ゼロからはじめるクレジットカード
お得なポイント還元率・特典
「ANAラウンジ」の利用条件とクレジットカード会社のラウンジとの違いは?

お得なポイント還元率・特典

「ANAラウンジ」の利用条件とクレジットカード会社のラウンジとの違いは?

「ANAラウンジ」の利用条件とクレジットカード会社のラウンジとの違いは?

こんな人に
おすすめ!

  • ステータス重視でクレカを選ぶ方、
    補償・サポートを重視する方

旅行や出張で飛行機を利用する場合、搭乗前の待ち時間をラウンジで過ごすこともあるでしょう。空港ラウンジには、おもにクレジットカード会社が運営しているラウンジと、航空会社が運営しているラウンジがあります。
ここでは、航空会社のラウンジのひとつである「ANAラウンジ」と、クレジットカードの付帯サービスとして利用できる空港ラウンジについてご紹介します。

新規入会者限定プレゼント実施中!

キャッシュレスプラン
キャッシュレスプラン

新規入会&利用プラン!
最大5,000円相当プレゼント!

カードご入会月+2ヵ月後末までを対象期間として、カードご利用金額を毎月集計し、15%を乗じた金額相当のVポイントをご利用月の翌月末頃にプレゼントします。

対象カード・適用条件について、お申し込み前に必ず キャッシュレスプラン詳細ページ
をご確認ください。

三井住友カードプラチナプリファードはキャッシュレスプラン対象外となります。

対象カード・適用条件について、お申し込み前に必ず上記バナーよりキャッシュレスプラン詳細ページをご確認ください。

キャッシュレスプランは予告なく変更・終了することがございます。

三井住友カードプラチナプリファードはキャッシュレスプラン対象外となります。

対象カード・適用条件について、お申し込み前に必ず上記バナーよりキャッシュレスプラン詳細ページをご確認ください。

キャッシュレスプランは予告なく変更・終了することがございます。

クレジットカードを探す

ANAラウンジとクレジットカード会社のラウンジのサービス内容

まずは、ANAラウンジとクレジットカード会社のラウンジの、サービス内容について見ていきましょう。

ANAラウンジ

ANAラウンジは、ANAグループなど対象の運航便に搭乗する際などに利用できる空港ラウンジで、国内線・国際線の主要空港に設置されています。ラウンジには各種サービスが用意されていて、ソフトドリンクやアルコールなどの飲み物、軽食・食事の提供のほか、シャワールーム、マッサージ機、Wi-Fi、授乳室、おむつ交換台などの設備も充実しています。
ANAの会員ステータスや搭乗クラスによって利用可能なラウンジや受けられるサービスが異なり、空港によってもサービス内容に違いがあるため、利用する場合にはANAのホームページなどで確認するのがおすすめです。

  • ※新型コロナウイルス感染拡大に伴い、ANAラウンジ、ANA SUITE LOUNGEは運航状況により閉鎖・営業時間の変更を行っており、一部のお客さまには通常と異なるラウンジをご案内しています。
    また、ご提供サービスについても休止、制限していることがあります。

クレジットカード会社のラウンジ

クレジットカード会社のラウンジは、クレジットカードの付帯サービスとして無料で利用できる空港ラウンジで、対象となるカードや利用条件があるのが一般的です。クレジットカード会社が提携している空港ラウンジの各種サービスを受けられますが、一部サービスは有料となります。
とはいえ、一般の待合室よりもくつろぎやすい場所を無料で利用できるため、旅行する機会が多い方にとってはお得な付帯サービスといえるでしょう。

ANAラウンジを利用するための7つの方法

続いては、ANAラウンジを利用するための方法を詳しくご紹介しましょう。

1 ANAマイレージクラブのプレミアムメンバーか「スーパーフライヤーズカード」を所有する

ANAでは、年間基本マイレージ、予約クラス・運賃種別ごとの積算率、路線倍率、搭乗ポイントによってANAプレミアムポイントを算出し、年間のポイント数でプレミアムメンバーサービスのステータスを決定しています。
ANAラウンジを利用できるのは、ANA「ダイヤモンドサービス」、ANA「プラチナサービス」、ANA「ブロンズサービス」のいずれかの資格を有するプレミアムメンバーです。
また、「ANAスーパーフライヤーズカード」を所有している人も、同様にANAラウンジを利用できます。

2 グレードの高い搭乗クラスを選ぶ

国内線ならプレミアムクラス、国際線ならビジネスクラス・プレミアムエコノミーのいずれかに搭乗することで、ANAラウンジが利用できます。

3 「ANA SUITE LOUNGE」ご利用券を入手する

ANA「ダイヤモンドサービス」メンバー限定選択式特典のコースのひとつにある「ANA SUITE LOUNGE」ご利用券で、ANA SUITE LOUNGE およびANAラウンジを利用できます。

4 クレジットカードの「ANAカードプレミアム」を作る

各クレジットカード会社が提供している、ゴールドカードより上位のグレードである「ANAカードプレミアム」を持っていれば、国内線のANAラウンジを利用できます。三井住友カードでは「ANA VISAプラチナ プレミアムカード」という名称のクレジットカードを発行していて、海外の空港ラウンジサービスが利用できる「プライオリティ・パス」の申し込みも可能です。

5 スターアライアンスのゴールドメンバーになる

ANAだけではなく、ユナイテッド航空、シンガポール航空、ルフトハンザ ドイツ航空といった航空会社が提携している「スターアライアンス」の上級会員である「ゴールドメンバー」になることでもANAラウンジを利用できます。

6 ANAミリオンマイラーの資格を取得する

ANAに搭乗する度に加算されるマイルを貯め、「ANA Million Miler」になると、ANAラウンジを利用できます。ただし、設定されているマイルを貯めるには、かなりの頻度で搭乗する必要があり、資格取得は簡単ではありません。

7 利用料金を支払って利用する

ANAラウンジは、料金を支払って利用することもできます。例えば、羽田空港の国内線では、別途3,100円を支払うことでANAラウンジを利用できます。

ANAラウンジが設置されている国内の空港

ANAラウンジが設置されている国内の空港は下記のとおりです。なお、名古屋(中部)空港の「セントレアエアラインラウンジ」、熊本空港の「ラウンジASO」、宮崎空港の「ラウンジ大淀」は、ANAラウンジの代わりに利用できます。

ANAラウンジ

東京国際空港(羽田空港)、新千歳空港、仙台空港、小松空港、大阪国際空港(伊丹空港)、関西空港、岡山空港、広島空港、松山空港、福岡空港、鹿児島空港、那覇空港

ANAアライバルラウンジ(国内線出発ラウンジ)

成田国際空港

  • ※新型コロナウイルス感染拡大に伴い、一部のラウンジは閉鎖・営業時間の変更を行っております。

旅行へ出かける際は、クレジットカード会社のラウンジサービスが利用可能かチェックしよう

ここまでご紹介したとおり、ANAラウンジの利用には厳しい条件がありますが、クレジットカードに付帯している空港ラウンジサービスであれば、無料でラウンジを利用することも可能です。
旅行へ出かける際は、自分へのご褒美としてラウンジでゆっくりと過ごしてみてはいかがでしょうか。

三井住友カードなら国内主要空港ラウンジを無料利用できる!

三井住友カードなら、空港ラウンジを無料で利用できる付帯サービスがついたクレジットカードを発行できます。空港ラウンジの無料利用のほか、普段の買物などでお得にポイントも貯められるおすすめのカードをご紹介しましょう。

三井住友カード ゴールド(NL)

三井住友カード ゴールド(NL)

「三井住友カード ゴールド(NL)」は、満20歳以上の方が利用できるゴールドカードです。券面には、会員番号・有効期限・セキュリティコードが表記されない、安心・安全のナンバーレス。クレジットカード情報はスマートフォンでVpassアプリをダウンロードすれば、簡単・安全に確認できるので、ネットショップでもスムーズに買物ができます。
また、三井住友カード ゴールド(NL)には、毎年の年間利用額に応じたポイント還元や、特定加盟店での利用でポイント還元率がアップする特典があります。

・年間100万円のご利用で翌年以降の年会費が永年無料

三井住友カード ゴールド(NL)の年会費は通常5,500円(税込)ですが、年間100万円のご利用で翌年以降の年会費が永年無料となります。
今、持っているクレジットカードの毎月の利用額が9万円以上であれば、三井住友カード ゴールド(NL)にお切替えいただくと、2年目以降、年会費が永年無料で、カードをお使いいただけます。

  • ※対象取引や算定期間など実際の適用条件の詳細についてはホームページをご確認ください。

・毎年、年間100万円のご利用で10,000ポイントプレゼント(継続特典)

三井住友カード ゴールド(NL)は、通常のポイント還元とは別に、毎年、年間100万円のご利用で10,000ポイントが還元されます。毎年、条件を達成すればもらえるうれしいプレゼントです。

  • ※対象取引や算定期間など実際の適用条件の詳細についてはホームページをご確認ください。

・対象のコンビニやマクドナルドでの利用で、ポイント還元率が最大5%!

例えば、対象のコンビニ・マクドナルドで月5,300円分をVisaのタッチ決済・Mastercard®コンタクトレスで利用した場合
利用金額200円(税込)につき1ポイントが付与されるため、5,300円分の利用の場合、対象となる金額は実質5,200円。ポイントは260ポイント貯まります!

通常ポイント ポイント計算例
利用金額200円(税込)
につき1ポイント付与
0.5%還元
5,200円×0.5%=
26ポイント

plus plus

セブン-イレブン、
ファミリーマート、
ローソン
マクドナルドで利用
ポイント計算例
利用金額200円(税込)
につき
+2%還元(※1)
5,200円×2%=
104ポイント

plus plus

さらに上記店舗で
Visaのタッチ決済・
Mastercard®コンタクトレス
(※2)を利用
ポイント計算例
利用金額200円(税込)につき
+2.5%還元(※1)
5,200円×2.5%=
130ポイント

arrow arrow

5%還元で260ポイント貯まる

  • ※ポイント還元率は利用金額に対する獲得ポイントを示したもので、ポイントの交換方法によっては、1ポイント1円相当にならない場合があります。
  • ※1 一部、ポイント加算対象とならない店舗および指定のポイント還元率にならない場合があります。
  • ※2 一部、Visaのタッチ決済・Mastercard®コンタクトレスがご利用いただけない店舗があります。
    また、一定金額(原則1万円)を超えると、タッチ決済でなく、決済端末にカードを挿し、お支払いただく場合があります。その場合のお支払い分は、+2.5%還元の対象となりませんので、ご了承ください。タッチ決済とならない金額の上限は、ご利用される店舗によって異なる場合があります。
  • ※1・2ともに、詳細は以下ホームページをご確認ください。

・毎月の支払いを三井住友カード ゴールド(NL)にまとめてみよう!

暮らしの中で毎月かかる生活費には、家賃や食費のほか、公共料金、携帯電話料金などがあります。こうした生活費の支払いを、現金払いや口座引き落としにしている場合、三井住友カード ゴールド(NL)のクレジットカード払いに切替えれば、毎月の支出が1枚のクレジットカードで管理できるうえ、年間の利用額に応じたポイントがもらえます。
年間でかかる生活費ともらえるポイントについて、20代で1人暮らしの人を例に見てみましょう。

■年間でかかる生活費の例(20代・1人暮らしの場合)

支出項目 毎月の支払額例 年間(12ヵ月分)の支払額例
食費 4万円 48万円
水道・電気・ガス代などの公共料金 1万5,000円 18万円
携帯電話料金 5,000円 6万円
交際費 3万円 36万円
交通費 2万5,000円 30万円
上記の支出合計額 11万5,000円 138万円
年間100万円以上の支払いに!

例えば、年間138万円を三井住友カード ゴールド(NL)で利用した場合
下記のように、付与されるポイントは計16,900ポイントとなります!

arrow arrow

通常ポイント(ご利用金額200円(税込)につき1ポイント) 6,900ポイント
年間100万円利用の条件達成で付与されるポイント 10,000ポイント
  • ※一部、ポイント加算対象とならない店舗および指定のポイント還元率にならない場合があります。

三井住友カード ゴールド

三井住友カード ゴールド

「三井住友カード ゴールド」は、三井住友カードをワンランクアップさせたゴールドカードです。旅行傷害保険は最高5,000万円、空港ラウンジの無料利用など、ゴールドカードにふさわしい特典とステータス性を兼ね備えた一枚です。インターネットからの入会で初年度は年会費が無料、翌年度以降11,000円(税込)となっています。ただし、条件付きで年会費が割引となることがありますので、必ずご確認のうえお申し込みください。

■三井住友カード おすすめクレジットカード

下の表は、横にスライドしてご覧ください。
カード名 三井住友カード ゴールド(NL)

三井住友カード ゴールド(NL)

三井住友カード ゴールド

三井住友カード ゴールド

初年度年会費 5,500円(税込) インターネット入会で無料
翌年度以降年会費 5,500円(税込)
年間100万円のご利用で翌年以降永年無料
※対象取引や算定期間など実際の適用条件の詳細についてはホームページをご確認ください
11,000円(税込)
条件により4,400円(税込)まで割引
空港ラウンジサービス 国内主要空港のラウンジが無料で利用可能 国内主要空港のラウンジが無料で利用可能
ポイント還元 ご利用金額200円(税込)ごとに、1ポイント貯まる
毎年、年間100万円のご利用で10,000ポイント還元(継続特典)
※対象取引や算定期間など実際の適用条件の詳細についてはホームページをご確認ください
ご利用金額200円(税込)ごとに、1ポイント貯まる
入会資格 原則満20歳以上
安定継続収入のある方
(学生は除く)
原則満30歳以上
安定継続収入のある方
  • ※ポイント還元率は利用金額に対する獲得ポイントを示したもので、ポイントの交換方法によっては、1ポイント1円相当にならない場合があります。
  • ※2021年9月時点の情報なので、最新の情報ではない可能性があります。

お買物や旅行でのご利用には
三井住友カードがおすすめ!

新規入会者限定プレゼント実施中!

キャッシュレスプラン
キャッシュレスプラン

新規入会&利用プラン!
最大5,000円相当プレゼント!

カードご入会月+2ヵ月後末までを対象期間として、カードご利用金額を毎月集計し、15%を乗じた金額相当のVポイントをご利用月の翌月末頃にプレゼントします。

対象カード・適用条件について、お申し込み前に必ず キャッシュレスプラン詳細ページ
をご確認ください。

三井住友カードプラチナプリファードはキャッシュレスプラン対象外となります。

対象カード・適用条件について、お申し込み前に必ず上記バナーよりキャッシュレスプラン詳細ページをご確認ください。

キャッシュレスプランは予告なく変更・終了することがございます。

三井住友カードプラチナプリファードはキャッシュレスプラン対象外となります。

対象カード・適用条件について、お申し込み前に必ず上記バナーよりキャッシュレスプラン詳細ページをご確認ください。

キャッシュレスプランは予告なく変更・終了することがございます。

クレジットカードを探す

今回の記事のまとめ

ANAラウンジとクレジットカード会社のラウンジのサービス内容

  • ANAラウンジは、ANAグループなど対象の運航便に搭乗する際などに利用できる空港ラウンジ
  • クレジットカード会社のラウンジでも、一部有料や対象ラウンジの指定はあるが同様のサービスを受けられる

ANAラウンジを利用するための7つの方法

  • ANAマイレージクラブのプレミアムメンバーか「スーパーフライヤーズカード」を所有する
  • グレードの高い搭乗クラスを選ぶ
  • 「ANA SUITE LOUNGE」ご利用券を入手する
  • クレジットカードの「ANAカードプレミアム」を作る
  • スターアライアンスのゴールドメンバーになる
  • ANAミリオンマイラーの資格を取得する
  • 利用料金を支払って利用する

ANAラウンジが設置されている国内線の空港

  • ANAラウンジ:東京国際空港(羽田空港)、新千歳空港、仙台空港、小松空港、大阪国際空港(伊丹空港)、関西空港、岡山空港、広島空港、松山空港、福岡空港、鹿児島空港、那覇空港
  • ANAアライバルラウンジ:成田国際空港
  • 代替ラウンジ:名古屋(中部)空港 セントレアエアラインラウンジ、熊本空港 ラウンジASO、宮崎空港 ラウンジ大淀

「ゼロからはじめるクレジットカード」
の他の記事を読む

あなたにおすすめの記事

    人気記事ランキング

    特集記事【クレカで新生活をおトクに始めよう!】

    三井住友カードのスペシャルコンテンツ

    • キャッシュレスの基礎知識やカード活用術、お困りごと解決情報など役立つ情報を発信しています。

    • 【♯大人になるって何だろう】スペシャルページでアニメを公開中!

    • 【SPY WORLD】動画の途中で続きを選択!?君の選択で未来を変えよう。
      ※この動画は音声ありでお楽しみください。

    • SNS担当先輩【せ】&後輩【こ】の2名で楽しくゆる~く発信していきます!

    • [クレカ徹底解説]クレジットカードの仕組みや選び方など必見情報まとめ

    • 新社会人・新入社員・内定者の方が知っておきたい社会人生活の基礎知識をご紹介!