海外留学や旅行で使いたい!高校生でも使えるクレジットカードとは

おすすめのカードと作り方

海外留学や旅行で使いたい!高校生でも使えるクレジットカードとは

海外留学や旅行で使いたい!高校生でも使えるクレジットカードとは

日常の買物はもちろん、留学や旅行などで海外に行くときも必ず持っていたいクレジットカード。近年は留学も低年齢化していますし、修学旅行で海外に行くという学校も増えてきました。しかし、「多額の現金は持たせたくないけど、自分のクレジットカードを貸すこともできないし」と悩んでいる保護者もいることでしょう。
実は、海外留学が理由であれば、高校生でもクレジットカードを持つことができます。ここでは、高校生でもクレジットカードを作れる方法についてご紹介しましょう。

クレジットカードを作る条件

クレジットカードを作る条件として、大部分のクレジットカード会社が「高校生を除く18歳以上」を原則としています。これは、クレジットカードは、名義人に支払い能力があることを前提としてカード会社が代金を先払いしてくれる信用取引だからです。高校生の場合、学生の本分である勉強のかたわらアルバイトをしたとしても、クレジットカードの支払いを担保するだけの収入が見込めないことを理由にクレジットカードを作ることができません。
また、家族が本会員である場合、生計を同じくする配偶者や子供に発行される「家族カード」も、原則的に「高校生を除く18歳以上の配偶者・子供」を使用者として規定しています。ですから、基本的に高校生には発行してもらえないのです。

高校生がクレジットカードを持つ方法

基本的に高校生がクレジットカードを所有したり、使用したりすることはできません。ただし、例外的に高校生がクレジットカードを持つことができる方法があります。

それは、クレジットカードの「家族カードを作る」という方法です。
前述したように、原則的に高校生は家族カードを使用することができません。しかし、留学など「海外で使用する」という前提がある場合はその限りではございません。三井住友カードにおける家族カードのお申し込みは「原則として高校生を除く満18歳以上のお子さま」となっていますが、「海外留学など海外でカードを利用する場合は「中学生を除く満15歳~18歳のお子さま」もお申し込み可能としています。ですから、帰国後は使うことができないというデメリットはあります。
なお、家族カードのお申し込みには確認書類が必要ですから、まずは家族が本会員となっているクレジットカード会社のサポートデスクや入会案内デスクに問い合わせましょう。

入会案内デスク:0120-816-437
受付時間/【平日】9:00~19:00 【土・日・祝日】9:00~17:00 (12/30~1/3休)

クレジットカードではなく、デビットカードを持たせる方法

もし、子供に現金を持たせたくなければ、クレジットカードではなく「デビットカードを作る」という方法もあります。
デビットカードは、見た目はもちろん、カード1枚あれば現金を持たずに買物できるという感覚も、クレジットカードとほとんど変わりません。登場した当初は、知名度が低く利用できる店舗も限られていました。しかし、現在ではクレジットカードと遜色なく利用できるようになりました。もちろん、インターネットショッピングでも利用できます。

クレジットカードとデビットカードの大きな違いは、クレジットカードが使った分の金額を後から支払う信用取引であるのに対して、デビットカードはレジでの決済と同時に利用料金が自動的に銀行口座から引き落とされることです。
つまり、クレジットカードは銀行口座にお金がなくても使えますが、デビットカードは銀行口座にお金が入っていなければ使うことができません。そのため、経済的な信用が低い高校生でも持つことができるのです。デビットカードは「ATMでお金を下ろす手間が省けるカードである」と考えると分かりやすいでしょう。
また、デビットカードは支払い時にサインをする必要がなく、端末に暗証番号を入力するだけで手続きが完了するという流れもATMと同じです。国内で使用する場合や、留学や旅行を終えてからも使い続けたいという場合は、デビットカードが適しているといえるでしょう。
なお、海外で使用する場合、VisaのデビットカードならVisaマークのあるお店のほとんどで使うことができます。使用した分は、そのときのレートで即座に日本の銀行口座から引き落とされますので、両替手数料がかからないのもうれしいポイントです。

三井住友カードのデビットカードである「SMBCデビット」も、三井住友銀行に普通預金口座を開設するか、すでに三井住友銀行に普通預金口座を持っている方なら、中学生を除く15歳以上から発行することができます。

Visa payWave加盟店、およびiD加盟店であれば、端末にタッチするだけで決済が完了し、利用料金はすぐに銀行口座から引き落とされます。また、「利用した」ことをメールでお知らせするサービスもありますので、「デビットカードでも、子供の使い過ぎが心配」という保護者も安心です。

ただし、デビットカードでも、高校生が作る場合は親権者の同意が必要です。利用方法を家族で確認し、毎月いくらまで使っていいかを約束してから、使用させるようにしましょう。

高校生が持つなら、海外での使用を前提とした「家族カード」か「デビットカード」

高校生がクレジットカードを持つ方法として、旅行や留学など海外での使用を前提とした「家族カード」か、決済と同時に銀行口座から引き落とされる「デビットカード」か、2つの選択肢があることをご説明しました。
この2つは、どちらがより優れているというわけではございません。
長期になるほどたくさんの費用が必要になる海外旅行や留学では、残高の心配がいらないクレジットカードを作っておいたほうが安心です。また、国内利用もしたいのであれば、「デビットカード」を作るしかございません。
いずれにせよ、目的に応じて最適なカードを作りましょう。

今回の記事のまとめ

クレジットカードを作る条件

  • クレジットカードを作る条件は、原則として高校生を除く満18歳以上

高校生がクレジットカードを持つ方法

  • 高校生がクレジットカードを持つ方法は「家族カード」
  • 家族カードは海外での使用が前提で、国内のみで使用する場合はお申し込み不可

クレジットカードではなく、デビットカードを持たせる方法

  • 「デビットカード」なら高校生でも作れる
  • 三井住友カードのSMBCデビットも、三井住友銀行に口座がある中学生を除く15歳以上から発行可能

高校生が持つなら、海外での使用を前提とした「家族カード」か「デビットカード」

  • 期間が長いほど費用がかさむ留学前には、高校生でもカードを作っておいたほうが安心

あなたにおすすめの記事

人気記事ランキング

特集記事【クレカで新生活をおトクに始めよう!】

動画でわかるクレジットカード

  • 【♯大人になるって何だろう】スペシャルページでアニメを公開中!

  • 【SPY WORLD】動画の途中で続きを選択!?君の選択で未来を変えよう。
    ※この動画は音声ありでお楽しみください。