Powered by 三井住友カード

~新社会人・新入社員をサポート~

社会人の悩み

社会人におすすめの休日の過ごし方とは?効率的な疲労回復のコツ

社会人におすすめの休日の過ごし方とは?効率的な疲労回復のコツ

新社会人になると、休日の過ごし方は学生時代と大きく変化します。なかなか友人と予定が合わせづらく、休みの過ごし方が分からなくなった、疲れてゴロゴロしているうちに休日が終わってしまった…などという人も多いようです。
1週間の大半を仕事に費やす社会人にとって、休日は大切なリフレッシュの時間です。趣味や遊びに休日を利用するのもいいですが、社会人になったからには心身の疲れをリセットして、平日の仕事のパフォーマンス向上を目指したいところ。

疲労回復のための休息には2種類のプロセスがあり、心身のメンテナンスにはその両方をバランス良く取り入れることが大切とされています。今回は、効率的な疲労回復のコツを交え、社会人におすすめの休日の過ごし方をご紹介します。

キャッシュレスプラン キャッシュレスプラン

詳細を見る

  • ※ 三井住友カードプラチナプリファードはキャッシュレスプラン対象外となります。
  • ※ 対象カード・適用条件について、お申し込み前に必ず上記バナーよりキャッシュレスプラン詳細ページをご確認ください。
  • ※ キャッシュレスプランは予告なく変更・終了することがございます。
記事の目次

    休日の過ごし方に迷う社会人は多い

    社会人にとって、休日は貴重なリフレッシュ日です。仕事中はあまり体を動かさずに肩や腰が凝り固まってしまったり、仕事のプレッシャーで精神的に疲れてしまったりしがちです。休日に心身の疲労を回復させて、また仕事に臨む生活スタイルが理想でしょう。

    しかし実際は、時間の限られた休日にプライベートを楽しむ時間と休養時間の両方を確保することは難しいもの。「レジャーや買物を楽しんで、かえって疲れてしまった」「つい夜更かしして寝不足になった」など、うまく休日を消化できない社会人は少なくありません。また、友人と予定を合わせるのが難しくなり、予定を立てられずにただゴロゴロ寝て過ごしてしまう人もいるようです。

    疲労回復に重要な「パッシブレスト」と「アクティブレスト」

    休日にアクティブに活動して平日に疲れを残すのはよくありませんが、だからといって、休日にただ寝ているだけでは、実はあまり疲労は回復しません。では、どうしたら休日を楽しみつつ、心身の疲労を回復させられるのでしょうか?
    疲労を回復するための休息には、「パッシブレスト(消極的休養)」と「アクティブレスト(積極的休養)」という、2種類のプロセスがあります。簡単にいえば、ゆっくりと体を休ませるか、積極的に体を動かしてリフレッシュさせるかの違いですが、どちらか一方では疲労は回復しにくいとされています。

    安静にして疲労を回復する「パッシブレスト」

    体と頭を安静な状態にして、ゆっくりと休ませる疲労回復法がパッシブレストです。十分な睡眠やリラックスできる環境で過ごすと、身体的にも精神的にも疲労回復効果が得られます。起き上がれないほど体が疲れている、痛みや不調があるといった人は、まずはパッシブレストが重要です。休日は睡眠時間をしっかり確保したり、自宅でリラックスして過ごしたりして、心身を休ませることが大切でしょう。
    おもなパッシブレストの方法としては、下記のようなものがあります。

    <パッシブレストの例>

    横にスライドしてください

    パッシブレストの例 睡眠
    横になって安静にする
    瞑想
    映画鑑賞・音楽鑑賞
    アロマテラピー
    日記を書く

    軽い運動で疲労物質排出を促す「アクティブレスト」

    心身が疲れている状態でも、あえて積極的に体を動かすのがアクティブレストです。軽い運動をすることで血の巡りが良くなり、疲労物質がスムーズに排出されるようになります。適度に体を動かせばストレス解消にもなり、精神的にもリフレッシュ効果が得られるでしょう。
    おもなアクティブレストの方法として、次のようなものがあります。

    <アクティブレストの例>

    横にスライドしてください

    アクティブレストの例 ストレッチやヨガ
    散歩や軽いジョギング
    近場への旅行やドライブ、レジャー
    半身浴でぬるめのお風呂に30分~1時間入る

    アクティブレストの注意点は、体を動かしすぎないことです。激しい運動はさらに疲労を蓄積させ、リフレッシュ効果を得られなくなってしまいます。「もう少し動けるな」と感じる程度にとどめ、その後の活動や仕事に影響がないようにしてください。

    疲労回復には2つを組み合わせることが重要

    ただ一日寝ているばかりでは、疲労は解消できませんが、体を動かし続けていても、当然リフレッシュを通り越して疲労の原因となってしまいます。パッシブレストとアクティブレストは、両方をバランス良く取り入れることで、疲労回復効果が得られるのです。

    そのため、休日はまず体を動かして疲労物質の排出を促し、その後はゆったりと安静に過ごして、しっかりと休息を取るのがおすすめです。パッシブレストとアクティブレストの両方を実践して、心身を効率的にリフレッシュさせましょう。

    社会人におすすめの休日の過ごし方

    具体的に、パッシブレストとアクティブレストを組み合わせた休日の過ごし方には、どのようなものがあるでしょうか。パッシブレストとアクティブレストを組み合わせた休日を過ごすための方法をご紹介します。

    休日も平日と同じ時間に起床する

    休日で意識したいのが、仕事の日も休日も、なるべく同じ時間に起床することです。毎日同じ時間に起床することで生活リズムが保たれ、体内時計が狂うことがありません。平日と同じ時間に起きて朝日を浴び、朝食をとりましょう。朝から活動することで休日を有効活用でき、充実感や満足感も得られるはずです。

    なお、特に疲労が重く、パッシブレストに重点を置きたい休日は、心身の調子を見つつ、少しゆっくり起床しても問題ありません。ただし、午前のうちには起床して、朝の光を浴びるようにしてください。

    遠くのスーパーまで食材の買い出しに行き、料理する

    休日は、いつもより少し遠くのスーパーや商業施設へ食材の買い出しに行ってみましょう。帰りの荷物が気になる場合は、自転車に乗るのもおすすめです。
    夕方からは買ってきた食材を使って、自宅で料理します。日中は外で散歩や買物を楽しみ、夕方からは自宅でリラックスして過ごせるプランです。

    ランニングしてカフェに向かう

    家から1~2kmほどの距離にあるカフェや、飲食スペースのある書店などを探して出掛けてみましょう。行きはサイクリングやランニングに挑戦してみるのもおすすめです。目的地に着いたら昼食を楽しんだり読書をしたりして、ゆっくりと体を休ませます。

    部屋の模様替えをする

    自宅で過ごしつつリフレッシュしたい場合は、部屋の模様替えをするという手もあります。少し家具やインテリアを移動させるだけでも、部屋の印象を大きく変えることはできます。模様替えは意外と体を動かすことになるため、適度に休憩を取り入れつつチャレンジしましょう。
    模様替えはリラックスできる環境を整えるためにも重要です。模様替えで体を動かした後は、ゆったり座れるソファを用意して、動画ストリーミングサービスを楽しむなど、体を休めましょう。

    岩盤浴、温泉、銭湯に行く

    自宅のお風呂よりじっくりと入浴を楽しめるスパや銭湯のほか、近場の温泉などに行くのもおすすめです。さまざまな種類のお風呂やサウナで汗を流した後は、「休憩所で横になる」「マッサージチェアで体をほぐす」「食事を楽しむ」など、楽しみ方もさまざま。帰宅後はそのまま、ぐっすり眠れるでしょう。

    休日を楽しむためにクレジットカードを活用しよう

    休日の外出先での会計には、スマートにキャッシュレス決済できるクレジットカードの活用がおすすめです。現金が不要になるため、ちょっとした外出の荷物を減らすことができ、クレジットカードのポイントも貯まります。
    休日にATMを利用する場合、手数料がかかるケースも多いため、クレジットカードを持っておくと節約にもなります。

    「三井住友カード デビュープラス」は、18~25歳限定でお申し込みができる、新社会人にぴったりのクレジットカードです。通常200円(税込)で1ポイントのところ、デビュープラスならいつでも2ポイント獲得でき、入会後3ヵ月間はポイントが5倍になります。さらに、指定店舗での利用の場合はポイントが5倍(※)となり、効率的にポイントが貯められます。また、「Vpassアプリ」を利用すれば、スマートフォン上で簡単に家計管理ができます。

    • 一部、ポイント付与対象とならない店舗、およびポイント5倍にならない場合があります。
      詳細は下記ウェブサイトよりご確認ください。

    社会人が休日の過ごし方を見つける方法

    日々働いていると、なかなか予定を立てられず、休日の過ごし方に悩んでしまう人もいるかもしれません。学校やサークル、バイトなど、年齢や属性の近い仲間がすぐに集まれた学生時代と違い、1人でどう過ごしていいか分からないという人もいるでしょう。無理に休日を過ごす仲間を探さなくても、自分だけで休日を楽しむことはできます。
    ここでは、社会人が自分に合った休日の過ごし方を見つける方法をいくつかご紹介します。

    やりたいこと、興味のあることを書き出してみる

    新しくチャレンジしたいことや行きたい場所、興味のあることなど、ささいなことでもいいのでどんどんリストアップしていきます。その際、実現できるかできないかは深く考えずに、とりあえず書き出すことがポイントです。書き出したリストから、今後の休日に実践できそうなものをピックアップして、予定を決めていくといいでしょう。

    過去に楽しかったこと、好きだったことを書き出してみる

    今やりたいことや行きたい場所が思い浮かばないという方は、過去にやって楽しかったことや好きだったことをリストアップしてみましょう。再び取り組むことで新鮮に感じられたり、当時とは違った楽しみ方を発見できたりといったことも期待できます。

    身近な人に過ごし方を聞いて参考にする

    友人や同僚などの身近な人に休日の過ごし方を聞いて、実践してみるという手もあります。自分とは違った休日の使い方を試してみると、新たな気付きや意外な趣味の発見、リフレッシュにつながります。次にその人と会ったときの話題にもなるでしょう。

    社会人サークルに参加してみる

    サークルは、学生だけのものではありません。社会人にもサークルがあり、学生時代と同様に趣味や目的が同じ仲間が集まって活動しています。スポーツや旅行、資格取得など、内容はさまざまですから、興味のあることが見つかれば社会人サークルに参加してみるのもいいでしょう。身近な人が参加していれば、まずは体験させてもらうなどしてもいいですね。

    運動と休養をバランス良く取り入れた休日を

    「休日は仕事の疲れを回復するために寝てばかり」「過ごし方が分からなくて何もしていない」などという社会人は多くいますが、ただ寝ているだけではなかなか疲労は回復しにくいもの。
    パッシブレストとアクティブレストの両方を取り入れて、心身をリフレッシュさせましょう。休日の使い方にお悩みの新社会人は、ここでご紹介したような過ごし方を実践してみてはいかがでしょうか。

    • 2020年6月時点の情報なので、最新の情報ではない可能性があります。

    この記事を見た人におすすめの記事

    人気ランキング

    人気ランキング

    キャッシュレスプラン キャッシュレスプラン

    詳細を見る

    • ※ 三井住友カードプラチナプリファードはキャッシュレスプラン対象外となります。
    • ※ 対象カード・適用条件について、お申し込み前に必ず上記バナーよりキャッシュレスプラン詳細ページをご確認ください。
    • ※ キャッシュレスプランは予告なく変更・終了することがございます。

    新社会人・20代の社員におすすめ!

    新社会人・新入社員のみなさんがおトクに便利にお使いいただける三井住友カードクレジットカードをご紹介します。