クレジットカードで国民年金を支払う方法

クレカの基礎知識

クレジットカードで国民年金を支払う方法

クレジットカードで国民年金を支払う方法

「国民年金」は、日本国内に住む20歳から60歳までのすべての人に加入の義務がある公的年金制度です。通常、国民年金は口座振替や、送られてきた納付書を使い現金で支払います。ですが、きちんとした手続きを踏めば、クレジットカードでも国民年金を支払うことができるのです。ここでは、クレジットカードで国民年金を支払うことのメリットをご紹介しましょう。

国民年金の支払い方法

国民年金の支払い方法には、次に挙げる4つの方法があります。

現金払い

日本年金機構から届く「領収(納付受託)済通知書」を金融機関や郵便局、コンビニエンスストアなどに持ち込み、現金で納付する方法です。

口座振替

金融機関か年金事務所へ「国民年金保険料口座振替納付(変更)申出書」を提出して、手続きをします。

電子納付

インターネットバンキング、モバイルバンキングなどを利用して納付します。事前に年金事務所での申し込みと手続きが必要です。

クレジットカード払い

手持ちのクレジットカードで支払う方法です。手続きは、「国民年金保険料クレジットカード納付(変更)申出書」をダウンロードして必要事項を記入し、年金窓口に提出(または郵送)します。手続きには1ヵ月程度かかり、受付開始月は自宅に郵送される「国民年金保険料クレジットカード納付のお知らせ」で確認します。

こちらから申込書のダウンロードができます。

  • ※別ウィンドウで日本年金機構のサイトにリンクします。

クレジットカード払いのメリット

クレジットカードで国民年金を支払うメリットは、大きく3つあります。

未払いが防げる

納付書が送られていても、忙しい毎日の中でつい支払いを後回しにしてしまうのはよくあることでしょう。未払いが続けば、「差し押さえ」などの法的な措置がとられる場合もあります。
クレジットカード払いにしておけば、自動的に引き落としがされるため未払いを防ぐことができます。

配偶者の国民年金も同じカードで決済できる

夫婦で自営業を営んでいる場合、それぞれに納付書が届き、1枚ずつ支払いをしなくてはなりません。その点、クレジットカード払いなら、夫婦2人分の納付ができるよう登録しておけるので手間が省けます。

家計管理がスムーズ

公共料金や携帯電話料金といった固定費の支払いに利用しているクレジットカードを国民年金の支払いにも利用すれば、固定費を一括管理できるようになります。毎月送られてくるクレジットカードの明細書が家計簿代わりになるので、家計管理が楽になるでしょう。
三井住友カードのカードご利用代金WEB明細書サービスなら、WEB上でクレジットカードの利用明細を確認することができます。

クレジットカード払いのデメリット

便利な国民年金のクレジットカード払いですが、デメリットもあります。

クレジットカードの支払いには事前申請が必要

クレジットカード払いには事前の申請が必要で、手続きに1ヵ月程度かかります。今すぐ支払いたくても、手続きが済むまでは利用できません。余裕をもって事前に申請をするようにしてください。

クレジットカードの支払いは1回払いのみ

国民年金はまとめて支払うことによって割引されますが、国民年金の支払いに関しては、クレジットカードの分割払いやリボ払いなどは利用できません。従って、最大割引となる2年前払いなどを選択すると大きな出費になってしまいます。一度に多額の出費があると生活に支障があるという場合は、毎月納付を選択しましょう。

クレジットカードの情報変更があったら手続きが必要

結婚や引越しなどによってクレジットカードに登録している個人情報が変わったり、紛失や盗難でクレジットカード番号が変更になったりした場合は、すぐに「国民年金保険料クレジットカード納付(変更)申出書」を提出しなければなりません。手続き完了までには時間がかかるため、手続き期間と納付期限が重なる場合は、納付書で国民年金を納めることになります。
なお、クレジットカードの有効期限切れの場合は、クレジットカード会社から日本年金機構に連絡がいくため、利用者は変更手続きをする必要はございません。

利用限度額を超えていると支払いができない

年金以外の支払いにも同じクレジットカードを使用している場合、知らないうちに利用限度額に近づいていることがあるかもしれません。万が一、利用限度額を超えてしまうと国民年金の支払いはできませんので、注意が必要です。引き落としができない場合は、送付される納付書を使って国民年金を納めることになります。

申し込みのタイミングを逃さないように!

国民年金の支払いをクレジットカードに変更するとき、「2年」「1年」「4月分から9月分の6ヵ月の前納」を希望する場合は2月末までに、「10月分から翌年3月分の6ヵ月前納」を希望する場合は8月末までに申し込みを済ませなくてはなりません。これを逃すと、次の申込期間まで待たなければならないため、前納の割引を受けたい場合は、タイミングを逃さないようにしましょう。

クレジットカードのお申し込みはこちらから

今回の記事のまとめ

国民年金の支払い方法は、電子納付、口座振替、現金払い、クレジットカード払いの4つ

クレジットカード払いのメリットは3つ

  • 未払いが防げる
  • 配偶者の分の国民年金も同じカードで決済できる
  • 家計管理がスムーズになる

クレジットカード払いのデメリット

  • クレジットカードの支払いには事前申請が必要
  • クレジットカードの支払いは1回払いのみ
  • クレジットカードの情報変更があったら手続きが必要
  • 利用限度額を超えていると支払いができない

事前申請が必要で、手続きには時間がかかるため、余裕を持って申し込むことが大切

「ゼロからはじめるクレジットカード」
の他の記事を読む

人気記事ランキング

特集記事【クレカで新生活をおトクに始めよう!】

三井住友カードのスペシャルコンテンツ

  • キャッシュレスの基礎知識やキャッシュレス決済の方法についてご紹介!

  • 【♯大人になるって何だろう】スペシャルページでアニメを公開中!

  • 【SPY WORLD】動画の途中で続きを選択!?君の選択で未来を変えよう。
    ※この動画は音声ありでお楽しみください。

  • SNS担当先輩【せ】&後輩【こ】の2名で楽しくゆる~く発信していきます!