ゼロからはじめるクレジットカード
クレジットカードの裏話
ステータスの高いクレジットカードとは?その特徴やメリットを解説

クレジットカードの裏話

ステータスの高いクレジットカードとは?その特徴やメリットを解説

こんな人に
おすすめ!

  • ステータス重視でクレカを選ぶ方

ステータスの高いクレジットカードとは?その特徴やメリットを解説

クレジットカードを選ぶ基準は、「年会費」「ポイント還元率」「デザイン」など、人それぞれです。しかし、クレジットカードはただのアイテムではなく、持ち主の社会的地位をイメージさせる部分もあります。そのため、人前で出したときに恥ずかしくないよう、クレジットカードのステータスを重んじる人は多いようです。
ここでは、クレジットカードのステータスに関する基礎知識を解説します。また、クレジットカードのステータスを意識することで得られるメリットや、ステータスの高いカードを持つ際の注意点についても見ていきましょう。

新規入会限定キャンペーン実施中!

三井住友カード プラチナプリファードは一部キャンペーンの対象となりませんので必ず詳細ページをご確認ください。

対象カード・適用条件について、お申し込み前に必ず上記バナーよりキャンペーン詳細ページをご確認ください。

キャンペーンは予告なく変更・終了することがございます。

クレジットカードを探す

クレジットカードのステータスは?

一口にクレジットカードといっても、その種類やランクはさまざまです。クレジットカードのステータスは、そのカードに対して与えられる社会的な評価やランクを表すものだと考えればいいでしょう。
一般的に、クレジットカードのステータスは、「ランク別のステータス」と「カード会社によるステータス」の2つに分かれます。

ランク別のステータス

クレジットカードにはいくつかのランクがあり、それに応じてステータスがあります。一般的には、下から順に「一般カード」「ゴールドカード」「プラチナカード」「ブラックカード・プレミアムカード」となっています。
ランクが上がるにつれて入会の条件が厳しくなり、年会費の負担も大きくなるため、こうしたクレジットカードを持っているだけで社会的信用度も高くなるといえます。

■カードのランクと内容

下の表は、横にスライドしてご覧ください。
カードのランク 内容 対応する三井住友カード
一般カード 一般的なステータスのクレジットカードです。年会費は無料~数千円のカードがほとんどです。

三井住友カード(NL)

ゴールドカード 一般カードよりもワンランク上のゴールドカードは、お申し込みをして、審査に通過すれば所持できる物がほとんど。年会費も、一般カードよりもアップします。券面はゴールド系統の物が多いです。

三井住友カード プライムゴールド

三井住友カード ゴールド

プラチナカード
ブラックカード
プレミアムカード
プラチナカードは、招待制となっていることもあるステータスの高いクレジットカードです。券面はシルバーやプラチナ、ゴールドなど、高級感のあるデザインとなっています。
一部カード会社では、プラチナよりステータスの高いカードとして、ブラックカードやプレミアムカードを発行している場合もあります。

三井住友カード プラチナ

三井住友カード プラチナプリファード

カード会社によるステータス

クレジットカードには、発行しているカード会社によってもステータスが変わります。また、VisaやMastercardといったブランドは同じでも、発行会社が違えば提供されるサービス内容が多少異なります。
さらに、クレジットカード発行会社が独自に発行しているプロパーカード、銀行が発行元である銀行系クレジットカードは信頼性が高く、ステータスが高いとされています。

カード会社のステータスについては、国際ブランドか否かということも関わるでしょう。国際ブランドとは、国や地域を問わず、世界中で使用できるクレジットカードのブランドのことをいい、日本で発行されているVisa、Mastercardなどはすべて国際ブランドとなります。
国際ブランドの中でも、発行枚数と加盟店数が圧倒的に多いのがVisaとMastercardです。海外旅行でさまざまな国や地域で使用したい場合は、いずれか1枚は所持しておいたほうがいいでしょう。

ステータスの高いクレジットカードの特徴

ステータスの高いカードは、一般カードにはない次のような特徴を持っています。

年会費がかかる

一般カードは年会費無料のクレジットカードが多いですが、ゴールドカード以上のランクになると、年会費が発生する場合があります。
「ゴールドカードの年会費は、一般的に2,000円~3万円程度」で、プラチナカードやブラックカード・プレミアムカードになると、5万円以上や10万円以上の年会費がかかることもあります。年会費が負担になってしまわないよう、収入に見合った年会費のクレジットカードを選ぶことをおすすめします。

サービスが充実している

クレジットカードのステータスは、利用できるサービスの質の高さにも影響してきます。ステータスが高いほどサービスも充実する傾向にあり、一般カード会員では利用できない空港ラウンジの利用や宿泊施設の優待サービスのほか、レストランやホテルを優先予約してもらえるコンシェルジュサービスなど、幅広いシーンに役立つサービスを利用できるようになります。利用限度額、補償額、付帯保険の範囲などが拡大されることも、ステータスの高いカードの特徴でしょう。
ステータスの高いクレジットカードを選ぶ際は、こうした特典やサービス内容にも注目してみてください。

ステータスを意識するのはどんなとき?

クレジットカードのステータスが気になるのは、どのようなシーンでしょうか。ポイントや特典以外にクレジットカードで重視する点としては、1人でいる際や家族といる際は、使いやすさを重視する方のほうが多いようです。
一方で、友人や恋人といる際、同僚や部下といる際など、家族以外といる際に「ステータス」を重視する方は多いのではないでしょうか。人目を意識するシーンで、クレジットカードのステータスを気にする方が多いといえそうです。
クレジットカードのステータスを意識する具体的な理由としては、「社会的ステータスを誇示したい」「アピールはしないが、見られても恥ずかしくないクレジットカードを選びたい」「仕事関係の人に見劣りしたくない」「きちんとした人だと思われたい」などが挙げられるでしょう。

クレジットカードのステータスが高いことで得られるメリット

ステータスの高いクレジットカードを持つことによるメリットには、どのようなものがあるのでしょうか。

海外で社会的地位、身分を証明してくれる

海外では、ステータスカードが身分証明書の代わりとなり、社会的な地位を証明してくれます。特に、病気や事故で病院のお世話になる場合、クレジットカードのステータスは治療費を支払う際の証明になります。

安心感や良いイメージを与えられる

高いステータスのクレジットカードは、一般のカードに比べて年会費が高く、年収などの制限もあるため、誰もが持てるものではありません。高いステータスのクレジットカードを持っているというだけで、信頼感や安心感というプラスのイメージを周囲に与えることができるでしょう。

三井住友カードがおすすめするステータス系カード4種

ここでは、三井住友カードで発行できる、ランクの高いステータスカードをご紹介しましょう。

■各種カードの比較

下の表は、横にスライドしてご覧ください。
カード名

三井住友カード ゴールド

三井住友カード プライムゴールド

三井住友カード プラチナ

三井住友カード プラチナプリファード

初年度年会費 インターネット入会で無料 無料 55,000円(税込) 33,000円(税込)
翌年度以降
年会費
11,000円(税込)
※年会費割引条件あり
5,500円(税込)
※年会費割引条件あり
55,000円(税込) 33,000円(税込)
国内・海外旅行傷害保険 最高5,000万円 最高5,000万円 最高1億円 最高5,000万円
ショッピング
保険
年間300万円まで 年間300万円まで 最高500万円まで 最高500万円まで
空港ラウンジ
サービス
利用可能 利用可能 利用可能
※同伴者1名まで無料で利用可能
利用可能
入会資格 満30歳以上で、安定継続収入がある方 満20歳以上30歳未満で安定継続収入がある方 満30歳以上で、安定継続収入がある方 満20歳以上で、安定継続収入がある方

プラチナプリファード

三井住友カードのハイステータスカードのひとつとして、新たに登場した「三井住友カード プラチナプリファード」。ポイント還元率は1.0%と、ゴールドカードおよびプラチナカードよりも高くなっているほか、ポイント還元の特典が充実しています。クレジットカードを頻繁に利用する人におすすめです。
また、三井住友カード プラチナプリファードには、4つのスペシャルリワードをご用意しています。

  • 新規入会&利用特典40,000ポイント
    ご入会月の3ヵ月後末までに40万円(税込)以上のご利用でプラス40,000ポイントをプレゼント
  • 継続特典最大40,000ポイント
    毎年、前年100万円(税込)のご利用ごとに10,000ポイントをプレゼント
  • 外貨ショッピング利用特典
    ご利用金額100円(税込)ごとにプラス2ポイントをプレゼント
    ※海外でのご利用のみ対象
  • プリファードストア(特約店)
    特約店でのご利用金額100円(税込)ごとにプラス1~9ポイントをプレゼント
  • ※これらの特典を受けるには一定の条件があります。詳細は以下リンクより必ずご確認ください。

ステータスの高いクレジットカードを持つ際の注意点

ステータスの高いクレジットカードを持つ場合、年会費も高くなることに注意しましょう。初年度は無料でも、翌年からは大幅にアップする場合があります。付帯サービスをしっかり利用して、年会費以上の価値が得られるかがポイントです。

収入や用途に合ったクレジットカードを持とう

ステータスの高さやサービスの充実度を目的に、ランクの高いクレジットカードを選ぶとしても、年会費が思わぬ負担となってしまう可能性もあるため、収入やクレジットカードの用途に見合った一枚を選ぶことがおすすめです。
また、クレジットカードの利便性を高めるためにも、ステータス性だけに注目せず、利用できるサービス内容の詳細や国際ブランドも比較・検討してみましょう。

よくある質問

Q1:クレジットカードのステータスとは?

クレジットカードのステータスは、そのカードに対して与えられる社会的な評価やランクを表すものだと考えることができます。例えば、クレジットカードのランクが高い「プラチナカード」は、「一般カード」よりもステータスが高いといえます。

Q2:ステータスの高いクレジットカードの特徴は?

ステータスが高いクレジットカードは、年会費がかかる一方で、サービスが充実している特徴があります。サービスは、一般カード会員では利用できない空港ラウンジの利用や宿泊施設の優待サービスのほか、レストランやホテルを優先予約してもらえるコンシェルジュサービスといったものがあります。

Q3:クレジットカードのステータスが高いことで得られるメリットは?

ステータスの高いクレジットカードを持つことによるメリットは、サービスや特典が充実しているほか、海外ではステータスカードが身分証明書の代わりとなり、社会的な地位を証明してくれることがあります。

  • ※2020年10月時点の情報なので、最新の情報ではない可能性があります。

ハイステータスな一枚を求めるあなたに。
三井住友カードがおすすめ!

新規入会限定キャンペーン実施中!

三井住友カード プラチナプリファードは一部キャンペーンの対象となりませんので必ず詳細ページをご確認ください。

対象カード・適用条件について、お申し込み前に必ず上記バナーよりキャンペーン詳細ページをご確認ください。

キャンペーンは予告なく変更・終了することがございます。

今回の記事のまとめ

クレジットカードのステータスは?

  • 一般的には下から順に「一般カード」「ゴールドカード」「プラチナカード・ブラックカード・プレミアムカード」となる

ステータスの高いクレジットカードの特徴

  • ゴールドカードの年会費は2,000~3万円程度
  • プラチナカードやブラックカード・プレミアムカードの年会費は5万円以上や10万円以上の場合もある
  • 空港ラウンジや宿泊施設の優待サービス、コンシェルジュサービスなどがある

ステータスを意識するのはどんなとき?

  • 1人や家族といるときには「使いやすさ」を重視する
  • 友人や恋人、同僚、部下といるときには「ステータス」を重視する

クレジットカードのステータスが高いことで得られるメリット

  • 利用限度額、補償額、付帯保険の範囲などが拡大する
  • 空港ラウンジが無料になったり、ホテルやレストラン、レジャー施設などの特別優待割引が受けられたりする
  • 海外で社会的地位、身分を証明してくれる
  • 安心感や良いイメージを与えられる

ステータスの高いクレジットカードを持つ際の注意点

  • 年会費が高い
  • 初年度は無料でも、翌年からは大幅にアップする場合がある
  • ポイント還元率が低い傾向がある

「ゼロからはじめるクレジットカード」
の他の記事を読む

あなたにおすすめの記事

    人気記事ランキング

    特集記事【クレカで新生活をおトクに始めよう!】

    三井住友カードのスペシャルコンテンツ

    • キャッシュレスの基礎知識やキャッシュレス決済の方法についてご紹介!

    • 【♯大人になるって何だろう】スペシャルページでアニメを公開中!

    • 【SPY WORLD】動画の途中で続きを選択!?君の選択で未来を変えよう。
      ※この動画は音声ありでお楽しみください。

    • SNS担当先輩【せ】&後輩【こ】の2名で楽しくゆる~く発信していきます!

    • [クレカ徹底解説]クレジットカードの仕組みや選び方など必見情報まとめ

    • 新社会人・新入社員・内定者の方が知っておきたい社会人生活の基礎知識をご紹介!