ゼロからはじめるクレジットカード
クレカの基礎知識
クレジットカードとの使い分けが便利なポストペイ型の電子マネーとは

クレカの基礎知識

クレジットカードとの使い分けが便利なポストペイ型の電子マネーとは

クレジットカードとの使い分けが便利なポストペイ型の電子マネーとは

近年は、日本でもキャッシュレス化が進み、スーパーの支払いをクレジットカードで行う人や、コンビニエンスストアで電子マネーを使う人が多くなりました。特に、電子マネーはクレジットカードが使えない店でも使えることが多いため、かなり普及してきています。電子マネーには、事前にチャージをして使用するプリペイド型と、チャージ不要のポストペイ型があり、それぞれにメリットがあります。ここでは、キャッシュレスで生活することも可能なポストペイ型のカードについて、クレジットカードとの違いを含めてご紹介します。

新規入会限定キャンペーン実施中!

三井住友カード プラチナプリファードは一部キャンペーンの対象となりませんので必ず詳細ページをご確認ください。

対象カード・適用条件について、お申し込み前に必ず上記バナーよりキャンペーン詳細ページをご確認ください。

キャンペーンは予告なく変更・終了することがございます。

クレジットカードを探す

「ポストペイ」とは?

電子マネーは、大きくポストペイ型とプリペイド型に分けられます。
ポストペイ型はポストペイド型とも呼ばれ、事前にチャージ(入金)をする必要がない電子マネーです。使用した金額が後払いという形で請求されるしくみですので、サインのいらないクレジットカードでの支払いと考えてもらうと理解しやすいでしょう。
プリペイド型は、事前に使える額をチャージする必要があります。鉄道やバスなど交通機関で使用される「Suica」や「ICOCA」などをお持ちの方もいるのではないでしょうか。

現在は、プリペイド型の電子マネーのほうが多くを占めていますが、関西圏の公共交通機関で使用できる多機能IC決済サービス「PiTaPa」や、三井住友カードとNTTドコモが提携して発行している「iD」など、ポストペイ型にもヒット商品が生まれています。

ポストペイ型の電子マネーを利用するには、支払いに利用するクレジットカードの登録が必要です。クレジットカードを所有していない場合、カード会社の審査を通過しなくてはなりません。なお、所有しているクレジットカードにポストペイ型の電子マネーを利用できる機能が付帯していれば、そのまま利用できます。

ポストペイ型のメリットは、紐付けされたクレジットカードで決済されるため、毎回チャージする必要がないことです。また、電子マネーで使用した金額がクレジットカードのポイントになることがあります。さらに、盗難・紛失などのトラブルの場合でも、クレジットカードと同様の補償が受けられることもメリットでしょう。
デメリットとしては、クレジットカードの利用限度額の範囲内であれば支払いできるため、うっかり使いすぎてしまうおそれがあることです。

ポストペイ型電子マネーは、クレジットカードとの使い分けでより便利に

「最終的にクレジットカードで決済されるなら、ポストペイ型の電子マネーはいらないのでは?」と疑問に思う人もいるでしょう。しかし、電子マネーならではのメリットがありますので、クレジットカードとポストペイ型の電子マネーを持ち、シーンに応じて使い分けることをおすすめします。
具体的には、ポストペイ型の電子マネーは、以下のようなシーンに最適です。

急いで支払いを済ませたいとき

クレジットカードの決済は、財布からカードを取り出し、サインや暗証番号を入力しなくてはなりません(少額決済を除く)。一方、ポストペイ型の電子マネーは、読み取り機にかざすだけで決済が完了します。
スマートな支払いが可能なため、用事があって急いでいるときなどは、ポストペイ型の電子マネーのほうが便利です。

スマホだけ持って出掛けたいとき

スマートフォンにポストペイ型電子マネーのアプリをインストールしておけば、財布を持たずに外出することができます。できるだけ荷物を減らしたいときや、バッグから財布を出すのがたいへんなときなども、ポストペイ型の電子マネーがおすすめです。

クレジットカードが使えないお店のとき

当たり前のことですが、すべてのお店でクレジットカードが使えるとは限りません。最近では少なくなりましたが、以前は有名なファストフード店でも使えないことがありました。ですから、念のためのバックアップという意味を含めて、ポストペイ型の電子マネーを持つ意味もあります。
また、自動販売機などの日常的な小口の買物の場でもポストペイ型の電子マネーは利用できることが多く、大変便利です。

三井住友カードのポストペイ型電子マネーでもっと便利に

三井住友カードのポストペイ型の電子マネーには、「三井住友PiTaPaカード」とNTTドコモと提供して発行している「iD」があります。
PiTaPaは、「スルッとKANSAI」が提供するポストペイ型電子マネーで、電車・バスなど交通機関の支払いや、飲食・ショッピングなどの支払いに使えます。関西圏の鉄道会社によっては割引もありますし、PiTaPa加盟店でのショッピングの場合、100円利用につき1ポイントが貯まる店舗もあります。

三井住友カードでは、以下のカードにPiTaPaを追加して申し込むことができます。

  • 三井住友カード(VISA、Mastercard)
  • KIPS-三井住友カード
  • minapitaカード
  • ANAカード、ANA VISA Suicaカード、ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード、ANA VISA nimocaカード
  • はぴeVISAカード
  • TuoカードVISA(関西地域の大学生協でカードを発行した方が対象)

iDも、コンビニエンスストアやファストフード店、ドラッグストア、ショッピングセンター、ガソリンスタンド、飲食店などで利用できる電子マネーです。iDには「専用カード」「クレジット一体型」「携帯」の3種類があり、生活スタイルに合わせて選べます。「iD」についての詳しい紹介は「三井住友カードを利用した電子マネー『iD』の活用方法」でご紹介しています。

ポストペイ型電子マネー機能を搭載したクレジットカードでキャッシュレス生活を

電子マネーとクレジットカードが一体化したキャッシュカードを1枚持っていれば、例えば大口の買物はクレジットカードで、小口の買物は電子マネーでというように、1枚ですべての買物をカバーできます。
現金を持ち歩かないキャッシュレス生活をすることも夢ではありませんので、ポストペイ型電子マネーとクレジットカードを活用し、スマートライフを送りましょう。

  • ※2018年1月時点の情報なので、最新の情報ではない可能性があります。

初めてのお申し込みには
三井住友カードがおすすめ!

新規入会限定キャンペーン実施中!

三井住友カード プラチナプリファードは一部キャンペーンの対象となりませんので必ず詳細ページをご確認ください。

対象カード・適用条件について、お申し込み前に必ず上記バナーよりキャンペーン詳細ページをご確認ください。

キャンペーンは予告なく変更・終了することがございます。

今回の記事のまとめ

「ポストペイ」とは?

  • 事前にチャージをする必要がない、クレジットカードに似た感覚の後払い型電子マネー

ポストペイのメリット・デメリット

  • 電子マネーで使用した金額がそのままクレジットカードのポイントになる
  • 盗難・紛失した場合はクレジットカードと同様の補償が受けられる
  • 使い過ぎる可能性がある

ポストペイ型の電子マネーは、クレジットカードをより便利に使うための追加サービス

  • 場面に応じた使い分けで、毎日をもっと便利に!

「ゼロからはじめるクレジットカード」
の他の記事を読む

あなたにおすすめの記事

    関連情報

    Have a good Cashless.

    三井住友カードが提供する「Have a good Cashless. ~いいキャッシュレスが、いい毎日を作る。~」では、キャッシュレスに関する基礎知識や、キャッシュレス決済の具体的な導入方法など、キャッシュレスの最新情報をお届けします。

    人気記事ランキング

    特集記事【クレカで新生活をおトクに始めよう!】

    三井住友カードのスペシャルコンテンツ

    • キャッシュレスの基礎知識やキャッシュレス決済の方法についてご紹介!

    • 【♯大人になるって何だろう】スペシャルページでアニメを公開中!

    • 【SPY WORLD】動画の途中で続きを選択!?君の選択で未来を変えよう。
      ※この動画は音声ありでお楽しみください。

    • SNS担当先輩【せ】&後輩【こ】の2名で楽しくゆる~く発信していきます!

    • [クレカ徹底解説]クレジットカードの仕組みや選び方など必見情報まとめ

    • 新社会人・新入社員・内定者の方が知っておきたい社会人生活の基礎知識をご紹介!