Powered by 三井住友カード

~新社会人・新入社員をサポート~

社会人の準備

1人暮らしの初期費用はどのくらい?安くするコツについて

1人暮らしの初期費用はどのくらい?安くするコツについて

新卒として入社し、初めて1人暮らしを始めるという人も多くいるでしょう。1人暮らしをするには、引越し費用や家賃のほか、家具購入のためのお金が必要となりますので、できる限り費用を安く抑えたいものです。
そこで、1人暮らしの初期費用やコストを安く抑えるコツ、そしてクレジットカードで家賃を支払うメリットについて解説していきます。

新規入会&条件達成で最大19,600円相当もらえる 新規入会&条件達成で最大19,600円相当もらえる

詳細を見る

詳細を見る

  • ※ 対象カード・適用条件について、お申し込み前に必ず上記バナーより詳細ページをご確認ください。
  • ※ 詳細ページは予告なく変更・終了することがございます。
記事の目次

    1人暮らしに必要な初期費用とは?

    1人暮らしに必要な初期費用にはさまざまなものがあります。ここでは、「賃貸契約に必要な費用」と「引越し費用」「家具・家電、日用品の購入費用」の3つに分けて見ていきましょう。

    1人暮らしに必要な初期費用

    賃貸契約にかかる費用はおよそ家賃5ヵ月分

    賃貸契約というと、家賃を毎月支払うだけのイメージがあると思いますが、敷金や礼金など、契約時にはさまざまな費用が発生します。
    賃貸契約をする際に必要な初期費用の目安は、家賃5ヵ月分程度といわれています。具体的には以下のような費用を支払うことになります。

    ■敷金

    物件を借りる際の保証金を敷金といいます。一般的に、家賃1~2ヵ月分の金額を支払うことになり、おもに退去時の原状復帰費やクリーニング代にあてられます。敷金から差し引かれた残りの金額は、退去する際に返金されます。

    ■礼金

    貸主への謝礼金を礼金といいます。契約時に家賃1~2ヵ月分の礼金を支払うことが多いですが、物件によってはない場合もあります。礼金は敷金とは異なり、返金はされません。

    ■仲介手数料

    不動産会社を通して契約した場合、仲介手数料として家賃の0.5~1ヵ月分程度を不動産会社に支払います。

    ■前家賃

    通常、入居月と翌月の家賃を前家賃として支払います。月の途中から入居する場合には、入居日からの日割り家賃を支払います。

    ■保証会社利用料

    契約時に連帯保証人を立てられない場合、保証会社の利用が可能な物件を選ぶ必要があります。保証会社を利用するには所定の費用がかかりますので、不動産会社に問い合わせましょう。

    ■火災保険料

    火災に遭った際に建物や家具・家電の補償をしてもらうため、入居時に火災保険の加入が義務付けられているケースが増えています。

    ■鍵交換費用

    セキュリティのためにドアの鍵を交換しますが、交換費用は1万円~5万円程度が相場です。

    引越し費用は時期や距離によって変わる

    1人暮らしを始めるために必要な引越し費用は、3万~10万円程度を見ておきましょう。金額は荷物の量と時期、距離によって変動します。
    特に、新生活が始まる3月から4月は引越し業界の繁忙期となるため、費用が上がる傾向があります。1人暮らしの引越し費用の目安は以下のとおりです。

    距離別・1人暮らしの引越し費用目安

    繁忙期はこの金額に、1万~2万円程度上乗せされるイメージです。ただし、エリアや引越し業者によって費用は異なりますので、複数の会社に見積もりを依頼して比較・検討することをおすすめします。

    家具・家電、日用品の購入費用の目安は?

    家具や家電、日用品など、生活に欠かせないアイテムをそろえるためには、10万~20万円程度かかります。
    初めての1人暮らしや単身赴任で、家具や家電を一気に買い揃えるのは大変です。寝具、カーテン、冷蔵庫、洗濯機、テレビ、電子レンジなど、自分の生活に本当に必要なアイテムを優先して購入しましょう。シンプルな機能のものを選ぶと、比較的費用を抑えることができます。

    家具・家電のレンタルやリースを利用する

    家具・家電はレンタルやリースを利用するのもひとつの手です。1人暮らしや単身赴任におすすめのセットを用意しているところや、予算によって新品と中古が選べるところもあります。月払いやサブスクのサービスもあり、働き方やライフスタイルの変化に合わせて気軽に利用できます。

    また、運搬や設置費、壊れたときの修理代、処分するときのリサイクル料などは不要としているサービスが多く、購入した場合と比べて手間がかからないのもメリットのひとつです。

    社会人の1人暮らしに必要な初期費用の目安は?

    社会人の1人暮らしに必要な初期費用は、契約する物件の家賃や、引越し先までの距離などによって大きく異なります。そのため、一概にはいえませんが、サンプルとして家賃8万円の賃貸物件に引越す際のモデルケースを見てみましょう。

    1人暮らしの引越しの初期費用の目安

    8万円
    8万円
    4万円
    8万円
    4万円
    1万5,000円
    1万5,000円
    4万円
    15万円
    合計 54万円

    このモデルケースでは、引越しの初期費用が54万円となりました。安く抑えた場合でも、最低30万円程度は見ておいたほうが無難でしょう。
    いずれにしても、まえもって引越し費用を貯めておくことをおすすめします。また、勤務先から家賃補助や引越し補助が出る場合は、詳細を確認してスムーズに対応してもらいましょう。

    知っておきたい、初期費用を抑えるコツ

    数十万円単位でかかってしまう引越しの初期費用。特に、新社会人として給料をもらう前に引越しをする場合、お金を工面するのはなかなか大変です。
    そんなときに役に立つ、初期費用を抑えるためのコツを紹介しましょう。

    初期費用を抑えるためのコツ

    礼金ゼロの物件を探す

    初期費用を大きく抑えるためには、礼金ゼロの物件を探すことをおすすめします。貸主への謝礼である礼金は、支払うことを義務付けられているものではありません。
    近年は借り主を集めるために、敷金・礼金をゼロにしている物件が増加傾向にあります。特に、地方でこの傾向が見られますので、通勤時間やアクセスを考慮したうえで礼金ゼロ物件を探してみるといいでしょう。

    フリーレント付きの物件を探す

    最初の1~2ヵ月間の家賃が無料になる、フリーレント付きの物件を探してみましょう。
    少子高齢化が進行する中で空き家率が高まっており、賃貸も集客に苦戦するケースが増えています。そこで、長期間空き家になってしまっている物件をフリーレント付き物件として提供しているのです。
    フリーレント付き物件だからといって、問題のある物件というわけではなく、集客のためにサービスしているだけなので、安心して利用できます。

    家具・家電付きの物件を探す

    新卒でジョブローテーションを導入している企業に就職した場合、定期的に配置転換があり、将来的には転勤もありえるでしょう。また、募集内容や面接で転勤や単身赴任の可能性があるとわかっているなど、限られた期間だけ住むことを想定しているなら、家具・家電付きの物件も検討してみましょう。
    初期費用のうち、家具・家電の購入費用と引越し費用を抑えることができます。ただし、長期間住み続けると、家具・家電を購入するより割高になる場合があります。

    仲介手数料がおトクな不動産会社を探す

    仲介手数料は法律で上限が定められています。家賃1ヵ月分が上限となっており、大手不動産会社は家賃0.5ヵ月分など、低めに設定しているケースもあります。貸主から直接借りれば仲介手数料は発生しませんが、実際には難しいので、仲介手数料の安い不動産会社を探すほうがいいでしょう。
    また、同じ物件を複数の不動産会社が紹介している場合もありますが、同一物件なら仲介手数料が安いに越したことはありません。少し時間はかかるかもしれませんが、複数の不動産会社をあたってみるのがおすすめです。

    繁忙期ではなく閑散期に引越しをする

    引越しの費用は繁忙期と閑散期では大きく異なります。新生活を始める人が多い3~4月は繁忙期となり、引越し費用が割高になる傾向があります。繁忙期と閑散期として設定されている期間は、引越し業者によって異なる場合があるため、問い合わせや見積もりの際に確認し、可能であれば閑散期に引越しをすると安く済みます。

    引越し費用の見積もりを取って価格交渉をする

    引越し会社によって見積もりの金額は変わってきますので、どこが最も安く対応してくれるかを調べるためにも、複数の会社に見積もりを依頼しましょう。
    また、他社からも見積もりを取っていることを伝えると、見積もり金額を下げたり特典を付けたりしてくれる可能性があります。最終的には、思い切って具体的な値下げをお願いするのもいいでしょう。

    引越し準備は早めに開始し、荷物を極力少なくする

    荷物が多くなるほど引越し費用は高くなりますので、必要最低限にとどめておくのもポイントです。家具・家電を新調するのであれば、先に購入してわざわざ運ぶのではなく、直接新しい家に届けてもらうようにしましょう。
    食器などの日用品も、まえもって購入してしまうと意外とかさばりますし、梱包の手間も増えます。100円ショップをはじめ、安く日用品を手に入れるのは難しくありませんから、引越し先で購入するといいでしょう。

    クレジットカードの引越し優待サービスやポイントモールを利用する

    クレジットカードによっては、引越し基本料金の割引や、段ボールやガムテープなどの引越し資材のプレゼントなどのカード会員優待を受けられる場合がありますので、カードのサービス内容を確認してみましょう。優待を受けるには、申し込みの際にカードの種類とカード会員優待を利用する旨を伝えたうえで、クレジットカード決済のみに限るなど、利用条件が設けられている場合があります。サービス内容の注意事項も併せて確認しておきましょう。

    また、クレジットカード会社が運営するポイントモールを経由してお買い物をすると、ポイント還元率がアップします。引越しの際の家具・家電の購入費用は高額になるため、高還元のネットショッピングを利用すると、ポイントがおトクに貯まります。

    • 別ウィンドウで「ポイントUPモール」のウェブサイトへ遷移します。

    初期費用や家賃はクレジットカードで支払える?

    賃貸契約時にかかる初期費用や家賃は、非常に高額になります。中には、大量の現金を持ち歩くのが不安だとか、一度に全額を用意するのが難しいという人もいるかもしれません。そこで、クレジットカード払いができたら便利なのに、と考える人も多いはずです。

    実はこれまで、初期費用や家賃の支払いにはクレジットカード払いに対応していないところがほとんどでした。その理由は、クレジットカード決済の際に発生する手数料です。

    家賃をクレジットカードで支払う場合、カード会社は決済手数料を差し引いた金額を、貸主である不動産会社に振り込みます。すると、必然的に不動産会社の収入も減るため、積極的に導入しようという不動産会社が少なかったのです。

    家賃のクレジットカード払いのしくみ

    現在は、政府がキャッシュレス化を推進していることもあり、高額な家具・家電から安価な日用品の購入まで、手軽にクレジットカード払いが利用できるようになりました。利用者の利便性向上や他物件との差別化を図るためにも、初期費用や家賃のクレジットカード払いを導入する不動産会社や貸主も増えてきたのです。

    ■こちらも合わせてご覧ください
    クレジットカードのおすすめは?初心者でも失敗しない初めてのカードの選び方

    初期費用や家賃をクレジットカード払いにすることのメリットは?

    敷金や礼金が発生する賃貸契約時や、家賃のほかに更新料が発生する更新時には、支払い額も大きくなります。支払い方法としては銀行振込や口座振替などもありますが、クレジットカードで支払うメリットはどのような点にあるのでしょうか。

    支払いのタイミングがずらせる

    クレジットカード払いは、利用者の信用に基づいてカード会社が利用料金を立て替えるしくみとなっています。そのため、初期費用をクレジットカード払いにすることで、お金を工面するための時間に余裕が生まれることになります。

    例えば、三井住友カードで支払う場合、クレジットカードの締め日は毎月15日または月末、支払いは翌月10日または26日になりますので、最低でも1ヵ月程度支払いまでの猶予ができます。

    特に金額の大きい初期費用は、リボ払いで対応できるケースもあるため、一度に全額を用意できない場合は活用することをおすすめします。

    クレジットカードのポイントが貯まる

    支出の中でも割合の大きい「家賃」をクレジットカード払いにすれば、効率的にポイントが貯まります。

    例えば、「三井住友カード(NL)」の場合、通常のポイントとしてご利用金額200円(税込)につき1ポイント(0.5%)が貯まります。毎月の家賃を8万円とすると、下記のように年間の支払い額で貯まるポイントは合計4,800ポイントになります。

    三井住友カード(NL)で家賃を支払った場合の通常のポイント還元の例

    銀行振込の手間がかからない

    銀行振込や口座引き落としでは、支払い日までにATMや銀行で入金や決済手続きを行う必要があります。一方、クレジットカード払いでは自動で引き落とされますので、振り込みの手間もかかりませんし、うっかり支払いを忘れてしまうことも防げます。月の決済日も決まっているため、家計管理もスムーズに行えるでしょう。

    家計管理がしやすくなる

    初期費用や更新料、家賃など不動産にかかる費用は、クレジットカード払いをメインの決済方法に統一することで、家計管理も楽になります。
    日常のさまざまなお買い物だけでなく、家賃、電気代、ガス代、水道代、携帯電話料金などの生活費もクレジットカードで支払えば、月々の固定費の支払いがまとめられるため、家計管理の手間を大きく省くことができるのです。固定費は決済日も決まっていますから、毎月の家計のシミュレーションにも役立ちます。

    ■こちらも合わせてご覧ください
    一人暮らしの費用はクレジットカードの活用がおすすめ!メリットや活用術も紹介します!

    初期費用や家賃をクレジットカード払いにするときの注意点は?

    家賃をクレジットカード払いにするメリットは多くありますが、注意すべき点もあります。その内容を具体的に見ていきましょう。

    利用できるクレジットカードが限定されている場合がある

    家賃をクレジットカードで支払える不動産会社であっても、利用できるクレジットカードが指定されているケースがあります。所有しているクレジットカードが対応しているかあらかじめ確認し、非対応であれば対応するクレジットカードを新規発行する必要があるでしょう。

    家賃がポイントの対象とならない場合がある

    クレジットカードによっては、家賃がポイントの対象とならないものがあります。クレジットカード払いにする際は、持っているクレジットカードが家賃支払いでポイント対象となっているかを必ず確認しましょう。

    残高不足で家賃の引き落としができない場合がある

    クレジットカードの引き落とし日を意識しておかないと、想定以上にお金を使いすぎて引き落としのタイミングで残高が足りないということになりかねません。家賃のクレジットカード払いを選択した場合は、決済日と支払い日のタイムラグに注意しながら、支払い口座の残高を管理することが大切です。

    新社会人におすすめの三井住友カード

    ここで、三井住友カードから新社会人におすすめのクレジットカードをご紹介します。

    三井住友カード(NL/ナンバーレス)

    年会費が永年無料で、高校生を除く満18歳以上の方が利用できます。券面にカード番号・有効期限・セキュリティコードが表記されていないナンバーレスのカードのため、初めての方でも安心・安全です。クレジットカード情報はVpassアプリをダウンロードすれば簡単に確認できますので、ネットショップでの買い物もスムーズです。従来のクレジットカードとはまったく違う、先進性を備えたクレジットカード体験が待っています。

    三井住友カード(NL)

    年会費

    国際ブランド

    ポイント還元率

    限度額

    永年無料

    visa/masterロゴ

    0.5%~7%

    ~100万円

    年会費永年無料のナンバーレスカード!

    三井住友カード
    (NL/ナンバーレス)

    グレーの仕切り

    コンビニを
    よく使う人向け

    新規入会&条件達成で※

    キャンペーン情報

    最大17,600円相当 プレゼント!

    ※すべての条件達成でVポイントとVポイントPayギフトを合算した最大17,600円相当をプレゼントします。実施期間、条件等については必ず下記をご確認ください。

    チェックマーク

    おすすめポイント

    対象のコンビニ・飲食店で
    スマホのタッチ決済
    ご利用で※1・2・3

    ポイント7%還元

    即時発行可能!

    最短10※4

    海外旅行傷害保険※5

    最高

    2,000万円

    ※1

    商業施設内の店舗など、一部ポイント加算の対象とならない店舗があります。

    ※2

    iD、カードの差し込み、磁気取引は対象となりません。

    ※3

    通常のポイント分を含んだ還元率となります。

    ※4

    即時発行ができない場合があります。

    ※5

    事前に旅費などを当該カードでクレジット決済いただくことが前提です。

    三井住友カード(NL)

    コンビニをよく使う人向け

    年会費永年無料のナンバーレスカード!

    三井住友カード
    (NL/ナンバーレス)

    年会費

    国際ブランド

    ポイント還元率

    限度額

    永年無料

    visa/masterロゴ

    0.5%~7%

    ~100万円

    キャンペーン情報

    新規入会&条件達成で※

    最大17,600円相当
    プレゼント!

    ※すべての条件達成でVポイントとVポイントPayギフトを合算した最大17,600円相当をプレゼントします。実施期間、条件等については必ず下記をご確認ください。

    チェックマーク

    おすすめポイント

    対象のコンビニ・飲食店で
    スマホのタッチ決済
    ご利用で※1・2・3

    ポイント7%還元

    即時発行可能!

    最短10※4

    海外旅行傷害保険※5

    最高2,000万円

    ※1

    商業施設内の店舗など、一部ポイント加算の対象とならない店舗があります。

    ※2

    iD、カードの差し込み、磁気取引は対象となりません。

    ※3

    通常のポイント分を含んだ還元率となります。

    ※4

    即時発行ができない場合があります。

    ※5

    事前に旅費などを当該カードでクレジット決済いただくことが前提です。

    三井住友カード(CL/カードレス)

    お申し込みから決済、利用状況の管理まで、すべてをスマートフォンからの操作で完結できるのが大きな特徴。カード番号・有効期限といったカード情報の確認や利用状況の管理は、Vpassアプリから可能です。Vpassアプリは生体認証ログインにも対応しているため、なりすましや不正利用を防ぎ、安心・安全にご利用いただけます。

    三井住友カード(CL)

    年会費

    国際ブランド

    ポイント還元率

    限度額

    永年無料

    visa/masterロゴ

    0.5%~7%

    ~100万円

    スマートフォン一台
    お買い物が楽しめる

    三井住友カード
    (CL/カードレス)

    グレーの仕切り

    スマホで決済を
    完結させたい人向け

    新規入会&条件達成で※

    キャンペーン情報

    最大17,600円相当 プレゼント!

    ※すべての条件達成でVポイントとVポイントPayギフトを合算した最大17,600円相当をプレゼントします。実施期間、条件などについては必ず下記をご確認ください。

    チェックマーク

    おすすめポイント

    対象のコンビニ・飲食店で
    スマホのタッチ決済
    ご利用で※1・2・3

    ポイント7%還元

    即時発行可能!

    最短10※4

    海外旅行傷害保険※5

    最高

    2,000万円

    ※1

    商業施設内の店舗など、一部ポイント加算の対象とならない店舗があります。

    ※2

    iD、カードの差し込み、磁気取引は対象となりません。

    ※3

    通常のポイント分を含んだ還元率となります。

    ※4

    即時発行ができない場合があります。

    ※5

    事前に旅費などを当該カードでクレジット決済いただくことが前提です。

    三井住友カード(CL)

    スマホで決済を完結させたい人向け

    スマートフォン一台でお買い物が楽しめる

    三井住友カード
    (CL/カードレス)

    年会費

    国際ブランド

    ポイント還元率

    限度額

    永年無料

    visa/masterロゴ

    0.5%~7%

    ~100万円

    キャンペーン情報

    新規入会&条件達成で※

    最大17,600円相当
    プレゼント!

    ※すべての条件達成でVポイントとVポイントPayギフトを合算した最大17,600円相当をプレゼントします。実施期間、条件などについては必ず下記をご確認ください。

    チェックマーク

    おすすめポイント

    対象のコンビニ・飲食店で
    スマホのタッチ決済
    ご利用で※1・2・3

    ポイント7%還元

    即時発行可能!

    最短10※4

    海外旅行傷害保険※5

    最高2,000万円

    ※1

    商業施設内の店舗など、一部ポイント加算の対象とならない店舗があります。

    ※2

    iD、カードの差し込み、磁気取引は対象となりません。

    ※3

    通常のポイント分を含んだ還元率となります。

    ※4

    即時発行ができない場合があります。

    ※5

    事前に旅費などを当該カードでクレジット決済いただくことが前提です。

    1人暮らしの初期費用はできる限り抑えよう

    1人暮らしにかかる初期費用は数十万円と高額になりますが、さまざまな工夫によって費用をぐっと抑えることが可能になります。特に物件を選ぶときには、家賃だけでなく、敷金・礼金などにも注目して選びましょう。
    また、初期費用や月々の家賃をクレジットカード払いにすることで、たくさんのメリットがあります。なんといっても、ポイントを一気に貯めることが可能になるのはうれしいですね。高額な出費を少しでもおトクに還元するために、クレジットカードを上手に活用してください。

    よくある質問

    Q1.1人暮らし用の部屋を借りるときにかかる初期費用の目安は?

    社会人の1人暮らしに必要な初期費用は、契約する物件の家賃や、引越し先までの距離などによって大きく異なります。この記事でご紹介した家賃8万円の賃貸物件に引越す際のモデルケースでは54万円となりました。安く抑えた場合でも、最低30万円程度は見ておいたほうがよいでしょう。

    詳しくは以下をご覧ください。

    Q2.物件探しで初期費用を抑えるコツは?

    礼金ゼロの物件や、フリーレント付きの物件、家具・家電付きの物件を探すことをおすすめします。また、仲介手数料がおトクな不動産会社を探すのもポイントです。同じ物件を複数の不動産会社が紹介している場合もありますが、同一物件なら仲介手数料が安いに越したことはありません。少し時間はかかるかもしれませんが、複数の不動産会社をあたってみるのがおすすめです。

    詳しくは以下をご覧ください。

    Q3.初期費用や家賃はクレジットカードで支払える?

    政府がキャッシュレス化を推進していることもあり、高額な家具・家電から安価な日用品の購入まで、手軽にクレジットカード払いが利用できるようになりました。利用者の利便性向上や他物件との差別化を図るためにも、初期費用や家賃のクレジットカード払いを導入する不動産会社や貸主も増えてきています。

    詳しくは以下をご覧ください。

    • ※2023年5月時点の情報なので、最新の情報ではない可能性があります。

    この記事を見た人におすすめの記事

    人気ランキング

    人気ランキング

    新規入会&条件達成で最大19,600円相当もらえる 新規入会&条件達成で最大19,600円相当もらえる

    詳細を見る

    詳細を見る

    • ※ 対象カード・適用条件について、お申し込み前に必ず上記バナーより詳細ページをご確認ください。
    • ※ 詳細ページは予告なく変更・終了することがございます。