ゼロからはじめるクレジットカード
おすすめのカードと作り方
銀聯カードはどこで作れる?普及した理由や使用方法を解説

おすすめのカードと作り方

銀聯カードはどこで作れる?普及した理由や使用方法を解説

銀聯カードはどこで作れる?普及した理由や使用方法を解説

中国国内はもちろん、アジア各国でもメリットを享受できる銀聯カードとは、どのようなカードなのでしょうか。銀聯カードの特徴や利用方法をご紹介します。

新規入会限定キャンペーン実施中!

三井住友カード プラチナプリファードは一部キャンペーンの対象となりませんので必ず詳細ページをご確認ください。

対象カード・適用条件について、お申し込み前に必ず上記バナーよりキャンペーン詳細ページをご確認ください。

キャンペーンは予告なく変更・終了することがございます。

クレジットカードを探す

銀聯カードの発行枚数は80億枚以上!

銀聯カードとは、「銀聯」ブランドマークが付与されたカードのことです。「銀聯」は2002年に中国の中央銀行にあたる中国人民銀行が中心となって、中国政府主導のもとで設立された決済ネットワークおよび同ネットワークを活用した決済サービスブランドで、別名「UnionPay(ユニオンペイ)」とも呼ばれています。
銀聯によると、2020年1月時点で176の国と地域で銀聯カードが利用でき、発行総枚数は80億枚を超えているとされており、世界中に広がっています。

なぜ銀聯カードは中国で爆発的に普及したのか?

中国で銀聯カードが爆発的に普及したのには、いくつかの理由があります。それぞれ確認しておきましょう。

多額の紙幣を持ち歩く必要があった

中国国内の最高額紙幣は100元(日本円で約1,500円※)となるため、高額決済の際は多額の現金を持ち歩く必要が生じ、スリや盗難といった危険性があります。また、かつて偽造紙幣が出回ることも少なくない状況下で、スムーズかつ安全に買物を行える手段として銀聯カードが生まれたことで、中国国内に普及していった背景があります。

国外に持ち出せる額が現金だと少額

中国人が海外に出掛ける際は、申告なしで国外に持ち出せる現金の上限額は人民元2万元(約31万円※)、あるいは5,000ドル相当の外貨といった規定があります。
一方、銀聯カードの年間ATMでの現金引き出し上限額は、1人あたり最高10万元(約150万円※)です。海外旅行などの際、銀聯カードは現金以上に利便性が高いため、多くの中国人から歓迎されているというわけです。

クレジットカードが普及していなかった

銀聯設立以前、中国国内でクレジットカードはあまり普及しておらず、銀聯ブランド以外のカードは現在でも中国において使用できないことがあります。
一方、中国国内の銀行キャッシュカードは銀聯ブランドが付いていて、デビットカードとして銀行口座からの即時引き落としで利用することができます。また、銀行キャッシュカードとしての銀聯カードを使って、ATMから現金の引き出しを行うこともできます。
クレジットカードが一般的ではなかったことと合わせて、中国国内の銀行で口座を作るとキャッシュカードに銀聯ブランドが自動的に付与されることもあり、銀聯カードは広く浸透していくことになります。

  • ※中国元のレートは2019年12月時点

日本でも作れる銀聯カード

日本でも銀聯カードを作ることができます。特に、中国への出張や旅行などでは、銀聯カードを所有していると便利でしょう。また日本国内でも、約60万店(2016年時点)が銀聯カードに加盟しており日本国内でも利用することができます。

日本国内で銀聯ブランドのクレジットカードを発行しているのは、三井住友カードを含めて2社しかありません。
「三井住友銀聯カード」は、銀聯カード単体で発行することができます。ほかの会社の場合、銀聯カードを発行するには、発行会社のクレジットカードを発行することが条件になっています。

三井住友銀聯カードの申し込み方法

  • インターネットで必要事項を入力して申請する
  • 各銀行のウェブサイトで引き落し口座を設定する
  • 入会審査を受ける
  • カードが発行される
  • 簡易書類にてカードが自宅に到着する

最短3営業日でカードを発行し、お手元には1週間ほどで届く形となります。

三井住友銀聯カードの特徴

三井住友銀聯カードは、年会費およびカード発行手数料が無料です。
中国ではデビットカード機能がメインの銀聯カードですが、三井住友銀聯カードはクレジットカード払いとなり、ATMでのキャッシングの利用はできません。総利用枠は10万~80万円となります。
なお、三井住友銀聯カードは中国現地において日本語でサポートを行っている「銀聯コールセンター」も利用できますので、急なトラブルの際もご安心ください。

銀聯カードのメリットとは?

銀聯カードは、中国国内の大都市から地方都市まで、2,000万店舗以上に及ぶ加盟店で使用できます。中国へ出張や旅行に行く際は、必要不可欠といえるでしょう。
ここでは、銀聯カードを利用するうえでのメリットをご紹介します。

中国国内でストレスなく決済できる

中国では、VisaやMastercardといった中国国外の国際ブランドによるクレジットカード決済を受け付けていない店舗が数多く存在します。北京、上海などの大都市でさえ、国際ブランドのクレジットカードでさえ使える店舗は限られています。そのため、中国国内でストレスなく高額決済を含むキャッシュレス決済を行うためには、銀聯カードを所有していることが望ましい状況です。

アジア各国で特典がある

銀聯ネットワークは、日本、香港、マカオ、台湾、韓国、シンガポール、タイ、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランドといったアジア各国に加え、アメリカ、ドイツ、イギリス、フランス、スイスなど、欧米諸国にも拡大しています。

サービス期間こそありますが銀聯はブランド主催の優待提供に積極的で、これまでにも仁川国際空港で銀聯カードを利用して食事をすると最大10%割引、マレーシアの「ザ ターラス ビーチ & スパ リゾート」で銀聯カードを利用すると15%オフ、フランスの「Selles sur Cher」で銀聯カードを使ってワインを購入すると15%オフというように、アジアを中心に各国で優待を受ける機会も少なくありません。
特に、シンガポールやベトナムなど、中国系資本が進出している地域では、銀聯カードを使った際の優待が増えているため、中国を訪れるときだけに限らず、アジアを訪れる際にメリットを受けやすいカードといえるでしょう。

銀聯カードの利用には暗証番号の入力と署名が必要

銀聯カードを利用する際は、署名と暗証番号、どちらも必要となります。三井住友銀聯カードを利用する場合、売上票へのサインに加えて、一般的な4桁の暗証番号ではなく6桁の暗証番号(00+指定した4桁の暗証番号)の入力が必要です。暗証番号を忘れてしまうと利用できないため、渡航前に必ず確認するようにしてください。

銀聯カード利用の流れ

  • 会計時に銀聯カードを提示する
  • 6桁の暗証番号を入力する
  • 売上票にサインをする
  • 売上票のお客様控えを受け取る

ただし、コンビニエンスストアやオンラインショップなど、一部の加盟店では銀聯カード利用時に暗証番号の入力が不要な場合もあります。この場合、必ずしも上記のような手順を踏む必要はありませんので利用時に確認しましょう。

  • ※三井住友銀聯カードでは一部ご利用いただけないインターネット加盟店があります。
  • ※2020年3月時点の情報なので、最新の情報ではない可能性があります。

初めてのお申し込みには
三井住友カードがおすすめ!

新規入会限定キャンペーン実施中!

三井住友カード プラチナプリファードは一部キャンペーンの対象となりませんので必ず詳細ページをご確認ください。

対象カード・適用条件について、お申し込み前に必ず上記バナーよりキャンペーン詳細ページをご確認ください。

キャンペーンは予告なく変更・終了することがございます。

今回の記事のまとめ

銀聯カードとは?

  • 銀聯カードとは、銀聯によって発行されているカードのこと
  • 発行枚数は80億枚以上

なぜ銀聯カードは中国で爆発的に普及したのか?

  • 最高額紙幣は100元となるため、多額の紙幣を持ち歩く必要があった
  • 国外に持ち出せる額が現金だと少額
  • 中国国内の銀行キャッシュカードは銀聯ブランドが付いている

日本でも作れる銀聯カード

  • 日本国内で銀聯ブランドのクレジットカードを発行しているのは、三井住友カードを含めて2社だけ

銀聯カードのメリット

  • 中国国内でストレスなく決済できる
  • アジア各国で特典がある

銀聯カードの利用には暗証番号の入力と署名が必要

  • 一般的な4桁の暗証番号ではなく6桁の暗証番号になる

「ゼロからはじめるクレジットカード」
の他の記事を読む

あなたにおすすめの記事

    人気記事ランキング

    特集記事【クレカで新生活をおトクに始めよう!】

    三井住友カードのスペシャルコンテンツ

    • キャッシュレスの基礎知識やキャッシュレス決済の方法についてご紹介!

    • 【♯大人になるって何だろう】スペシャルページでアニメを公開中!

    • 【SPY WORLD】動画の途中で続きを選択!?君の選択で未来を変えよう。
      ※この動画は音声ありでお楽しみください。

    • SNS担当先輩【せ】&後輩【こ】の2名で楽しくゆる~く発信していきます!

    • [クレカ徹底解説]クレジットカードの仕組みや選び方など必見情報まとめ

    • 新社会人・新入社員・内定者の方が知っておきたい社会人生活の基礎知識をご紹介!