クレジットカードの裏面に署名する意味と注意点

安心のセキュリティ対策

クレジットカードの裏面に署名する意味と注意点

クレジットカードの裏面に署名する意味と注意点

新たにクレジットカードを作ったときや、更新などで新しいクレジットカードが届いたとき、最初にやらなければならないのがクレジットカード裏面の署名欄へのサインです。
クレジットカードに同封されている会員規約にも、「クレジットカード裏面にご署名後、ご利用ください」といった一文が必ず記載されており、署名のないクレジットカードは原則として使用することができません。

販売する側は、署名のないカードの使用を断ることができる

クレジットカードで買物する場合、利用者は審査基準をクリアしているという信用に基づいて後払いで商品を購入しています。そのため、利用者は「クレジットカードを使用しているのが信用に値する所有者ご本人である」ということを証明しなくてはなりません。
署名のないクレジットカードを使おうとした利用者に対して、販売する側はその場でサインの記入を求め、応じない場合はクレジットカードを使用した買物を断ることができます。
クレジットカード裏面の署名は、買物をした際に求められる売上票へのサインと合わせて、利用者の責任を明確にする役割を果たしているのです。

近年はペーパーレス化が進み、タブレットなどに特殊なペンでサインをする「電子サイン」を導入しているお店も増えましたが、クレジットカード裏面の署名と筆跡を見比べてご本人確認をするという目的は同じです。

署名がないクレジットカードは危険!

署名がないクレジットカードは、単に買物に使うことができないだけでなく、たくさんのリスクをはらんでいます。

第一のリスクは、クレジットカードが何らかの理由で第三者の手に渡ったとき、不正利用されかねないということです。署名のないクレジットカードであれば、拾ったり、盗んだりした第三者が勝手に署名を書き込んで使うのは簡単です。署名をしていなかったクレジットカードが不正利用された場合、クレジットカードの所有者ご本人に支払い責任が生じることもあります。

第二のリスクは、盗難・紛失の被害に遭っても補償対象にならない場合があることです。一般的に、クレジットカードが不正利用された際の被害額はクレジットカード会社が補償してくれますが、会員側が規約に違反していた場合や故意・過失による不正利用はその限りではございません。クレジットカード裏面の署名は会員規約として定められているため、不正利用されても補償が受けられず、自己負担になる可能性が高いのです。

支払い時のサインは、クレジットカードの署名欄と同じものを

前述したとおり、クレジットカード裏面の署名は、売上票に書き込んだサインや電子サインと付け合わせてご本人確認に使用されています。
買物をしたあとのサインは、クレジットカードに記入した署名と同じものを書きましょう。なお、このときのサインには、「伝票に記載されているクレジットカード決済の契約について内容を確認し、了承した」という意味もあります。無造作に記入してしまいがちですが、合計金額はもちろん、1回払いか分割払いかを示す支払い区分などもしっかり確認してからサインするようにしましょう。

署名は漢字?ローマ字?

署名欄にサインをするとき、「漢字で書けばいいの?それともローマ字?」と手が止まる人もいるのではないでしょうか。

実は、署名そのものに、文字や言語に関する決まりはございません。漢字で書いてもローマ字で書いてもいいのです。「自分が書いたものである」と証明さえできれば、下の名前だけでも、ニックネームでも、イニシャルでも構いません。

ただし、万一の際の偽造を防ぐという観点からは、漢字が最適です。漢字は画数が多く、バランスが取りにくいので、書きなれていない人は真似しにくいからです。海外でクレジットカードを使用する機会が多い人などは、漢字でフルネームを書いておくといいでしょう。

きれいに書こうと改まりすぎると、お店で書くサインとの差がありすぎて、逆に怪しまれてしまうかもしれません。普段どおりの字で、気負わず書くことをおすすめします。

もし、署名欄のサインを間違えてしまったら

署名は消えないよう、油性ペンで書くのが一般的ですから、間違えてしまうと消すことができません。とはいえ、手が滑っておかしな字になってしまったり、うっかり家族の氏名を書いてしまったりすることもあるでしょう。

もし、署名を書き損じてしまったら、速やかにクレジットカード会社に連絡をして再発行してもらいましょう。署名を訂正したり上書きしたりした痕跡のあるクレジットカードは、使用することができません。使用しているうちに署名が薄くなってきた場合も上書きはせず、再発行依頼をするのが賢明です。

この機会に、手持ちのクレジットカードの裏面を確認しましょう

今回は、クレジットカードの署名の重要性についてご説明しました。ご本人確認や危機管理のために、署名は欠かせないということがおわかりいただけたのではないでしょうか。
その気になればほんの数秒で済んでしまう署名ですが、その大切さを理解しないまま後回しにして、署名をしないままのクレジットカードが財布に入っている…という方は注意が必要です。この機会に、お手持ちのクレジットカードの裏面を確認し、署名がないものがあればすぐにサインをしましょう。
もしものときに後悔しないよう、普段から備えておくことが大切です。

クレジットカードのお申し込みはこちらから

今回の記事のまとめ

サインは利用者の責任を明確にするために必要

  • 盗難や紛失の際も補償されない場合がある
  • 下の氏名だけでも、ローマ字でも構わないが、不正利用を防ぐなら漢字がおすすめ
  • 支払い時のサインは、クレジットカードのサインと同じものを使用すること
  • 書き直しはNG。書き損じた場合は再発行依頼をすること

この機会にクレジットカード裏面を確認し、しっかりサインをしてから使用する

人気記事ランキング

特集記事【クレカで新生活をおトクに始めよう!】

動画でわかるクレジットカード

  • 【♯大人になるって何だろう】スペシャルページでアニメを公開中!

  • 【SPY WORLD】動画の途中で続きを選択!?君の選択で未来を変えよう。
    ※この動画は音声ありでお楽しみください。