クレジットカードの署名(サイン)は書き直ししても良いの?

安心のセキュリティ対策

クレジットカードの署名(サイン)は書き直ししても良いの?

クレジットカードの署名(サイン)は書き直ししても良いの?

クレジットカードを発行して手元に届いたら、最初にやらなければいけないのがクレジットカードの裏面への署名(サイン)。何で書けば良いのか、記載ミスしたら書き直してもよいのかなど、サインひとつにおいても気になることはいろいろありますよね。今回はクレジットカードの署名(サイン)についてお話します。

署名(サイン)を記載しないとどうなる?

インターネットショッピングでのサインレス決済をした場合やICカードをIC対応端末設置加盟店で利用して暗証番号を入力した場合を除いて、クレジットカードの裏面に署名(サイン)がないと、クレジットカードは基本的に利用することはできません。クレジットカードを利用する場合、お店側は本人確認と利用金額の確認のためにサインを求めます。サインをしたらクレジットカードの裏面にある署名(サイン)と照らし合わせて、ご本人かどうか確認されます。その際、サインがクレジットカードの裏面にないと本人確認ができないので、利用することができないのです。

また署名(サイン)の記載は、盗難・紛失時の不正利用を防止する役割もあります。署名(サイン)を書き忘れた状態のクレジットカードが他人の手にわたって、その人が勝手にサインして買物をしてしまった場合は残念ながら補償の対象になりません。必ず署名(サイン)をするようにしましょう。

クレジットカードの署名(サイン)は何を書けば良い?

クレジットカードの署名(サイン)は、漢字・ひらがな・英字などの書体に決まりはございません。また、名前はフルネームではなく苗字だけ、名前だけの記載でも問題ございません。記載内容は基本的に自由です。ただ、この署名(サイン)は本人確認に使用するので、第三者から見て署名(サイン)だと分かる内容にしましょう。

一般的には漢字、ローマ字で書かれることが多いようです。パスポートを利用する機会があるのであれば、ローマ字で書くのが無難です。ただ、だれでも真似できそうなアルファベット1文字などの簡単すぎる署名(サイン)は避けましょう。不正利用の原因になります。

クレジットカードの署名(サイン)を書くペンは何にすべき?

クレジットカードの署名(サイン)は、ボールペンか、油性のフェルトペンやマーカーペンで書くのがおすすめです。水性のペンは滲んだり、消えてしまう可能性があるのでおすすめしません。

クレジットカード の署名(サイン)は書き直ししても良いの?

クレジットカードの裏面の署名(サイン)は書き直してはいけません。書き直しを認めてしてしまうと不正利用ができることになってしまうからです。クレジットカードの裏面の署名(サイン)が薄くなってきた、クレジットカードを手に入れた際に間違った署名(サイン)を書いてしまった、署名(サイン)を変えたい際は、クレジットカードを再発行するようにしましょう。ただ再発行はクレジットカードの種類にもよりますが、基本的には有料で手元に届くまで時間がかかりので、よく考えて署名(サイン)しましょう。

今回の記事のまとめ

署名(サイン)を記載しないとどうなる?

署名(サイン)を記載しないと、インターネットなどのサインレス決済、暗証番号を入力する場合を除いて、利用することはできません。

クレジットカードの署名(サイン)は何を書けば良い?

記載内容は基本的に自由だが、第三者から見て署名(サイン)だと分かる内容にすべき。

クレジットカードの署名(サイン)を書くペンは何にすべき?

ボールペンか、油性のフェルトペンやマーカーペンで書くのがおすすめです。

クレジットカード の署名(サイン)は書き直ししても良いの?

クレジットカードの裏面の署名(サイン)は書き直してはいけません。再発行するようにしましょう。

人気記事ランキング

特集記事【クレカで新生活をおトクに始めよう!】

動画でわかるクレジットカード

  • 【♯大人になるって何だろう】スペシャルページでアニメを公開中!

  • 【SPY WORLD】動画の途中で続きを選択!?君の選択で未来を変えよう。
    ※この動画は音声ありでお楽しみください。