ゼロからはじめるクレジットカード
お得なポイント還元率・特典
iDはどう使えばいいの?キャッシュバックについても解説

お得なポイント還元率・特典

iDはどう使えばいいの?キャッシュバックについても解説

iDはどう使えばいいの?キャッシュバックについても解説

近年、さまざまなお店で使えるようになり、利用者も増えている電子マネー。中でも、特に普及率が高い電子マネーが、三井住友カードとdocomoが提携して発行している「iD」です。iDにはどのような特徴やメリットがあり、どのような点で利便性が高いのでしょうか。
ここでは、電子マネーiDについて詳しく解説していきましょう。

新規入会限定キャンペーン実施中!

三井住友カード プラチナプリファードは一部キャンペーンの対象となりませんので必ず詳細ページをご確認ください。

対象カード・適用条件について、お申し込み前に必ず上記バナーよりキャンペーン詳細ページをご確認ください。

キャンペーンは予告なく変更・終了することがございます。

クレジットカードを探す

電子マネー「iD」とは?

電子マネーの「iD」は、カードやスマートフォンをかざして支払うタイプの電子マネーです。使った分だけ後払いする「ポストペイ型」以外にも、事前にチャージして使う「プリペイド型」、口座残高の範囲内で使える「デビット型」と、用途やライフスタイルに合わせて選ぶことができます。
ここではまず、iDの特徴や基本的な使い方をご紹介します。

iDはどこで使える?

iDを利用できるお店や施設には、利用できるクレジットカードなどが記載されているところに「iD」マークがあります。
iD対応のリーダーは、コンビニやファストフード店、ドラッグストア、ショッピングセンター、ガソリンスタンド、飲食店など、さまざまな店舗に導入されています。さらに、自販機でもiDが使えるほか、タクシーやレジャー施設なども、iD決済に対応しているところが増えています。
日常的に利用しているお店や施設でiDが使えれば効率的にポイントを貯められるため、よりおトクにキャッシュレス決済を利用することができるでしょう。

iDの利用方法

iDを店頭でのお会計時に利用する際は、「iDで」と伝えましょう。
お店側がiD決済の操作をしてくれるため、「タッチしてください」と言われたら、レジなどに設置されているリーダーにスマートフォンやカードをかざします。基本的には暗証番号入力やサインなどは必要なく、それだけで支払いが完了します。ただし、商品の種類や決済金額によっては、暗証番号を求められるケースもあります。
ポストペイ型のiDの場合、支払い代金はクレジットカードの利用料金という形で、後から請求されます。そのため、事前チャージは不要です。

ポストペイ型iDの3つのメリット

ここからは、iDのポストペイ型に絞って、3つのメリットを見ていきましょう。

ポイントが貯まる

ポストペイ型のiDを利用すれば、支払いに使うクレジットカードのポイントが貯まります。そのため、現金払いをするよりもおトクに買物ができます。

事前チャージ不要でサインレス決済が可能

ポストペイ型のiDは、事前チャージがいらない電子マネーです。利用料金は後から請求されるため、利用時にはリーダーにカードやスマートフォンをかざすだけでスピーディーに支払いが完了します。
現金をいちいち用意する手間が必要ないうえ、サインも不要です。

紛失時や盗難時も安心

iDはクレジットカードと同じ会員保障制度を採用しています。そのため、万が一紛失・盗難による不正利用があった場合も補償を受けられます。

  • ※Apple PayでiDを利用された場合は対象となりません。

三井住友カードiDを活用しよう

三井住友カードiDは、年会費・発行手数料ともに無料です。すでに三井住友カードを持っている人は、インターネットサービス「Vpass」よりお申し込みが可能です。
三井住友カードを持っていない人は、クレジットカードの入会と同時にお申し込みができます。それでは、三井住友カードiDにはどのような特徴があるのか、確認していきましょう。

2タイプから選べるiD

三井住友カードiDは、「専用カード」「クレジット一体型」の2種類が用意されています。用途やライフスタイルに合わせてお選びください。

  • ※三井住友カード(NL)はiDは専用カードのみの発行となります。

・専用カード

三井住友カードに追加して発行するiD機能専用のカード。クレジットカード機能は搭載されていないため、クレジットカードを増やしたくない人や、iD機能専用のカードが欲しい人におすすめです。

・クレジット一体型

三井住友カードに、iD機能を搭載した一体型カード。一枚でクレジットカードとiDの両方の機能を使えるため、カードを複数枚持ちたくない人におすすめです。

Apple Pay、 Google Pay™ を活用しよう

Apple Pay、 Google Pay を使って、iDを利用する場合は、設定が必要になります。
iPhoneの場合は、「Apple Pay」に三井住友カードを登録することで、iDを利用できるようになります。 Android™ の場合は、 Google Pay に三井住友カードを登録することで、iDが利用可能になります。

三井住友カードiDならポイントも貯まる!

三井住友カードiDの利用金額に応じて、ポイントが付与されます。
クレジットカードの利用金額とiD利用金額の合計金額に対してポイントが貯まるため、クレジットカード・電子マネーどちらも利用する人は、より効率的にポイントを獲得できます。

よくある質問

Q1:電子マネー「iD」とは?

電子マネーの「iD」は、カードやスマートフォンを専用リーダーにかざして支払うことができる電子マネーです。使った分だけ後払いする「ポストペイ型」以外にも、事前にチャージして使う「プリペイド型」、口座残高の範囲内で使える「デビット型」があります。

Q2:ポストペイ型iDのメリットは?

ポストペイ型のiDのメリットは、支払いに使うクレジットカードのポイントが貯まることがあります。また、利用料金は後から請求されるため、利用時には専用リーダーにカードやスマートフォンをかざすだけで、スピーディーに支払いが完了することもメリットでしょう。

Q3:iDはどこで使える?

「iDマーク」が記載されているお店や施設であれば、iDを利用することができます。コンビニやファストフード店、ドラッグストア、ショッピングセンター、ガソリンスタンド、飲食店など、さまざまな店舗でiDが導入されています。

電子マネーiDの活用でさらにスマートな決済に

iD対応のお店や施設はどんどん増えており、クレジットカードと合わせて持つことで、よりスマートなお支払いに役立てることができます。
クレジットカードのポイントも貯められるため、上手に活用することで節約にもつながるでしょう。

  • ※「iD」ロゴは株式会社NTTドコモの登録商標です。
  • ※Apple、Apple Pay、iPhoneは、Apple Inc.の商標です。
  • ※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
  • ※ Android 、 Google Pay はGoogle LLCの商標です。
  • ※2021年3月時点の情報なので、最新の情報ではない可能性があります。

毎日の出費を賢くお得に!
三井住友カードがおすすめ!

新規入会限定キャンペーン実施中!

三井住友カード プラチナプリファードは一部キャンペーンの対象となりませんので必ず詳細ページをご確認ください。

対象カード・適用条件について、お申し込み前に必ず上記バナーよりキャンペーン詳細ページをご確認ください。

キャンペーンは予告なく変更・終了することがございます。

今回の記事のまとめ

電子マネー「iD」とは?

  • カードやスマートフォンをかざして支払う電子マネー
  • 後払い式のポストペイ型以外にもプリペイド型やデビット型が選べる
  • 「iD」マークが記載されているお店や施設で利用できる
  • ポストペイ型の場合、支払い代金は、クレジットカードの利用料金と合算して後から請求される

ポストペイ型三井住友カードiDのメリット

  • クレジットカードのポイントが貯まる
  • 事前チャージ不要でサインレス決済が可能
  • クレジットカードと同じ会員保障制度を採用している
  • ※Apple Payは対象となりません。

「ゼロからはじめるクレジットカード」
の他の記事を読む

あなたにおすすめの記事

    人気記事ランキング

    特集記事【クレカで新生活をおトクに始めよう!】

    三井住友カードのスペシャルコンテンツ

    • キャッシュレスの基礎知識やキャッシュレス決済の方法についてご紹介!

    • 【♯大人になるって何だろう】スペシャルページでアニメを公開中!

    • 【SPY WORLD】動画の途中で続きを選択!?君の選択で未来を変えよう。
      ※この動画は音声ありでお楽しみください。

    • SNS担当先輩【せ】&後輩【こ】の2名で楽しくゆる~く発信していきます!

    • [クレカ徹底解説]クレジットカードの仕組みや選び方など必見情報まとめ

    • 新社会人・新入社員・内定者の方が知っておきたい社会人生活の基礎知識をご紹介!