ゼロからはじめるクレジットカード
おすすめのカードと作り方
Mastercard(マスターカード)とは?Visaとの違いやメリットを比較

おすすめのカードと作り方

Mastercard(マスターカード)とは?Visaとの違いやメリットを比較

Mastercard(マスターカード)とは?Visaとの違いやメリットを比較

クレジットカードを申し込む際に、国際ブランドをVisaにするのかMastercardにするのか、迷ったことはないでしょうか。国際ブランドの中でも、特にシェア率が高いVisaとMastercardのクレジットカードは、三井住友カードでも発行しています。
ここでは、Mastercardを中心にしながら、VisaとMastercardの違いや、それぞれのメリットを解説します。

新規入会者限定プレゼント実施中!

キャッシュレスプラン
キャッシュレスプラン

新規入会&利用プラン!
最大5,000円相当プレゼント!

カードご入会月+2ヵ月後末までを対象期間として、カードご利用金額を毎月集計し、15%を乗じた金額相当のVポイントをご利用月の翌月末頃にプレゼントします。

対象カード・適用条件について、お申し込み前に必ず キャッシュレスプラン詳細ページ
をご確認ください。

三井住友カードプラチナプリファードはキャッシュレスプラン対象外となります。

対象カード・適用条件について、お申し込み前に必ず上記バナーよりキャッシュレスプラン詳細ページをご確認ください。

キャッシュレスプランは予告なく変更・終了することがございます。

三井住友カードプラチナプリファードはキャッシュレスプラン対象外となります。

対象カード・適用条件について、お申し込み前に必ず上記バナーよりキャッシュレスプラン詳細ページをご確認ください。

キャッシュレスプランは予告なく変更・終了することがございます。

クレジットカードを探す

Mastercardは国際ブランドのクレジットカード

Mastercardは、クレジットカードの国際ブランドのひとつです。国際ブランドとは、世界中でクレジットカードの決済システムを提供している会社のことで、VisaやMastercardが代表的な国際ブランドとして広く知られています。世界でトップのシェアを持つVisaは、国や地域を問わず普及率が高い国際ブランドです。Mastercardは世界2位のシェアとなり、Visaと同じように世界中で使いやすい国際ブランドです。海外へ行くなら、VisaかMastercardのどちらかのクレジットカードを用意すれば問題ないでしょう。

三井住友カードでは、VisaとMastercard両方の国際ブランドを取り扱っており、希望に応じて自由に選ぶことができます。おすすめしたいのは、年会費が永年無料の「三井住友カード(NL)」です。券面に会員番号・有効期限・セキュリティコードが表記されないナンバーレスのカードで、クレジットカード情報はアプリから確認できるので、ネットショップでの買物もスムーズになります。従来のクレジットカードとはまったく違う、先進性を備えたクレジットカード体験が待っています。
また、三井住友カードでは、「デュアル発行」というサービスを提供しています。これは、VisaとMastercardの2枚を作ることができるというサービスで、三井住友カード(NL)ならば、年会費無料でVisaとMastercard2枚を持つことができます。

国際ブランドは2つのカテゴリに分けられる

国際ブランドは大きく分けて、「決済カードブランド」と「T&E(Travel & Entertainment)カードブランド」の2つのカテゴリに分類されています。

決済カードブランドは、その名のとおり、決済機能の使いやすさにこだわっている国際ブランドで、Visa、Mastercardが該当します。中でも、VisaとMastercardに共通しているのが、決済システムのみを提供している点です。VisaもMastercardも世界中のクレジットカード会社に決済システムを提供していますが、どちらも自社ではクレジットカードを発行していません。

一方、T&Eカードブランドは、旅行やエンターテインメント分野におけるサポートが充実していて、American Express、Diners Clubが該当します。
クレジットカードを選ぶ際は、国際ブランドの特徴について意識してみてもいいでしょう。

Mastercardのメリットとは?

Mastercardには、どのようなメリットがあるのでしょうか。ここでは、Mastercardのメリットを3つに絞ってご紹介します。

世界中で利用できるが特にヨーロッパ圏に強い

Mastercardは世界でのシェア率が2位となりますので、世界中で利用しやすい国際ブランドです。そのなかでも、Mastercardはヨーロッパ圏に強いとされています。
ヨーロッパに行く際には、Mastercardを持っていくことを検討してみてもいいでしょう。

海外でのキャッシングが使いやすい

Mastercardは、独自のグローバルATMネットワーク「Cirrus(シーラス)」を展開しています。
CirrusマークのあるATMなら、世界中どこでもMastercardを使ってキャッシングすることができます。海外旅行中に現金が必要になったとき、Mastercardがあれば安心でしょう。

プライスレス・シティを利用できる

Mastercardは、「プライスレス・シティ」というMastercard会員だけが利用できる特典プログラムを用意しています。プライスレス・シティでは、ニューヨーク、ロンドン、ホノルル、北京、香港、シドニーといった主要都市で特別なイベントに参加できたり、優待サービスを受けたりすることができます。
2015年からは日本国内で利用できる特典プログラム「プライスレス・ジャパン」がスタート。ショッピングや旅行、飲食、エンターテインメントの分野で、特別な体験や優待サービスを提供しています。

Mastercardならコストコでクレジットカード払いができる

Mastercardならではの特長として、コストコでクレジットカード払いが可能というものがあります。
コストコとは、正式名称をコストコホールセールという、アメリカ発祥の会員制倉庫型店です。広大な敷地面積を持つ店舗には、鮮魚や生肉、野菜といった食料品をはじめ、家電品やアウトドア用品、生活雑貨など、ありとあらゆるものがそろっています。
コストコの最大の魅力は、価格の安さと量。卸値に近い価格で購入できるため、日本国内でも多くのコストコファンを獲得しています。
商品が安く、またその品数も豊富なコストコでは、一度に大量の品物を購入するケースも少なくありません。そういったときに活用したいのが、クレジットカードです。
コストコで利用可能なクレジットカードは、「コストコの公式クレジットカード」と「Mastercardブランドのクレジットカード」の大きく分けて2種類がありますので、ぜひ活用してみてください。

VisaとMastercard、おすすめは2枚持ち

実際にクレジットカードを作るのなら、国際ブランドはどう選べばいいのでしょうか。おすすめは、VisaとMastercardの2枚持ちですが、その理由と注意点について説明していきましょう。

店舗やATM利用の選択肢が増える

どちらのクレジットカードも世界中で広く使われているとはいえ、Visaしか使えない店舗やATMもあれば、反対にMastercardしか使えない店舗やATMもあります。2枚持ちで上手に使い分けることができれば、店舗での支払いやATMでのご利用に困ることはないでしょう。

海外キャッシングでも役立つ

現金が必要となったときに、街中のATMでクレジットカードを使って現金を引き出すことができるキャッシング。日本国内と同様に、海外でも空港や街中、銀行などに設置されているATMでキャッシングすることができます。
海外でキャッシングする際は、VisaとMastercardの両方を持っていると安心です。

というのも、海外でキャッシングをするとなると、持っているクレジットカードが1枚だけでは、そのブランドに対応したATMを探すことが日本と比べて困難であるからです。やっとATMを見つけても、自分のクレジットカードに対応していないということも珍しくありません。そのようなとき、世界中で使えるVisaとMastercardの両方を持っていれば、いずれかのクレジットカードでATMを使える可能性は非常に高いです。

カードの持ちすぎに注意しつつ上手に使い分けよう

クレジットカードは、紛失や磁気不良などのトラブルに備えるためにも、最低2枚持っていると安心です。ただし、年会費がかさんだり、使いすぎたりしてしまう可能性もあるため、どのくらい使っているのかしっかり管理をしておきましょう。
年会費無料のクレジットカードも選択肢に入れつつ、無理なく自己管理できる組み合わせで持つようにしてください。

VisaもMastercardもお得に持てる「デュアル発行」

三井住友カードでは、「デュアル発行」というサービスを提供しています。これは、VisaとMastercardの2枚を作ることができるというサービスです。例えば、三井住友カード(NL)ならば、年会費無料で、VisaとMastercard2枚を持つことができます。

すでにVisaまたはMastercardいずれかのクレジットカードをお持ちの場合は、異なるカードブランドで同じクレジットカードにお申し込みいただくことで、自動的にデュアル発行となります。
例えば、三井住友カード ゴールドのVisaブランドをお持ちの場合、同じ三井住友カード ゴールドならばMastercardでのデュアル発行が可能ということです。

なお、デュアル発行可能なクレジットカードは以下になります。

Visa、Mastercard、どちらも持っておきたいという場合に、ぜひ検討してみてください。

三井住友カードのMastercard

三井住友カードが発行するMastercardについてご紹介します。

三井住友カード Mastercard(NL)

三井住友カード(NL)

「三井住友カード(NL)」は、年会費が永年無料で、券面に会員番号・有効期限・セキュリティコードが表記されないナンバーレスのカードです。Masterecard®コンタクトレス(※1)を対象のお店で利用することで、ポイント還元率が最大5%(※2)となります。
さらに、クレジットカード情報はアプリから確認できるので、ネットショップでの買物もスムーズに。従来のクレジットカードとはまったく違う、先進性を備えたクレジットカード体験が待っています。

  • ※1 一部、Mastercard®コンタクトレスがご利用いただけない店舗があります。
  • ※2 一部、ポイント加算対象とならない店舗および指定のポイント還元率にならない場合があります。ポイント還元率は利用金額に対する獲得ポイントを示したもので、ポイントの交換方法によっては、1ポイント1円相当にならない場合があります。
  • ※1・2ともに、詳細は以下ホームページをご確認ください。

三井住友カード ゴールド Mastercard

三井住友カード ゴールド

ワンランク上のカード体験を希望する人におすすめなのが、「三井住友カード ゴールド」です。三井住友カード ゴールドでは、Visaに加えてMasterecardを選択できます。年会費は11,000円(税込)で一般カードよりも高額にはなるものの、それを補って余りある補償が魅力。最高5,000万円の国内・海外旅行傷害保険や年間300万円までのショッピング補償が付帯し、空港ラウンジサービスも利用可能です。

  • ※カード付帯保険は、カードの種類により補償内容や保険金額、適用条件などが異なります。
  • ※実際の保険金のお支払い可否は、普通保険約款および特約などに基づく保険会社の審査があります。

三井住友カード プラチナ Mastercard

三井住友カード プラチナ

三井住友カードの数あるカードの中でも、最も上位ランクになるのが「三井住友カード プラチナ」です。黒色で光沢のあるカード券面は、高いステータス性を発揮してくれます。三井住友カード プラチナでは、Visaに加えてMasterecardを選択できます。
見た目だけでなく、特典内容も非常に充実しており、旅行傷害保険は国内・海外ともに最高1億円の補償がついていたり、航空券やホテル、レストランなどの予約案内を24時間・年中無休で対応してくれるコンシェルジュサービスがついていたりなど、最上位カードならではの手厚いサービスが魅力です。年会費は55,000円(税込)で、満30歳以上の人がお申し込みの対象となります。

下の表は、横にスライドしてご覧ください。
カード名 三井住友カード(NL)
三井住友カード(NL)
三井住友カードゴールド
三井住友カードゴールド
三井住友カードプラチナ
三井住友カードプラチナ
Mastercardの発行 可能 可能 可能
初年度年会費 無料 インターネット入会で無料 55,000円(税込)
翌年度以降
年会費
永年無料 11,000円(税込)
条件により4,400円
(税込)まで割引
55,000円(税込)
条件により53,900円
(税込)まで割引
VisaとMastercardを2枚お申し込みの場合の
2枚目の年会費
永年無料 2,200円(税込) 5,500円(税込)
ポイント還元 200円(税込)=1ポイント貯まる 200円(税込)=1ポイント貯まる 200円(税込)=1ポイント貯まる
入会資格 満18歳以上の方
(高校生は除く)
原則満30歳以上
安定継続収入のある方
原則満30歳以上
安定継続収入のある方
(学生は除く)

よくある質問

Q1:国際ブランドって何?

国際ブランドとは、世界中でクレジットカードの決済システムを提供している会社のこと。店舗やサービスごとに導入している国際ブランドは異なり、クレジットカード払いをするためには、対応する国際ブランドが搭載されたクレジットカードを使用する必要があります。

Q2:VisaとMastercardはどちらがおすすめ?

VisaとMastercardにはそれぞれ独自の強みや使いやすい国・地域があるため、2枚持ちをするのが最もおすすめの方法です。そうすれば、それぞれの弱みをカバーすることができ、世界中のほとんどのエリアで快適にクレジットカードを利用することができるはずです。

Q3:コストコで使えるクレジットカードは?

コストコの公式クレジットカードか、Mastercardブランドのクレジットカードが、コストコで利用することができます。

複数枚持つならVisaとMastercard

Mastercardは、CirrusマークのあるATMなら海外でもキャッシングが可能という特徴があるように、クレジットカードの国際ブランドはそれぞれ強みや使いやすい国・地域があるため、ブランド選びに迷ったときは、用途やライフスタイルに合わせて決めることが大切です。
また、クレジットカードを複数枚持つ場合は、VisaとMastercardの両方を所持し、使い分けていくことがおすすめです。利用できる国や地域をほとんどカバーできるため、海外旅行でも大いに役立つでしょう。

  • ※2021年3月時点の情報なので、最新の情報ではない可能性があります。

初めてのお申し込みには
三井住友カードがおすすめ!

新規入会者限定プレゼント実施中!

キャッシュレスプラン
キャッシュレスプラン

新規入会&利用プラン!
最大5,000円相当プレゼント!

カードご入会月+2ヵ月後末までを対象期間として、カードご利用金額を毎月集計し、15%を乗じた金額相当のVポイントをご利用月の翌月末頃にプレゼントします。

対象カード・適用条件について、お申し込み前に必ず キャッシュレスプラン詳細ページ
をご確認ください。

三井住友カードプラチナプリファードはキャッシュレスプラン対象外となります。

対象カード・適用条件について、お申し込み前に必ず上記バナーよりキャッシュレスプラン詳細ページをご確認ください。

キャッシュレスプランは予告なく変更・終了することがございます。

三井住友カードプラチナプリファードはキャッシュレスプラン対象外となります。

対象カード・適用条件について、お申し込み前に必ず上記バナーよりキャッシュレスプラン詳細ページをご確認ください。

キャッシュレスプランは予告なく変更・終了することがございます。

クレジットカードを探す

今回の記事のまとめ

Mastercardは国際ブランドのクレジットカード

  • Mastercardも普及率が高く、世界中で使いやすいクレジットカード

国際ブランドは2つのカテゴリに分けられる

  • 「決済カードブランド」と「T&E(Travel & Entertainment)カードブランド」に分類される

Mastercardのメリット

  • 海外ではヨーロッパ圏に強い
  • 海外でのキャッシングが使いやすい
  • プライスレス・シティを利用できる

Mastercardならコストコでクレジットカード払いが可能!

  • コストコで利用できるクレジットカードは「コストコの公式クレジットカード」と「Mastercardブランドのクレジットカード」の大きく分けて2種類がある

どちらの国際ブランドのクレジットカードを持つべきか?

  • おすすめはVisaとMastercardの2枚持ち
  • 2枚持ちは海外キャッシングにも役立つ
  • カードの持ちすぎに注意しつつ上手に使い分けよう

「ゼロからはじめるクレジットカード」
の他の記事を読む

あなたにおすすめの記事

    人気記事ランキング

    特集記事【クレカで新生活をおトクに始めよう!】

    三井住友カードのスペシャルコンテンツ

    • キャッシュレスの基礎知識やカード活用術、お困りごと解決情報など役立つ情報を発信しています。

    • 【♯大人になるって何だろう】スペシャルページでアニメを公開中!

    • 【SPY WORLD】動画の途中で続きを選択!?君の選択で未来を変えよう。
      ※この動画は音声ありでお楽しみください。

    • SNS担当先輩【せ】&後輩【こ】の2名で楽しくゆる~く発信していきます!

    • [クレカ徹底解説]クレジットカードの仕組みや選び方など必見情報まとめ

    • 新社会人・新入社員・内定者の方が知っておきたい社会人生活の基礎知識をご紹介!