Powered by 三井住友カード

  1. 三井住友カード
  2. カードをつくる
  3. ゼロからはじめるクレジットカード
  4. 海外旅行準備・持ち物ガイド タビサポ
  5. 旅行中の豆知識
  6. 台湾滞在前に知っておきたい!お金事情と両替のタイミング

旅行中の豆知識

2020.08.26

台湾滞在前に知っておきたい!お金事情と両替のタイミング

台湾滞在前に知っておきたい!お金事情と両替のタイミング


台湾は、九州ほどの小さな島の中に、数々の観光スポットと話題のグルメが満載の、魅力あふれる海外旅行先です。異国情緒あふれる雰囲気と親日国としても知られる温和な現地の方々に魅了され、日本からのリピーターが後を絶たない国のひとつでもあります。
ここでは、台湾のお金事情と両替について、旅行前に知っておきたい情報をご紹介します。

台湾旅行の魅力とは?準備すべきことと観光スポットを紹介

目次

キャッシュレスプラン キャッシュレスプラン

  • ※ 三井住友カードプラチナプリファードはキャッシュレスプラン対象外となります。
  • ※ 対象カード・適用条件について、お申し込み前に必ず上記バナーよりキャッシュレスプラン詳細ページをご確認ください。
  • ※ キャッシュレスプランは予告なく変更・終了することがございます。

台湾のお金の基本情報

台湾のお金は、中国や日本と深い関わりのある、台湾の歴史を感じさせられます。台湾のお金の基本情報から見ていきましょう。

単位

台湾の通貨単位は「台湾元(タイワンユェン)」で、おもに「元(ユェン)」と称します。ただし、紙幣や硬貨の表記には「圓(円の旧字体)」が用いられているほか、口頭では「塊(クァイ)」、旅行者からは「ニュー台湾ドル」と呼ばれるなど、さまざまな表現があります。通貨コードは「TWD」で、通貨記号では「NT$」と表記します。

レート

台湾元(ニュー台湾ドル)の為替レートは、2020年7月1日(水)現在、1元が日本円で約4円です。なお、通貨単位は中国と同じ元ですが、レートは中国と台湾それぞれ異なりますので注意が必要です。

紙幣・硬貨

おもに流通する紙幣は100元、200元、500元、1,000元、2,000元があり、中華民国の国父・孫文(そんぶん)や初代総統・蒋介石(しょうかいせき)の肖像画のほか、少年野球チームや衛星とロケットなど、象徴的なモチーフも用いられた珍しいデザインが特徴です。ただし、200元と2,000元紙幣はほとんど流通しておらず、会計時に出すと使用を断られる場合もあります。

おもに流通する硬貨は、1元、5元、10元、50元があり、20元硬貨も存在しますが、ほぼ流通していません。

台湾のお金事情

台湾では、諸外国ほどクレジットカードが普及していません。台北や高雄などの大都市や定番の観光エリアでは概ね使用できますが、お店によっては一定額以上にならないとクレジットカード決済を断られるケースもあります。
また、人気の観光地である夜市の露天や、コンビニエンスストア、スーパーマーケット、タクシーなどの交通機関でもクレジットカードが使えないことがあります。そのため、台湾旅行では、クレジットカードと現地通貨の両方を用意し、地方を巡る場合は現金を少し多めに持っておくと安心です。

なお、クレジットカードで会計をする際、現地通貨と円のどちらで支払うか聞かれることがあります。円払いは、店側が手数料などを含めた独自レートを設定していることもあるため、高額になる場合もあります。

海外への旅行や出張の際のご利用にもおすすめ!スタンダードなクレジットカード「三井住友カード」

三井住友カード

現地通貨へ両替をするタイミングは?

台湾の滞在に欠かせない現地通貨は、日本国内でも台湾到着後でも両替をすることができます。両替のタイミングで手数料や両替のしやすさなどが変わってくるため、渡航前にそれぞれの特徴を知っておきましょう。

日本国内で両替をするときの注意点

日本国内では、街中や空港にある銀行や両替所などで両替ができます。旅行準備の一端として、出国前に両替をする場合も多いですが、台湾元(ニュー台湾ドル)は日本で両替をすると手数料の設定が高い場合もあります。
また、帰国後に余った現地通貨を円に戻す際にも高額な手数料が発生するので、できれば現地で使いきって帰国するようにしましょう。

台湾で両替をするときの注意点

台湾で両替を行う際には、第一銀行や台湾銀行といった現地の銀行か、郵便局、外貨自動両替機などが一般的です。銀行窓口や外貨自動両替機は空港内にも設置されているので、到着後すぐに現地通貨を入手できます。手数料の設定は銀行によって異なります。なお、外貨自動両替機を利用する場合、手数料は無料です。

ただし、ほとんどの銀行は土日や平日の夕方以降は営業しておらず、外貨自動両替機は街中に多く設置されているわけではありません。旅の途中で現地通貨が必要になったときは、次のような場所でも両替をすることができます。

  • お茶屋さん
    政府公認で両替ができるお茶屋さんがあります。手数料は無料で、旧正月期間を除いて毎日遅くまで営業しているところもありますので、銀行が閉まった後でも現地通貨を手に入れることができます。
  • 免税店
    免税店でも両替を行うことができます。ツアーで台湾を訪れる場合、コースに組み込まれていることも多いので、ショッピングついでに両替をしてもいいでしょう。
  • 百貨店、ショッピングモール
    新光三越やそごうといった大手百貨店や、人気の観光スポット「台北101」のショッピングモールでも両替ができます。ショッピング中に現地通貨が不足したときなどは便利ですが、手数料を含んだレートが銀行などに比べるとあまり良くないため、必要な額にとどめたほうがいいでしょう。
  • ホテル
    一部のホテルでも、宿泊客の両替に対応しています。銀行などに出向く手間がなく、24時間いつでも両替できるのがメリットですが、百貨店などと同じくレートはあまり良くないことが多いでしょう。

海外旅行前に知っておきたい手数料を抑えてお得に外貨両替をする方法

台湾滞在を快適にするお金とクレジットカードの使い方

現地通貨の利用頻度も高い台湾ですが、クレジットカードがあれば、下記のように便利な場面も多くあります。

ATMで現地通貨をキャッシングできる

クレジットカードのキャッシング機能を利用して、ATMですぐに必要な分だけ現地通貨を用意できます。
海外キャッシングは、毎月のショッピング利用額といっしょに引き落とされるので金利はひと月分程度となり、両替手数料よりおトクになることがあります。また、繰上返済で利息を抑えることもできます。

円?台湾ドル?失敗しないクレジットカードの使い方

活用できるシーンが多い

ショッピングでは使用できる場面が限られる台湾旅行のクレジットカードですが、キャッシング以外にも、ホテルやレンタカーのデポジットとして使えたり、もしものときに付帯の海外旅行傷害保険で補償が受けられたりと、台湾旅行を快適なものにしてくれます。
VisaやMastercardなどの国際ブランドのクレジットカードを持っていれば、使用できる店もサービスもさらに広がります。

便利な日本人向けサービスも

三井住友カードなら、観光情報や交通機関の案内、レストラン・オプショナルツアーなどの予約代行といったサービスが受けられる「VJデスク」もご利用いただけます。すべて日本語での対応となりますので、初めての海外旅行でも心強い味方となるでしょう。

VJデスク

付帯サービスも充実!スタンダードなクレジットカード「三井住友カード」

三井住友カード

台湾元の両替は必要最低限にしてクレジットカードを併用しよう

キャッシュレス化に向けて、少しずつクレジットカードの普及が進む台湾ですが、屋台やローカルなお店などでの支払いは、まだ現金が主流です。とはいえ、台湾元を多めに両替してしまうと、余った場合に日本円へ戻す際、手数料で損をしてしまう場合もあります。
現地通貨の所持は必要最低限にとどめておき、クレジットカードと上手に使い分けるようにしましょう。

2020年8月時点の情報なので、最新の情報ではない可能性があります。

人気ランキング

もっと見る

海外旅行には 三井住友カードがおすすめ!

  • 01

    現金の紛失・盗難にも
    安心

  • 02

    両替の手間要らずで
    スムーズ

  • 03

    トラベルサポート・保障が
    充実

キャッシュレスプラン キャッシュレスプラン

  • ※ 三井住友カードプラチナプリファードはキャッシュレスプラン対象外となります。
  • ※ 対象カード・適用条件について、お申し込み前に必ず上記バナーよりキャッシュレスプラン詳細ページをご確認ください。
  • ※ キャッシュレスプランは予告なく変更・終了することがございます。

関連記事

その他おすすめ記事サイト

[クレカ徹底解説]クレジットカードの仕組みや選び方など必見情報まとめ [クレカ徹底解説]クレジットカードの仕組みや選び方など必見情報まとめ

PAGETOP