を変えよう。
      ※この動画は音声ありでお楽しみください。

    • SNS担当先輩【せ】&後輩【こ】の2名で楽しくゆる~く発信していきます!

    • [クレカ徹底解説]クレジットカードの仕組みや選び方など必見情報まとめ

    • 新社会人・新入社員・内定者の方が知っておきたい社会人生活の基礎知識をご紹介!