Powered by 三井住友カード

~新社会人・新入社員をサポート~

社会人の準備

1人暮らしの光熱費の平均は?できるだけ節約する方法を紹介

1人暮らしの光熱費の平均は?できるだけ節約する方法を紹介

1人暮らしをすると、家賃や食費など、さまざまな費用が発生しますが、その中でも光熱費は占める割合が小さく、軽視しがちではないでしょうか。しかし、高額ではないにしても、使いすぎれば家計を圧迫しかねません。
今回は、気になる光熱費の平均についてご紹介します。また、上手に節約する方法について詳しく解説していきましょう。

キャッシュレスプラン キャッシュレスプラン

詳細を見る

  • ※ 三井住友カード プラチナプリファードは一部キャンペーンの対象となりませんので必ず詳細ページをご確認ください。
  • ※ 対象カード・適用条件について、お申し込み前に必ず上記バナーよりキャンペーン詳細ページをご確認ください。
  • ※ キャンペーンは予告なく変更・終了することがございます。
記事の目次

光熱費とは?

1人暮らしを始めると、これまで意識していなかったさまざまな費用が発生します。光熱費もそのうちのひとつでしょう。光熱費とは、上下水道を合わせた水道料金、電気料金、ガス料金を合わせた費用のことです。生活に欠かせないものではありますが、実家暮らしのときはあまり意識せず使っていた人も多いのではないでしょうか。

総務省が2019年に公表した「家計調査 家計収支編 単身世帯」によると、1人暮らしの1ヵ月の平均的な光熱費は8,828円となっています。
生活スタイルや地域、季節によって金額は変動しますが、少なくともこの程度のお金が毎月必ず出ていくことになります。水道・電気・ガスそれぞれの、平均の費用を見ていきましょう。

水道代の平均は?

1人暮らしの水道代の平均は、月1,625円となっています。毎日浴槽にお湯を溜めるか、洗濯は洗濯機かコインランドリーかなどによっても、この料金は差が出てくるでしょう。

水道代の請求は2ヵ月に1回となっており、2ヵ月分の料金をまとめて支払うのが一般的です。そのため、平均額の2ヵ月分を一気に支払うことになります。また、1人暮らし用の賃貸物件の中には水道代が賃料に組み込まれている物件もあり、その場合は請求が来ることはありません。

電気代の平均は?

1人暮らしの電気代の平均は、月4,399円となっています。ただし、電気料金に関しては電力会社が独立して料金を設定しているため、地域や利用している電力会社によってばらつきがあります。また、夏場や冬場は冷暖房の使用で料金は高くなるでしょう。水道代と違い、毎月請求が行われます。

ガス代の平均は?

1人暮らしのガス代の平均は、月2,377円です。物件によって、都市ガスかプロパンガスかの違いがあり、比較的都市ガスのほうが料金は低いようです。どちらを利用するかは自分で決められるものではないため、物件選びの際にチェックしておきましょう。

ちなみに、近年はオール電化でガスを一切使用しない物件も増えてきています。その場合、ガス代はかかりませんが、ガスを利用する部分が電気に代わることになるため、電気代が高くなります。

1人暮らしの光熱費を節約するコツ

1人暮らしの平均的な光熱費を紹介しましたが、自分の光熱費と比べてみていかがでしょうか。使い方はもちろん、部屋の広さや地域によっても光熱費は変わりますから、一概に平均より高いからだめというわけではありません。
しかし、生活費に余裕を持たせるためにも、環境のためにも、できることなら光熱費は節約したいもの。続いては、光熱費を節約するためのコツを5つご紹介します。

1 毎回お風呂にお湯を溜めない

東京都水道局の「平成27年度一般家庭水使用目的別実態調査」によると、水道代の約40%はお風呂で利用されています。とはいえ、毎回シャワーばかりでは疲れが取れにくいですから、残り湯を有効活用して水道代を節約しましょう。すすぎ洗いは水道水が望ましいですが、残り湯は洗濯に利用できます。汚れのひどいものの予洗いや、トイレやお風呂の掃除、植物を育てていれば冷まして水やりにも使うのもおすすめです。
ただし、お湯は一晩放置すると雑菌が増えて衛生的にあまり良くありませんので、できるだけその日のうちに使うようにしましょう。

2 トイレのレバーを使い分ける

お風呂に次いで水道代の使用割合が多いのがトイレです。使用回数は減らせませんから、トイレのレバーを使い分けましょう。トイレを流すための「大」と「小」のレバーは、流す水の量に1~2Lの差があります。1度や2度では大した差はなくても、年間にしてみるとかなりの違いとなるでしょう。なんとなく「大」ばかりを利用していた人は、使い分けを意識してみてください。
また、暖房便座の場合、蓋を閉めておくと熱が逃げずに電気代を節約できます。季節に合わせて温度を調節し、使用しないときは蓋を閉めておきましょう。

3 古い家電を買い替える

家電の省エネ性能は毎年進化していて、新しい家電のほうがより少ない電気で稼働します。家電は簡単に買い替えられるものではないですが、ずっと使い続けている家電や、調子が悪い家電などは、思い切って買い替えることで電気代が節約できる可能性は高くなります。
冷蔵庫や電子レンジなど、いくつかの家電には資源エネルギー庁の定めた省エネ性能の達成度を表す「省エネラベル」が表示されています。年間の消費電力量や電気料金の目安も記載されていますから、家電を買い替える場合は、省エネラベルも参考にしてみてください。
家電を買い替えるのは難しい場合、電球を電球型LEDランプに交換してみる方法があります。LEDランプの価格は高めですが、長寿命で使用電力が少なく、トータルコストは低くなります。

4 エアコンの設定温度を見直す

環境省によると、夏にエアコンの設定温度を1℃上げると約13%、冬に1℃下げると約10%の消費電力削減になるそうです。ちなみに、夏の設定温度の目安は28℃、冬は20℃です。なお、エアコンは設定温度になるまでが電力を消費するため、節約のつもりで運転モードを「弱」にしていると、いつまで経っても設定温度にならず、かえって電気代がかかってしまうことも。運転モードは「自動」にし、効率良く温度調整しましょう。

なお、電気代は使っていない照明やテレビをこまめに消す、冷蔵庫の開閉を少なくするなどでも節約できます。家電は使っていないあいだもコンセントに差しておくと待機電力が発生するため、使わない物は抜いておくようにしましょう。

5 光熱費の支払い方法を見直す

光熱費の支払い方法を変えることでも、節約の効果が期待できます。口座振替の場合は割引サービスがある場合がありますし、クレジットカード払いであればポイント還元を受けることができます。また、コンビニエンスストアや金融機関での請求書払いの場合、つい支払いを忘れて延滞料金がかかるということもありますが、口座振替やクレジットカードの場合は自動で支払いができて安心です。

まだクレジットカードを持っていない新社会人には、18~25歳までを対象とした「三井住友カード デビュープラス」がおすすめです。通常の「三井住友カード」の2倍のポイントが貯まるため、光熱費の支払いでもおトクにポイントが貯められます。

生活費の節約のために光熱費を見直そう

光熱費は、一つひとつ見るとあまり大きな金額ではないため、気にせず使ってしまいがちですが、積み重なれば大きな金額となります。
生活に欠かせないものだけに使わないわけにはいきませんが、意識や行動を少し変えるだけで節約できる費用でもあります。無理せずできることから取り組んで、うまく光熱費を節約しましょう。

  • 2020年5月時点の情報なので、最新の情報ではない可能性があります。

この記事を見た人におすすめの記事

人気ランキング

人気ランキング

キャッシュレスプラン キャッシュレスプラン

詳細を見る

  • ※ 三井住友カード プラチナプリファードは一部キャンペーンの対象となりませんので必ず詳細ページをご確認ください。
  • ※ 対象カード・適用条件について、お申し込み前に必ず上記バナーよりキャンペーン詳細ページをご確認ください。
  • ※ キャンペーンは予告なく変更・終了することがございます。

新社会人・20代の社員におすすめ!

新社会人・新入社員のみなさんがおトクに便利にお使いいただける三井住友カードクレジットカードをご紹介します。